2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. TRIAL動画チャンネル
  3. TY-Eデビューラン
  4. 自然山通信電子版4月号
  5. 自然山通信2018年4月号
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. リザルト関東
  10. リザルト近畿
  11. リザルト四国
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. 2018年3月号電子版
  16. 2018年3月号
  17. 1802木彫山本さん
  18. HOSTAL DEL GUIU
  19. イベント(スクール)
  20. 2018 TRRS RAGA RACING
  21. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  22. イベント(スクール)
  23. イベント(スクール)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. リザルト四国
  29. フロントフォークプロテクター
  30. Vertigo VERTICAL
  31. 三谷アルミニップル
  32. リザルト中国
  33. TLM50用スプロケット
  34. JITISIEカーボンプロテクター
  35. イベント(大会)
  36. リザルト中国
  37. イベント(スクール)
  38. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  39. 自然山通信2018年2月号発売
  40. イベント(スクール)
  41. イベント(大会)
  42. リザルト関東
  43. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  44. リザルト九州
  45. リザルト中国
  46. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  47. イベント(大会)
  48. T-TRIAL R2モンペリエ
  49. リザルト中国
  50. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  51. 2017お勉強会
  52. リザルト関東
  53. イベント(その他)
  54. リザルト関東
  55. リザルト中部
  56. ぱわあくらふとのワイドステップ
  57. リザルト中国
  58. 三谷モータースポーツの新製品情報
  59. 2018年1月号電子版発売しました
  60. 年末年始休業のお知らせ
  61. 2018年1月号発売のお知らせ
  62. イベント(大会)
  63. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  64. 2018 SCORPA Racing
  65. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  66. 自然山通信2018年1月号
  67. イベント(大会)

トライアル・デ・ナシオン

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2006デ・ナシオン日本代表決定

 2006トライアル・デ・ナシオン(TRIAL DES NATIONS)、その日本代表選手が決定した。
 本日8月22日、MFJからリリースが届き、その決定が発表された。
●男性チーム:
 藤波貴久 選手(Repsol Montesa HRC)
※小川毅士 選手(Team Bosis with MITANI)
※野崎史高 選手(チーム フミタカ ヤマハ)
●女性チーム:
 萩原真理子 選手
 西村 亜弥 選手
 高橋 摩耶 選手


※選手会およびトライアル委員会にてノミネートされた黒山健一選手・小川友幸選手・田中太一選手は、本人の都合により出場を辞退した為、野崎史高選手と小川毅士選手の2名が代替選出された。
●日本チーム監督:
 西英樹(MFJトライアル委員長)
 小谷徹(MFJトライアル選手会長)
※負傷等、止むを得ない事態が発生した場合、メンバーが変更される場合もあり。
 2006トライアル・デ・ナシオンは、2006年9月30日〜10月1日、フランス・モンフォート(BRE’AL SOUS MONFORTで開催される。
 男性チームは、今年は3人体制で参加することになった。デ・ナシオンは4人1組となっているが、採点は4人のうち上位3人の成績をとっておこなわれる。つまり3人代表がいれば、最低限のチームは構成できることになる。
 もちろん、ハンディは大きい。4人いれば、誰かがミスをしても、他の3人がミスを補うことができる。しかし3人しかいなければ、ミスをすればそのミスがそのままチームの減点となる。しかも、3人のうち誰かが、万一リタイヤでもしたら、チームまるごとリタイヤということになってしまう。
 しかしそれでも、出場することには大きな意義がある。たとえ今年勝利がつかめないとしても、来年勝利するためには、スタート順を維持するために今年のリザルトが必要なのだ。2002年、ニューヨークテロの影響で日本チームが参加をとりやめたことがあった。翌年真っ先にスタートした日本チームは、結局時間が押せ押せになり、実力を発揮できずに終わったのだった。試合には、とにかく参加し続けていなければ、勝つチャンスもない。
 2006年のTDN日本代表チームは、がまんの戦いとなる公算が強いが、それだけに代表チームにはいい試合をと期待せずにはいられない。

関連記事

小川友幸、奇跡的大逆転の2018近畿大会

2018年第2戦近畿大会は、4月15日、和歌山県の湯浅トライアルパークで開催された。天気予報は土曜日から日曜日にかけて春の嵐ということで、悪…

2018全日本第2戦現在ランキング

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。 ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってる…

2018全日本第2戦近畿大会

2018トライアル全日本選手権シリーズ 第2戦近畿大会 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 観客数:1,150人 雨の…

三七三の再開にうれし涙なう

三七三が帰ってきた。震災前からやっている食べ物屋さんは、ここ数年どこも閉まっちゃっていて、とってもさびしかったのだけど、そのひとつが戻ってき…

黒山健一は世界チャンピオンになれるか

黒山健一が、世界チャンピオンを目指して、7月の世界選手権トライアルGPの2戦に参戦する。野崎史高(2002年ジュニアチャンピオン)、藤波貴久…

ページ上部へ戻る