2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. 動画チャンネルR4中国
  2. 2017フランスGP
  3. MFJトライアル
  4. EXスポーツ FIMトライアル放送
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. 2017お勉強会
  8. 全日本第4戦中国大会レポート
  9. 三谷モータースポーツ新製品
  10. ガスガス用ラジエタープラグ
  11. 動画チャンネルR4中国
  12. 全日本第4戦中国大会までのランキング
  13. 全日本第4戦中国大会リザルト
  14. リザルト関東
  15. MFJトライアル
  16. 自然山通信6月号電子版
  17. 自然山通信6月号
  18. イベント(その他)
  19. 2017 X-TRIAL DVD
  20. 2日目ボウ
  21. 予選
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(スクール)
  28. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  29. リザルト東北
  30. Honda トライアルファンミーティング
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)
  34. 2017玖珠全日本
  35. イベント(大会)
  36. 2017 Hondaトライアルミーティング
  37. MFJトライアル
  38. MFJトライアル
  39. リザルト東北
  40. リザルト関東
  41. 自然山通信5月号
  42. イベント告知
  43. 2017年5月号電子版
  44. MFJトライアル
  45. Vertigo TITANIUM
  46. リザルト関東
  47. リザルト近畿
  48. S3 TENT
  49. リザルト関東
  50. リザルト沖縄
  51. リザルト中国
  52. S3 CURVE
  53. 近畿大会レポート
  54. リザルト中国
  55. リザルト関東
  56. リザルト関東
  57. S3 NEWアルミハンドレバーアジャスター
  58. 2017年4月号
  59. 2017年4月号
  60. HRC ハンドルアッパーホルダー
  61. リザルト中国
  62. リザルト中国
  63. リザルト近畿
  64. リザルト関東
  65. TRS用クラッチ
  66. 自然山通信4月号
  67. ステンメッシュオイルフィルター
  68. リザルト中国
  69. リザルト沖縄
  70. リザルト関東
  71. リザルト中部
  72. リザルト関東
  73. Montesa 300RR
  74. リザルト近畿
  75. イベント(大会)
  76. 2017X2オーストリア
  77. トムスストロングガードTRS用
  78. 自然山通信2017年3月号電子版
  79. 自然山通信2017年3月号
  80. リザルト中部
  81. モータースポーツ活動計画発表会
  82. 2017 Scorpa Racing SC250
  83. イベント(大会)
  84. MFJトライアル
  85. リザルト中国
  86. リザルト関東

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

野崎史高、初優勝!

全日本トライアル選手権第8戦東北大会
10月24日(日)/宮城県・スポーツランドSUGO

ゴールした直後の野崎史高

1ラップ目をオールクリーン!
初優勝した野崎史高

全日本選手権も最終戦。ここ数年、最終戦は宮城県スポーツランドSUGOが定例となっている。今年も、全日本の終幕は、同じくSUGOでの開催となった。IAS、IBはそれぞれ黒山健一と川村義仁のタイトルが決まっているが、それぞれが有終の美を飾れるのか、またタイトル争いが決着していないIAクラスの結末はいかに。秋の趣きの濃い、気持ちのいい好天のもと、最終戦のトライが始まった。


