2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. 1日目優勝のファハルド
  10. イベント(大会)
  11. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  12. リザルト東北
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト四国
  17. リザルト中国
  18. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  19. 全日本R3九州までのランキング
  20. 全日本R3九州リザルト
  21. 2018EMと成田匠.fr
  22. MFJトライアル
  23. 1805電子版
  24. 2018年5月号
  25. リザルト近畿
  26. ムーブレバー
  27. トムス新製品
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト四国
  33. リザルト関東
  34. 2017お勉強会
  35. TY-Eデビューラン
  36. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  37. 自然山通信電子版4月号
  38. 自然山通信2018年4月号
  39. リザルト中国
  40. リザルト中国
  41. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  42. リザルト関東
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト関東
  48. リザルト四国
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. 2018年3月号電子版
  53. 2018年3月号
  54. 1802木彫山本さん

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

フランスはラガ

2008フランスのラガ

 6月22日、日本大会から3週間後、パリに近いMaisse(フランス語の発音はむずかしくて、なんて読むんだかわからない)という小さな村で、フランスGPが開催された。
 このところのヨーロッパは夏がとても暑くて、この日も気温は30度。しかし暑いだけでなく、ときどき思い出したようにスコールに見舞われるというなんとも悩ましい悪天候となった。
 こんな中、珍しく1ラップ目から好調にセクションを回ったのがガスガスのアダム・ラガ。2ラップ目もボウの追撃を許さず、僅差ではあるがトップを守って2勝目を挙げた。
 2位はボウ、藤波はまたしても3位に終わって、苦しい表彰台が続いている。
 4位はランプキンが入って、ランキングも4位に浮上している。

08フランス表彰台

 ドライだった土曜日の時点で、セクションは充分にむずかしいというのが、多くのライダーの評価だった。
 しかし雨が降った。競技中には、ときおりセクションを(激しく)濡らしていく程度だったが、土曜日の夜と日曜日の明け方に降った雨は、全体的にセクションをたっぷりむずかしくしていた。こんなセクションを自信たっぷりに走れるのは、トップの3人以外にはない。
 トップライダーが最初の3セクションを走っている間は、太陽も元気に顔を出していたが(そしてこの3セクションは、なんとかクリーンがでるようなセクション設定だった)、そこから先は、突然コールに見舞われたり、と思ったらかんかん照りになったり、大忙しの空模様だった。
 この日、ボウには細かいミスがいつくかあった。第6セクション、ラガが1点、藤波が3点で抜けたとこを、ボウは5点となった。ボウにも、ときにはこういうことがある。
 前半、ちょん足が多かった藤波は、14、15セクションでラガとボウが連続5点となるのを尻目に、ここを1点2点で切り抜けて、一気に7点分詰め寄ることに成功。これで、ラガ31点、ボウ33点の間に入って、2位で試合を折り返した。

08フランスボウ
08フランス藤波

2位のボウ(左)と3位の藤波

 いつもなら、1ラップ目に調子が悪いラガが、2ラップ目に追い上げるパターンが多いのだが、この日はトップで折り返して逃げにかかっている。4位以下はファハルド、カベスタニー、ランプキンと続く。
 2ラップ目、ボウはやはり調子に乗れない。しかし第5セクション以降6連続クリーンを果たし、追い上げを開始する。そしてついにラガをとらえるにいたった。藤波は、不本意なエンストなどもあって、追い上げもままならない。
 優勝争いの勝負は、最終セクションまで持ち越された。最初にトライした藤波は2点。しかし藤波には、すでに勝利の目はなかった。続いてはラガ。1点。これでラガとボウの点差は2点。ボウが1点以内で最終セクションを走れば、ボウの勝利が決まる。
 しかしボウは5点だった。これで、ラガの今シーン2勝目が決まった。ボウに3点差、藤波に8点差の勝利だった。
 4位は、ランプキンが奪い取った。これで日本大会から3戦連続の4位獲得だ。カベスタニーは、またもファハルドに上位を譲って6位。ランキングでも、カベスタニーは4位から滑り落ちて、ランプキン、ファハルド、カベスタニーの順になった。

Pos. Rider 1Lap 2Lap Time Total Clean
1 Adam Raga Ga SPA 31 21 0 52 12
2 Toni Bou Mo SPA 34 21 0 55 15
3 藤波 貴久 Mo JPN 33 27 0 60 9
4 Dougie Lampkin Be GBR 48 41 0 89 4
5 Jeroni Fajardo Be SPA 40 43 7 90 6
6 Albert Cabestany Sh SPA 47 51 0 98 7
7 James Dabill Mo GBR 62 44 4 110 3
8 Marc Freixa Ga SPA 60 54 0 114 1
9 Michael Brown Be GBR 65 58 0 123 0
10 Daniel Oliveras Sh SPA 67 60 0 127 0
11 Daniele Maurino Ga ITA 66 65 0 131 0
12 Jorde Pascuet Be SPA 70 63 0 133 0
13 Jerome Bethune Be FRA 71 68 0 139 0
14 Christophe Bruand Sh FRA 73 64 2 139 0
15 Francesco Iolitta Sc ITA 73 71 0 144 0
16 Nicolas Gontard Ga FRA 73 75 0 148 0
17 Henri Himmanen Be FIN 75 73 0 148 0

●ジュニアカップ
 ロリス・グビアンが調子を上げてきている。今シーン4勝目。対するアレック・ウイグはイタリアのマテオ・グラッタローラに2位を奪われ3位に落ち着いた。これからグビアンとウイグのタイトル争いがおもしろくなってくる。
ジュニアカップ

