2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. イベント(スクール)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. リザルト関東
  7. 1日目優勝のファハルド
  8. イベント(大会)
  9. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  10. リザルト東北
  11. イベント(スクール)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. リザルト四国
  15. リザルト中国
  16. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  17. 全日本R3九州までのランキング
  18. 全日本R3九州リザルト
  19. 2018EMと成田匠.fr
  20. MFJトライアル
  21. 1805電子版
  22. 2018年5月号
  23. リザルト近畿
  24. ムーブレバー
  25. トムス新製品
  26. リザルト関東
  27. リザルト関東
  28. リザルト関東
  29. リザルト中国
  30. リザルト四国
  31. リザルト関東
  32. 2017お勉強会
  33. TY-Eデビューラン
  34. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  35. 自然山通信電子版4月号
  36. 自然山通信2018年4月号
  37. リザルト中国
  38. リザルト中国
  39. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  40. リザルト関東
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. リザルト近畿
  45. リザルト関東
  46. リザルト四国
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)
  49. イベント(大会)
  50. 2018年3月号電子版
  51. 2018年3月号
  52. 1802木彫山本さん
  53. HOSTAL DEL GUIU
  54. イベント(スクール)
  55. 2018 TRRS RAGA RACING
  56. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  57. イベント(スクール)
  58. イベント(スクール)
  59. リザルト沖縄
  60. イベント(スクール)
  61. イベント(大会)
  62. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1502ブストとホンダ

レプソル・ホンダにハイメ・バストが加入

 トニー・ボウ、藤波貴久を擁すレプソル・ホンダ・チームが、若いライダーをチームに加入、トニー・ボウに続く将来のチャンピオン育成に意欲を見せた。そのライダーは、スペイン北部のバスク地方出身のハイメ・バスト。125ccとワールドカップクラスでタイトルを獲得している未来の大器だ。

1502ブスト

 バストの活躍の場は、世界選手権のトップクラス、ワールドプロクラスとスペイン選手権。チームのエース、トニー・ボウと同じ舞台で戦いに挑むことになる(藤波は、スペイン選手権にはこれまでフル参戦をしたことがない)。チームから、バストのマシンについての言及はないが、これまでの例から、ボウと藤波(と、小川友幸)の乗るファクトリーマシンに乗るライダーはきわめて限定的なので、バストは市販車をベースとしたモディファイマシンに乗る可能性が高い。市販車ベースの開発が進めば一般ユーザーにも利が還元される。

1502ブストとマシン

 バストは1997年12月4日生まれ。2014年のワールドカップチャンピオンだ。緒戦のオーストラリアで3位表彰台を獲得、次の日本大会では初優勝を飾り、7回の優勝とともにチャンピオン獲得に突っ走った。2013年はヨーロッパ選手権で125ccチャンピオンを獲得。バストがヨーロッパ選手権125ccを走り始めたのは、2011年、13歳の時だった。世界選手権は16歳になるまで参戦が認められていないが、ヨーロッパ選手権はこの限りではないらしい。16歳の年齢制限は免許制度とのかねあいで制定されたと記憶しているが、同じ国で開催されるのにかたや免許がない年齢でも参戦できるというのは不思議。こういうところが認められるのがヨーロッパ的おおらかさで、かつスポーツ一般への理解の大きさなのだと思ったりするが、バストのモンテッサ入りとこの話は直接関係はない。
 つまりバストが世界選手権ワールドカップに参戦したのは16歳になってからということで、16歳になって初めての年にワールドカップチャンピオンとなったわけだ。ワールドカップチャンピオンとして、2015年はワールドプロクラス初めての挑戦の年。17歳の若手が、どんな戦いを見せてくれるか、楽しみだ。
 モンテッサチームは、過去には4人体制で戦ったことがある。ドギー・ランプキン、藤波貴久に、マルク・フレイシャもしくはダビド・コボス、それにライア・サンツだ。モンテッサと契約した時点で、ランプキンはすでに世界チャンピオン、藤波とフレイシャには世界のタイトルはなかったが、サンツは女子世界チャンピオン。ボウも、モンテッサ入りをしたときには世界ランキング5位の中堅トップライダーだったが、2003年にヨーロッパ選手権チャンピオンとなっている。チャンピオンであること、それがモンテッサのメンバーとなる条件のようだ。
 モンテッサは、2014年からレプソル・ホンダ・チームと名前を変えて現在に至っている。トニー・ボウ、藤波貴久、ハイム・バストと、それぞれ個性のあるライディングと目標を持つライダーをそろえて、世界のトップチームとしての強さにますます磨きがかかっているレプソル・ホンダ・チームである。

1502ブストとチームのオヤブンハイム・バストと、チーム監督オスカル・ジロー(左)とミゲール・シレラ(右)

ライダー◇ハイム・バスト
「HRCのチームに入れて、とてもうれしい。レプソル・ホンダ・チームは世界のベストチームです。トニー・ボウ、藤波貴久といった憧れのチャンピオンと同じチームで戦えるのですから、私にとってはこれ以上素晴らしい環境はありません。このチームで、多くのことを学べると信じていますし、成長していきたいと思っています。モンテッサ・コタ4RTは、私にとって初めての4ストロークマシンですが、驚きの連続です。慣れるまでは苦労もありますが、すぐ慣れてみせます」

チーム・マネージャー◇ミゲール・シレラ
「レプソル・ホンダ・チームは、世界最高のライダーをそろえている。長年にわたってそれは当チームの方針であり、今後も変わらない。勝利を得、タイトルを獲得するには必要な条件だからだ。今回、ハイム・バストと契約をしたが、彼は現在もっとも有望な若手ライダーだ。彼は当チームのチャンピオンコンビ、トニー・ボウと藤波貴久のよきフォロー役を担ってくれるにちがいない」

関連記事

イベント(スクール)

×ガッチスクールIN加古川(中止になりました)

全日本チャンピオン小川友幸塾長のガッチスクール、加古川トライアルパークでの開催でしたが、中止になりました。おまちがいのないようによろしくです…

4台目のαが来た

α7(無印)を買ったのは2014年の6月だった。そして2018年の6月、4台目のαになるα7IIIが届いた。今、ざっとセットアップをして、買…

アベ精工のTLM50用トップブリッジ

根強いファンが乗り続けているHONDA TLM50用のトップブリッジと、専用ハンドルアップスペーサーがアベ精工から発売されています。共同開発…

イベント(大会)

8/26夏の梅ヶ島大会

TEAM P.F.T. から梅ヶ島大会の日程変更のお知らせです。 空気は何色? 太陽の7色によって透明な空気が変化する心の色。 エ…

へそ曲がり的、廃炉と汚染土壌

福島県の昨日のビッグニュースは、東電が福島第二原発の廃炉を表明したことだった。福島県が原発ゼロになるのは福島県民の悲願だったとのことなので、…

ページ上部へ戻る