2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. クラッチワークの極意
  2. 動画チャンネル
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. RTL250S用リヤフェンダー
  6. 2018ベータEvo2Tシリーズ
  7. リザルト関東
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. R6中部大会までのランキング
  11. R6中部大会までのリザルト
  12. リザルト関東
  13. イベント(大会)
  14. 自然山通信2017年10月号電子版
  15. イベント(大会)
  16. 新型力造シート
  17. イベント(大会)
  18. イベント(スクール)
  19. MFJトライアル
  20. かわうちトライアル
  21. 中部大会招待券プレゼント
  22. MITANI MODEL TR-3
  23. テフロンスロットルパイプ
  24. リア・ディスクプロテクション
  25. リザルト中国
  26. リザルト関東
  27. 2017TDNエントリーリスト
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. 2017年9月号電子版
  32. 2017年9月号
  33. リザルト中国
  34. スタイルマーチンニューモデル
  35. 三谷モータースポーツバイクトライアルパーツ
  36. 2017お勉強会
  37. イベント(大会)
  38. イベント(スクール)
  39. イベント(その他)
  40. SHOWAフロントフォーク用ハードスプリング
  41. トムスのロゴ
  42. イベント(大会)

    2017.08.17

    9/3寅吉カップ
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. リザルト中部
  46. 1708電子版
  47. 自然山通信8月号
  48. チビのとびつき
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. 原発見学
  53. リザルト関東
  54. リザルト中国
  55. イベント(大会)
  56. 2017北海道
  57. 動画チャンネル
  58. 2017北海道大会
  59. イベント(スクール)
  60. 2017日本グランプリ公式DVD
  61. 動画チャンネル
  62. 2017全日本北海道までのランキング
  63. 2017全日本北海道リザルト
  64. 2017TDN
  65. 自然山通信2017年7月号
  66. イベント(大会)
  67. リザルト東北
  68. リザルト九州
  69. 2017フランスGP
  70. MFJトライアル
  71. EXスポーツ FIMトライアル放送
  72. リザルト関東
  73. リザルト沖縄
  74. リザルト中国
  75. イベント(大会)
  76. イベント(大会)
  77. リザルト関東
  78. リザルト中部
  79. リザルト中国
  80. 2017マスターズ第3戦
  81. 全日本第4戦中国大会レポート
  82. 三谷モータースポーツ新製品
  83. ガスガス用ラジエタープラグ

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ロングライドのタンクを2.5cmバックさせる方法

ロングライドでもっと小回りしたい
タンクを2.5cmバックさせる方法

 今年登場したスコルパのTY-S125Fロングライドは、潜在性能と5リットルタンク搭載による足の長さ、また価格の安さをもって、なかなかの好評を博している。ただ、トライアル練習に使おうとすると、大きなタンクが災いしてハンドル切れ角が少ないのが残念。
 軽いトレッキングマシンを求めていた人には充分な切れ角でもあり、初心者にはあまり大きなハンドル切れ角は危険という説もあるのだが、望んでも切れないのはちょっと悲しい。そこで、タンクを少し後ろに下げて、ハンドル切れ角を稼ぐ方法を伝授します。写真左がノーマル。右がタンクを下げたもの。フロントフォークとの間隔やサブフレームとの位置関係で、タンクが後退しているのがおわかりかと思います。


 一部には、タンクを工業用ドライヤーであぶって干渉する部分を凹ませるという方策をとっていらっしゃる方もいるが、どれくらいあぶるとタンクの強度がどうなるのかなど、保証できない部分が多い。だもんで、スコルパに関しては黒山健一からサンデーライダーの要望まで一手に引き受けるヤマハの木村治男さんとアルプスヴァンの秋山さんと共同開発したのがこの策。ただしもちろん、マシンへの加工が必要だから、機械加工の知識がまったくない人が手を出せるものではないってことはご了承ください。