IASクラス、この日、最初からクリーンを連発してライバルに脅威を与えたのは、世界選手権帰りの野崎史高だった。野崎は前戦中部大会と最終戦のみの参戦。ランキングの下位に位置するので、スタート順はトップになる。通常はこのスタート順は大きなハンディとなるのだが、野崎はほとんどのセクションをライバルに先がけてトライ、クリーンを見せつけるという試合運びを見せる。
黒山は野崎らのクリーンの後、テープ切断による5点で大きなハンディを負っての追撃となった。その後も、1mほどの助走からのオーバーハングの岩登りの第3セクションで、黒山、渋谷勲、小川友幸がことごとく5点。ここでも先頭を切ってトライし、そして唯一クリーンしたのが、野崎だった。
野崎は1ラップめのすべてのセクションをクリーン。この時点で、2位の田中太一が9点、小川が10点、黒山と渋谷が11点。野崎だけが、異次元の好調ぶりを発揮していた。
これまでの野崎なら、2ラップめ以降にペースを乱して自ら勝利を逃すパターンが多かったのだが、この日はそれもない。最初の勝負所となった第3セクションでは2ラップめ3ラップめに5点となったが、その失敗を引きずることなく、3ラップトータルの減点は11点。クリーン27(全30セクション)という、圧倒的な勝利で、自信の初優勝をものにした。
黒山は、失敗をしてもきっちり追い上げるいつもの試合運びを忠実に再現したが、しかし野崎には7点差で追いつけず。この日のセクション設定では、7点差は大差ともいえた。世界選手権参戦3年目を迎える野崎は、自分の成長を日本のファンの前に、遺憾なく披露して、2004年シーズンを終了した。
小川、田中、渋谷のあいだで繰り広げられていたランキングの2位争いは、それでも小川が逃げ切りに成功。3点差で田中、渋谷が4位に落ち着いた。ゼッケン1から4番までは、来シーズンも今年と同じ顔ぶれが並ぶことになる。
IAクラスは、チャンピオン候補最右翼の白神孝之が大失速の7位。九州大会を欠席した田中善弘が優勝したため、ランキングもひっくり返って、田中がチャンピオン獲得となった。終盤のどんでん返しだった。
優勝の田中と、2位の尾西和博が一桁減点。3位の村田慎示が3ラップ通じて10点。IAもまた、かなりの神経戦となったようだが、勝利をしたのは「今日は楽しく走れました」とあっけらかんと笑う田中だった。
IBクラスは川村義仁が6勝目。圧倒的に強かった、IBチャンピオンだった。今回も終盤にきちんと追い上げて勝利を得た。
IA昇格の八つの指定席を手中にしたのは川村、野本佳章、本田洋晴、粕谷直樹、粕谷弘樹、西村尚己、佐々木一晃、伊藤賢。このうち6名が関東勢で、5名が十代のライダー。IB一年目のルーキーがふたりと、若いライダーの台頭が目立った2004年のIBクラスだった。
●自然山速報は携帯電話(i-mode等)でもご覧いただけます。
 http://shizenyama.com/i
●リザルト詳細はMFJサイトへ http://mfj.or.jp/
トライアル全日本選手権第8戦東北大会(最終戦)結果(10月24日)
1位 野崎史高 11点
2位 黒山健一 18点(C25)
3位 田中太一 18点(C22)
4位 渋谷 勲 25点
5位 小川友幸 26点
6位 井内 将太郎 47点

関連記事

2017フランスGP

フランス、ブストが連続表彰台

アンドラ大会のすぐ翌週、舞台はフランスのルルドに移った。この大会、ハイメ・ブストがアンドラに続いて2度目の表彰台。今度は3位だった。優勝はト…

MFJトライアル

全日本第5戦は北海道大会

2017MFJ全日本トライアル選手権シリーズ第5戦 北海道大会 2017年全日本シリーズも中盤戦。7戦中4戦が終了して、終盤戦の口火を…

EXスポーツ FIMトライアル放送

2017 FIMトライアル世界選手権「EXスポーツ」放送日程

2017シーズン、アウトドア「FIMトライアル世界選手権」インドアの「FIM Xトライアル世界選手権」が「スカパー!ch.609」のEXスポ…

イベント(大会)

7/2 ケニーズ杯と比和町のイベント

広島県福山市発信、ケニーズクラブからのイベント情報です。 ケニーズ杯、夏のOASYS CUP、秋の水源の森ツーリングトライアルの4大会のお…

フランスGPで電動バイク選手権開催、コロメがデビュー

6月25日、フランスGPに、トライアルEカテゴリーが設けられ、これにマルク・コロメが参加する。コロメはご存知のとおり、1996年世界チャンピ…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。