2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. 動画チャンネル
  2. 原発見学
  3. イベント(大会)
  4. 2017北海道
  5. 動画チャンネル
  6. 2017北海道大会
  7. イベント(スクール)
  8. 2017日本グランプリ公式DVD
  9. 動画チャンネル
  10. 2017全日本北海道までのランキング
  11. 2017全日本北海道リザルト
  12. 2017TDN
  13. 自然山通信2017年7月号
  14. 2017お勉強会
  15. イベント(大会)
  16. 2017フランスGP
  17. MFJトライアル
  18. EXスポーツ FIMトライアル放送
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. 全日本第4戦中国大会レポート
  22. 三谷モータースポーツ新製品
  23. ガスガス用ラジエタープラグ
  24. 動画チャンネルR4中国
  25. 全日本第4戦中国大会までのランキング
  26. 全日本第4戦中国大会リザルト
  27. リザルト関東
  28. MFJトライアル
  29. 自然山通信6月号電子版
  30. 自然山通信6月号
  31. イベント(その他)
  32. 2017 X-TRIAL DVD
  33. 2日目ボウ
  34. 予選
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(スクール)
  41. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  42. リザルト東北
  43. Honda トライアルファンミーティング
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. 2017玖珠全日本
  48. イベント(大会)
  49. 2017 Hondaトライアルミーティング
  50. MFJトライアル
  51. MFJトライアル
  52. リザルト東北
  53. リザルト関東
  54. 自然山通信5月号
  55. イベント告知
  56. 2017年5月号電子版
  57. MFJトライアル
  58. Vertigo TITANIUM
  59. リザルト関東
  60. リザルト近畿
  61. S3 TENT
  62. リザルト関東
  63. リザルト沖縄
  64. リザルト中国
  65. S3 CURVE
  66. 近畿大会レポート
  67. リザルト中国
  68. リザルト関東
  69. リザルト関東
  70. S3 NEWアルミハンドレバーアジャスター
  71. 2017年4月号
  72. 2017年4月号
  73. HRC ハンドルアッパーホルダー
  74. リザルト中国
  75. リザルト中国
  76. リザルト近畿
  77. リザルト関東
  78. TRS用クラッチ
  79. 自然山通信4月号
  80. ステンメッシュオイルフィルター
  81. リザルト中国
  82. リザルト沖縄
  83. リザルト関東
  84. リザルト中部
  85. リザルト関東
  86. Montesa 300RR
  87. リザルト近畿

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2009年インドアはEURO SPORT

 2009年のインドア世界選手権が、どうやらルールの変更を受けるようだ。これまで、参加者全員(といってもノミネートされた数名のライダー)による1ラップめと、そこで勝ち残った3名によるファイナルラップで勝負が決せられていたが、2009年は参加者全員がすべての勝負に挑むようになるという。


 もともと、インドア世界選手権は、興行的意味合いが強く、ルールについては興行として成功するような方向性で考えられてきた。これまで、マルク・コロメ、ドギー・ランプキン、藤波貴久、トニー・ボウと、歴代チャンピオンが参加しながら、マシンを提供しているホンダレーシングが正式にインドア世界選手権に取り組んでいないのは、この選手権を興行として見ているからのようだ。最初から選ばれた数名しか参加できないというのも、HRCとしての取り組みとしては疑問があるのだろう。この時期はアウトドア用のマシンを作る大事な時期だが、そんなわけで、藤波らはインドア世界選手権を、前年のワークスマシンに乗ったりその年のテスト車に乗ったり、いろんなマシンで参加することになる。2005年などは、まったくの市販車で参戦したこともあった。
 それはともかく、2009年のインドア世界選手権の一番のニュースは、ユーロスポーツが全戦を中継を決定したことだ。ユーロスポーツは、ヨーロッパでは知らぬ者はいないスポーツ番組。ヨーロッパのマイナースポーツファンは(トライアルに限らず、モトクロスでもMOTO GPでも、地上波番組より詳細)ユーロスポーツにかじりついている。ユーロスポーツが全戦中継するとなると、これまでみたいに突然予定が変更になったりすることも(少しは)なくなるかもしれない。
 今回のルール変更も、このユーロスポーツ中継が端を発している。番組を作るのに、決勝が3人だけではさびしいというわけだ。ただしここで問題。これまでのルールでは、予選(正確には予選ではないのだか、正しい日本語訳が見つからないから、便宜上予選といわせていただきます。予選の結果がそのまま結果になるのだから、これも決勝だったわけです)はひとりずつが6〜8セクションを一気に走ることになっていた。そして決勝では、3人がひとつのセクションを順番に走って、やはり全部で数セクションをこなしていく。予選ではひとりずつのトライをじっくり見られて、決勝では3人によるトップ争いが楽しめるというおいしいルールだった。
 参加者全員が勝負に参加するとなると、さてどんなルールがよいだろうかというのが現在の問題。予選式にひとりずつ走ると、勝負として盛り上がりに欠ける。決勝式に順番に走ると、だいたい10分近くの待ち時間が生じる。からだがすっかり冷えてしまって、ライダーとしてはよろしくない。
 というわけで、現在参加ライダーを交えて(!)ルールが見当されているという状態だ。選手権のルールがライダーの意見を参考にしながら決められるというのも、なんとも民主的な話である。
 現在、インドア選手権に参加が決まっているのはトニー・ボウ(今年のチャンピオン)、アダム・ラガ(今年の2位)、アルベルト・カベスタニー(今年のインドア3位)、藤波貴久(今年のアウトドア3位インドア4位)、ジェロニ・ファハルド(今年のアウトドア4位インドア5位)の5人。これにもうひとり加えて、6人がインドア世界選手権参加のノミネートライダーとなる。6人目は誰か、順当にいけばマルク・フレイシャあたりだが、これでは藤波をのぞく全員がスペイン人になってしまう。ジェイムス・ダビル(イギリス人。今年のアウトドア8位)などが候補に挙がっているが、さてどうなるか。ライダーとFIMによる話し合いを盗み聞きしていたら、黒山健一の名前も挙がっていたから、一応ご報告しておきます。

関連記事

原発見学

福島原発を、見る

原発見学に行ってきた。 うちから25km弱のところにある二つの原子力発電所施設。でもそこは、なかなか見に行ったりすることができないとこ…

イベント(大会)

9/17第245回ケニーズ杯

第245回ケニーズ杯プレミアムバージョン 日程  9月17日(日)  前日、女子のみプレミアムスクール・人数限定 場所  広島…

2017北海道

北海道、オールクリーンのLTR、IBと雨のIA

24名が参加のIA、30名が参加のIB、そしてLTRは4名。このうち、3名のライダーが10セクション2ラップをオールクリーンした。LTRでは…

動画チャンネル

動画チャンネルもう一つの北海道カメラを追加

全日本選手権R5北海道大会、noppara-tsushin映像を自然山通信動画チャンネルにリンクしました。sumimitumaruさん映像と…

2017北海道大会

小川友幸3連勝で5連覇に近づく

全日本選手権第5戦、北海道大会。今年もまた、海の日の三連休の日曜日、旭川から30分の上川郡和寒サーキットでの開催となった。結果は、意外なこと…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。