2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. イベント(大会)
  3. イベント(スクール)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. リザルト関東
  8. 1日目優勝のファハルド
  9. イベント(大会)
  10. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  11. リザルト東北
  12. イベント(スクール)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト四国
  16. リザルト中国
  17. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  18. 全日本R3九州までのランキング
  19. 全日本R3九州リザルト
  20. 2018EMと成田匠.fr
  21. MFJトライアル
  22. 1805電子版
  23. 2018年5月号
  24. リザルト近畿
  25. ムーブレバー
  26. トムス新製品
  27. リザルト関東
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. リザルト四国
  32. リザルト関東
  33. 2017お勉強会
  34. TY-Eデビューラン
  35. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  36. 自然山通信電子版4月号
  37. 自然山通信2018年4月号
  38. リザルト中国
  39. リザルト中国
  40. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  41. リザルト関東
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. リザルト近畿
  46. リザルト関東
  47. リザルト四国
  48. イベント(大会)
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. 2018年3月号電子版
  52. 2018年3月号
  53. 1802木彫山本さん
  54. HOSTAL DEL GUIU
  55. イベント(スクール)
  56. 2018 TRRS RAGA RACING
  57. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  58. イベント(スクール)
  59. イベント(スクール)
  60. リザルト沖縄
  61. イベント(スクール)
  62. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ファン感へ里帰り

 今年の藤波貴久は、いつになく忙しい。そんな中、数少ない日本での藤波貴久の走るチャンスが、11月23日ツインリンクもてぎのHonda Racing THANKS DAYであった。この日は、デモンストレーションに藤波貴久、小川友幸、本多元治、小林直樹。さらにトレッキングコースでは田中太一、小森文彦、三谷英明、佃大輔によるトライアルスクールも開催されていた。


 藤波は、いつも予定の許す限り駆けつけていた佐賀のバルーンフェスティバルも、今年は欠席を余儀なくされた。アウトドアシーズンが終わっても、翌シーズン用のマシンの開発テストの予定が立て込んでいて、さらにインドアトライアルのシーズンインがあって、ほとんどシーズンオフがない。このスケジュールに溶け込んでいかないと、世界でトップを争うのはむずかしいのだ。
 デモンストレーションは、ハローウッズの前庭に設営された滝のある岩場でおこなわれた。その華麗なライディングを一目見ようと集まったお客さんは、もしかしたら世界選手権をしのぐんじゃないかと思われる勢い。トライアルは、きちんと宣伝をして見る人を集めていけば、もっともっとお客さんが増えるのはまちがいないと確信できるシーンだった。

 この日、藤波が持ち込んだのはポジション関係などを藤波にあわせただけのスタンダードマシン。藤波ほどのライダーなら、スタンダードでももちろんそれなりに走ることはできるが、やはり走り慣れた自分のマシンでないと思い通りのライディングができないとくやしがる。中でも、こういうときに藤波がもっとも指摘するのが、ブレーキがきかないという点だ。
 ちょっと聞くと、スタンダードはブレーキが甘くて、藤波のワークスマシンによいブレーキがついているように思えてしまうが、そんなこともないようだ。というのも、藤波の満足するようなブレーキの仕様では、ドギー・ランプキンも乗れないらしい。藤波だけが、特別の効き具合を好んでいるということだった。
 今回は、結局スタンダードよりも本多元治のマシンのほうが乗りやすいということで、小川とのガチンコ勝負と銘打たれたデモンストレーションでは、本多号で走ることになった。勝負はおかげさまで藤波のものとなった。

 今回の藤波の日本滞在は、わずか5日。このイベントの翌日には、藤波はバルセロナに向かって帰っていった。三重の自宅にも帰ることなく、藤波のシーズンオフの里帰りは終わった。

関連記事

イベント(大会)

7/22わびさびトライアル大会

トライアルチーム「嵐山不老天狗」より、わびさびトライアル大会開催のお知らせです。 7月22日、山梨県笛吹市での開催です。 (さ…

イベント(スクール)

×ガッチスクールIN加古川(中止になりました)

全日本チャンピオン小川友幸塾長のガッチスクール、加古川トライアルパークでの開催でしたが、中止になりました。おまちがいのないようによろしくです…

4台目のαが来た

α7(無印)を買ったのは2014年の6月だった。そして2018年の6月、4台目のαになるα7IIIが届いた。今、ざっとセットアップをして、買…

アベ精工のTLM50用トップブリッジ

根強いファンが乗り続けているHONDA TLM50用のトップブリッジと、専用ハンドルアップスペーサーがアベ精工から発売されています。共同開発…

イベント(大会)

8/26夏の梅ヶ島大会

TEAM P.F.T. から梅ヶ島大会の日程変更のお知らせです。 空気は何色? 太陽の7色によって透明な空気が変化する心の色。 エ…

ページ上部へ戻る