2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 動画チャンネル
  2. 予選
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(スクール)
  9. 2017お勉強会
  10. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  11. リザルト東北
  12. Honda トライアルファンミーティング
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. 2017玖珠全日本
  17. イベント(大会)
  18. 2017 Hondaトライアルミーティング
  19. MFJトライアル
  20. MFJトライアル
  21. リザルト東北
  22. リザルト関東
  23. 自然山通信5月号
  24. イベント告知
  25. イベント告知
  26. 2017年5月号電子版
  27. MFJトライアル
  28. Vertigo TITANIUM
  29. リザルト関東
  30. リザルト近畿
  31. S3 TENT
  32. リザルト関東
  33. リザルト沖縄
  34. リザルト中国
  35. S3 CURVE
  36. 近畿大会レポート
  37. リザルト中国
  38. リザルト関東
  39. リザルト関東
  40. S3 NEWアルミハンドレバーアジャスター
  41. 2017年4月号
  42. 2017年4月号
  43. HRC ハンドルアッパーホルダー
  44. リザルト中国
  45. リザルト中国
  46. リザルト近畿
  47. リザルト関東
  48. TRS用クラッチ
  49. 自然山通信4月号
  50. ステンメッシュオイルフィルター
  51. リザルト中国
  52. リザルト沖縄
  53. リザルト関東
  54. リザルト中部
  55. リザルト関東
  56. Montesa 300RR
  57. リザルト近畿
  58. イベント(大会)
  59. 2017X2オーストリア
  60. トムスストロングガードTRS用
  61. 自然山通信2017年3月号電子版
  62. 自然山通信2017年3月号
  63. リザルト中部
  64. モータースポーツ活動計画発表会
  65. 2017 Scorpa Racing SC250
  66. イベント(大会)
  67. MFJトライアル
  68. リザルト中国
  69. リザルト関東
  70. リザルト沖縄
  71. 自然山通信3月号
  72. Vertigoカーボンスイングアームプロテクター
  73. 2017 BETA EVO factory model
  74. リザルト関東
  75. リザルト関東
  76. リザルト中国
  77. イベント(大会)
  78. イベント(スクール)
  79. イベント(その他)
  80. 2017年富岡キャッチ
  81. イベント(大会)
  82. リザルト中国
  83. イベント(大会)
  84. 2017バルセロナ
  85. リザルト中国
  86. 1702電子版

    2017.02.03

    1702電子版
  87. 1702
  88. TRS One Raga Racing
  89. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1604トライアルGP全員集合

2016開幕戦は手負いのボウが勝利

2016年開幕戦スペインGPはバルセロナ近郊のカル・ロザールで、4月9日、4月10日の両日開催された。

さまざまな波乱ののち、2日間の総合勝者はトニー・ボウだった。2位にアダム・ラガ、3位にアルベルト・カベスタニー。今回は23人が出場するという、しばらくぶりににぎやかなトライアルGPとなった。

1604スペインのボウトニー・ボウ。けがすらも、ボウの勢いを止めることはできない。

●土曜日

トニー・ボウを始め、スペイン人の多くはバルセロナ周辺の出身者だから、今回は地元中の地元の大会ということになる。

そんな中、シーズン開幕直前に、心配なニュースが飛び込んできた。トニー・ボウが負傷をして、インドアのXトライアル・デ・ナシオンを欠場するということだった。

負傷は右肩の靭帯の損傷ということで、安静にしつつ回復を待つことになったが、はたして開幕戦を走れるものか、あやぶまれるところでもあった。

もちろん、当人には欠場するつもりはない。しかし出場してもどれだけ走れるものか、今シーズンへの影響はいかばかりなのか。来れまた直前に飛び込んできたマーチン・ランプキンの訃報とともに、不安ぶくみの開幕戦となった。

今回の驚くべきは、ハイメ・ブストだった。昨年ランキング6位のルーキー。2年目の今年は、いよいよより上位にジャンプアップするためのシーズンとなるが、そのチャンスはいきなり訪れた。

1604スペインのブスト勝利も間もなくか。2ラップ目までトップだったブスト

1ラップ目、ブストは12セクションのうち11セクションをクリーンして、ラップスコアはたったの2点だった。2位につけたのがジェロニ・ファハルドで6点、3位がボウとラガが同点で7点、カベスタニーが10点だから、その好調ぶりが伺える。

