2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. TRIAL動画チャンネル
  3. TY-Eデビューラン
  4. 自然山通信電子版4月号
  5. 自然山通信2018年4月号
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. リザルト関東
  10. リザルト近畿
  11. リザルト四国
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. 2018年3月号電子版
  16. 2018年3月号
  17. 1802木彫山本さん
  18. HOSTAL DEL GUIU
  19. イベント(スクール)
  20. 2018 TRRS RAGA RACING
  21. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  22. イベント(スクール)
  23. イベント(スクール)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. リザルト四国
  29. フロントフォークプロテクター
  30. Vertigo VERTICAL
  31. 三谷アルミニップル
  32. リザルト中国
  33. TLM50用スプロケット
  34. JITISIEカーボンプロテクター
  35. イベント(大会)
  36. リザルト中国
  37. イベント(スクール)
  38. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  39. 自然山通信2018年2月号発売
  40. イベント(スクール)
  41. イベント(大会)
  42. リザルト関東
  43. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  44. リザルト九州
  45. リザルト中国
  46. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  47. イベント(大会)
  48. T-TRIAL R2モンペリエ
  49. リザルト中国
  50. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  51. 2017お勉強会
  52. リザルト関東
  53. イベント(その他)
  54. リザルト関東
  55. リザルト中部
  56. ぱわあくらふとのワイドステップ
  57. リザルト中国
  58. 三谷モータースポーツの新製品情報
  59. 2018年1月号電子版発売しました
  60. 年末年始休業のお知らせ
  61. 2018年1月号発売のお知らせ
  62. イベント(大会)
  63. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  64. 2018 SCORPA Racing
  65. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  66. 自然山通信2018年1月号
  67. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ベータ4T世界戦デビュー

 ベータモーター(イタリア)とスペインのベータ代理店トルーバーは、2007年の世界選手権に4ストロークマシンを走らせるとの発表をした。ライダーはジョルディ・パスケット。パスケットの起用は、マシン開発面などの能力を評価されてのものだと思われる。
 いよいよ、世界選手権トライアルも、4ストローク化の波が一気に押し寄せてきたかのようだ。


 ベータがオフィシャルライダーとして契約したパスケットは27歳で1998年のヨーロッパチャンピオン。世界のトップを狙うライダーとしては賞味期限をすぎてしまった感もあるが、トラックの運転手からスクールの先生まで、なにからなにまでこなすライダーとして(ついでに、実は手も早い)その能力は現役ライダーの中でもずば抜けたものを持っている。そしてライダーとしても、意外な走破力を見せることがしばしば。マインダーを連れず、そのへんにいる別のライダーのマインダーにお願いして、そのマインダーのご主人様より好成績を挙げることだってあった。
 今年、ベータにはジェローニ・ファハルドとタデウス・ブラズシアクがチーム入りをし、さらにマルク・フレイシャもいたわけなのだが、04年ランキング3位のフレイシャを放出してパスケットを走らせるベータの選択に、パスケットが高い評価を受けていることがわかる。
 今後のマシン開発は、ドナト・ミリオに指揮のもと、パスケットが実戦を走らせながら進むことになる。今はまだ、どの程度のポテンシャルを持っているか皆目不明の4ストロークマシンだが、もう間もなくすると、そのパフォーマンスが世界中にお披露目されることになる。パスケットは、スペイン選手権と世界選手権の大半に出場の予定だ。
 ミラノショーでのデビューから2ヶ月、意外に早い実戦デビューは、イタリア人のてきぱきとした仕事の現れといったところだろうか(もちろん、イタリア人にはもう一面の、てきぱきとしていない面だってあるけど)。
 パスケットは「ベータとのコンビネーションによる4ストロークマシンの開発は、とてもやりがいのある仕事で、わくわくしている。これでスペイン選手権と世界選手権に出場するのが、今から楽しみだ」と語っている。

関連記事

小川友幸、奇跡的大逆転の2018近畿大会

2018年第2戦近畿大会は、4月15日、和歌山県の湯浅トライアルパークで開催された。天気予報は土曜日から日曜日にかけて春の嵐ということで、悪…

2018全日本第2戦現在ランキング

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。 ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってる…

2018全日本第2戦近畿大会

2018トライアル全日本選手権シリーズ 第2戦近畿大会 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 観客数:1,150人 雨の…

三七三の再開にうれし涙なう

三七三が帰ってきた。震災前からやっている食べ物屋さんは、ここ数年どこも閉まっちゃっていて、とってもさびしかったのだけど、そのひとつが戻ってき…

黒山健一は世界チャンピオンになれるか

黒山健一が、世界チャンピオンを目指して、7月の世界選手権トライアルGPの2戦に参戦する。野崎史高(2002年ジュニアチャンピオン)、藤波貴久…

ページ上部へ戻る