2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  1. クラッチワークの極意
  2. 動画チャンネル
  3. 2017TDN
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)

    2017.11.15

    12/24第8回SPGG杯
  6. イベント(大会)
  7. Honda秋の祭典トライアルデモ
  8. 自然山通信11月号電子版
  9. イベント(大会)
  10. 自然山通信11月号
  11. イベント(大会)
  12. イベント(その他)
  13. イベント(大会)
  14. リザルト中部
  15. リザルト関東
  16. MOTSセール

    2017.11.04

    MOTSのセール!
  17. イベント(スクール)
  18. 自然山通信11月号
  19. イベント(大会)
  20. GASGAS CONTACT用セルモーターガード
  21. 2017年間ランキング
  22. イベント(大会)
  23. 全日本R7東北リザルト
  24. リザルト北海道
  25. チタンサイレンサーRACE
  26. リザルト関東
  27. リザルト中国
  28. Honda秋の祭典
  29. イベント(大会)
  30. HeboヘルメットMFJ公認キャンペーン
  31. MFJトライアル
  32. イベント(大会)
  33. イベント(その他)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. トムスの新製品
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. RTL250S用リヤフェンダー
  40. 2018ベータEvo2Tシリーズ
  41. リザルト関東

    2017.10.15

    2017茨城県大会
  42. リザルト北海道
  43. リザルト東北
  44. リザルト関東
  45. リザルト中国
  46. イベント(大会)
  47. イベント(大会)
  48. R6中部大会までのランキング
  49. R6中部大会のリザルト
  50. リザルト東北
  51. リザルト関東
  52. リザルト関東
  53. リザルト九州
  54. イベント(大会)
  55. 自然山通信2017年10月号電子版
  56. イベント(大会)
  57. 新型力造シート
  58. イベント(スクール)
  59. MFJトライアル
  60. かわうちトライアル
  61. 中部大会招待券プレゼント
  62. MITANI MODEL TR-3
  63. テフロンスロットルパイプ
  64. リア・ディスクプロテクション
  65. リザルト中国
  66. リザルト沖縄
  67. リザルト北海道
  68. リザルト中国
  69. リザルト関東
  70. 2017TDNエントリーリスト
  71. リザルト中国
  72. リザルト関東
  73. リザルト関東
  74. リザルト中国
  75. 2017年9月号電子版
  76. 2017年9月号
  77. リザルト中国
  78. スタイルマーチンニューモデル
  79. 三谷モータースポーツバイクトライアルパーツ
  80. 2017お勉強会
  81. イベント(大会)
  82. イベント(スクール)
  83. リザルト北海道
  84. リザルト沖縄
  85. イベント(その他)
  86. SHOWAフロントフォーク用ハードスプリング
  87. トムスのロゴ
  88. イベント(大会)

    2017.08.17

    9/3寅吉カップ

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2014ベルギーのボウ

ベルギーでボウ2連勝

2014ベルギーのボウ

 世界選手権第5戦はベルギー大会。ベルギーでの世界選手権は、7年ぶりとなるそうだ。
 泥々のベルギーらしいコンディションでの戦い、1ラップ目をリードしたのはラガだったが、2ラップ目にボウが素晴らしい走りを披露してラガを突き放し、今シーズン3勝目、ランキング争いも、ラガに4点差とした。
 藤波は1ラップ目は8位と低迷していたが、2ラップ目以降に盛り返して4位に入った。

 ベルギーは、ホンダRTL360で3年連続チャンピオンに輝いたエディ・ルジャーンの母国で、とにかく滑る地形が特徴だ。そしてこの会場も、やっぱり泥々で滑った。
 雨は日曜日の、トップライダーが1ラップ目が終える頃まではなんとか降らずにいたのだが、雨が降らないからといって滑らないということではなく、むしろ雨が降ったほうがコンディションはよくなったりするらしい。
 1ラップ目のボウは5点の失点が響いてラガにトップを許していたが、2ラップ目はお見事。ここで突き放して3ラップ目のラガの追い上げをかわして、前回イタリアに続いて2連勝を飾った。ここまで7試合戦って(1試合は全員失格となった)ボウの勝利は3つ目。圧倒的テクニックを誇るボウとしては、いささか勝ち星の少ない2014年シーズンとなっている。前回ランキングトップに浮上したので、ランキングトップはもちろん変わりないが、ラガとのポイント差はいまだたったの4点だ。
 今シーズン、チャンピオン争いはこのふたりに絞られた感じ。現在ランキング3位は、今回も3位となったカベスタニーで、しかしポイントではラガに28点差をつけられている。タイトル争いにからんでいくにはちょっと気が遠い点差になってしまった。

2014ベルギーの藤波

 このカベスタニーに僅差につけているのが藤波。開幕戦で勝利、日本大会で表彰台と、滑り出しは上々だった今シーズンの藤波だが、日本GPで再び足を痛めてしまったことと、マシンセッティングへの悩みがその後2連続6位という不本意な結果を招いてしまった。これで4試合連続表彰台のカベスタニーにランキング3位の座を奪われた状態だが、しかしその差はたったの5点。こちらは、これからどうなるか、まだまだわからない。
 ランキング5位のファハルドは、藤波からさらに8点差。今シーズンのファハルドは、開幕戦で表彰台に乗って以来、精彩に書いた戦いに終始してしまっている。
 今シーズンは、ホルヘ・カサレスを筆頭として、若手の台頭も著しい。まだまだ勝利にはほど遠いが、トップライダーもちょっと油断をすると、彼ら若手ライダーに順位を譲ったりしてしまう。ダビルも藤波もファハルドも、彼らにはやられたことがある。ルール由縁かもしれないが、油断できない戦いというのは結果を見ている限りはおもしろい。
 次戦イギリス大会も、今回同様滑る地形が売り物だ。さて、2014年トライアル世界選手権は、どんな展開となっていくのだろうか。

2014ベルギー表彰台

 ワールドカップクラスはドイツのフランツ・カドレックが2勝目。タイトル争いのリーダーであるジェイム・ブストが5位と低迷したので、両者のポイント差は8点に縮まっている。
 125ccでは、ガエル・シャタヌが勝利。シャタヌはポイントリーダーの座も安泰で、すでに27点差をつけてチャンピオンへと突き進んでいる。この大会、16歳になったばかりのイギリス人、トーマス・ミンタが初登場して、なんといきなりの2位入賞。将来が楽しみな大型新人の登場となった。
 次のイギリス大会は、すぐ翌週だ。

関連記事

2018TRGPスケジュール(現在最新版)

2018年の世界選手権シリーズの日程が、ちょっと変わって発表されている。まだまだ変更があるかもしれないが、日本大会も含めて(日本大会は日程そ…

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

イベント(大会)

201711/15

1/3ロッキートライアル

ロッキートライアルをご存知でしょうか? あの小谷徹さんが小さい頃から開催されていた由緒正しき大会です! その大会が2018年に開催できなくな…

イベント(大会)

201711/15

12/24第8回SPGG杯

第8回SPGG杯INトライアルパークヤマグチ ★開催日・会場★  2017年12月24日(日)  トライアルパークヤマグチ(〒50…

イベント(大会)

201711/15

1/7 2018新春チャリティ大会

 恒例となりました新春チャリティ大会を、2018年1月7日に開催いたします。  セクションは広めに設定していますので、初心者からIASまで…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。