2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. 1日目優勝のファハルド
  10. イベント(大会)
  11. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  12. リザルト東北
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト四国
  17. リザルト中国
  18. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  19. 全日本R3九州までのランキング
  20. 全日本R3九州リザルト
  21. 2018EMと成田匠.fr
  22. MFJトライアル
  23. 1805電子版
  24. 2018年5月号
  25. リザルト近畿
  26. ムーブレバー
  27. トムス新製品
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト四国
  33. リザルト関東
  34. 2017お勉強会
  35. TY-Eデビューラン
  36. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  37. 自然山通信電子版4月号
  38. 自然山通信2018年4月号
  39. リザルト中国
  40. リザルト中国
  41. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  42. リザルト関東
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト関東
  48. リザルト四国
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. 2018年3月号電子版

トライアル・デ・ナシオン

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

イギリス勝利の女子トライアル・デ・ナシオン

1309女子tdn表彰式

表彰台の3チーム。左からスペイン、イギリス、ドイツ。FIM会長がプレゼンター

Photo:FIM/Good Shoot

 9月7日土曜日、トライアル・デ・ナシオン(TDN)初日は、女子世界選手権。
 勝利したのはイギリス。スペインは2位で、3位にドイツがはいった。4位フランス、5位イタリアと続き、日本は10位だった。参加は11カ国。


 スペインは、ミレイア・コンデ、サンドラ・ゴメスの連勝経験のあるライダーに、ソレラ・エリザベートを加えてチームを作ってきた。世界チャンピオンとなったライア・サンツがメンバーでないのは、選考の時期に負傷があって、TDN参加が流動的だったからではないかと思っていたのだが、なんと彼女は日曜日にはエンデューロの世界選手権に参戦していた。こちらでもしっかり勝利して2連破。トライアルで13回、エンデューロで2回の世界チャンピオンであるライア・サンツは、多忙のためTDNは欠席ということになる。

1309女子tdnイギリスチーム

イギリスチームの3人。左からコルス、ブリスト、クック

 イギリスはエマ・ブリストとレベッカ・クックにジョアンヌ・コルスのベストメンバー。コルスは世界選手権は最終戦にしか参加しなかったが、これもやはりベストメンバーだ。
 はたしてサンツのいないスペインチームは苦戦。結局、イギリスにほぼダブルスコアに近い点差で連勝を逃した。しかしかつてはサンツだけが頼りで勝ったり負けたりのチームだったスペインが、サンツがいることで安定して勝てるチームとなり、さらに今、サンツがいない新時代のチームで2位にはいった。女子世界選手権全体的にも、サンツ一人が別格という状況から次のステップに進もうとしているかのようだ。
 イギリスは、ランキング2位、3位を争ったブリストとクックのふたりがいるのだから、勝利も当然といえば当然。イギリスではノンストップルールで国内選手権をやっているので、新しいルールへの順応もばっちりだった。
 イギリス16点、スペイン33点に続いて、40点で3位はドイツ。50点のフランスとともに、スペイン同様にそれぞれひとりずつ新人がはいっている。若手の育成が継続的に続けられている証しだ。

1309女子tdnの日本チーム

スタートしようという日本チーム。左から小玉、沖本、佐々木の3選手

 さて日本チームは、前日に行われた個人世界選手権に出場した佐々木淳子(ガスガス)、沖本由香(ガスガス)、小玉絵里加(モンテッサ)の3人が参戦する。今年からFIMトライアル委員長となったティエリー・ミショーの母国であるフランスでのTDNとあって、FIM側から日本チームの参加が熱心に働きかけられていたものに応えたものだった。
 切磋琢磨が続く世界の女子トライアルの舞台にあって、日本のNAライセンスを持つ3人がどれほどの戦いをしてくれるかが注目だったか、はたして実力は出しきれただろうか。15セクション2ラップのうち、3人が5点となったセクションが10セクションあった。クリーン(3人のうちふたりがクリーン)は4つ、全クリーン数は11だった。9位のニュージーランドとは8点差だから、あとちょっとというスコアではあったが、ただしニュージーランドはライダーが二人しかいないから、実力的にはまだ少しばかりの差がありそうだ。

1309女子tdnの佐々木さん1309女子tdnの沖本さん1309女子tdnの小玉さん

左から、佐々木、沖本、小玉の日本勢3選手

関連記事

9/2中国大会は予定通り開催

9月2日、全日本選手権中国大会の日程が迫ってきた。 中国、四国地方では大雨の被害でたいへんなことになっているが、全日本選手権トライアルは予…

勝つべき北海道で小川友幸、ぎりぎり勝利

2018年7月15日。例年どおり、全日本選手権第4戦は、北の大地北海道へやってきた。さわやかなイメージの北海道だが、こと全日本に関しては強い…

2018全日本ランキング(〜第4戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

黒山とTY-E、フランスGPで勝利

2018年7月15日、南フランスのアルプス地方オーロンで開催されたトライアルGPで、黒山健一がみごと勝利を果たした。 2017年から始…

2018全日本北海道全結果

全日本選手権第4戦北海道大会 2018年7月14・15日 北海道上川郡和寒町わっさむサーキット 観客数:700人 (さらに&h…

ページ上部へ戻る