2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 動画チャンネル
  2. 予選
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(スクール)
  9. 2017お勉強会
  10. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  11. リザルト東北
  12. Honda トライアルファンミーティング
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. 2017玖珠全日本
  17. イベント(大会)
  18. 2017 Hondaトライアルミーティング
  19. MFJトライアル
  20. MFJトライアル
  21. リザルト東北
  22. リザルト関東
  23. 自然山通信5月号
  24. イベント告知
  25. イベント告知
  26. 2017年5月号電子版
  27. MFJトライアル
  28. Vertigo TITANIUM
  29. リザルト関東
  30. リザルト近畿
  31. S3 TENT
  32. リザルト関東
  33. リザルト沖縄
  34. リザルト中国
  35. S3 CURVE
  36. 近畿大会レポート
  37. リザルト中国
  38. リザルト関東
  39. リザルト関東
  40. S3 NEWアルミハンドレバーアジャスター
  41. 2017年4月号
  42. 2017年4月号
  43. HRC ハンドルアッパーホルダー
  44. リザルト中国
  45. リザルト中国
  46. リザルト近畿
  47. リザルト関東
  48. TRS用クラッチ
  49. 自然山通信4月号
  50. ステンメッシュオイルフィルター
  51. リザルト中国
  52. リザルト沖縄
  53. リザルト関東
  54. リザルト中部
  55. リザルト関東
  56. Montesa 300RR
  57. リザルト近畿
  58. イベント(大会)
  59. 2017X2オーストリア
  60. トムスストロングガードTRS用
  61. 自然山通信2017年3月号電子版
  62. 自然山通信2017年3月号
  63. リザルト中部
  64. モータースポーツ活動計画発表会
  65. 2017 Scorpa Racing SC250
  66. イベント(大会)
  67. MFJトライアル
  68. リザルト中国
  69. リザルト関東
  70. リザルト沖縄
  71. 自然山通信3月号
  72. Vertigoカーボンスイングアームプロテクター
  73. 2017 BETA EVO factory model
  74. リザルト関東
  75. リザルト関東
  76. リザルト中国
  77. イベント(大会)
  78. イベント(スクール)
  79. イベント(その他)
  80. 2017年富岡キャッチ
  81. イベント(大会)
  82. リザルト中国
  83. イベント(大会)
  84. 2017バルセロナ
  85. リザルト中国
  86. 1702電子版

    2017.02.03

    1702電子版
  87. 1702
  88. TRS One Raga Racing
  89. イベント(大会)

トライアル・デ・ナシオン

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

女子デナシオン

08WTDN優勝スペイン

 女子デ・ナシオンは、スペインが勝利。ライア・サンツ以下、2名のスペイン選手はけっして実力派とは言えなかったが、ライアがよくフォローして勝利に導いた。セクションの難度が高く、ライアのクリーンが光ったのもスペインの勝利に貢献した。
 2位はドイツ。僅差でイギリス。4位にフランスが入った。
 日本はポルトガル、カナダ、イタリアに勝って、8位の模様。


 セクションは、きのうより少しマーカー規制が緩やかになっていたが、簡単になったというより、あぶないところを削ったという感じで、難易度はあいかわらず高かった。
 日本はたったふたりの参加だから、当然3人ライダーのいるチームよりハンディは大きい。3人いれば、ひとりの失敗をカバーできるが、ふたりだと失敗はそのまま減点として記録される。技術的に同じようなレベルのチームとしては、アメリカやオーストラリア、イタリア、ポルトガルがいるが、その3チームとも、ライダーは3人そろえている。たった二人の参戦はカナダと日本だけだ。
 日本チームの1ラップめの減点は68点で8位。3人のライダーをそろえたポルトガルやイタリアは敵ではなかった。しかしアメリカには11点差、オーストラリアには6点差を付けられた。

ゴールした日本チーム08

 なんとか追い上げようと、ライダー二人、マインダー二人、加えてトライアル委員長西秀樹を含めたたった5人のチームはがんばる。
 2ラップめの減点は62点。このラップは7位だったが、トータルではアメリカに9点差で8位のまま。しかしカナダを下しての8位だから、過去のカナダの成績を思えば、これは悪くない結果ではある。
 8位という結果は、2002年のポルトガルに日本が初参加したときと同じ成績だが、そのときはブービー賞だった。今は日本より下位に、3つの国を従えるようになった。これが日本の女子チームの、新たなスタートとして記憶に残したい。

08TDNライア
08TDNスペイン

ライア・サンツと、ミレイア・コンデをサポートするライア

 ライア・サンツは、デ・ナシオンに初出場した2000年に、自分ひとりでさっさと走って試合を終えてしまう自分勝手な小娘だった。しかしその後モンテッサ入りして大人になって、いまやスペインチームを引っ張る牽引力となった。まず自分でクリーンし、ときにはチームメイトにラインどりの見本を見せ(そのために失点をしたのではないかというシーンもあった)、さらにセクションに戻って指示を飛ばす。チームメイトが3点で抜ければ、自分のことのように大喜びだ。

08TDN摩耶
08TDN長谷山

高橋摩耶(左)と長谷山ちえみ

 一方日本チームの二人は、実力的にはほぼ同格なのだが、しかしヨーロッパとデ・ナシオンの先輩である高橋は、ともすれば世界選手権の雰囲気にのまれそうになる長谷山を上手にリードする。成績はともかく、こういったチームらしい戦いができたのは、今回の大きな収穫だったといえる。

08TDNWリザルト

 とりいそぎ、日本チームのセクション成績を画像にして貼付けておきます。
 自然山通信謹製トライアル・デ・ナシオン全記録もごらんください。

関連記事

予選

金曜日のもてぎ、予選

5月25日、世界選手権トライアル第2戦日本大会。 今回からプロモーターがついて、いろいろと新機軸が盛り込まれている。 そのひとつが、予選…

イベント(大会)

8/6 2017年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳

2017年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳開催のお知らせ 真夏のトライアル『奥長良トライアル』を今年も開催いたします。 初心者の方も楽しめ…

イベント(大会)

10/8第2回岩手ツインショックトライアル大会

 ビンテージマシンや旧車を走らせて、トライアルの魅力を実感してみませんか! 初心者から、昔は鳴らしたテクニシャン?までみんなが楽しめて笑顔に…

イベント(大会)

6/25 2017 メッツカップ第2戦

メッツクラブでは初心者の方も安心して楽しめ元気の出るトライアルを目指しています。ぜひ一日お楽しみください。 (さらに……

イベント(大会)

6/11遊ingトライアル

2017遊ingトライアル、皆様のご参加をお待ちしております。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。