Pos. Rider 1Lap 2Lap Time Total Clean
L1 L2 T/O C
1 Loris Gubian Sh FRA 29 29 0 58 10
2 Matteo Grattarola Sh ITA 38 23 0 61 7
3 Alex Wigg Mo GBR 36 35 0 71 8
4 Ross Danby Ga GBR 42 44 0 86 7
5 Sam Haslam Sh GBR 49 41 0 90 3
6 Guillaume Laniel Ga FRA 49 44 0 93 4
7 Alfredo Gomez Mo SPA 45 49 0 94 5
8 Jochen Schafer Mo GER 43 52 0 95 5
9 Emil Gyllenhammar Ga SWE 49 48 0 97 2
10 Alexis Cervantes Sh FRA 49 49 0 98 3
11 Julien Perret Ga FRA 50 49 0 99 5
12 Fredrik Johansson Be SWE 48 53 0 101 4
13 George Morton Be GBR 40 44 0 105 4
14 Julien Arnaud Ga FRA 53 47 12 112 5
15 Ben Wibberley Ga GBR 60 57 0 117 2
16 Laia Sanz Mo SPA 5 56 0 121 5
17 James Fry Sh GBR 66 62 0 128 1
18 Ivan Peydro Ga SPA 61 59 11 131 3
19 Fredrik Larsen Se NOR 67 65 0 132 1
20 Marijan Griebel Mo GER 65 67 1 133 0
21 Jean Philippe Lerda Sc FRA 62 72 0 134 0
22 Jan Peters Be GER 71 65 0 136 2
23 David Millan Sh SPA 62 75 0 137 1
24 Maxime Mathy Ga BEL 68 69 0 137 0
25 Richard Rosenstatter Ga AUT 69 69 0 138 0
26 Christophe Castan Be FRA 71 65 4 140 0
27 Christian Teuscher Ga SUS 72 69 0 141 0
28 Martin Hemmer Be NOR 69 75 0 144 0
29 Marc Graver Ga SUI 73 72 0 145 0
30 Harry Harvey Ga GBR 75 71 0 146 0
31 Marc Minder Be SUI 75 75 0 150 0
32 Florian Pretalli Ga SUI 75 75 0 150 0
Ronald Commo Be USA  タイムオーバー
R Thibault Martel Ga FRA
R Ewoud Lalkens Mo NED

●ユース
 ジャック・チャロナーが順調に勝ち星を増やしている。アメリカのスメイジはなぜか欠場してしまったから、このクラスのシーンの趨勢は決まったような感じもあり。しかし新たな才能がどんどん出てくるこのクラス。結末は、最後までわからない。
ユースカップ

Pos. Rider 1Lap 2Lap Time Total Clean
1 Jack Challoner Be GBR 15 17 4 36 14
2 Alexandre Ferrer Sh FRA 18 26 3 47 18
3 Venoit Dagnicourt Be FRA 29 21 0 50 11
4 Pau Botella Ga SPA 25 21 7 53 11
5 Francesc Moret Ga SPA 30 23 2 55 13
6 Adrian Pastoriza Ga SPA 25 32 6 63 10
7 Maxime Warenghien Sh BEL 38 33 0 71 8
8 Janathan Richardson Sh GBR 33 37 3 73 6
9 Pere Borrellas Ga SPA 36 31 7 74 8
10 Marc Horrach Ga SPA 42 36 0 78 4
11 Jake Whitaker HM NZE 42 34 4 80 5
12 Romain Tessariol Ga FRA 38 42 0 80 3
13 Tanguy Mottin Ga FRA 33 32 18 83 5
14 Francesc Ciurana Be SPA 53 36 0 89 4
15 Luca Cotone Sh ITA 43 39 9 91 6
16 Loic Spencley Ga FRA 48 48 0 96 2
17 Hakon Pedersen Sh NOR 54 43 0 97 2
18 Guillaume Pot Sh FRA 47 57 0 104 2
19 Jonathan Walker Sh GBR 51 45 9 105 1
20 Aurelien Vaillant Be FRA 55 58 0 113 1
21 Jesper Johansson Be SWE 62 50 0 113 1
22 Jiri Fikejz Sh CZE 55 63 0 118 0
23 Guillaume Jean Be FRA 50 52 20 122 0
24 Thierry Graber Ga SUI 64 60 0 124 0
25 Julien Rousselle Ga BEL 63 61 0 124 0
26 Jack Thompson Sh GBR 57 55 14 126 2
27 Kebin bick Sh GER 66 60 0 126 0
28 Pedro Sousa Ga GBR 66 61 0 127 1
29 Donna Fox Sh GBR 73 75 0 148 0
Simone Staltari Ga ITA
Marc Cabre Sh SPA

関連記事

2018全日本ランキング(〜第4戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

2018全日本北海道全結果

全日本選手権第4戦北海道大会 2018年7月14・15日 北海道上川郡和寒町わっさむサーキット 観客数:700人 (さらに&h…

2018年7月号電子版

お待たせしました。世界選手権日本GP特集、第一弾。電子版をお届けします。ダウンロードして、お手元の電子端末でお楽しみください。 (さ…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号は7月6-7の二日間で出荷中です。今回は6月にツインリンクもてぎで開催されたトライアル世界選手権第2戦STRIDER日本グラ…

全日本選手権に電子チケット導入

MFJが、全日本選手権トライアルの観戦券の電子販売を始めた。 まずは9月1日開催の中国大会(広島大会)から電子チケットの販売が始まる。 …

ページ上部へ戻る