2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  1. クラッチワークの極意
  2. 動画チャンネル
  3. 2017TDN
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)

    2017.11.15

    12/24第8回SPGG杯
  6. イベント(大会)
  7. Honda秋の祭典トライアルデモ
  8. 自然山通信11月号電子版
  9. イベント(大会)
  10. 自然山通信11月号
  11. イベント(大会)
  12. イベント(その他)
  13. イベント(大会)
  14. リザルト中部
  15. リザルト関東
  16. MOTSセール

    2017.11.04

    MOTSのセール!
  17. イベント(スクール)
  18. 自然山通信11月号
  19. イベント(大会)
  20. GASGAS CONTACT用セルモーターガード
  21. 2017年間ランキング
  22. イベント(大会)
  23. 全日本R7東北リザルト
  24. リザルト北海道
  25. チタンサイレンサーRACE
  26. リザルト関東
  27. リザルト中国
  28. Honda秋の祭典
  29. イベント(大会)
  30. HeboヘルメットMFJ公認キャンペーン
  31. MFJトライアル
  32. イベント(大会)
  33. イベント(その他)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. トムスの新製品
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. RTL250S用リヤフェンダー
  40. 2018ベータEvo2Tシリーズ
  41. リザルト関東

    2017.10.15

    2017茨城県大会
  42. リザルト北海道
  43. リザルト東北
  44. リザルト関東
  45. リザルト中国
  46. イベント(大会)
  47. イベント(大会)
  48. R6中部大会までのランキング
  49. R6中部大会のリザルト
  50. リザルト東北
  51. リザルト関東
  52. リザルト関東
  53. リザルト九州
  54. イベント(大会)
  55. 自然山通信2017年10月号電子版
  56. イベント(大会)
  57. 新型力造シート
  58. イベント(スクール)
  59. MFJトライアル
  60. かわうちトライアル
  61. 中部大会招待券プレゼント
  62. MITANI MODEL TR-3
  63. テフロンスロットルパイプ
  64. リア・ディスクプロテクション
  65. リザルト中国
  66. リザルト沖縄
  67. リザルト北海道
  68. リザルト中国
  69. リザルト関東
  70. 2017TDNエントリーリスト
  71. リザルト中国
  72. リザルト関東
  73. リザルト関東
  74. リザルト中国
  75. 2017年9月号電子版
  76. 2017年9月号
  77. リザルト中国
  78. スタイルマーチンニューモデル
  79. 三谷モータースポーツバイクトライアルパーツ
  80. 2017お勉強会
  81. イベント(大会)
  82. イベント(スクール)
  83. リザルト北海道
  84. リザルト沖縄
  85. イベント(その他)
  86. SHOWAフロントフォーク用ハードスプリング
  87. トムスのロゴ
  88. イベント(大会)

    2017.08.17

    9/3寅吉カップ

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

FUTURE125に乗った

FUTURE125と小川毅士
小川毅士ライディングで自由自在の125

 素晴らしいマシンに試乗ができた。FUTURE125という名称のこのマシン、見た目はモンテッサCota4RTをベースに125ccマシンとしたもの。改造車じゃないぞ、まったく別のマシンなんだという気概が、FUTUREというマシン名を名乗らせている。
 125ccクラスは、いまや世界的に注目のクラス。このクラスで切磋琢磨してこないと、上のカテゴリーに上がっても使い物にならない。しかして、モンテッサ系チームには125ccがないから、参加したくても出られない。だったら作ってしまえという発想だ。

 基本的にはCota4RTのエンジンをそのまま使って、ボアをダウンさせて排気量を小さくしているものと思われる。Cota4RTは極端なショートストロークエンジンだから、ボアを小さくしてもエンジンとしてのバランスが大きく崩れることはないという判断だったようだ。

毅士とティオーニ社長
小川毅士とティオーニさん

 開発者でありTRM社長のクィリノ・ティローニさんによれば、単なるボアダウンのキットではなくて、クラッチにもクランクにも手を入れてあり、だからモンテッサでもホンダでもなく、FUTUREなのだと自慢げだった。
 走らせてみる。パドックをくるくる回っただけだったが、125ccのパワーフィーリングは感じとることができた。
 試合で走っているのを見ると、排気音も250ccと変わらないし、もちろんエンジンの外観もちがわない。これはほんとに125ccなのだろうか、ステッカーだけ125と貼ってあるだけじゃないか(さいしょにこのマシンが発表された06年のTDN会場に展示されていたのは、ステッカーだけ貼られた250ccマシンだった)と疑いを持って見ていたが、乗れば明らかに125ccだった。

ニシマキとFUTURE125
乗ってみました

 動き出す瞬間の、どかんというパワーがない。回転をあげていくに従ってパワーも出ててくるが、低速域では排気量が小さいことを感じさせる。
 といっても、50ccマシンのような線の細さはまったくなかった。Cota4RT/RTL250Fも、初期型の05年モデルはパワーにみなぎっていて走り出しに強烈なトルクが発揮されるようになっていた。このパワーフィーリングを持て余してしまっていたライダーには、125ccのほうが快適に走れること、まちがいない。なにしろスムーズ。パワーも上品。全体的な扱いやすさもたいへんにすぐれていた。これはほしい。スコルパ125Fより当然完成度は高いし、Cota4RTより扱いやすいってな印象だ。
 125cc用に仕様変更したというクラッチは、250ccのものより軽い気がするし、取り回しにも軽快感が備わっている(マシンの重量はCota315Rと大差はないということだが)。

毅士とチームのみんな
チームのみんなと毅士は仲良し

 パワーがないという点では他の125ccマシンと同じだが、21世紀の設計のマシンには21世紀の利点もある。ホンダが125ccマシンを作る予定は今のところないようだが、ホンダ製の高い完成度のマシンを待ち続けるより、FUTURE125で4ストローク125の扉を開いてしまうのも悪くない。ちなみに開幕戦のユース125クラスでは、無名のライダーがふたりこれに乗って、ひとりはポイント獲得にあと一歩の17位に入っている。

関連記事

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

イベント(大会)

201711/15

1/3ロッキートライアル

ロッキートライアルをご存知でしょうか? あの小谷徹さんが小さい頃から開催されていた由緒正しき大会です! その大会が2018年に開催できなくな…

イベント(大会)

201711/15

12/24第8回SPGG杯

第8回SPGG杯INトライアルパークヤマグチ ★開催日・会場★  2017年12月24日(日)  トライアルパークヤマグチ(〒50…

イベント(大会)

201711/15

1/7 2018新春チャリティ大会

 恒例となりました新春チャリティ大会を、2018年1月7日に開催いたします。  セクションは広めに設定していますので、初心者からIASまで…

Honda秋の祭典トライアルデモ

たくさん笑った! Honda秋の祭典デモはすごかった

11月11日、Honda秋の祭典なる秋のお祭りが開催された。埼玉県朝霞市にある本田技術研究所二輪R&Dセンターのお祭りだ。技術研究所はHon…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。