2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 動画チャンネル
  3. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. T-TRIAL R2モンペリエ
  7. イベント(大会)
  8. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  9. 2017お勉強会
  10. リザルト関東
  11. イベント(その他)
  12. イベント(スクール)
  13. リザルト関東
  14. リザルト中部
  15. ぱわあくらふとのワイドステップ
  16. 三谷モータースポーツの新製品情報
  17. 2018年1月号電子版発売しました
  18. 年末年始休業のお知らせ
  19. 2018年1月号発売のお知らせ
  20. イベント(大会)
  21. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  22. 2018 SCORPA Racing
  23. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  24. 自然山通信2018年1月号
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)

    2017.12.16

    1/14ケニーズ杯
  27. JITSIE DIMINO
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. リザルト近畿
  32. 自然山通信2017年12月号
  33. イベント(大会)
  34. 自然山通信2017年12月号電子版
  35. リザルト中部
  36. リザルト関東
  37. 三谷モータースポーツWチャンピオンセール
  38. エトスデザイン
  39. 創刊250号の自然山通信
  40. MFJトライアル
  41. イベント(大会)
  42. イベント(その他)
  43. イベント(大会)

    2017.11.25

    12/24 KUMA-CUP 2017
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト関東
  47. リザルト東北
  48. 2017TDN
  49. イベント(大会)

    2017.11.15

    12/24第8回SPGG杯
  50. イベント(大会)
  51. Honda秋の祭典トライアルデモ
  52. リザルト中国
  53. リザルト関東

    2017.11.12

    羽生山カップ
  54. MFJグランドチャンピオン大会
  55. 自然山通信11月号電子版
  56. イベント(大会)
  57. 自然山通信11月号
  58. イベント(大会)
  59. イベント(その他)
  60. イベント(大会)
  61. リザルト中部
  62. リザルト関東
  63. リザルト関東
  64. MOTSセール

    2017.11.04

    MOTSのセール!
  65. イベント(スクール)
  66. 自然山通信11月号
  67. GASGAS CONTACT用セルモーターガード
  68. 2017年間ランキング
  69. イベント(大会)
  70. 全日本R7東北リザルト
  71. リザルト北海道
  72. チタンサイレンサーRACE
  73. リザルト関東
  74. リザルト中国
  75. Honda秋の祭典
  76. イベント(大会)
  77. HeboヘルメットMFJ公認キャンペーン
  78. MFJトライアル
  79. イベント(大会)
  80. イベント(その他)
  81. イベント(大会)
  82. イベント(大会)
  83. トムスの新製品
  84. イベント(大会)
  85. RTL250S用リヤフェンダー

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

グビアンがジュニアチャンピオン

日本でのグビアン

 世界選手権は残り1戦を残して、ポルトガル大会までが終了した。ここまでの試合数(日本大会とアメリカ大会は2日制だった)は11。有効得点制をとっているジュニアカップとユースカップでは、それぞれ2008年のチャンピオンが決定している。今年のチャンピオンは、ジュニアがロリス・グビアン(フランス・シェルコ)、ユースがジャック・チャロナー(イギリス・ベータ)となった。


 ロリス・グビアンは、息の長い選手で、TY-S125Fのデビュー当時に、このマシンでフランス選手権に参加、優勝したことがある。その頃からうまさでは注目されていたが、常に地味な存在でタイトルには縁がなかった。
 世界へのデビューは2005年で、そのときにはシェルコ125を駆って、ユースカップに出場。このシーズンはダニエル・オリベラス(スペイン・ガスガス/現在はシェルコ)に破れてランキング2位。翌2006年、再度ユースカップでタイトルを狙うが、アレックス・ウイグに破れて再びランキング2位。このときはウイグが日本大会を欠席しながらチャンピオンとなった。有効得点制ゆえにこういうことが起こりえる。2007年はジュニアカップにステップアップするが(このクラス選択は、年齢条件で問答無用)負傷もあって後半を欠席、2位2回を得ただけでランキング6位にとどまった。
 今シーズンも、序盤は5位4位と低迷し、流れは変わらないかに見えたが、アメリカ大会で突然威力を発揮して両日を制覇。続く日本でも土曜日に勝利し、さらにフランス、イタリア、スウェーデン、ポルトガルと制覇して最後は完璧にウイグを振り切って勝利をおさめた。

