2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  3. 全日本R3九州までのランキング
  4. 全日本R3九州リザルト
  5. 2018EMと成田匠.fr
  6. MFJトライアル
  7. 1805電子版
  8. 2018年5月号
  9. ムーブレバー
  10. トムス新製品
  11. リザルト関東
  12. 2017お勉強会
  13. TY-Eデビューラン
  14. 自然山通信電子版4月号
  15. 自然山通信2018年4月号
  16. リザルト中国
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. リザルト関東
  21. リザルト近畿
  22. リザルト四国
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. 2018年3月号電子版
  27. 2018年3月号
  28. 1802木彫山本さん
  29. HOSTAL DEL GUIU
  30. イベント(スクール)
  31. 2018 TRRS RAGA RACING
  32. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  33. イベント(スクール)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. リザルト四国
  40. フロントフォークプロテクター
  41. Vertigo VERTICAL
  42. 三谷アルミニップル
  43. リザルト中国
  44. TLM50用スプロケット
  45. JITISIEカーボンプロテクター
  46. イベント(大会)
  47. リザルト中国
  48. イベント(スクール)
  49. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  50. 自然山通信2018年2月号発売
  51. イベント(スクール)
  52. イベント(大会)
  53. リザルト関東
  54. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  55. リザルト九州
  56. リザルト中国
  57. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  58. イベント(大会)
  59. T-TRIAL R2モンペリエ
  60. リザルト中国
  61. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  62. リザルト関東
  63. イベント(その他)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

野崎史高、初優勝!

全日本トライアル選手権第8戦東北大会
10月24日(日)/宮城県・スポーツランドSUGO

ゴールした直後の野崎史高

1ラップ目をオールクリーン!
初優勝した野崎史高

全日本選手権も最終戦。ここ数年、最終戦は宮城県スポーツランドSUGOが定例となっている。今年も、全日本の終幕は、同じくSUGOでの開催となった。IAS、IBはそれぞれ黒山健一と川村義仁のタイトルが決まっているが、それぞれが有終の美を飾れるのか、またタイトル争いが決着していないIAクラスの結末はいかに。秋の趣きの濃い、気持ちのいい好天のもと、最終戦のトライが始まった。


IASクラス、この日、最初からクリーンを連発してライバルに脅威を与えたのは、世界選手権帰りの野崎史高だった。野崎は前戦中部大会と最終戦のみの参戦。ランキングの下位に位置するので、スタート順はトップになる。通常はこのスタート順は大きなハンディとなるのだが、野崎はほとんどのセクションをライバルに先がけてトライ、クリーンを見せつけるという試合運びを見せる。
黒山は野崎らのクリーンの後、テープ切断による5点で大きなハンディを負っての追撃となった。その後も、1mほどの助走からのオーバーハングの岩登りの第3セクションで、黒山、渋谷勲、小川友幸がことごとく5点。ここでも先頭を切ってトライし、そして唯一クリーンしたのが、野崎だった。
野崎は1ラップめのすべてのセクションをクリーン。この時点で、2位の田中太一が9点、小川が10点、黒山と渋谷が11点。野崎だけが、異次元の好調ぶりを発揮していた。
これまでの野崎なら、2ラップめ以降にペースを乱して自ら勝利を逃すパターンが多かったのだが、この日はそれもない。最初の勝負所となった第3セクションでは2ラップめ3ラップめに5点となったが、その失敗を引きずることなく、3ラップトータルの減点は11点。クリーン27(全30セクション)という、圧倒的な勝利で、自信の初優勝をものにした。
黒山は、失敗をしてもきっちり追い上げるいつもの試合運びを忠実に再現したが、しかし野崎には7点差で追いつけず。この日のセクション設定では、7点差は大差ともいえた。世界選手権参戦3年目を迎える野崎は、自分の成長を日本のファンの前に、遺憾なく披露して、2004年シーズンを終了した。
小川、田中、渋谷のあいだで繰り広げられていたランキングの2位争いは、それでも小川が逃げ切りに成功。3点差で田中、渋谷が4位に落ち着いた。ゼッケン1から4番までは、来シーズンも今年と同じ顔ぶれが並ぶことになる。
IAクラスは、チャンピオン候補最右翼の白神孝之が大失速の7位。九州大会を欠席した田中善弘が優勝したため、ランキングもひっくり返って、田中がチャンピオン獲得となった。終盤のどんでん返しだった。
優勝の田中と、2位の尾西和博が一桁減点。3位の村田慎示が3ラップ通じて10点。IAもまた、かなりの神経戦となったようだが、勝利をしたのは「今日は楽しく走れました」とあっけらかんと笑う田中だった。
IBクラスは川村義仁が6勝目。圧倒的に強かった、IBチャンピオンだった。今回も終盤にきちんと追い上げて勝利を得た。
IA昇格の八つの指定席を手中にしたのは川村、野本佳章、本田洋晴、粕谷直樹、粕谷弘樹、西村尚己、佐々木一晃、伊藤賢。このうち6名が関東勢で、5名が十代のライダー。IB一年目のルーキーがふたりと、若いライダーの台頭が目立った2004年のIBクラスだった。
●自然山速報は携帯電話(i-mode等)でもご覧いただけます。
 http://shizenyama.com/i
●リザルト詳細はMFJサイトへ http://mfj.or.jp/
トライアル全日本選手権第8戦東北大会(最終戦)結果(10月24日)
1位 野崎史高 11点
2位 黒山健一 18点(C25)
3位 田中太一 18点(C22)
4位 渋谷 勲 25点
5位 小川友幸 26点
6位 井内 将太郎 47点

関連記事

化けるか野崎ぶっちぎり勝利

化けるか、野崎。ぶっちぎり勝利の2018九州大会

野崎史高が、3年ぶりに勝利をおさめた。今回の野崎は、ライバルも舌を巻く絶好調でのぶっちぎり。2ラップを終えて、SSを待たずに勝利を決めた。 …

全日本R3九州までのランキング

2018全日本ランキング(〜第3戦)

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってるかも…

全日本R3九州リザルト

2018全日本第3戦九州大会全結果

2018全日本選手権シリーズ第3戦九州大会 2018年5月13日 天候:曇りのち雨 大分県玖珠郡玖珠町玖珠トライアルヒルズ 観客…

2018SSDT、水曜、木曜、どうでしょう?

スコティッシュ6日間トライアルは、いよいよ佳境。海の向こうでは、250名近いトライアルばかどもが、この世のものとも思えない魅力的な荒野と戦っ…

2018 SSDT(1日目・2日目)

2018年SSDTが始まっている。スコットランドの荒野を舞台に、6日間に渡って開催される伝統のトライアルイベント。トライアルライダーたる者、…

ページ上部へ戻る