2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. クラッチワークの極意
  2. 動画チャンネル
  3. Honda秋の祭典
  4. イベント(大会)
  5. HeboヘルメットMFJ公認キャンペーン
  6. MFJトライアル
  7. イベント(大会)
  8. イベント(その他)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. トムスの新製品
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. RTL250S用リヤフェンダー
  15. 2018ベータEvo2Tシリーズ
  16. リザルト関東
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. R6中部大会までのランキング
  20. R6中部大会までのリザルト
  21. リザルト関東
  22. イベント(大会)
  23. 自然山通信2017年10月号電子版
  24. イベント(大会)
  25. 新型力造シート
  26. イベント(スクール)
  27. MFJトライアル
  28. かわうちトライアル
  29. 中部大会招待券プレゼント
  30. MITANI MODEL TR-3
  31. テフロンスロットルパイプ
  32. リア・ディスクプロテクション
  33. リザルト中国
  34. リザルト関東
  35. 2017TDNエントリーリスト
  36. リザルト関東
  37. リザルト関東
  38. リザルト中国
  39. 2017年9月号電子版
  40. 2017年9月号
  41. リザルト中国
  42. スタイルマーチンニューモデル
  43. 三谷モータースポーツバイクトライアルパーツ
  44. 2017お勉強会
  45. イベント(大会)
  46. イベント(スクール)
  47. イベント(その他)
  48. SHOWAフロントフォーク用ハードスプリング
  49. トムスのロゴ
  50. イベント(大会)

    2017.08.17

    9/3寅吉カップ
  51. イベント(大会)
  52. イベント(大会)
  53. リザルト中部
  54. 1708電子版
  55. 自然山通信8月号
  56. チビのとびつき
  57. イベント(大会)
  58. イベント(大会)
  59. イベント(大会)
  60. 原発見学
  61. リザルト関東
  62. リザルト中国
  63. イベント(大会)
  64. 2017北海道
  65. 動画チャンネル
  66. 2017北海道大会
  67. イベント(スクール)
  68. 2017日本グランプリ公式DVD
  69. 動画チャンネル
  70. 2017全日本北海道までのランキング
  71. 2017全日本北海道リザルト
  72. 2017TDN
  73. 自然山通信2017年7月号
  74. イベント(大会)
  75. リザルト東北
  76. リザルト九州
  77. 2017フランスGP
  78. MFJトライアル
  79. EXスポーツ FIMトライアル放送
  80. リザルト関東
  81. リザルト沖縄
  82. リザルト中国
  83. イベント(大会)
  84. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

小川友幸、勝利への登頂

2013九州の小川友幸

久々のファクトリーマシン、久々の勝利、小川友幸

 SS第2セクション、1点をついてセクションアウトした小川友幸の勝利は、そこで決まった。しかし小川はかたい表情を崩さないままパンチを受けてゴールへ。やがて黒山がSS第2をクリーンしてゴールしてきた。報道陣に促されて、ようやく笑顔でガッツポーズ。2011年中部大会以来の勝利。黒山健一以外の勝者が出たのも、2シーズンぶりのことになる。


 小川友幸とこのマシンとのつきあいは、シーズンオフに始まった。2013年の世界選手権に、より戦闘力の高いマシンを用意することになったホンダ・モンテッサ陣営。その開発テスト要員として尽力したのがガッチこと小川友幸。開幕戦関東大会が中止となって空いた日程にも渡欧してマシンのテストをおこなっていた。しかしテストはテスト。テストに時間を費やすほどに、自身の大会向けの準備の時間は少なくなる。なんとか自分用の2013年用のニューエンジンを仕上げたのが全日本第2戦近畿大会だったが、新しい仕様のエンジンへの乗り込み不足もあって2位。ファクトリーマシンで世界選手権と全日本選手権に参戦することが決まったのは、この直前のことだった。
 ファクトリーマシンに乗ることでモチベーションはあがってくるが、あいつぐ自分の試合用のマシンのチェンジは、全日本を戦うライダーとしては、あまり歓迎できることではない。しかも。
「これでガッチもがんばらなあかんなぁ」
 親しい友人、藤波貴久のきつい激励があったのはもてぎのパドックでのことだった。世界選手権はそんなにがんばらなくてもいいそうで、結果を出さないとたいへんなのは、全日本のほう、とのことだ。
 もちろん、藤波に言われるまでもなく、そのプレッシャーは小川自身が一番よくわかっている。新しいファクトリーマシンは、エンジンが新しい。だから勝てるかといえば、そんな単純なものではないし、まだまだ乗り込み時間も充分とは言いがたい。

