2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. 1日目優勝のファハルド
  10. イベント(大会)
  11. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  12. リザルト東北
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト四国
  17. リザルト中国
  18. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  19. 全日本R3九州までのランキング
  20. 全日本R3九州リザルト
  21. 2018EMと成田匠.fr
  22. MFJトライアル
  23. 1805電子版
  24. 2018年5月号
  25. リザルト近畿
  26. ムーブレバー
  27. トムス新製品
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト四国
  33. リザルト関東
  34. 2017お勉強会
  35. TY-Eデビューラン
  36. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  37. 自然山通信電子版4月号
  38. 自然山通信2018年4月号
  39. リザルト中国
  40. リザルト中国
  41. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  42. リザルト関東
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト関東
  48. リザルト四国
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. 2018年3月号電子版

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

FUTURE125に乗った

FUTURE125と小川毅士
小川毅士ライディングで自由自在の125

 素晴らしいマシンに試乗ができた。FUTURE125という名称のこのマシン、見た目はモンテッサCota4RTをベースに125ccマシンとしたもの。改造車じゃないぞ、まったく別のマシンなんだという気概が、FUTUREというマシン名を名乗らせている。
 125ccクラスは、いまや世界的に注目のクラス。このクラスで切磋琢磨してこないと、上のカテゴリーに上がっても使い物にならない。しかして、モンテッサ系チームには125ccがないから、参加したくても出られない。だったら作ってしまえという発想だ。

 基本的にはCota4RTのエンジンをそのまま使って、ボアをダウンさせて排気量を小さくしているものと思われる。Cota4RTは極端なショートストロークエンジンだから、ボアを小さくしてもエンジンとしてのバランスが大きく崩れることはないという判断だったようだ。

毅士とティオーニ社長
小川毅士とティオーニさん

 開発者でありTRM社長のクィリノ・ティローニさんによれば、単なるボアダウンのキットではなくて、クラッチにもクランクにも手を入れてあり、だからモンテッサでもホンダでもなく、FUTUREなのだと自慢げだった。
 走らせてみる。パドックをくるくる回っただけだったが、125ccのパワーフィーリングは感じとることができた。
 試合で走っているのを見ると、排気音も250ccと変わらないし、もちろんエンジンの外観もちがわない。これはほんとに125ccなのだろうか、ステッカーだけ125と貼ってあるだけじゃないか(さいしょにこのマシンが発表された06年のTDN会場に展示されていたのは、ステッカーだけ貼られた250ccマシンだった)と疑いを持って見ていたが、乗れば明らかに125ccだった。

ニシマキとFUTURE125
乗ってみました

 動き出す瞬間の、どかんというパワーがない。回転をあげていくに従ってパワーも出ててくるが、低速域では排気量が小さいことを感じさせる。
 といっても、50ccマシンのような線の細さはまったくなかった。Cota4RT/RTL250Fも、初期型の05年モデルはパワーにみなぎっていて走り出しに強烈なトルクが発揮されるようになっていた。このパワーフィーリングを持て余してしまっていたライダーには、125ccのほうが快適に走れること、まちがいない。なにしろスムーズ。パワーも上品。全体的な扱いやすさもたいへんにすぐれていた。これはほしい。スコルパ125Fより当然完成度は高いし、Cota4RTより扱いやすいってな印象だ。
 125cc用に仕様変更したというクラッチは、250ccのものより軽い気がするし、取り回しにも軽快感が備わっている(マシンの重量はCota315Rと大差はないということだが)。

毅士とチームのみんな
チームのみんなと毅士は仲良し

 パワーがないという点では他の125ccマシンと同じだが、21世紀の設計のマシンには21世紀の利点もある。ホンダが125ccマシンを作る予定は今のところないようだが、ホンダ製の高い完成度のマシンを待ち続けるより、FUTURE125で4ストローク125の扉を開いてしまうのも悪くない。ちなみに開幕戦のユース125クラスでは、無名のライダーがふたりこれに乗って、ひとりはポイント獲得にあと一歩の17位に入っている。

関連記事

9/2中国大会は予定通り開催

9月2日、全日本選手権中国大会の日程が迫ってきた。 中国、四国地方では大雨の被害でたいへんなことになっているが、全日本選手権トライアルは予…

勝つべき北海道で小川友幸、ぎりぎり勝利

2018年7月15日。例年どおり、全日本選手権第4戦は、北の大地北海道へやってきた。さわやかなイメージの北海道だが、こと全日本に関しては強い…

2018全日本ランキング(〜第4戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

黒山とTY-E、フランスGPで勝利

2018年7月15日、南フランスのアルプス地方オーロンで開催されたトライアルGPで、黒山健一がみごと勝利を果たした。 2017年から始…

2018全日本北海道全結果

全日本選手権第4戦北海道大会 2018年7月14・15日 北海道上川郡和寒町わっさむサーキット 観客数:700人 (さらに&h…

ページ上部へ戻る