2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 動画チャンネル
  3. TLM50用スプロケット
  4. JITISIEカーボンプロテクター

    2018.02.15

  5. イベント(大会)
  6. イベント(スクール)
  7. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  8. 自然山通信2018年2月号発売
  9. イベント(スクール)
  10. イベント(大会)
  11. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  12. リザルト中国
  13. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  14. イベント(スクール)
  15. イベント(大会)
  16. T-TRIAL R2モンペリエ
  17. イベント(大会)
  18. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  19. 2017お勉強会
  20. リザルト関東
  21. イベント(その他)
  22. リザルト関東
  23. リザルト中部
  24. ぱわあくらふとのワイドステップ
  25. 三谷モータースポーツの新製品情報
  26. 2018年1月号電子版発売しました
  27. 年末年始休業のお知らせ
  28. 2018年1月号発売のお知らせ
  29. イベント(大会)
  30. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  31. 2018 SCORPA Racing
  32. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  33. 自然山通信2018年1月号
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)

    2017.12.16

    1/14ケニーズ杯
  36. JITSIE DIMINO
  37. リザルト関東
  38. リザルト関東
  39. リザルト中国
  40. リザルト近畿
  41. 自然山通信2017年12月号
  42. イベント(大会)
  43. 自然山通信2017年12月号電子版
  44. リザルト中部
  45. リザルト関東
  46. 三谷モータースポーツWチャンピオンセール
  47. エトスデザイン
  48. 創刊250号の自然山通信
  49. MFJトライアル
  50. イベント(大会)

    2017.11.25

    12/24 KUMA-CUP 2017
  51. イベント(大会)
  52. リザルト関東
  53. リザルト東北
  54. 2017TDN
  55. イベント(大会)

    2017.11.15

    12/24第8回SPGG杯
  56. イベント(大会)
  57. Honda秋の祭典トライアルデモ
  58. リザルト中国
  59. リザルト関東

    2017.11.12

    羽生山カップ
  60. MFJグランドチャンピオン大会
  61. 自然山通信11月号電子版
  62. イベント(大会)
  63. 自然山通信11月号
  64. イベント(大会)
  65. イベント(その他)
  66. イベント(大会)
  67. リザルト中部
  68. リザルト関東
  69. リザルト関東
  70. MOTSセール

    2017.11.04

    MOTSのセール!
  71. イベント(スクール)
  72. 自然山通信11月号
  73. GASGAS CONTACT用セルモーターガード
  74. 2017年間ランキング
  75. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

マスターズトライアル

南野さん
南の年明さん。
気合いあふれるターンは衰えなし

 12月11日、岐阜県土岐特設トライアル場で、FTJカップマスターズトライアルが開催された。
 マスターズトライアルは、生涯スポーツとしてのトライアルを目標に、その名の通り熟練者を対象にした真剣勝負の競技会である。45歳以上に参加資格があり、年齢別にクラス分けされて競われる。
 今回、参加者がはじめて70人を越えて、マスターズトライアルとして大きな盛り上がりを迎えた。参加者も全国から集まり、全国大会としても充実してきているといえる。


 当初は、山本昌也と伊藤敦志の闘いがクローズアップされるなど、そうそうたるメンバーが集まる全日本OB会のような印象があった。それは反面、参加者に二の足を踏ませる敷き居の高さも生んでしまったのかもしれない。あるいはまた、45歳以上ということで、四十雀トライアルにあるような、お年寄りの憩いのトライアルと思っている人もいたかもしれない。
 まず、マスターズと四十雀は、まったく別次元のトライアルだ。四十雀では、年寄りほど偉いというのが座右の銘になっている。だから年齢ハンディを設け、極力最年長者が優勝するようなシステムがとられている。マスターズはそんなことはない。

神部さん
55歳クラス優勝の神部逸雄さん。
こちらも気合いたっぷり

 2005年の70歳以上チャンピオンとなった伊藤静男さん。この人はなごみのトライアルの象徴みたいな存在だが、その実、コンペティショントライアル発祥の頃からのトライアル人だ。「四十雀はお母ちゃんを連れて宴を楽しみに行く大会。マスターズはお母ちゃんは連れずに、男一匹勝負をする大会」とおっしゃる。もっともそんな解説をわざわざ聞くまでもなく、参加選手の顔つきを見れば、その真剣度はよくわかる。
 セクションは、けっしてやさしくはないが、険しいものではなく、基本的に危険なものでもない。渋いターンを見せてセクションを走破してほしいというセクションコーディネーターの思いは、ちゃんとすべてのセクションに反映されている(セクションコーディネーターのひとり、ストレートオン誌の泥さんによれば、今回土岐大会のセクションは、ちょっと険しすぎる設定だったとのこと。高かったり岩を転げ落ちてくるシーンがないようなセクションを心がけているとのことだった)。

