2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. 動画チャンネル
  2. イベント(大会)
  3. 2017北海道
  4. 動画チャンネル
  5. 2017北海道大会
  6. イベント(スクール)
  7. 2017日本グランプリ公式DVD
  8. 動画チャンネル
  9. 2017全日本北海道までのランキング
  10. 2017全日本北海道リザルト
  11. 2017TDN
  12. 自然山通信2017年7月号
  13. 2017お勉強会
  14. イベント(大会)
  15. 2017フランスGP
  16. MFJトライアル
  17. EXスポーツ FIMトライアル放送
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. 全日本第4戦中国大会レポート
  21. 三谷モータースポーツ新製品
  22. ガスガス用ラジエタープラグ
  23. 動画チャンネルR4中国
  24. 全日本第4戦中国大会までのランキング
  25. 全日本第4戦中国大会リザルト
  26. リザルト関東
  27. MFJトライアル
  28. 自然山通信6月号電子版
  29. 自然山通信6月号
  30. イベント(その他)
  31. 2017 X-TRIAL DVD
  32. 2日目ボウ
  33. 予選
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(スクール)
  40. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  41. リザルト東北
  42. Honda トライアルファンミーティング
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. 2017玖珠全日本
  47. イベント(大会)
  48. 2017 Hondaトライアルミーティング
  49. MFJトライアル
  50. MFJトライアル
  51. リザルト東北
  52. リザルト関東
  53. 自然山通信5月号
  54. イベント告知
  55. 2017年5月号電子版
  56. MFJトライアル
  57. Vertigo TITANIUM
  58. リザルト関東
  59. リザルト近畿
  60. S3 TENT
  61. リザルト関東
  62. リザルト沖縄
  63. リザルト中国
  64. S3 CURVE
  65. 近畿大会レポート
  66. リザルト中国
  67. リザルト関東
  68. リザルト関東
  69. S3 NEWアルミハンドレバーアジャスター
  70. 2017年4月号
  71. 2017年4月号
  72. HRC ハンドルアッパーホルダー
  73. リザルト中国
  74. リザルト中国
  75. リザルト近畿
  76. リザルト関東
  77. TRS用クラッチ
  78. 自然山通信4月号
  79. ステンメッシュオイルフィルター
  80. リザルト中国
  81. リザルト沖縄
  82. リザルト関東
  83. リザルト中部
  84. リザルト関東
  85. Montesa 300RR
  86. リザルト近畿
  87. イベント(大会)

トライアル・デ・ナシオン

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2003トライアル・デ・ナシオン

2003トライアル・デ・ナシオン
日本チームの戦い
日本チーム、苦戦の末に3位獲得
みなさまのご厚意で参加が実現した今年のトライアル・デ・ナシオンが無事終了しました。


北イタリア(オーストリアとの国境まであとちょっと)のラバローネは、土曜日(レディース)、日曜日とも晴天に恵まれ、計22ヶ国の参加で開催されました
日本の代表選手は、藤波貴久、黒山健一、野崎史高、田中太一。レディースが伴津留代、稲垣和恵のふたり。
セクションはやさしめで、トップチームにとっては昨年同様神経戦という感じもありましたが、今回は田中選手のマシンにトラブルが発生、1ラップ5セクションから最終18セクションまでを申告5点とし、パドックに帰って修理をするという事件がありました。
これで1ラップ目は事実上日本チームの戦力は3人となり、残念ながら本来の実力を出すにはいたりませんでした。
田中選手は45分間でエンジンをオーバーホールするという神業を発揮して1ラップ目終盤にはチームに合流して、2ラップ目から戦列に復帰。日本チームの戦力、一気に倍増で、一時は2位のスペインに3点差まで迫ったのですが、及ばず。3位となりました。
優勝したイギリスは、代表に選ばれていたスティーブ・コリーが1週間前のインドア大会で負傷して満身創痍。
練習には参加していましたが、土曜日に急遽出場を辞退して、ベン・ヘミングウェイの参加となりました。
ヘミングウェイは世界選手権でポイントを獲得したことがない選手で、イギリスの3位は決定的と思われたのですがさすがにチームに世界チャンピオンが3人もいるチームはちがいます。
ヘミングウェイはおそらく実力の120%の力を出して、イギリスの勝利に貢献しました。
日本チームとしては、今後、イギリスのこういった戦いを参考にして、チームとしての戦術を新たに考える段階に入ったといえるでしょう。
とまれ、日本は3年連続で出場を果たしました。
そして今年のこの参加は、今までのどの年ともちがう、大きな意義のあるものだったと思います。
デナシオンの勝ち方を模索する日本チームの挑戦に、どうぞ今後ともご協力ください。
ありがとうございました。

関連記事

イベント(大会)

9/17第245回ケニーズ杯

第245回ケニーズ杯プレミアムバージョン 日程  9月17日(日)  前日、女子のみプレミアムスクール・人数限定 場所  広島…

2017北海道

北海道、オールクリーンのLTR、IBと雨のIA

24名が参加のIA、30名が参加のIB、そしてLTRは4名。このうち、3名のライダーが10セクション2ラップをオールクリーンした。LTRでは…

動画チャンネル

動画チャンネルもう一つの北海道カメラを追加

全日本選手権R5北海道大会、noppara-tsushin映像を自然山通信動画チャンネルにリンクしました。sumimitumaruさん映像と…

2017北海道大会

小川友幸3連勝で5連覇に近づく

全日本選手権第5戦、北海道大会。今年もまた、海の日の三連休の日曜日、旭川から30分の上川郡和寒サーキットでの開催となった。結果は、意外なこと…

イベント(スクール)

8/5鷲ヶ岳GATTIスクール

2017 GATTIトライアルスクールin鷲ヶ岳 なんと!!スーパークラス&IAクラスの講師陣 翌日の大会にも講師陣が参加!!特別編 …

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。