 加工に必要な部品は、部品番号「5010」のM6ナット一つ。タンクをサブフレームに固定するボルトを止めるナットがひとつだけ。スタンダードの位置から2.5cmほど後方に穴を開け、このナットをかしめて固定する。サブフレームに穴を開けることでもあり、穴の位置がタンクの位置も決定するので、仮止めをして位置を確認してください。この作業には、穴を開けちゃってから「言うとおりにしたけどうまくいかなかったぞ」と言ってこられても「お気の毒に」としか言えません。
 写真の左側のナット、マシンの前側のボルトがスタンダードの位置。これに対して後ろにナットを新設して、タンクを止めるように加工する。ナットが移動した分だけ、タンクが後退してくることになる。ほんとうは、ナットのかしめには専用の工具を使うようなのだが、手近の工具を使ってうんしょうんしょとかしめればなんとかなるそうである。
 さて、こんな感じでタンクが後退してきたので、そのままではリヤフェンダーが長すぎてとりつけられない。なので、長すぎる部分をカットする。フェンダーを割らないように、手を切らないように、カッターなどで切断すべし。これも、切ってしまったらもとには戻らないから、後悔したくない人は慎重に作業されたし。

 以上で完成。シートは長いままだけど、なぜか後退したタンクとは干渉しない。シートのやわらかい部分がなんとか吸収してくれるのと、どうしても長すぎちゃった部分は、タンクの上に逃げるように変形してくれているのだと思われる。なおタンク全部にあるラバーの位置決めは、そのままで大丈夫。スタンダードは奥までしっかり差し込むが、後退仕様では位置決めにずいぶん余裕がある状態でタンクが固定されることになる。前後の位置決めはナットが担うから、ラバーブッシュはタンクを上下に止めてくれれば使命は果たしている。
 初心者にとっては、それほど致命的なハンドル切れ角の不足とは思えないかもしれないが、トライアルマシンの切れ角に慣れてしまっていると、ハンドルが切れないのは時におっかない思いをしたりする。トライアルを始めたばかりの人は最初の訓練期間はこのままでもいいかと思うが、上達とともにハンドル切れ各派確保するようにしておきましょう。なお ナットをかしめたりアルミに穴を開けたりフェンダーを切ったりが自信ない人は、トライアルショップにやってもらいましょうね。
 ちなみにスコルパでは、現在ハンドル切れ角対策をした少し容量の小さいタンクを開発中とのことで、早ければ年明けに登場するとのこと。ハンドルが切れないよーとの悩みは、もうすぐ解消されるわけだ。でもすでにロングライドをお持ちの方、大容量5リットルタンクのままトライアル遊びをしたい人は、この方法をおためしあれ。

関連記事

イベント(大会)

201710/18

11/26霧降高原トライアル

今年も日光「霧降高原」でのトライアルバイク大会の開催です。 普段は走れない霧降高原の自然の中を若手ライダーと一緒に走りませんか? […

イベント(大会)

201710/18

11/19ペガサスカップトライアル大会

ペガサスカップトライアル大会 第33回 開催のお知らせです。 初心者だけの初心者のためのトライアル競技の参加、体験。オフローダーによる…

テープはテープ(ルールの解釈・訂正)

トライアルのルールは、むずかしいです。 ゲートマーカーの連続としてのテープの解釈について、まちがった解釈を書いているぞという指摘を…

RTL250S用リヤフェンダー

HONDA RTL250Sのフェンダーが蘇る!

RTL250Sオーナーに朗報! RTL250S カイダック製Rフェンダーが新発売されました。80年代のトライアルマシン。あのフェンダーの輝き…

2018ベータEvo2Tシリーズ

2018 Beta EVO2Tシリーズを解説していただく

アルミ地を生かしたグラフィックが特徴的な、2018 Beta Evo 2Tの仕様変更について輸入元ベータモータージャパンの門永さんに聞きまし…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。