日本の表彰式でのグビアン

 有効得点制とは、たとえば今年の世界選手権は全10戦で12試合が組まれている。藤波貴久らの戦う世界選手権は、この12試合がすべてランキングポイントに計上されるが、ジュニアとユースでは、各選手のよい成績から10戦分がカウントされる。この仕組みが、有効得点制だ。ポルトガル大会は11戦めの試合となるから、11戦すべてに参加したライダーのポイントは、すべてを足し算するのではなく、上位10戦を加算することになる。
 具体的には、11戦すべてのポイント合計から一番下位のポイントを引き算することになる。グビアンの最下位は開幕戦の5位で、このポイントが11点。するとグビアンのトータルポイントは183点となる。一方ライバルのウイグは、チェコ大会で6位となっているから10点を引き算して165点。その差は18点。
 18点差なら、ウイグが優勝してグビアンが無得点ならタイトルはウイグのものとなりそうなものだが、有効得点制ではそうはいかない。グビアンが無得点なら183点はそのままだが、ウイグが優勝した場合は、20点をそのまま加算できるわけではなく、二番めに下位だったポイントを減算しなければいけない。ウイグがチェコの次に悪かった成績はアメリカ大会の5位で11ポイント。つまりウイグは優勝しても、9点しか加算できないわけだ。というわけで、18点差は挽回不可能ということで、グビアンの2008年ジュニアチャンピオンが決定だ。
 ウイグは、昨年は年齢的な問題で125ccでジュニアカップに参加していたが(年齢的にはユースクラスに参戦できるのだが、チャンピオンとなったのでジュニアにステップアップしていた)マイケル・ブラウンに破れてランキング2位。今、ユースやジュニアでは、よいライバルに恵まれて、若手がよい戦いをしている。グビアンが4年めにして大きな栄冠を勝ち得たのも、そんな環境から生まれたものだ。

日本でのチャロナー

 一方ユースカップは、ポルトガル大会の前戦スウェーデンで、ジャック・チャロナーのタイトルが決まっている。チャロナーはベータに乗るイギリス人。イギリス人はドギー・ランプキンの影響があるのか、ベータが好きだ。イギリスのベータインポーター、ジョン・ランプキン(ドギーのいとこ)の功績も大きいと思われる。イギリスは、日本ほどではないが、島国だから世界選手権参戦は敷居が高い。そのため最近では、イタリアチームに籍を置いて世界を戦う図式が増えてきた。ちょうど、小川毅士がやったような参戦形態だ。
 ジェイムス・ダビル(2005年)、マイケル・ブラウン(2007年)と、歴代のジュニアカップ勝利者は、イタリアのベータチーム、トップトライアルチームに籍を置いたイギリス人。ジャック・チャロナーも、そのわだちを追いかけている。ちなみにトップトライアルチームは、ベータがジョルディ・タレスを擁していた時代のチーフメカニックが立ち上げたもので、現在はその息子が運営に尽力している。息子ミケーレ・ボシはライダーとしてはたいした成長はできなかったが、チームをまわすや、なかなかの才能を発揮している。

チャロナー日本の表彰式

 2008年のチャロナーの場合は、10戦中4勝で、この3戦は6位と3位2回と勢いが衰えていたが、直接のライバルも浮き沈みが激しいタイプだった。スウェーデンの時点で、チャロナーの得点は171点。ランキング2位のフランチェスコ・モレット(スペイン・ガスガス)がスウェーデン大会で4位となり、ここまでのトータルポイントが139点。残り2戦にして32点差は、そのまま計算すると逆転可能だが、先ほどの計算のように、有効得点制で計算すると、もはや逆転不可能なポイント差となるのだった。
 チャロナーはユースカップでタイトルを決めて、ポルトガル大会からはジュニアカップに参戦。ポルトガル大会では8位に入った。早くも、来年のシーズンのことを想定して、戦いを進めている。2009年、トップトライアルチームとしての3人めのジュニアチャンピオンとなれるか(来年の話をすると鬼が笑うし、チャロナーが来年もトップにいるかどうかもわからないわけだが)、イタリアとイギリスの共闘による世界制覇は、なかなか興味深いものがある。

関連記事

ボウ3連勝、ビンカスが表彰台のトゥールーズ

Xトライアル第3戦は南フランスのトゥールーズ。今回も、トニー・ボウが勝利した。ボウは、腕がすぐ疲れるという症状に悩まされているというが、そん…

夏木陽介さん

夏木陽介さんが、1月14日に亡くなったという。享年81歳。まだまだお若いのに、闘病中だったということだ。 (さらに…)…

イベント(スクール)

2/4 SHIRAIトライアルスクール

オフロードパークSHIRAIでのトライアルスクールの開催情報です。 イベント名 SHIRAIトライアルスクール 内容 オフロ…

イベント(大会)

4/29メッツカップ第1戦

「2018 メッツカップ第1戦」 初心者の方が安心して楽しめる親睦草大会です。 お財布にも優しい大会です。お気軽にお越しください。 …

T-TRIAL R2モンペリエ

ブスト失速でボウ2連勝

2018年Xトライアル第2戦は、開幕戦同様にフランスでの開催となった。今回は南フランスのモンペリエ。勝利は開幕戦に続き絶対王者のトニー・ボウ…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。