2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  1. クラッチワークの極意
  2. 動画チャンネル
  3. ヨーロッパレポート配信中
  4. 2017TDNエントリーリスト
  5. イベント(大会)
  6. 2017年9月号電子版
  7. 2017年9月号
  8. リザルト中国
  9. スタイルマーチンニューモデル
  10. 三谷モータースポーツバイクトライアルパーツ
  11. 2017お勉強会
  12. イベント(大会)
  13. イベント(スクール)
  14. かわうちトライアル
  15. イベント(その他)
  16. イベント(大会)
  17. SHOWAフロントフォーク用ハードスプリング
  18. トムスのロゴ
  19. イベント(大会)

    2017.08.17

    9/3寅吉カップ
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. リザルト中部
  24. 1708電子版
  25. 自然山通信8月号
  26. チビのとびつき
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. イベント(大会)
  30. イベント(大会)
  31. イベント(大会)
  32. 原発見学
  33. リザルト関東
  34. リザルト中国
  35. イベント(大会)
  36. 2017北海道
  37. 動画チャンネル
  38. 2017北海道大会
  39. イベント(スクール)
  40. 2017日本グランプリ公式DVD
  41. 動画チャンネル
  42. 2017全日本北海道までのランキング
  43. 2017全日本北海道リザルト
  44. 2017TDN
  45. 自然山通信2017年7月号
  46. イベント(大会)
  47. リザルト東北
  48. リザルト九州
  49. 2017フランスGP
  50. MFJトライアル
  51. EXスポーツ FIMトライアル放送
  52. リザルト関東
  53. リザルト沖縄
  54. リザルト中国
  55. イベント(大会)
  56. イベント(大会)
  57. リザルト関東
  58. リザルト中部
  59. リザルト中国
  60. 2017マスターズ第3戦
  61. 全日本第4戦中国大会レポート
  62. 三谷モータースポーツ新製品
  63. ガスガス用ラジエタープラグ
  64. 動画チャンネルR4中国
  65. 全日本第4戦中国大会までのランキング
  66. 全日本第4戦中国大会リザルト
  67. リザルト近畿
  68. リザルト関東
  69. リザルト関東
  70. MFJトライアル
  71. 自然山通信6月号電子版
  72. 2017ど・ビギナー祭典春
  73. 自然山通信6月号
  74. イベント(その他)
  75. 2017 X-TRIAL DVD
  76. リザルト中国
  77. 2日目ボウ
  78. リザルト沖縄
  79. 予選
  80. イベント(大会)
  81. イベント(大会)
  82. イベント(大会)
  83. イベント(大会)
  84. イベント(大会)
  85. イベント(スクール)
  86. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  87. リザルト関東
  88. リザルト東北

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

成田匠125を駆る

 成田匠が、2007年シーズンはTY-S125Fを駆って、国際A級クラスに参戦する。成田は2004年にTY-S125F改でIASクラスに参戦していたことがあるが、今シーズンのマシンは排気量を125ccのままとして、2004年シーズンとはまったく異なる目的とチャレンジを持ったプロジェクトだとしている。
 IASクラスのトップランカーである成田は、本来ならIAクラスへの参戦はできないが、成田のプロジェクトは、今後の日本のトライアルの流れを変えるものになる可能性もあり、特別に“降格”が認められたものである。


 成田のトライアルへの取り組みは、世界選手権から全日本に帰ってきてからというもの、毎年独自のものを持っている。2004年の125F改での参戦もそのひとつだったが、IASクラスのセクションに挑むには、ヤマハファクトリーが腕によりをかけたとはいっても、ベースマシンが125というのは大きなハンディがあった。
 しかし、125ccはこれからのトライアルの将来を担う、大きなカテゴリーだ。世界では、トップライダーへの登竜門として、125ccクラスは立派な位置づけを持っている。日本では、世界の情報が足りないからか、考え方がちがうのか、125ccの存在価値がいまいち認められないまま現在に至っているが、今後、世界に通じるライダーをゼロから育てようとするなら、125ccは避けては通れないクラスになるだろう。
 いまや、トップライダーの中でもっともベテランとなった成田は、07年を迎えるにあたって、自分のやるべきことはここにありと確信した。IASクラスで成績を目指して走るのも悪くはないが、後進のためにできることをやるのが、トライアルへの恩返しと考えたのであった。
 国際A級への降格はちょっと強引なやり方だったと告白するが、ともあれ成田の決断が引き金になって、日本のトライアルが125ccクラスにもう一度目を向けることになれば、成田にしても本望、もちろん日本のトライアルにとっても、たいへん有意義なことにちがいない。

 小排気量は、マシンの力だけで走れないから、どうしても技術を駆使して走ることになる。それが、ライダーの技術を高める結果となる、と成田は125ccについて語る。トライアルというモータースポーツの、スポーツ性をもっと高めるための125cc。
 とりあえず、07年シーズンの国際A級クラスでは、125ccの魅力を訴えられるような走りを見せると誓ってくれた。
 なお成績についての抱負は、とりあえず念頭には置いていなかったというが、だんだん話題が各方面に広がってきて、そうなると「タイトルを獲る気はありません」とも言えない状況になってきている。次世代のトライアルライダーに強烈なアピールを発しながら、同時に勝ちにこだわる成田の走りが、久しぶりに見られるかもしれない。
*写真はいずれも2004年後期の成田匠とTY-S125F改

関連記事

2017TDNエントリーリスト

エントリーリストで想像する今週末のデ・ナシオン!

今週末にスペインで開催されるトライアル・デ・ナシオンのエントリーリストを眺めながら、いろいろと想像してみます。(現地取材中の西巻より) …

藤波、ランキング5位となった最終戦

9月17日、北イタリアトレント郊外。世界選手権最終戦は、2017年一番のドラマチックイベントとなった。 ボウ優勝、2位ラガ、そして3位…

クラッチワークの極意

新DVD「小川毅士 クラッチワークの極意」9月20日発売

新しい自然山通信DVD「小川毅士 クラッチワークの極意」9月20日発売です。トライアル基礎練習の段階からクラッチワーク意識して練習することが…

イベント(大会)

10/1延期・嵐山不老天狗わびさびトライアル

9月17日開催の大会を悪天候が予想される為、延期いたいました。台風18号による悪天候が予想される為、10月1日に変更いたいます。 開催日以外…

最終戦イタリアGP土曜日のあれこれ

9月16日、朝からしとしと雨が降っていたけれど、昼になって太陽が顔を出した。いいお天気。ちょっと暑くなった。 あしたはトライアルGP、…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。