大月さん
大月信和さん。
還暦記念に、上から下まで赤で揃っている

 マスターズには、スターがいっぱいいる。たとえば5年連続全日本チャンピオンの山本昌也さんはそのひとりだが、彼は一時代を築いたものの、やはり一時代のスターである。別の時代には別のスターがいた。マスターズとして選手が集まれば、それぞれの時代のスターが集結する。大月信和さんはヤマハのライダーとして、ヤマハトライアルの創世期を走った名ライダーだし、南の年明さんは山本昌也を育てたと同時に、自身もゼッケン3をつけたトップライダーだった。ツートラや全国の大会で名を成している松井正人さん、数々のキットパーツを開発しながら、やはり各地の大会に出没する吉川富美男さん、これら関西の豪傑に対して関東の神部逸雄さんも、全国大会で好成績をおさめ続ける強者だ。
 長くイーハトーブの主催スタッフとして功績を残した阿部祐輔さんは、岩手からひとり遠征してきた。阿部さんに最遠来賞をとられたとくやしがる藤沼平八郎さんは宇都宮からの参加で、72歳になる。藤沼さんも、ひとりで遠征してやってきた。
 現役時代、圧倒的強さを誇ったビックネーム昌也さんに対するのは、秩父の米澤満夫さん。国際B級を戦った当時には、やはり圧倒的強さを発揮した秩父の強豪だ。

白木さん
南のさんとの一騎打ちに
タイム差で敗れた白木英一さん

 昌也さんの師匠の南の年明さんと真っ向勝負するのは高知の白木英一さん。白木さんはキャリアは長いが“全国区”となったのはマスターズで南のさんを相手にトップ争いをするようになってからだ。それぞれの実力に対して、セクションがやや簡単な設定だからという理由もあるが、年齢を考えると、今ぐらいの設定が一日を通じて走るにはちょうどよいのも事実。今回はふたりがオールクリーンで、規則によって競技時間が短かった南のさんが優勝となったが、ふたりとも、かなり真剣に走って勝ちえたオールクリーンだった。二人の真剣勝負ぶりは、見ていても背筋がピンとなる思いだった。
 マスターズに出場している人は、その多くはかつて全日本などでしのぎを削った人たちばかりだ。その後彼らはツーリングトライアルなどに参戦しているが、マスターズで見るような緊張感のある勝負顔は、今やマスターズでしか見られない風物かもしれない。

昌也さん
山本昌也さん。
真直角で有名だが、この人の本領は
実はターンだった

 真剣な表情は、昌也さんとて同じだった。2ラップ目中盤までオールクリーンできて「足をつくはずがないセクションでは差がつかなくて気が疲れる」と現役当時そのままの感想をもらした直後に足をつき、さらに1点を加えて、リードわずか1点となっての最終セクションでは、近寄りがたい雰囲気を醸し出す現役そのままの山本昌也に戻っていた。
「よっしゃ」と声を出して気合いを入れてからセクションイン。もちろん昌也さんが気合いを入れて走ればクリーンは当然ともいえるのだが、昌也さんといえど、これだけ真剣にならなければ勝ちを得られないのだから、トライアルは、どんなトライアルでもむずかしいものにはちがいないのだ。
 マスターズトライアルは、しかし昌也さんのような往年のトップライダーのものだけではない。あるいは、60歳クラスでも45歳クラスのセクションを攻めて勝敗を争いたい人は少なくない。クラス分けは年齢別だけでいいのか、年齢別以外のクラスとした場合、その設定はどうなるのか。

松井さん
50歳クラス優勝の松井正人さん。
マシンはファンティックセクション

 課題はいろいろ考えられるが、それも、参加者が70人を越えて、参加者が多様化していることを認識できたからにほかならない。
 今後、マスターズはまだまだ変化を続けていくのだろうが、きまじめにトライアル大会を開催し運営していくという姿勢は、きっと変わらないはずだし、それだけでも、マスターズには大いなる意義がある。

関連記事

  • 第29回イーハトーブトライアル

  • 黒山健一、またまた勝利

  • MFJの表彰式

  • 2014もてぎ

    2014世界選手権もてぎ

  • MFJトライアル

    全日本開幕戦3月13日、真壁にて開催

  • 2016ヴェルティゴキャッチ

    ヴェルティゴチーム、始動する

藤波が優勝したルマンでトニー・ボウ負傷

1月18日、フランスのル・マンでインドアトライアルが開催され、トニー・ボウ、藤波貴久らが出場した。この大会、序盤でボウがクラッシュ、背中を強…

3/11!2018全日本開幕戦関東大会

2018年3月11日、2018年の全日本選手権が、いよいよ開幕する。 2018年はトップクラスのIASクラスに3名のニューフェイスが加わり…

TLM50用スプロケット

力造「Honda TLM50用リアスプロケット」発売!

トライアルショップ「ぱわあくらふと」がプロデュースする「力造ブランド」からHonda TLM50用リアスプロケットが発売されました! (…

JITISIEカーボンプロテクター

三谷モータースポーツよりJITSIEの新製品情報。TRRS用スイングアームプロテクター。そしてTECHアルミフォーク用インナーチューブです。…

ベータのカベスタニー、スペイン選手権にデビュー

トライアルGP世界ランキング7位、アルベルト・カベスタニーが、2018年用の愛車を引っさげてスペイン選手権の開幕戦に登場してきた。この開幕戦…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。