2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. イベント(スクール)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. リザルト関東
  7. 1日目優勝のファハルド
  8. イベント(大会)
  9. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  10. リザルト東北
  11. イベント(スクール)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. リザルト四国
  15. リザルト中国
  16. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  17. 全日本R3九州までのランキング
  18. 全日本R3九州リザルト
  19. 2018EMと成田匠.fr
  20. MFJトライアル
  21. 1805電子版
  22. 2018年5月号
  23. リザルト近畿
  24. ムーブレバー
  25. トムス新製品
  26. リザルト関東
  27. リザルト関東
  28. リザルト関東
  29. リザルト中国
  30. リザルト四国
  31. リザルト関東
  32. 2017お勉強会
  33. TY-Eデビューラン
  34. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  35. 自然山通信電子版4月号
  36. 自然山通信2018年4月号
  37. リザルト中国
  38. リザルト中国
  39. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  40. リザルト関東
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. リザルト近畿
  45. リザルト関東
  46. リザルト四国
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)
  49. イベント(大会)
  50. 2018年3月号電子版
  51. 2018年3月号
  52. 1802木彫山本さん
  53. HOSTAL DEL GUIU
  54. イベント(スクール)
  55. 2018 TRRS RAGA RACING
  56. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  57. イベント(スクール)
  58. イベント(スクール)
  59. リザルト沖縄
  60. イベント(スクール)
  61. イベント(大会)
  62. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

インドア最終戦はラガが勝利

07マドリッドのラガ

 3月17日インドアトライアル最終戦マドリッド。
 チャンピオンはすでにトニー・ボウで決定しているが、ランキング2位争いがし烈。ランキング3位に落ちていたアダム・ラガは見事な勝利を飾って再度逆転、ランキング2位を獲得した。
 今回2位に入ればランキング2位が手に入ったアルベルト・カベスタニーは、なんとファイナルに進出できず、4位で試合を終えている。藤波貴久は不本意な5位だった。


 ラガの勝利はこのインドアシーズンで2度目。無敵のチャンピオンの誉れ高かったラガにしては少ない勝利数だが、それでも勝たなければいけないところで確実に勝って、チャンピオンの意地を見せつけた。
 序盤、ボウはラガにプレッシャーを与えるべく勝負を挑んでいたが、最後には2位の座に落ち着いて初の世界チャンピオンの栄冠を受け取った。最後の2戦で勝ちを譲ったのはくやしいが、チャンピオンにはなったし、チームメイトのランプキンは、今季2度目の表彰台に上がったし、落ち着くべき結果が見えてしまったというところか。
 クォリファイでは、ラガがベストと思われるライディングを見せた。同じく素晴らしいライディングを見せたが、最後で5点をとってしまったボウと、第1セクションをクリーンしてチャンスをつかんだランプキンがファイナル進出のキップを得ている。
 カベスタニーはマドリッドにはランキング2位としてやってきた。この2戦で2勝という上昇機運もあった。しかし難セクションを攻略できず、ファイナルに進出できず、3つ目の勝利もランキング2位の座も失って、今回4位、ランキング3位という結果を持ち帰ることになった。
 手首を骨折したジェロニ・ファハルドの代役として登場したスコルパのマルク・フレイシャは、今回が07年初めてのインドア世界選手権で、2年ぶりの出場となる。久々のインドアを走るフレイシャはなかなか好調だったが、しかしハイジャンプですべてのバーを落としてしまうという大失敗をして、これで5位の座をふいにしてしまった。
 藤波貴久は、いくつかの問題があってその実力を発揮しきれなかった。最初の2セクションで8点減点をしたあと、藤波はピットに戻ってマシンを修復。第2セクションでリヤホイールがずれてしまったためという。セクション成績ではフレイシャに遅れをとっての6位だったが、藤波がハイジャンプをクリアし、フレイシャが失敗したため、5位となって、藤波のインドアシーズンは終わった。
 最下位の7位は、タデウス・ブラズシアク。しかし第1セクションでは、リスクのある飛び出しに挑戦。うまく成功させて減点を1点に抑えた。ここをクリーンしたのはランプキンのみ、減点1もラガとボウとブラズシアクだけだったから、この晩のブラズシアクはよい結果に落ち着くかと思いきや、やはり定位置となってしまった。

