2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. 1日目優勝のファハルド
  10. イベント(大会)
  11. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  12. リザルト東北
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト四国
  17. リザルト中国
  18. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  19. 全日本R3九州までのランキング
  20. 全日本R3九州リザルト
  21. 2018EMと成田匠.fr
  22. MFJトライアル
  23. 1805電子版
  24. 2018年5月号
  25. リザルト近畿
  26. ムーブレバー
  27. トムス新製品
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト四国
  33. リザルト関東
  34. 2017お勉強会
  35. TY-Eデビューラン
  36. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  37. 自然山通信電子版4月号
  38. 自然山通信2018年4月号
  39. リザルト中国
  40. リザルト中国
  41. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  42. リザルト関東
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト関東
  48. リザルト四国
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. 2018年3月号電子版
  53. 2018年3月号
  54. 1802木彫山本さん
  55. HOSTAL DEL GUIU

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

スコルパ倒産?

0901スコルパリリース

 1月19日、スコルパは自社のWEBサイト上で、スコルパ社がフランス政府の保護下に入ったことを報告した。
 的確な訳がむずかしいことと、フランスでは日本とちがう経済システムがあるだろうことを考えれば、これをどう理解するのかはむずかしいが、いわゆる会社更生法の適用を受けたということのようだ。
 サイトではまた、2009年モデルのオーダーは順調に入っていることと、これに対しての生産体制も従来と変わりないことが報告されている。


 ヨーロッパでは、企業の倒産はけっこう多い。かつてイタリアで圧倒的シェアを誇っていたファンティックなども、何度も何度も倒産のニュースが流れ、聞く方もいいかげんに慣れっこになってしまった頃、本当につぶれてしまって以後復活はしていない。
 近年でも、誤情報や単なるデマをあわせて、いろんなメーカーがつぶれただのつぶれそうだのという噂がとびかっている。うわさには火種のあるものもあるが、根も葉もないものも多い。今回は、当事者であるスコルパからの情報発信なので信憑性は明らかであるとともに、こういった情報を正確に発信することで、根も葉もないうわさが飛び交うことを防止する効果も狙っていると思われる。
 実はスコルパには、去年あたりから経済的によい話はなかった。バックオーダーをかかえる125Fの生産がうまく回っていないこと(現在、公式サイトでは125Fはカタログからはずれている)、ガスガスから移籍してきたスタッフが、最近になってガスガスに舞い戻っていること、資金援助をしてくれるスポンサーや新オーナーを捜していたことなど、断片的な情報があったことは事実だ。
 しかし、このご時世、生産業が経済的に苦しいのはスコルパに限ったことではなく、それがどこまで深刻なものなのかは、経営陣のみ知るところだった。
 経営が政府の保護下に入ったことで、致命的な事態は避けられたわけで、あるいはスコルパにすれば、苦しい時間からの脱却の宣言なのかもしれない。
 スコルパの日本代理店エスジャパンの秋山宜仁氏も、スコルパとは密接な関係を続けているヤマハ発動機の木村治男氏も、異口同音に「スコルパの経営が難しい状況なのは世界的経済危機を受けて、以前から認識できていたことで、活動計画には影響がありません。これを機にスコルパが経済的に立ち直ってくれて、125Fが安定供給されることを切望します」とコメントしている。
 黒山健一、野崎史高を擁するヤマハトライアルチームの活動はもちろん、今年度からIAS入りをする西元良太を始め、スコルパで全日本選手権に参戦するライダーにも、特に影響はないということ。このうえは、フランスのみなさんにがんばっていただいて、スコルパの早い復活と、スコルパブランドの安定供給を願うことにしよう。

関連記事

2018全日本北海道全結果

全日本選手権第4戦北海道大会 2018年7月14・15日 北海道上川郡和寒町わっさむサーキット 観客数:700人 (さらに&h…

2018年7月号電子版

お待たせしました。世界選手権日本GP特集、第一弾。電子版をお届けします。ダウンロードして、お手元の電子端末でお楽しみください。 (さ…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号は7月6-7の二日間で出荷中です。今回は6月にツインリンクもてぎで開催されたトライアル世界選手権第2戦STRIDER日本グラ…

全日本選手権に電子チケット導入

MFJが、全日本選手権トライアルの観戦券の電子販売を始めた。 まずは9月1日開催の中国大会(広島大会)から電子チケットの販売が始まる。 …

MFJトライアル

7月15日は北海道わっさむサーキットで全日本

7月15日、全日本選手権第4戦北海道大会が、旭川近郊の和寒町わっさむサーキットで開催される。 今回は総参加者90名! にぎやかな北海道大会…

ページ上部へ戻る