ブストの好調は、2ラップ目にも衰えなかった。2ラップ目のブストは、2ラップ目ほどではないにしろ乗れていた。5点一つと3点一つで、ラップ合計は8点。このラップ、カベスタニーが4点をマークして追い上げてきたが、それでもまだ4点差で、ブストは全体のトップにいた。

しかし残念。ブストの初勝利は、もう少しお預けとなった。3ラップ目、それまでの2ラップとは一転、ブストのライディングが荒れてきた。多くのトップライダーが一桁減点で3ラップ目をまとめてきた中、ブストだけが16点。これでブストは、表彰台からも滑り落ちてこれまでの最上位記録を破れず、4位となった。

3ラップ目、追い上げが最も急だったのはボウだ。ボウのラップ減点は1ラップ目のブストと同じ2点。しかしボウは、2ラップ目に12点の減点を喫している。

ボウの次に3ラップ目に好スコアをマークしたのがファハルドだった。ベルティゴでの初めてのアウトドア世界選手権。2ラップ目の4つの5点が惜しまれる。

1604スペインのカベスタニー3年半ぶりの勝利となったアルベルト・カベスタニー

優勝したカベスタニーは、3ラップ目が6点。トータル20点は、ボウに対してたったの1点のアドバンテージだった。この勝利は、カベスタニーにとっては2012年のアンドラ大会以来。うれしい開幕戦勝利となった。

藤波貴久は2ラップ目は5点とカベスタニーに次ぐ好スコアをマークしたが、1ラップ目と3ラップ目にあわせて6個の5点があって、7位と低迷してしまった。しかし走りの内容もからだのコンディションも悪くないということで、巻き返しに期待したいところ。

今回は23人も参加者がいたから、ノーポイントに終わったライダーも少なくなかった。ベルティゴのフランチェスク・モレ、モンテッサ300の開発を務めていたエディ・カールソン、昨年の日本GPで大けがを負ったマイケル・ブラウンらが、16位以下に沈んでいる。

●日曜日

ボウの肩の負傷は、一晩寝たくらいでよくなるわけもなく、土曜日の苦戦はそのまま日曜日の苦戦につながるはずだった。

しかしトライアルでは、ときどき手負いのライダーがとんでもないパワーを発揮することがある。究極の身体能力が要求されるのはもちろんだが、それ以上にライダーのメンタル能力が勝敗を左右する、ということなのではないだろうか。

この日のボウは、最初から好調だった。結局1ラップ目から3ラップ目まで、一度もトップを譲ることなく、2位のラガに14点の大差をつけて勝利してしまった。かわいそうに、こんな勝ち方をしてしまっては、肩の負傷はたいしたことがないのではないかと思われてしまいそうだが、本人は、日本までにしっかり治して、次はもう少しよい状態で戦いに挑みたいとしている。

1604スペインのラガTRSがアウトドア世界選手権を走り始めた。緒戦のアダム・ラガは3位と2位

2位はラガ。土曜日に続き、セクションが比較的やさしめだったことで、ちょっとしたミスの5点が勝敗を決定的にしてしまう。この日のラガは、2ラップ目に11点と二桁減点を喫してしまったのが痛かったが、セクションごとに見ると、ボウが3ラップともにクリーンをした第6セクションで、3ラップともに5点となったのが決定的だった。ここは日曜日の設定変更で難易度を増したところで、ボウにすればしてやったりというところだ。

1604スペインのダビルイギリスのジェイムス・ダビルは、日曜日にどうどう3位となった

3位には、ジェイムス・ダビルが2012年祭終戦以来の表彰台を獲得した(2012年のこの時、ダビルが表彰台をファハルドに譲れば、ファハルドはランキング2位を得る状況だったが、ダビルは自身のトライアルを完遂した)。これは同時に、ヴェルティゴの初表彰台でもあった。ファハルドの加入で、ヴェルティゴライダーの先駆者としてのダビルの存在が微妙になるやもと心配していたところでこの結果。ヴェルティゴのポテンシャルは、これでいよいよ証明されることになった。

4位は、土曜日同様にブスト。しかし土曜日とは内容が一変。優勝争いから脱落して4位の土曜日に比べて、この日は最初から最後まで4位の走りだった。2年目を迎えてそろそろ表彰台がほしいブストには、日曜日のこの結果は大きな課題になったようだ。

1604スペインの藤波7位と5位。ちょっと不本意なリザルトだが、調子は悪くない

土曜日の結果を改善できたかどうか、藤波は5位に入った。7位よりは5位の方がだいぶいいが、ブスト同様、表彰台を目指す藤波にとっては、課題を残す開幕戦となった。ただし昨年までのウィークポイントだったひざは、完治とまではいかないまでも劇的によくなっていて、調子は悪くない。ライダーの取り組み方などに問題があるということだ。