<アダム・ラガのコメント>
「 この勝利は格別だ。ランキング2位にもなれたし、ぼくがインドアで勝てるライダーだということをみんなに証明できた。それに、間もなくはじまるアウトドアの世界選手権に向けても、よい材料となった。このシーズンはいくつかのミスがあって最高の結果とはいえなかったが、最後の試合では、ぼくはできる最善のことをやったつもりだ」

<トニー・ボウのコメント>
「勝利に近いところでチャンピオンシップを戦いたいと思っていたし、いつも必ず勝てるなんてことは思っていない。ともあれ、今年は大きな結果を手にした。たいへん満足なシーズンを送ることができた。アダムは、今晩の結果が示すように、たいへん手ごわいライバルであることはまちがいない」

<ドギー・ランプキンのコメント>
「なんとかもう一度表彰台に立ちたいと望んでいた。この前の表彰台はマルセイユだった。このところ不本意な成績が続いていただけに、今日はいい試合ができた。これで、新たなページを開くことができるよ」

<藤波貴久のコメント>
「今シーズンの最上位は、バルセロナでの2位だった。あれは自分でも驚くべき結果だったけど、今回は同じことができなかった。もう一度あんな試合をやってみたかったのだが、次のシーズンにお預けだ。さぁ、次はアウトドアの世界選手権。インドアとちがって、最良の結果をお見せできるはずだ」
なお藤波の足の負傷は、まだなおってはいないが、ライディング中は痛みもないという。


ファイナル
Pos. Rider Machine Point
1 Adam Raga Gas Gas 3
2 Toni Bou Montesa 9
3 Dougie Lampkin Montesa 24
クォリファイ
Pos. Rider Machine Point
1 Adam Raga Gas Gas 4
2 Toni Bou Montesa 6
3 Dougie Lampkin Montesa 13
4 Albert Cabestany Sherco 16
5 Takahisa Fujinami Montesa 24
6 Marc Freixa Scorpa 26
7 Tadeusz Blazusiak Beta 39
世界選手権ランキング
Pos. Rider Machine Point
1 Toni Bou Montesa 67
2 Adam Raga Gas Gas 57
3 Albert Cabestany Sherco 54
4 Takahisa Fujinami Montesa 41
5 Dougie Lampkin Montesa 36
6 Jeroni Fajardo Beta 30
7 Tadeusz Blazusiak Beta 10
8 Shaun Morris Beta 4
9 Marc Freixa Scorpa 3
10 Jerome Bethune Beta 2
11 Fabio Lenzi Montesa 1
12 Loris Gubian Sherco 1

関連記事

イベント(スクール)

×ガッチスクールIN加古川(中止になりました)

全日本チャンピオン小川友幸塾長のガッチスクール、加古川トライアルパークでの開催でしたが、中止になりました。おまちがいのないようによろしくです…

4台目のαが来た

α7(無印)を買ったのは2014年の6月だった。そして2018年の6月、4台目のαになるα7IIIが届いた。今、ざっとセットアップをして、買…

アベ精工のTLM50用トップブリッジ

根強いファンが乗り続けているHONDA TLM50用のトップブリッジと、専用ハンドルアップスペーサーがアベ精工から発売されています。共同開発…

イベント(大会)

8/26夏の梅ヶ島大会

TEAM P.F.T. から梅ヶ島大会の日程変更のお知らせです。 空気は何色? 太陽の7色によって透明な空気が変化する心の色。 エ…

へそ曲がり的、廃炉と汚染土壌

福島県の昨日のビッグニュースは、東電が福島第二原発の廃炉を表明したことだった。福島県が原発ゼロになるのは福島県民の悲願だったとのことなので、…

ページ上部へ戻る