2013九州の小川友幸

足を出さないために必死でこらえる小川友幸。エンジン特性習得の模索の現れかもしれない

 現地は土曜日朝から昼にかけて、そこそこの雨に見舞われた。土の斜面がほとんどの今回の会場にとって、コンディションの変化は結果に大きな影響がある。雨は昼過ぎには止み、日曜日は暑いくらいのいい天気だった。結果的に、試合は少ない減点で競われる神経戦となっていく。
 足をついただけで苦戦、5点を取ったら権利なしの神経戦。黒山健一、小川友幸、野崎史高、小川毅士のトップ4のなかで、最初に減点をしたのがガッチだった。第3セクションで1点。次いで第4セクションで毅士が1点。黒山と野崎、ヤマハツインカムエンジンに乗る二人は、第5セクションまできれいにクリーンを続けていく。
 第6セクションはちょっとした難所だった。すり鉢から上がって枝木で組んだ段差を越え、さらに登って登る。ここで野崎がこの日初めて減点をとって3点。毅士も3点を取り、ガッチも1点を失った。黒山一人がクリーンを続けている。黒山減点ゼロ、ガッチ2点、野崎3点、毅士4点と大接戦だ。
 この日の鍵となるセクションは、次の第7セクションだった。前半部分に枝木の段差がふたつ、さらに登って降りて、見上げるようなヒルクライムを登っていく。IASは途中で木を回り込むような設定となっていて、一気に駆け上がれない。大半は、向きを変えながら加速するポイントでタイヤを滑らせて5点になった。
 登りの最後に用意されている丸太の段差までマシンを運べたのは、ベータに乗る田中善弘と黒山くらいだった。いずれにしても、全員5点。ガッチも、坂の中盤で前進をあきらめていた。1ラップ目には勝負なしだった第7セクション。しかし結局は、ここがこの日の勝負の決め手となっていく。
「5点にはなったが、あの5点でどこで食いつくのか、グリップを勉強できた。収穫はもらっていた」
 ガッチは言う。
 1ラップ目、トップは黒山で5点。7セクション以外はすべてクリーンだ。2位がガッチで7点。野崎が8点、毅士が9点と、なかなかの接戦だ。5位は田中善弘で14点。6位が柴田暁と宮崎航が19点で並んでいる。5位争いが5点ひとつの攻防なのに対して、トップ争いは1点ひとつが大事な勝負となっている。
 2ラップ目。第7セクション以外は全部クリーン。これがトップ争いの条件となった。そして第7セクション。ここでガッチが絶妙のグリップを見せた。新エンジンのグリップなのか、ガッチのテクニックなのか、どちらか一方ということはない。ライダーとマシンの共同作業による3点だった。黒山は失敗。あと5秒時間があれば、あるいは3点で抜けられていたかもしれない。しかし5点は5点だ。
 1ラップ目は勝負のつかなかった第7セクションが、にわかに重要な勝負どころとなった。これでガッチと黒山が同点となった。
 その次、トップ4にとってはクリーンセクションの第8セクションで、黒山がまさかの1点。これでトップが逆転して、ガッチが初めて試合のリーダーとなった。しかし、まさかの1点で逆転したということは、逆にちょっとしたミスで再びの逆転もあるということだ。
 3ラップ目。トップガッチと2位黒山は1点差。さらに野崎が2点差でこれを追い、毅士が野崎に1点差で4位につける。1位から4位までが4点の中におさまる大接戦だ。
 緊張戦から脱落してしまったのが毅士だった。といっても、そのミスは第7セクションでの5点の他には、たったの3ヶ所なのだが、3点の減点追加はこの戦況では致命的だった。
 野崎の3ラップ目は見事だった。第7以外をすべてクリーンして見せ、難関の第7を、2ラップ目のガッチ同様に3点で登りきったのだった。

2013九州の野崎史高

第7セクションを小川友幸とともに上りきった野崎史高

 こうなると、この難関セクションにもクリーンが出るのではないかという期待が高まる。そしてそのとおり、黒山はまっすぐ一筋にタイヤの跡を残して、高く高く登っていった。しかしあと一歩、最後のところでマシンが進まない。そこから切り替えて3点狙いとするものの、切り替えのタイミングがほんのわずか遅かったか。向きを変えている間にテープが切れて5点。ここをクリーンしていれば、勝負の流れはまた変わっていたはずだが、黒山、痛恨の5点となった。
「クリーンしようと思った。クリーンができる加速だった。でも結果的にはそれが失敗だった」
 と黒山。勝負に出て、そして破れた瞬間だった。
 いくぶん楽になったガッチが、最後にここをトライする。ガッチもクリーンを狙うも、態勢が乱れたと見るや即座に狙いを切り替えて3点で抜け出ていった。結局、このセクションを抜けられたのはガッチが2回、野崎が1回、それですべてだった。 
 この、7セクションでの攻防によって、8セクション3ラップを終えてSSを待つまでの順位は、ガッチがトップで13点。5点はひとつでクリーンは19。2位が黒山で16点。クリーンは20あるが5点も3つ。黒山と同点で3位につけるのが野崎。野崎もクリーンは20、5点はふたつ。4位毅士は22点。まだぎりぎり優勝の権利はあるが、厳しいところだ。