ファハルドは6位、カベスタニーは7位となった。きのう勝利したライターが今日は7位となるのだから、トライアルはおもしろい。セクションの難度が低い大会は、一部ではおもしろみに欠けるといわれるも、順位争いの変化が大きい点では、なにより効果がありそうだ。


トライアルGP土曜日の結果表PDFです。4ページあるので、スクロールして見てください。拡大もできるし、別に開くこともできます
1604スペイン表彰台1トライアルGP土曜日表彰台。2位ボウ、優勝カベスタニー、3位ラガ

トライアルGP日曜日の結果表PDFです。4ページあるので、スクロールして見てください。拡大もできるし、別に開くこともできます
1604スペイン表彰台2トライアルGP日曜日表彰台。2位ラガ、優勝ボウ、3位ダビル
1604スペインGP全員ペダーソン カドレック ゲラベール ブラウン モレ グラタローラ ダニコルト グビアン
トルノール カルデンベルグ ソレンセン カールソン カサレス ノゲラ フェレール タレス
ダビル カベスタニー ラガ ボウ 藤波 ファハルド ブスト

●トライアル2

今回から、ワールドプロクラスはトライアルGPクラスに、オープンクラスはトライアル2クラスに、125クラスはトライアル125クラスとなった。

トライアル2の緒戦は、アルナゥ・ファーレ(スペイン・ガスガス)が土曜日に、イワン・ロバーツ(イギリス・ベータ)が日曜日に勝利した。今回のトライアル2は、土曜日と日曜日の上位陣の顔ぶれががらりと変わるおもしろい結果となった。ランキングトップとなったのは6位と優勝のロバーツで、2位は優勝と8位のファーレ、7位と3位のジャック・プライス(イギリス・ガスガス)が3位となっている。トライアル2クラスは30人の参加があった。

1604スペインのファーレアルナゥ・ファーレ。スペインの次期主力戦力?

トライアル2土曜日の結果表PDFです。2ページあるので、スクロールして見てください。拡大もできるし、別に開くこともできます
1604スペインT2表彰台2土曜日の表彰台。2位フィリッポ・ロッカ、優勝アルナウ・ファーレ、3位ガブリエル・マルセリ
1604スペインのロバーツ日曜日に勝利したイギリスのイワン・ロバーツ

トライアル2日曜日の結果表PDFです。2ページあるので、スクロールして見てください。拡大もできるし、別に開くこともできます
1604スペインT2表彰台1日曜日の表彰台。2位ピエーレ・ソーベージ、優勝イワン・ロバーツ、3位ジャック・プライス

●トライアル125

トライアル125は、土曜日と日曜日が同じ顔ぶれの表彰台となった。参加者は8名。トライアルGP、トライアル2に比べると、ちょっとさびしい顔ぶれだ。

1604スペインのピース両日勝利をしたイギリスのジャック・ピース

トライアル125土曜日の結果表PDFです。拡大もできるし、別に開くこともできます

トライアル125日曜日の結果表PDFです。拡大もできるし、別に開くこともできます
1604スペインの125表彰台トライアル125表彰台。2位マックス・ファウド、優勝ジャック・ピース、3位ミッケル・ブラッド

Photo:FIM/G2F MEDIA

関連記事

もてぎDay1速報・ボウ優勝フジガス3位!

2017 FIMトライアル世界選手権第2戦日本大会。トニー・ボウは圧勝、2位には予選でベストタイムをたたき出したジェイムス・ダビルが入った。…

予選

金曜日のもてぎ、予選

5月25日、世界選手権トライアル第2戦日本大会。 今回からプロモーターがついて、いろいろと新機軸が盛り込まれている。 そのひとつが、予選…

イベント(大会)

8/6 2017年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳

2017年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳開催のお知らせ 真夏のトライアル『奥長良トライアル』を今年も開催いたします。 初心者の方も楽しめ…

イベント(大会)

10/8第2回岩手ツインショックトライアル大会

 ビンテージマシンや旧車を走らせて、トライアルの魅力を実感してみませんか! 初心者から、昔は鳴らしたテクニシャン?までみんなが楽しめて笑顔に…

イベント(大会)

6/25 2017 メッツカップ第2戦

メッツクラブでは初心者の方も安心して楽しめ元気の出るトライアルを目指しています。ぜひ一日お楽しみください。 (さらに……

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。