2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. TRIAL動画チャンネル
  3. TY-Eデビューラン
  4. 自然山通信電子版4月号
  5. 自然山通信2018年4月号
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. リザルト関東
  10. リザルト近畿
  11. リザルト四国
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. 2018年3月号電子版
  16. 2018年3月号
  17. 1802木彫山本さん
  18. HOSTAL DEL GUIU
  19. イベント(スクール)
  20. 2018 TRRS RAGA RACING
  21. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  22. イベント(スクール)
  23. イベント(スクール)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. リザルト四国
  29. フロントフォークプロテクター
  30. Vertigo VERTICAL
  31. 三谷アルミニップル
  32. リザルト中国
  33. TLM50用スプロケット
  34. JITISIEカーボンプロテクター
  35. イベント(大会)
  36. リザルト中国
  37. イベント(スクール)
  38. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  39. 自然山通信2018年2月号発売
  40. イベント(スクール)
  41. イベント(大会)
  42. リザルト関東
  43. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  44. リザルト九州
  45. リザルト中国
  46. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  47. イベント(大会)
  48. T-TRIAL R2モンペリエ
  49. リザルト中国
  50. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  51. 2017お勉強会
  52. リザルト関東
  53. イベント(その他)
  54. リザルト関東
  55. リザルト中部
  56. ぱわあくらふとのワイドステップ
  57. リザルト中国
  58. 三谷モータースポーツの新製品情報
  59. 2018年1月号電子版発売しました
  60. 年末年始休業のお知らせ
  61. 2018年1月号発売のお知らせ
  62. イベント(大会)
  63. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  64. 2018 SCORPA Racing
  65. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  66. 自然山通信2018年1月号
  67. イベント(大会)

トライアル・デ・ナシオン

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2003トライアル・デ・ナシオン

2003トライアル・デ・ナシオン
日本チームの戦い
日本チーム、苦戦の末に3位獲得
みなさまのご厚意で参加が実現した今年のトライアル・デ・ナシオンが無事終了しました。


北イタリア(オーストリアとの国境まであとちょっと)のラバローネは、土曜日(レディース)、日曜日とも晴天に恵まれ、計22ヶ国の参加で開催されました
日本の代表選手は、藤波貴久、黒山健一、野崎史高、田中太一。レディースが伴津留代、稲垣和恵のふたり。
セクションはやさしめで、トップチームにとっては昨年同様神経戦という感じもありましたが、今回は田中選手のマシンにトラブルが発生、1ラップ5セクションから最終18セクションまでを申告5点とし、パドックに帰って修理をするという事件がありました。
これで1ラップ目は事実上日本チームの戦力は3人となり、残念ながら本来の実力を出すにはいたりませんでした。
田中選手は45分間でエンジンをオーバーホールするという神業を発揮して1ラップ目終盤にはチームに合流して、2ラップ目から戦列に復帰。日本チームの戦力、一気に倍増で、一時は2位のスペインに3点差まで迫ったのですが、及ばず。3位となりました。
優勝したイギリスは、代表に選ばれていたスティーブ・コリーが1週間前のインドア大会で負傷して満身創痍。
練習には参加していましたが、土曜日に急遽出場を辞退して、ベン・ヘミングウェイの参加となりました。
ヘミングウェイは世界選手権でポイントを獲得したことがない選手で、イギリスの3位は決定的と思われたのですがさすがにチームに世界チャンピオンが3人もいるチームはちがいます。
ヘミングウェイはおそらく実力の120%の力を出して、イギリスの勝利に貢献しました。
日本チームとしては、今後、イギリスのこういった戦いを参考にして、チームとしての戦術を新たに考える段階に入ったといえるでしょう。
とまれ、日本は3年連続で出場を果たしました。
そして今年のこの参加は、今までのどの年ともちがう、大きな意義のあるものだったと思います。
デナシオンの勝ち方を模索する日本チームの挑戦に、どうぞ今後ともご協力ください。
ありがとうございました。

関連記事

小川友幸、奇跡的大逆転の2018近畿大会

2018年第2戦近畿大会は、4月15日、和歌山県の湯浅トライアルパークで開催された。天気予報は土曜日から日曜日にかけて春の嵐ということで、悪…

2018全日本第2戦現在ランキング

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。 ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってる…

2018全日本第2戦近畿大会

2018トライアル全日本選手権シリーズ 第2戦近畿大会 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 観客数:1,150人 雨の…

三七三の再開にうれし涙なう

三七三が帰ってきた。震災前からやっている食べ物屋さんは、ここ数年どこも閉まっちゃっていて、とってもさびしかったのだけど、そのひとつが戻ってき…

黒山健一は世界チャンピオンになれるか

黒山健一が、世界チャンピオンを目指して、7月の世界選手権トライアルGPの2戦に参戦する。野崎史高(2002年ジュニアチャンピオン)、藤波貴久…

ページ上部へ戻る