2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. 1日目優勝のファハルド
  10. イベント(大会)
  11. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  12. リザルト東北
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト四国
  17. リザルト中国
  18. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  19. 全日本R3九州までのランキング
  20. 全日本R3九州リザルト
  21. 2018EMと成田匠.fr
  22. MFJトライアル
  23. 1805電子版
  24. 2018年5月号
  25. リザルト近畿
  26. ムーブレバー
  27. トムス新製品
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト四国
  33. リザルト関東
  34. 2017お勉強会
  35. TY-Eデビューラン
  36. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  37. 自然山通信電子版4月号
  38. 自然山通信2018年4月号
  39. リザルト中国
  40. リザルト中国
  41. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  42. リザルト関東
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト関東
  48. リザルト四国
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. 2018年3月号電子版
  53. 2018年3月号
  54. 1802木彫山本さん
  55. HOSTAL DEL GUIU

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

トラッパー今昔

 今さら新製品でもないんだけど、トライアルが発信元で、ひそかーに流行しつつある道具がある。ぱわあくらふとの『トラッパー』だ。
 写真を見てもらえば説明の必要はないが、一応説明すると、トライアルマシン(寸法をとったのはガスガスのプロだそうだ)から車輪とエンジンをはずしたもの。サスペンションやブレーキはついてない。
 あらためてぱわあくらふとのWEBサイトを見ると「ホッピングトレーニングマシン」となっているけど、最初にトラッパーを紹介されたときには、ぱわあくらふとの小玉さんも「なんのためのものだか、ぼくにもよくわかんないんです」とおっしゃっておられた。なにに使うかは、お好み次第ってとこだ。

 これを持って大勢の人が集まっているところへ行くと、なかなか楽しい。みんな、大汗かきながらひっこひっこやっている。子どもたちなんか、渡したら最後、返してくれない。
 おもしろいのは、トラッパーに集まってくるのは、トライアルをやっていない人たちが多いということで、トライアルのベテランたちは、どっちかというと遠巻きにトラッパーに興じる人の群れを見ているケースが多い。
 ぱわあくらふとによると、ガルル誌上で小林直樹さんが紹介してくれたこともあって、エンデューロ関係と思われる人と雪国の人に売れているという。雪国の人は、オートバイに乗れない季節に、トラッパーでインドアトライアルをするんでしょう、きっと。してその売れ行き、去年の秋くらいに聞いたら、500台くらい売れたっていうから、トライアル界にあっては、なかなかのヒット商品なのだ。
 バイク用品店「ナップス」のWEB担当であられるふじいさんの『バイク用品屋さんブログ』でも2月8日付けで紹介されていました。「面白い!!腕を磨きたいバイク乗りには絶対オススメ」だそうです。
 ナップスではトラッパーの販売もしていますが、ふじいさんが遊んだみたいに、試乗マシンがあるわけではないみたい。こんなのが店先にあると、楽しいと思うけどな。
 ところで、先日杉谷が平野博さんのお家をおじゃました。平野さんは日本バイクトライアル連盟の会長さんで、国際バイクトライアル連盟の会長さんでもあって、またモンティ・ジャパンの代表者でもある。今でも現役でバイクトライアルを楽しむ、バイクトライアル界の第一人者といっていい。
(ところでバイクトライアルという単語、すっかりオートバイのトライアルという意味でも使われるようになっちゃたがバイクトライアルは自転車トライアルのことを指すのが、トライアル界ではふつう。はてなダイアリーを見ても、そのようなことが書いてある。20年以上前、辻司さんが「バイクという呼び方を普及させたのはぼくだ」と語っておられたけど、とすると、今の誤解を広めたのも辻さんということかな?)
 で、平野さんに見せてもらったのがこれ。名前をホッパーというらしい。

新旧ホッパー

白いのがホッパー、赤いのがトラッパー

 平野さんが十数年前に発売していたもので、見る限りはほとんどそっくりだ。重量も構造もほとんど同じようなもの。外見でいちばん違うのは、フットレストの位置で、ホッパーはトラッパーより内側にくっついている。トラッパーのフットレスト位置はガスガスから来ているので、エンジンの分だけ幅広い。ホッパーはバイクトライアルマシンがベースになっているということかもしれない。
 平野さんによると、フロントアップやジャックナイフは、サスペンションが沈んだ状態からのアクションになるので、その状態を想定して設計したとのことだった。
 もうちょっとよく見ると、ホッパーはキャスターが立ってる、フットレストが高くて後ろにある、ホイールベース(とはいわないだろうけど)が短い、あたりがトラッパーとちがうところだ。
 両者を比較試乗してみると、外観が似ているわりには、ずいぶん操縦性がちがう。ダニエルをするには、ホッパーのほうが前後左右にコントロールする自由度があるようだとは、杉谷のインプレッションだ。

似た者同士

 見てもわかるが、乗ってみると、トラッパーはスイングアームが長い印象がある。フロントをあげる際には、ちょっと大きめのアクションが必要になる。ホッパーは、そんなに大きなアクションをすることなく、するっとフロントをリフトさせることができる。
 ダニエル競技会のようなものがあって、そこで勝敗を争うなら、ホッパーのほうが戦闘力がありそうだ。しかし、トレーニングマシンとして考えるなら、あんまり簡単にできてしまうより、少し苦労したほうがいいのかもしれない。現実問題として、ホッパーは今では手に入らないのだから、どっちがよいのかを悩む必要はないのだけど。ちなみにホッパーは、50台ほど市場に出たのだそうだ。
 ともあれこのトレーニングマシン、トライアル初心者には、なかなかよい道具であることはまちがいない。どこかで、体験してみてくださいね。

関連記事

2018全日本北海道全結果

全日本選手権第4戦北海道大会 2018年7月14・15日 北海道上川郡和寒町わっさむサーキット 観客数:700人 (さらに&h…

2018年7月号電子版

お待たせしました。世界選手権日本GP特集、第一弾。電子版をお届けします。ダウンロードして、お手元の電子端末でお楽しみください。 (さ…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号は7月6-7の二日間で出荷中です。今回は6月にツインリンクもてぎで開催されたトライアル世界選手権第2戦STRIDER日本グラ…

全日本選手権に電子チケット導入

MFJが、全日本選手権トライアルの観戦券の電子販売を始めた。 まずは9月1日開催の中国大会(広島大会)から電子チケットの販売が始まる。 …

MFJトライアル

7月15日は北海道わっさむサーキットで全日本

7月15日、全日本選手権第4戦北海道大会が、旭川近郊の和寒町わっさむサーキットで開催される。 今回は総参加者90名! にぎやかな北海道大会…

ページ上部へ戻る