2013九州の小川毅士

優勝争いの渦中にいながら、定位置におさまってしまった小川毅士

 第2セクションをモディファイしたSS第1は、後半の崖登りが勝負のポイントになった。さくさくの登りから急にスロープが立ち上がっているから、厳しさ満点。案の定、挑戦する者挑戦する者、ことごとく5点になっていく。毅士も野崎も5点になって、ガッチのトライ。SSでは成績にかかわらずゼッケン順にトライすることになっている。
 ガッチの登りっぷりは見事だった。ツインプラグの新エンジンが、ほとんど排気音を響かせずに、するすると登っていく。セクション査察役として熊本入りをして、当日は解説を担当していた山本昌也さんが「アクセルは閉じればグリップする」と、わが意を得たりの満面の笑み。昌也さんに言わせると、IBだろうがIASだろうが、アクセルワークについては手厳しい評価だが、このガッチのアクセルは絶賛だった。
 もっともこれは、新エンジンの真価でもある。新しいエンジンは今までよりもパワーを出してきている。扱いに慣れないと不意にグリップを失うなどの失敗につながりもするが、アクセルを戻したときにも力強さを発揮する。ガッチが、マシンの実力を見事に引き出したシーンだった。
 最後に残された黒山は、勝つためには、まずなんとしてもクリーンしなければいけない。3点になれば、それで今日の勝負は決まってしまう。
 しかし黒山も一歩も負けていない。ガッチに勝るとも劣らぬアクセルワークで、するすると頂点までマシンを運んだ。見事なクリーンだ。

2013九州の黒山健一

最後まで勝利のチャンスを残した黒山だったが、今回は残念

 点差3点のまま、勝負は最終セクションへ。野崎の毅士もここで5点になっているから、野崎の2位入賞のチャンスもなくなった。勝負の焦点はトップ争いだけだ。
 SS第1に比べると、SS第2は抜けられる可能性の大きい設定だった。宮崎、斉藤と3点で抜け、田中がついにクリーン。こうなると、ガッチと黒山もクリーンする公算は大だ。とはいえ、勝負は最後までわからない。
 毅士が3点、SS第1の5点で集中力の糸が切れてしまった野崎がSS第2も5点となり、いよいよ最後の二人のトライとなった。ガッチは中盤の難所までは完璧にマシンを運んだ。最後の登りで足をついてマシンを押し出したが、トータル減点は14点。黒山のトライを待つまでもなく、勝利が決定した。
 いまだ喜びを表情に出さないガッチの前で、黒山が最後のトライ。黒山のトライは、完璧なうえにも完璧だった。しかしすでに勝負はついているのだ。

2013九州の表彰台

顔ぶれは同じだが、順番がちがう表彰台。今シーズンの行方が楽しみになった

「今日は小川さんとがっちり勝負ができて、負けたのはもちろん悔しいけれど、うれしかった」
 表彰台の黒山のコメントは、もちろん関西人なりのサービストークでもあるのだが、負けたほうにも満足感があったと思わせる、久々の熱戦だった。
「勝ててうれしい。エンジンにはまだ慣れていない部分もあってどきっとさせられるときもあった。もちろん助けられたところもあります。とにかく、勝ててよかった」
 ガッチが強力な武器を手に入れたことで、2013年全日本はがぜんおもしろくなってきた。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2013九州の田中善弘

