2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  3. 全日本R3九州までのランキング
  4. 全日本R3九州リザルト
  5. 2018EMと成田匠.fr
  6. MFJトライアル
  7. 1805電子版
  8. 2018年5月号
  9. ムーブレバー
  10. トムス新製品
  11. リザルト関東
  12. 2017お勉強会
  13. TY-Eデビューラン
  14. 自然山通信電子版4月号
  15. 自然山通信2018年4月号
  16. リザルト中国
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. リザルト関東
  21. リザルト近畿
  22. リザルト四国
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. 2018年3月号電子版
  27. 2018年3月号
  28. 1802木彫山本さん
  29. HOSTAL DEL GUIU
  30. イベント(スクール)
  31. 2018 TRRS RAGA RACING
  32. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  33. イベント(スクール)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. リザルト四国
  40. フロントフォークプロテクター
  41. Vertigo VERTICAL
  42. 三谷アルミニップル
  43. リザルト中国
  44. TLM50用スプロケット
  45. JITISIEカーボンプロテクター
  46. イベント(大会)
  47. リザルト中国
  48. イベント(スクール)
  49. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  50. 自然山通信2018年2月号発売
  51. イベント(スクール)
  52. イベント(大会)
  53. リザルト関東
  54. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  55. リザルト九州
  56. リザルト中国
  57. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  58. イベント(大会)
  59. T-TRIAL R2モンペリエ
  60. リザルト中国
  61. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  62. リザルト関東
  63. イベント(その他)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

スペインはラガ?

08ラガ

 世界選手権トライアルでは2年連続ランキング2位となったアダム・ラガだが、スペイン選手権では破竹の勢いだ。こちらでは、さしものトニー・ボウも勝ちあぐんでいる。
 スペイン選手権は、残り1戦となっている。


 スペイン選手権は全7戦。
 開幕戦は2月24日で、これはボウが快勝、ラガが2位で藤波が3位となった(藤波は、スペイン選手権に全戦参加する権利をもっているが、調整のために参加するにとどまっている)。
 ところが世界選手権が開幕して以降、ボウが失速した。第2戦は4月13日、ここではアルベルト・カベスタニーが4ストロークシェルコを優勝に導き、ラガが2位。2戦目とはいえ、ボウをトップにランキング争いが1点差で3人続くという接戦となった。
 しかし以降はラガが連戦連勝。ポイントも徐々に開いてきて、残り1戦の今の時点で、トップのラガとボウは11点差となっている。ラガは最終戦で7位に入れば自力チャンピオン決定で、世界選手権と逆パターンで、事実上タイトルを決定したも同然の状態となっている。

08ラガの下り

 目標を世界選手権に絞ってスペイン選手権でのボウが本調子といえないのか、ラガが背水の陣でスペイン選手権を戦っているのか、世界のトップを走るスペイン勢総ぞろいのスペイン選手権は、最終戦に向けてラガの走りに注目が集まっている。
 もっとも、世界選手権の成績と国内選手権が一致しないのはよくあること。イギリスでもドギー・ランプキンが世界チャンピオン時代にスティーブ・コリーやグラハム・ジャービスががんばっていたし、我が日本でも、藤波と黒山健一の戦いがし烈だったのは記憶に新しい。世界選手権と国内選手権のレベルの差ゆえのむずかしさなどもあるが、やはり試合のひとつひとつを確実に勝利していくこと、そして年間タイトルを獲得することは、どんな偉大なライダーにとってもむずかしいことだという証明だ。
 加えて、今年のスペイン選手権は、シーズン当初にお伝えしたが、特殊なルールで運営している。下見は前日のうちにすませ、当日は下見禁止(持ち時間も極端に少なく、下見をしている時間もない)。ラップ中のタイムコントロールも厳しく、1セクションを2回ずつトライして1ラップして終了。
 渋滞緩和などが主な目的だが、下見のできない現状では、スタートが遅い(成績がいいから)ラガが断然有利となっているのかもしれない。
 となると、ラガが優位の今シーズンのスペイン選手権、ターニングポイントは、4ストロークのシェルコに乗るカベスタニーが、第2戦でひょっこり優勝したことだったかもしれない。そのカベスタニーは、その後世界選手権でもぱっとしない成績が続き、09年はシェルコに残るかどうかが取りざたされている。

関連記事

化けるか野崎ぶっちぎり勝利

化けるか、野崎。ぶっちぎり勝利の2018九州大会

野崎史高が、3年ぶりに勝利をおさめた。今回の野崎は、ライバルも舌を巻く絶好調でのぶっちぎり。2ラップを終えて、SSを待たずに勝利を決めた。 …

全日本R3九州までのランキング

2018全日本ランキング(〜第3戦)

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってるかも…

全日本R3九州リザルト

2018全日本第3戦九州大会全結果

2018全日本選手権シリーズ第3戦九州大会 2018年5月13日 天候:曇りのち雨 大分県玖珠郡玖珠町玖珠トライアルヒルズ 観客…

2018SSDT、水曜、木曜、どうでしょう?

スコティッシュ6日間トライアルは、いよいよ佳境。海の向こうでは、250名近いトライアルばかどもが、この世のものとも思えない魅力的な荒野と戦っ…

2018 SSDT(1日目・2日目)

2018年SSDTが始まっている。スコットランドの荒野を舞台に、6日間に渡って開催される伝統のトライアルイベント。トライアルライダーたる者、…

ページ上部へ戻る