2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  1. クラッチワークの極意
  2. 動画チャンネル
  3. 2017TDN
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)

    2017.11.15

    12/24第8回SPGG杯
  6. イベント(大会)
  7. Honda秋の祭典トライアルデモ
  8. 自然山通信11月号電子版
  9. イベント(大会)
  10. 自然山通信11月号
  11. イベント(大会)
  12. イベント(その他)
  13. イベント(大会)
  14. リザルト中部
  15. リザルト関東
  16. MOTSセール

    2017.11.04

    MOTSのセール!
  17. イベント(スクール)
  18. 自然山通信11月号
  19. イベント(大会)
  20. GASGAS CONTACT用セルモーターガード
  21. 2017年間ランキング
  22. イベント(大会)
  23. 全日本R7東北リザルト
  24. リザルト北海道
  25. チタンサイレンサーRACE
  26. リザルト関東
  27. リザルト中国
  28. Honda秋の祭典
  29. イベント(大会)
  30. HeboヘルメットMFJ公認キャンペーン
  31. MFJトライアル
  32. イベント(大会)
  33. イベント(その他)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. トムスの新製品
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. RTL250S用リヤフェンダー
  40. 2018ベータEvo2Tシリーズ
  41. リザルト関東

    2017.10.15

    2017茨城県大会
  42. リザルト北海道
  43. リザルト東北
  44. リザルト関東
  45. リザルト中国
  46. イベント(大会)
  47. イベント(大会)
  48. R6中部大会までのランキング
  49. R6中部大会のリザルト
  50. リザルト東北
  51. リザルト関東
  52. リザルト関東
  53. リザルト九州
  54. イベント(大会)
  55. 自然山通信2017年10月号電子版
  56. イベント(大会)
  57. 新型力造シート
  58. イベント(スクール)
  59. MFJトライアル
  60. かわうちトライアル
  61. 中部大会招待券プレゼント
  62. MITANI MODEL TR-3
  63. テフロンスロットルパイプ
  64. リア・ディスクプロテクション
  65. リザルト中国
  66. リザルト沖縄
  67. リザルト北海道
  68. リザルト中国
  69. リザルト関東
  70. 2017TDNエントリーリスト
  71. リザルト中国
  72. リザルト関東
  73. リザルト関東
  74. リザルト中国
  75. 2017年9月号電子版
  76. 2017年9月号
  77. リザルト中国
  78. スタイルマーチンニューモデル
  79. 三谷モータースポーツバイクトライアルパーツ
  80. 2017お勉強会
  81. イベント(大会)
  82. イベント(スクール)
  83. リザルト北海道
  84. リザルト沖縄
  85. イベント(その他)
  86. SHOWAフロントフォーク用ハードスプリング
  87. トムスのロゴ
  88. イベント(大会)

    2017.08.17

    9/3寅吉カップ

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2008ヤマハSY250F

08黒山と野崎
野崎(左)と黒山

 ヤマハレーシングチームの、TYS250F、その2008年型がお披露目となった。
 スコルパがヤマハDOHC5バルブエンジンを搭載してデビューさせたSY250F。今年はデビュー以来3年目となる。2008年型は、一目瞭然の変化が見てとれる。


 大きな変化は、SY250Fの特徴だったリヤフェンダー内に格納したサイレンサーを外に出し、ごくふつうの形式のサイレンサーを採用したことだ。
 250Fは熱対策に腐心していた印象が強いので、あるいはその対策かとも思えるが、まだまだセッティングや性能向上に向けてさまざまなトライの最中のマシンであることを考えると、より一般的なアウトラインをとって開発の自由度を増したほうがよいという判断が働いたのではないかと思われる。これならサイレンサーの交換も用意だし、内部構造を変更するトライ&エラーも容易だ。あわせて、サイレンサーが外側に出たことにより、サイレンサーと抱き合わせになって装着されていたエアクリーナーまわりの自由度も増した。もちろん、メインテナンス性も向上している。

08黒山号と野崎号

 ゼッケン2番は黒山健一号、3番は野崎史高号。2台は基本的に同じ仕様だが、サイレンサーは黒山号がチタン製、野崎号がアルミ製となっている。
 これは両者のエンジンに求める性格のちがいからでてきた仕様のちがいということだ。ふたりのエンジン性格のちがいは顕著で、これはデビュー以来一貫している。DOHCならではの高速域の特性を重視しているのが黒山号、対して野崎号はトライアルに適した中低速をより扱いやすくセッティングしていると見られている。
 黒山曰くは、2008年型SYはさらにパワフルになっているということで、もともとヒルクライム競争などでは独擅場だったDOHCエンジンだが、そのアドバンテージはさらに増しているのではないだろうか。

08黒山号
08野崎号
左・黒山号/右・野崎号

 半ば未完成の状態で日本に上陸し、デビュー数戦はまともに走らせることすらむずかしかったTYS250F。ようやく2006年終盤に戦闘力をつけてきて、2007年は日本チャンピオンこそとりそこねたものの、その戦闘力はトップクラスのものであることを証明してきている。結果こそ2位が最上位だったが、野崎の成長も、マシンの熟成のたまものだ。
 このポテンシャルをさらにアップさせ、ホンダと小川友幸に奪われた日本タイトルを奪還するため、いよいよヤマハが本気になってスープアップに取り組んだのが、2008年型TYS250Fだ。
 黒山健一はこのマシンに乗った1年目にタイトルを獲得したが、実は2006年はスコルパ契約だった。黒山がヤマハ入りをして名実ともにヤマハvsホンダの図式になったのは2007年から。パスカル・クトゥリエのタイトル以来のヤマハのチャンピオンの実現に向けて、ヤマハの2008年はアグレッシブだ。

08黒山チームと野崎チーム

 TYS250Fに乗るのは、2007年同様、黒山健一と野崎史高の2名。黒山には実弟の黒山二郎がマインダーとして戦いをともにし、野崎チームは永年コンビを組む中山浩がマインダーを担当する。
<Photo:J. Saiga>

関連記事

2018TRGPスケジュール(現在最新版)

2018年の世界選手権シリーズの日程が、ちょっと変わって発表されている。まだまだ変更があるかもしれないが、日本大会も含めて(日本大会は日程そ…

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

イベント(大会)

201711/15

1/3ロッキートライアル

ロッキートライアルをご存知でしょうか? あの小谷徹さんが小さい頃から開催されていた由緒正しき大会です! その大会が2018年に開催できなくな…

イベント(大会)

201711/15

12/24第8回SPGG杯

第8回SPGG杯INトライアルパークヤマグチ ★開催日・会場★  2017年12月24日(日)  トライアルパークヤマグチ(〒50…

イベント(大会)

201711/15

1/7 2018新春チャリティ大会

 恒例となりました新春チャリティ大会を、2018年1月7日に開催いたします。  セクションは広めに設定していますので、初心者からIASまで…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。