今回も悪くはなかったが、表彰台争いとはいかなかった田中善弘
2013九州の柴田暁

まだまだあるべき実力発揮とはいいがたい柴田暁。3ラップ目はよかったが
2013九州の加賀国光

熾烈な7位争いを制したのは昨年IAチャンピオンの加賀国光だった
2013九州の野本佳章

1点差で加賀に敗した野本佳章。出だしの1ラップ目がよくなかった
2013九州の宮崎航

1ラップ目は7位だったが、試合後半、減点を減らしてきたライバルに後れをとってしまった宮崎航
2013九州の齋藤晶夫

新チームを結成して2戦目。いいところを見せつつ、なかなか結果が出ない齋藤晶夫
2013九州の永久保恭平

ルーキーの永久保恭平は、IASセクションにからだをあわせる渦中

■国際A級

2013九州の成田亮

 昨年の中部大会に続いて、今回は国際A級がスーパークラスのあと、最後のスタートとなった。先を急ぐライダーにとっては、3ラップならどこかでIASを抜かなければいけないから大きな差はなく、特に急がなければIASのすぐ後ろを走っていればタイムオーバーの心配をすることもないというタイムスケジュールだが、競技時間全体がコンパクトになって、運営側の労力も節約できるのはメリットかもしれない。
 IAが先にスタートすると、競技の大半でIAとIASはあっちとこっちで試合をするようになり、IAとIASを両方見たいギャラリーは悩むことになるのだが、このスタート順だと、IASの前後にほどよくIAライダーが分布していて、観戦も新鮮だったのではないだろうか。
 もっとも、試合形態の善し悪しは、天候や参加台数、セクションの難易度やコースの設定によって大きく変わるから、今回がよしでも次回が同じようになるかどうかはわからない。
 さて国際A級は、前回2位となっていた成田亮が、ぶっちぎりの勝利を果たした。
 序盤はからだがかたく、ミスが多かった、という成田だが、そのミスとは1点がふたつだけ。点数は小さくてもスタンディング中の足つきなど、自己評価のよくない失敗だったのだそうだ。
 これが2ラップ目以降は一転完璧なライディングとなって、2ラップ目は8セクションすべてをクリーン。3ラップ目は難関第7セクションで3点となったが、それ以外はすべてクリーン。結局5点なし、クリーン21という圧勝だった。
「兄とトップを競っているという情報は、同じくらいのペースで回っていた小谷さんから聞いていました。そういう情報はいらなかったのですが、聞いたから、特にペースが乱れるということもなく、いい走りができたのはよかったです。ぼく、試合中は極端にテンションが低いので、トップだと聞いて気持ちが乱されたりしないのだと思います」
 2位には、今回は弟に敗れた成田匠。ガスガス125での参戦は一応今回でくぎりとして、次からはちょっと苦労するマシンになる予定という。3位は徳丸新伍。地元大会である九州大会で、自身初の表彰台を得た。
 前回勝利の小谷は5位。ここ数年の小谷としては5位入賞はなかなかの好成績なのだが、前回優勝しているだけに、そして2ラップ目に3位まで浮上していただけに、この結果では期待に応えられなかった様子。
「敷き居が高くなってしまって、困りましたわ」
 と、期待されるのもまんざらではないようなので、みなさん、もっと期待してあげてください。
■国際B級

2013九州の生田目俊之

 昨年、最終戦で逆転されて国際A級昇格を逃した生田目俊之が、1ラップ目から安定したスコアで勝利した。生田目は第2戦近畿大会で20位の無得点となっていたが、これでゼッケン1番の名目が保たれたというところ。
 生田目は、小谷徹や小林直樹らと同世代のチームメイトだったベテランライダーだが、なんとこれが初優勝ということだった。
「順位やスコアを気にすることなく、目の前のセクション、目の前の岩ひとつに集中してトライアルができたのがよかったのではないか。今後も、そういう気持ちでトライしていきたい」
 と生田目。金曜日から熊本に入っていて、ゆっくりおいしいものを食べたりしたのも結果につながったのでは、とも語っている。
 前回優勝の上本直樹は、今回は23位とまったく圏外。安定した成績を続けるのはむずかしいことだが、今回は全体的にベテラン勢の活躍が目立った。優勝した生田目も含め、2位西尾博文、3位岩見秀一もベテラン。そして西尾と岩見のふたりは同じチーム(チームのボス波田親男はIAで11位になった。スタートに遅れてタイムオーバーの1点ももらっている)。そしてランキング争いでも同点。チーム内の厳しい戦いが続くシーズンになりそうだ。
 16歳の中里侑が4位入賞。今回は若手のがんばりが結果にならなかった。次、がんばってくださいね。

関連記事

Honda秋の祭典

え?史上初!泣く子も黙る凄いトライアルデモ!

11月11日(土)、埼玉県朝霞市の本田技術研究所二輪R&Dセンターにて、史上初空前絶後泣く子も黙ってすたすたラジオ体操を始めそうなトライアル…

イベント(大会)

201710/19

11/5中条トライアル

中条トライアルランドの小林です、1年ぶりのご案内ですいません。 そして、ご案内が大変遅くなりましたが「市長杯大会」を下記のとおり実施いたし…

HeboヘルメットMFJ公認キャンペーン

Hebo ZONE4ヘルメット【MFJ公認】キャンペーン!

世界のトップトライアルライダーが使用するHebo(エボ)ヘルメットが、10月下旬にMFJ公認ヘルメットになります(ZONE 4のみ)。輸入元…

MFJトライアル

全日本選手権2017最終戦SUGO

2017年全日本選手権最終戦は、10月28・29日、宮城県スポーツランドSUGOで開催される。 いつものように、マシンやチーム名の記載…

イベント(大会)

201710/19

11/26第六回ノーリミット・トライアル大会

11月26日(日)に湯浅トライアルパークで「第六回ノーリミットトライアル大会」を開催します。もう六回目になりますが、今回は周囲の山へ特設コー…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。