2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. リザルト関東
  6. 1日目優勝のファハルド
  7. イベント(大会)
  8. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  9. リザルト東北
  10. イベント(スクール)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト四国
  14. リザルト中国
  15. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  16. 全日本R3九州までのランキング
  17. 全日本R3九州リザルト
  18. 2018EMと成田匠.fr
  19. MFJトライアル
  20. 1805電子版
  21. 2018年5月号
  22. リザルト近畿
  23. ムーブレバー
  24. トムス新製品
  25. リザルト関東
  26. リザルト関東
  27. リザルト関東
  28. リザルト中国
  29. リザルト四国
  30. リザルト関東
  31. 2017お勉強会
  32. TY-Eデビューラン
  33. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  34. 自然山通信電子版4月号
  35. 自然山通信2018年4月号
  36. リザルト中国
  37. リザルト中国
  38. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  39. リザルト関東
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト近畿
  44. リザルト関東
  45. リザルト四国
  46. イベント(大会)
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)
  49. 2018年3月号電子版
  50. 2018年3月号
  51. 1802木彫山本さん
  52. HOSTAL DEL GUIU
  53. イベント(スクール)
  54. 2018 TRRS RAGA RACING
  55. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  56. イベント(スクール)
  57. イベント(スクール)
  58. リザルト沖縄
  59. イベント(スクール)
  60. イベント(大会)
  61. イベント(大会)
  62. イベント(大会)
  63. リザルト四国

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

成田匠125を駆る

 成田匠が、2007年シーズンはTY-S125Fを駆って、国際A級クラスに参戦する。成田は2004年にTY-S125F改でIASクラスに参戦していたことがあるが、今シーズンのマシンは排気量を125ccのままとして、2004年シーズンとはまったく異なる目的とチャレンジを持ったプロジェクトだとしている。
 IASクラスのトップランカーである成田は、本来ならIAクラスへの参戦はできないが、成田のプロジェクトは、今後の日本のトライアルの流れを変えるものになる可能性もあり、特別に“降格”が認められたものである。


 成田のトライアルへの取り組みは、世界選手権から全日本に帰ってきてからというもの、毎年独自のものを持っている。2004年の125F改での参戦もそのひとつだったが、IASクラスのセクションに挑むには、ヤマハファクトリーが腕によりをかけたとはいっても、ベースマシンが125というのは大きなハンディがあった。
 しかし、125ccはこれからのトライアルの将来を担う、大きなカテゴリーだ。世界では、トップライダーへの登竜門として、125ccクラスは立派な位置づけを持っている。日本では、世界の情報が足りないからか、考え方がちがうのか、125ccの存在価値がいまいち認められないまま現在に至っているが、今後、世界に通じるライダーをゼロから育てようとするなら、125ccは避けては通れないクラスになるだろう。
 いまや、トップライダーの中でもっともベテランとなった成田は、07年を迎えるにあたって、自分のやるべきことはここにありと確信した。IASクラスで成績を目指して走るのも悪くはないが、後進のためにできることをやるのが、トライアルへの恩返しと考えたのであった。
 国際A級への降格はちょっと強引なやり方だったと告白するが、ともあれ成田の決断が引き金になって、日本のトライアルが125ccクラスにもう一度目を向けることになれば、成田にしても本望、もちろん日本のトライアルにとっても、たいへん有意義なことにちがいない。

 小排気量は、マシンの力だけで走れないから、どうしても技術を駆使して走ることになる。それが、ライダーの技術を高める結果となる、と成田は125ccについて語る。トライアルというモータースポーツの、スポーツ性をもっと高めるための125cc。
 とりあえず、07年シーズンの国際A級クラスでは、125ccの魅力を訴えられるような走りを見せると誓ってくれた。
 なお成績についての抱負は、とりあえず念頭には置いていなかったというが、だんだん話題が各方面に広がってきて、そうなると「タイトルを獲る気はありません」とも言えない状況になってきている。次世代のトライアルライダーに強烈なアピールを発しながら、同時に勝ちにこだわる成田の走りが、久しぶりに見られるかもしれない。
*写真はいずれも2004年後期の成田匠とTY-S125F改

関連記事

アベ精工のTLM50用トップブリッジ

根強いファンが乗り続けているHONDA TLM50用のトップブリッジと、専用ハンドルアップスペーサーがアベ精工から発売されています。共同開発…

イベント(大会)

8/26夏の梅ヶ島大会

TEAM P.F.T. から梅ヶ島大会の日程変更のお知らせです。 空気は何色? 太陽の7色によって透明な空気が変化する心の色。 エ…

へそ曲がり的、廃炉と汚染土壌

福島県の昨日のビッグニュースは、東電が福島第二原発の廃炉を表明したことだった。福島県が原発ゼロになるのは福島県民の悲願だったとのことなので、…

アルミ軽量ラジエターキャップTOM’Sから

京都のトライアルショップ「TOM'S」からアルミ軽量ラジエターキャップが発売されました。対応機種はTRS、GASGAS。 (さらに&he…

チタン製リアディスクプロテクトプレート

丈夫で軽い。チタン製リアディスクプロテクトプレートが、三谷モータースポーツより発売されました。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る