2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. イベント(大会)
  3. イベント(スクール)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. リザルト関東
  8. 1日目優勝のファハルド
  9. イベント(大会)
  10. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  11. リザルト東北
  12. イベント(スクール)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト四国
  16. リザルト中国
  17. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  18. 全日本R3九州までのランキング
  19. 全日本R3九州リザルト
  20. 2018EMと成田匠.fr
  21. MFJトライアル
  22. 1805電子版
  23. 2018年5月号
  24. リザルト近畿
  25. ムーブレバー
  26. トムス新製品
  27. リザルト関東
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. リザルト四国
  32. リザルト関東
  33. 2017お勉強会
  34. TY-Eデビューラン
  35. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  36. 自然山通信電子版4月号
  37. 自然山通信2018年4月号
  38. リザルト中国
  39. リザルト中国
  40. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  41. リザルト関東
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. リザルト近畿
  46. リザルト関東
  47. リザルト四国
  48. イベント(大会)
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. 2018年3月号電子版
  52. 2018年3月号
  53. 1802木彫山本さん
  54. HOSTAL DEL GUIU
  55. イベント(スクール)
  56. 2018 TRRS RAGA RACING
  57. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  58. イベント(スクール)
  59. イベント(スクール)
  60. リザルト沖縄
  61. イベント(スクール)
  62. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1504かかえられる藤波

世界戦選手権もてぎ2日目、藤波万歳

 ストライダー日本GP、2日目。日曜日の戦いは、最後の最後にドラマが待っていた。トニー・ボウ優勝、2位に入ったのが、膝の手術から復帰したばかりの藤波貴久だった。レプソル・ホンダ・チームにとっては、ワンツーフィニッシュという最高の結果で幕を下ろした日本GPとなった。

1504もてぎ2日目の藤波

 藤波の滑り出しは、けっしてよくなかった。ボウ以外のみんなが5点になった第3セクションをはさんで、第2から第4まで3連続5点。いきなり15点を失って、たいへん苦しい戦いとなってしまった。
 2ラップ目も、減点数はいくらか減ったものの、まだ肝心なところで5点になってしまったりして、なかなか追い上げができない。ようやくいい走りができるようになったのは、3ラップ目になってのことだった。3ラップ目、藤波は難攻不落の3セクション以外では5点なし、トータル10点で試合をまとめた。
 この時点では4位ということで、後続のライダーのゴールを待つことになった藤波だが、まずアダム・ラガが11セクションで5点となったという情報で、藤波の3位表彰台が濃厚となった。続いてジェロニ・ファハルドも11セクションで5点。これでファハルドとは同点ではないかという情報で、ともあれ藤波は表彰台獲得でまずまずという結果に終わるところだった。
 ところが情報を精査してみると、ファハルドと藤波では藤波が2点リードしているということがわかり、藤波の2位が確定。藤波のゴール後に4位から2位に浮上するという、なにかが舞い降りてきたかのような藤波の2位、そしてレプソル・ホンダのワンツーフィニッシュ獲得劇となった。

1504もてぎ2日目のボウ

 勝ったのはもちろんトニー・ボウ。誰もがいけない第3セクションを1ラップ目にただ一人クリーン。スコア的にも精神的にも、大きなアドバンテージを得たボウだった。
 土曜日に2位となったファハルドが日曜日に3位になったことで、開幕2戦を終えてボウのランキングポイントは早くも8点リード。9連覇に向けて、なんとも幸先のいいスタートを切った。

1504もてぎ2日目のファハルド

 最後の最後で、藤波に2位の座を奪われたファハルドだが、2位と3位で、ランキング2位のスタートは悪くない。終盤まで2位を守っていただけに結果はちょっと残念だが、悪くない日本大会になったと週末の感想を語ったファハルドだった。
 2位争いから一気に4位に滑り落ちたアダム・ラガは、ゴール後パドックから出てこず。日本大会を終えて、ランキング4位で今シーズンをスタートさせることになった。
 全日本組の最上位は小川友幸の7位、黒山健一が10位、小川毅士11位、野崎史高12位と続き、野本佳章が14位、IASルーキーの佐藤優樹が15位で世界選手権ポイントをゲットした。
 土曜日に負傷した斎藤晶夫と柴田暁は大事をとって欠場。日曜日にはマイケル・ブラウンとホルヘ・カサレスがケガのためリタイヤとなっている。

関連記事

イベント(大会)

7/22わびさびトライアル大会

トライアルチーム「嵐山不老天狗」より、わびさびトライアル大会開催のお知らせです。 7月22日、山梨県笛吹市での開催です。 (さ…

イベント(スクール)

×ガッチスクールIN加古川(中止になりました)

全日本チャンピオン小川友幸塾長のガッチスクール、加古川トライアルパークでの開催でしたが、中止になりました。おまちがいのないようによろしくです…

4台目のαが来た

α7(無印)を買ったのは2014年の6月だった。そして2018年の6月、4台目のαになるα7IIIが届いた。今、ざっとセットアップをして、買…

アベ精工のTLM50用トップブリッジ

根強いファンが乗り続けているHONDA TLM50用のトップブリッジと、専用ハンドルアップスペーサーがアベ精工から発売されています。共同開発…

イベント(大会)

8/26夏の梅ヶ島大会

TEAM P.F.T. から梅ヶ島大会の日程変更のお知らせです。 空気は何色? 太陽の7色によって透明な空気が変化する心の色。 エ…

ページ上部へ戻る