2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  1. クラッチワークの極意
  2. 動画チャンネル
  3. リア・ディスクプロテクション
  4. 2017TDNエントリーリスト
  5. イベント(大会)
  6. 2017年9月号電子版
  7. 2017年9月号
  8. リザルト中国
  9. スタイルマーチンニューモデル
  10. 三谷モータースポーツバイクトライアルパーツ
  11. 2017お勉強会
  12. イベント(大会)
  13. イベント(スクール)
  14. かわうちトライアル
  15. イベント(その他)
  16. イベント(大会)
  17. SHOWAフロントフォーク用ハードスプリング
  18. トムスのロゴ
  19. イベント(大会)

    2017.08.17

    9/3寅吉カップ
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. リザルト中部
  24. 1708電子版
  25. 自然山通信8月号
  26. チビのとびつき
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. イベント(大会)
  30. イベント(大会)
  31. イベント(大会)
  32. 原発見学
  33. リザルト関東
  34. リザルト中国
  35. イベント(大会)
  36. 2017北海道
  37. 動画チャンネル
  38. 2017北海道大会
  39. イベント(スクール)
  40. 2017日本グランプリ公式DVD
  41. 動画チャンネル
  42. 2017全日本北海道までのランキング
  43. 2017全日本北海道リザルト
  44. 2017TDN
  45. 自然山通信2017年7月号
  46. イベント(大会)
  47. リザルト東北
  48. リザルト九州
  49. 2017フランスGP
  50. MFJトライアル
  51. EXスポーツ FIMトライアル放送
  52. リザルト関東
  53. リザルト沖縄
  54. リザルト中国
  55. イベント(大会)
  56. イベント(大会)
  57. リザルト関東
  58. リザルト中部
  59. リザルト中国
  60. 2017マスターズ第3戦
  61. 全日本第4戦中国大会レポート
  62. 三谷モータースポーツ新製品
  63. ガスガス用ラジエタープラグ
  64. 動画チャンネルR4中国
  65. 全日本第4戦中国大会までのランキング
  66. 全日本第4戦中国大会リザルト
  67. リザルト近畿
  68. リザルト関東
  69. リザルト関東
  70. MFJトライアル
  71. 自然山通信6月号電子版
  72. 2017ど・ビギナー祭典春
  73. 自然山通信6月号
  74. イベント(その他)
  75. 2017 X-TRIAL DVD
  76. リザルト中国
  77. 2日目ボウ
  78. リザルト沖縄
  79. 予選
  80. イベント(大会)
  81. イベント(大会)
  82. イベント(大会)
  83. イベント(大会)
  84. イベント(大会)
  85. イベント(スクール)
  86. リヤディスクプレートアルミセンターカバー

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ダストトゥグローリーなる映画

 7月22日に「ダストトゥグローリー(Dust to Glory)」が封切られる。
 よい映画は多々あれど、こんなふうにオフロードスポーツを生き生きと、マニアックに描いた映画は、いくらも登場しない。
「オンエニーサンデー」以来の名作の登場だ。


「オンエニーサンデー」は、1972年、日本では「栄光のライダー」という名前で公開された。スティーブ・マックィーンの「栄光のル・マン」のヒットに乗じたタイトルだったと思うけど、オンエニーサンデーには、マックィーンのプライベートな世界が流れている。本人がいくら自動車好きでも、映画のプロとして作った栄光のル・マン(原題にはやっぱり“栄光の”はなくて、ただのLe Mans)とはものがちがう。そして一介のオートバイ好きとしては、マックィーンの映画スターではない、一介のオートバイ好きな一面が見られたということが収穫のひとつだった。
 もちろん、オンエニーサンデーはマックィーンが主役のひとりであるけれども、けっしてそれだけの映画じゃない。メインストーリーはダートトラックなのだけど、今でいうフリーライドや、エルシノアGP(ホンダ製のオートバイにそういう名前のがあったけど、もちろんエルシノアGPのほうが本家)の模様など、オフロードの神業ライダー、マルコム・スミスのライディングも堪能できる。マルコム・スミスと比べてしまうと、かのスティーブ・マックィーンを「役者の割にはうまいけど、やっぱりへたっぴーだなぁ」なんて笑えてしまうのであった(神様と比べる方がいけない。マックィーンはISDEのナショナルチームのメンバーだった。うまいのである)。

