2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. 1日目優勝のファハルド
  10. イベント(大会)
  11. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  12. リザルト東北
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト四国
  17. リザルト中国
  18. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  19. 全日本R3九州までのランキング
  20. 全日本R3九州リザルト
  21. 2018EMと成田匠.fr
  22. MFJトライアル
  23. 1805電子版
  24. 2018年5月号
  25. リザルト近畿
  26. ムーブレバー
  27. トムス新製品
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト四国
  33. リザルト関東
  34. 2017お勉強会
  35. TY-Eデビューラン
  36. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  37. 自然山通信電子版4月号
  38. 自然山通信2018年4月号
  39. リザルト中国
  40. リザルト中国
  41. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  42. リザルト関東
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト関東
  48. リザルト四国
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. 2018年3月号電子版

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

黒山、辛勝で5勝

黒山健一、辛くも5勝目
全日本選手権第6戦中国大会
9月12日/鳥取県鹿野町ヒロスポーツランド

jtrR6kuroyama.jpg

黒山健一

全日本選手権第6戦中国大会は、初めての会場、鳥取県鹿野町のヒロスポーツランドでの開催となった。この会場は往年のトップライダー、山本弘之がこつこつと整備してきたトライアルパーク。彼の長年の努力が実って、鹿野町の強力なバックアップのもと、地元と密着した大会の開催となった。

IASのトップ争いはし烈。マシンが完全に自分仕様にならなかった田中太一が2ラップめに脱落をするが、黒山健一、小川友幸、渋谷勲の3人は、最後の最後まで、1点を争う三つ巴の争いとなった。わずかなミスが、そのまま順位を入れ替え、最後まで誰が勝つかわからない接戦。トライアルは、勝負の展開がギャラリーにわかりにくい宿命をもっているが、ライダーの減点が逐一伝わっていたら、地元の人を含む、詰めかけた1700人全員が、手に汗握りながら試合を見守ることになったにちがいない。

jtrR6ogawa.jpg
小川友幸

この日、トップは黒山、小川、黒山、渋谷と入れ替わり、最後に同点に並んだのが黒山健一。黒山は小川に同点クリーン差で勝利したが、さらにだめ押しに、黒山1点、小川2点、渋谷6点のタイムオーバーがあった。結局黒山と小川は、タイムオーバーの差である1点差で、勝負の決着がつくことになった。
しかし「今日は負けました」と黒山。1週間前に世界選手権最終戦を終えたばかりで、かつてない時差ぼけに悩んでいたという黒山は、試合中に集中力を欠き、あり得ない5点をとってしまうなどして、自らを苦戦に追い込んだ。なんとか勝てたのは「運がよかったから」だと告白する。
小川は「ここ一番に弱い……」と自己分析しながら、悔しがることしきり。レディースの高橋摩耶のサポートを含め、大挙してデ・ナシオンのために渡欧するチームのメンバーも、あと少しで勝利を逃したことに悔しさも募るばかりだった。

jtrR6shibuya.jpg
渋谷勲

「なかなかトップになれない。あと2戦しかないですね」と、全日本勝利が、悲願となり始めた渋谷。トップ4の中で勝利がないのは渋谷だけだから、後半戦の奮起が期待される。
国際A級は田中善弘がまたまた本領発揮。今シーズン3勝目。ランキングトップの白神孝之は序盤7位とまさかの低迷をしたが、最終的には4位まで盛り返した。チャンピオン争いは、今回3位の尾西和博と田中、白神の、三者ががっぷり四つに組んだ争いとなりそうだ。このほか、岡村将敏、本多元治、田中裕人の追撃も楽しく、見所の多いIAクラスである。
国際B級は、今シーズン4勝目、すでにチャンピオンも目前なのが川村義仁。前回北海道大会で初優勝した野本佳章はわずか1点差で2位に甘んじた。今回はふたりとも試合序盤には低迷したが、後半しっかり盛り返してくるあたり、試合運びも堂に入ってきた感がある。
全日本選手権第6戦中国大会結果
1 黒山 健一 32
2 小川 友幸 33
3 渋谷 勲 40
4 田中 太一 52
5 井内 将太郎 90
6 小川 毅士 93
7 成田 匠 108
8 三谷 英明 125(クリーン1)
9 佃 大輔 125(クリーン0)

関連記事

9/2中国大会は予定通り開催

9月2日、全日本選手権中国大会の日程が迫ってきた。 中国、四国地方では大雨の被害でたいへんなことになっているが、全日本選手権トライアルは予…

勝つべき北海道で小川友幸、ぎりぎり勝利

2018年7月15日。例年どおり、全日本選手権第4戦は、北の大地北海道へやってきた。さわやかなイメージの北海道だが、こと全日本に関しては強い…

2018全日本ランキング(〜第4戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

黒山とTY-E、フランスGPで勝利

2018年7月15日、南フランスのアルプス地方オーロンで開催されたトライアルGPで、黒山健一がみごと勝利を果たした。 2017年から始…

2018全日本北海道全結果

全日本選手権第4戦北海道大会 2018年7月14・15日 北海道上川郡和寒町わっさむサーキット 観客数:700人 (さらに&h…

ページ上部へ戻る