2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 動画チャンネル
  3. TLM50用スプロケット
  4. JITISIEカーボンプロテクター

    2018.02.15

  5. イベント(大会)
  6. イベント(スクール)
  7. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  8. 自然山通信2018年2月号発売
  9. イベント(スクール)
  10. イベント(大会)
  11. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  12. リザルト中国
  13. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  14. イベント(スクール)
  15. イベント(大会)
  16. T-TRIAL R2モンペリエ
  17. イベント(大会)
  18. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  19. 2017お勉強会
  20. リザルト関東
  21. イベント(その他)
  22. リザルト関東
  23. リザルト中部
  24. ぱわあくらふとのワイドステップ
  25. 三谷モータースポーツの新製品情報
  26. 2018年1月号電子版発売しました
  27. 年末年始休業のお知らせ
  28. 2018年1月号発売のお知らせ
  29. イベント(大会)
  30. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  31. 2018 SCORPA Racing
  32. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  33. 自然山通信2018年1月号
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)

    2017.12.16

    1/14ケニーズ杯
  36. JITSIE DIMINO
  37. リザルト関東
  38. リザルト関東
  39. リザルト中国
  40. リザルト近畿
  41. 自然山通信2017年12月号
  42. イベント(大会)
  43. 自然山通信2017年12月号電子版
  44. リザルト中部
  45. リザルト関東
  46. 三谷モータースポーツWチャンピオンセール
  47. エトスデザイン
  48. 創刊250号の自然山通信
  49. MFJトライアル
  50. イベント(大会)

    2017.11.25

    12/24 KUMA-CUP 2017
  51. イベント(大会)
  52. リザルト関東
  53. リザルト東北
  54. 2017TDN
  55. イベント(大会)

    2017.11.15

    12/24第8回SPGG杯
  56. イベント(大会)
  57. Honda秋の祭典トライアルデモ
  58. リザルト中国
  59. リザルト関東

    2017.11.12

    羽生山カップ
  60. MFJグランドチャンピオン大会
  61. 自然山通信11月号電子版
  62. イベント(大会)
  63. 自然山通信11月号
  64. イベント(大会)
  65. イベント(その他)
  66. イベント(大会)
  67. リザルト中部
  68. リザルト関東
  69. リザルト関東
  70. MOTSセール

    2017.11.04

    MOTSのセール!
  71. イベント(スクール)
  72. 自然山通信11月号
  73. GASGAS CONTACT用セルモーターガード
  74. 2017年間ランキング
  75. イベント(大会)
  76. 全日本R7東北リザルト

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1503バルセロナのブスト

ブスト、ツインプラグとともにXトライアルに登場

 3月8日、バルセロナで開催されたXトライアル第4戦に、レプソル・ホンダ・チーム入りをしたルーキー、ハイメ・ブストがワイルドカード扱いで参戦した。
 結果はクォリファイの6セクションを走ってオール5点。最下位となったが、ワールドカップチャンピオンとして世界一のチームに入った若手は、いま伸び盛りだ。

1503バルセロナのブストとボウ

 ところで、Xトライアルに参戦したブストのマシンには、どうもふたつのイグニッションコイルが見える。過去、ホンダのファクトリーマシンに乗ったライダーはごくごく数えるほどしかいない。2005年から走り始めたファクトリーマシンに乗ったのは、藤波貴久、ドギー・ランプキン、マルク・フレイシャ、トニー・ボウ、そして日本で開発を担当する小川友幸。これですべてだ。特に2013年から走り始めたスパークプラグを2本持つ進化形のファクトリーマシンに乗っているのは、トニー・ボウ、藤波貴久、小川友幸の3人だけだった。

1503バルセロナのモンテッサ

 たとえばライア・サンツは、13回の女子トライアル世界チャンピオンに輝いているが、レプソル・モンテッサ・チームに籍を置いていたときは、一度もファクトリーマシンに乗ることがなかった。ホンダ本社サイドから送られるファクトリーマシンはワールド・プロクラスのライダーだけに渡り、そのパーツも(設計がまったくちがうから、パーツの一つふたつを流用できるものではないものの)ライア号が使うことは許されなかった。

1503バルセロナのツインプラグ

 しかし今回、ブストはレプソル・ホンダ・チームに入った。レプソル・ホンダ・チームはそれまでのモンテッサチームではなく、ホンダ本社に直系のチームとなる。トライアル現場では変わった印象は感じられないものの、運営もホンダが直接携わっているチームである。
 ボウ、藤波が世界チャンピオン経験者であるのに対し、ブストはワールドカップチャンピオンだから、ファクトリーマシンが与えられるようになるまでには少し修業を積まなければいけないのではと思われていたが、どうやら、型落ちのファクトリーマシンに乗っての実戦参加の権利が与えられたようだ。

1503バルセロナの3人

 聞けば、ブストの標的は、日本GPでの小川友幸選手であるという。同じマシンで開発を担当するベテランライダー。若さでうんと勝るブストにとって、自己の実力をアピールするにはかっこうの対象だ。しかし小川は、日本GPではあわや表彰台にも届くかという実力者である。簡単にホンダナンバー3の座を明け渡すことにはならないだろうが、実力あるベテランを標的にハングリーに攻めあげてくる若者の存在は、小川友幸や黒山健一を勝ち落とさなければいけない日本の若手にとっても、いいお手本になるのではないだろうか。
 でもとりあえず、デビュー戦がオール5点なんで、少し安心したというのが本音です。次の大会、がんばってくださいね。

1503バルセロナのブスト登場

関連記事

  • ジョルディ・タレスのTRS

  • シェルコ4tデビュー

  • スペイン選手権第1戦

  • 日本女子、惜しい2位

  • ラガ、そしてボウ。世界選手権開幕戦

  • 50冊限定SSDT写真集

3/11!2018全日本開幕戦関東大会

2018年3月11日、2018年の全日本選手権が、いよいよ開幕する。 2018年はトップクラスのIASクラスに3名のニューフェイスが加わり…

TLM50用スプロケット

力造「Honda TLM50用リアスプロケット」発売!

トライアルショップ「ぱわあくらふと」がプロデュースする「力造ブランド」からHonda TLM50用リアスプロケットが発売されました! (…

JITISIEカーボンプロテクター

三谷モータースポーツよりJITSIEの新製品情報。TRRS用スイングアームプロテクター。そしてTECHアルミフォーク用インナーチューブです。…

ベータのカベスタニー、スペイン選手権にデビュー

トライアルGP世界ランキング7位、アルベルト・カベスタニーが、2018年用の愛車を引っさげてスペイン選手権の開幕戦に登場してきた。この開幕戦…

イベント(大会)

3/25 BLAZE SECTION(ブレイズセクション)トライアル大会

BLAZE SECTION(ブレイズセクション)トライアル大会のお知らせ 最近の九州オフロード界は高齢化が進み、若手育成、人口増が課題…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。