 なんで大昔の映画のことをだらだら書いているかといえば、今回封切られる「ダストトゥグローリー」の監督はデイナ・ブラウンだからだ。デイナ・ブラウンにはサーフィンを描いた「ステップイントゥリキッド」などの作品があるが、彼の父親はブルース・ブラウン。ブルースの代表作「エンドレスサマー」はこれもサーフィンを描いたものだったが、なにを隠そう、ブルース・ブラウンこそ、オンエニーサンデーをつくったその人だった。つまりこの親子は、二代に渡ってサーフィンとオートバイ(それも主にオフロードスポーツ)を描き続けているのだった。
 広大なバハ・カリフォルニア。そこを走るさまざまなライダー、ドライバーたち。数々のエピソードとアクシデント。息づまるシーンの連続もすごいが、そこに登場するビッグネームにも驚かされる。どっちかというと昔のひとばっかりだから、現代のモータースポーツファンより、ちょっと古いひとのほうが感動しやすい。バハの魅力についてとうとうと語ってくれるのはリック・ジョンソン(スーパークロスチャンピオン。人懐っこい笑顔は変わっていないけど、外面内面ともにちょっと丸くなった)、ピックアップトラックを走らせながらバハの思い出を語るのはF1チャンピオン、マリオ・アンドレッティ。もちろんマルコム・スミスも出てくる。古い映像のマルコムもすごいし、ちょっとよぼよぼになった現在のマルコムも美しい。30年以上の時を経て、このスポーツの魅力がなんら変わっていないのだということを、あらためて感じることができる。
 えーと、この映画は、頭のネジが数本はずれた荒くれ者たちが、昼夜を徹して突っ走るという紹介のされ方をしている。たぶんそのほうがオフロードスポーツやバハを知らないひとにはわかりやすいのだと思う。確かに、なかなか興奮の97分。夏休みの公開だから、暑い夏を、さらに熱くすること請け合い。スタートからゴールまでライダーを追いかけるために、ヘリコプターからなにから総動員し、60台のカメラを投入し、この尋常ではないイベントを完全にドキュメントしている。ブラウン・ファミリー作品だから、単なるドキュメントではない。その美しいカメラワークも感動だった。

 でも、試写会に呼んでもらって、ニシマキは涙してしまった。特に悲しい場面があったわけじゃないから、なんで涙だったのかは不明。でも、ここでこれを読んでいるみなさんの中には、この映画で泣ける人もきっといるはずだ。みなさんにこの映画を見てもらって、さらにお父さん作のオンエニーサンデーも見てもらって、なんでこの映画で泣けるのかを語り合えたら、うれしい。
●7月22日より公開
シアターN渋谷(http://www.theater-n.com/)
DUST TO GLORY オフィシャルサイト
http://www.glassymovie.jp/d2g/

(渋谷以外での公開は未定の模様)
前売り:オリジナルポストカード(3枚)付き特別鑑賞券1,500円
当日料金:一般1,800円(税込)/大学生 1500円(税込)/高中小シニア1,000円(税込)
※毎週水曜日は1,000円
・予告【アップル(米)のムービートレーラーページ】
http://www.apple.com/trailers/independent/dust_to_glory.html

オンエニーサンデーDVD(リンドバーグ)
http://shop.lindbergh.co.jp/cgi-bin/shop_more.cgi?code=4143

関連記事

リア・ディスクプロテクション

SWまるやま製「リア・ディスクプロテクション」

神奈川県のトライアルショップ「スーパーウイングまるやま」より新製品「リア・ディスクプロテクション」の発売です。 (さらに……

日本3位表彰台、2017トライアル・デ・ナシオン

2017年トライアル・デ・ナシオンは、スペインの西のはずれ、ポルトガルのすぐ北側のバイヨーナで開催された。 日本チームは、昨年同様、藤…

2017TDNエントリーリスト

エントリーリストで想像する今週末のデ・ナシオン!

今週末にスペインで開催されるトライアル・デ・ナシオンのエントリーリストを眺めながら、いろいろと想像してみます。(現地取材中の西巻より) …

藤波、ランキング5位となった最終戦

9月17日、北イタリアトレント郊外。世界選手権最終戦は、2017年一番のドラマチックイベントとなった。 ボウ優勝、2位ラガ、そして3位…

クラッチワークの極意

新DVD「小川毅士 クラッチワークの極意」9月20日発売

新しい自然山通信DVD「小川毅士 クラッチワークの極意」9月20日発売です。トライアル基礎練習の段階からクラッチワーク意識して練習することが…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。