2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. 動画チャンネル
  2. 原発見学
  3. イベント(大会)
  4. 2017北海道
  5. 動画チャンネル
  6. 2017北海道大会
  7. イベント(スクール)
  8. 2017日本グランプリ公式DVD
  9. 動画チャンネル
  10. 2017全日本北海道までのランキング
  11. 2017全日本北海道リザルト
  12. 2017TDN
  13. 自然山通信2017年7月号
  14. 2017お勉強会
  15. イベント(大会)
  16. 2017フランスGP
  17. MFJトライアル
  18. EXスポーツ FIMトライアル放送
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. 全日本第4戦中国大会レポート
  22. 三谷モータースポーツ新製品
  23. ガスガス用ラジエタープラグ
  24. 動画チャンネルR4中国
  25. 全日本第4戦中国大会までのランキング
  26. 全日本第4戦中国大会リザルト
  27. リザルト関東
  28. MFJトライアル
  29. 自然山通信6月号電子版
  30. 自然山通信6月号
  31. イベント(その他)
  32. 2017 X-TRIAL DVD
  33. 2日目ボウ
  34. 予選
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(スクール)
  41. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  42. リザルト東北
  43. Honda トライアルファンミーティング
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. 2017玖珠全日本
  48. イベント(大会)
  49. 2017 Hondaトライアルミーティング
  50. MFJトライアル
  51. MFJトライアル
  52. リザルト東北
  53. リザルト関東
  54. 自然山通信5月号
  55. イベント告知
  56. 2017年5月号電子版
  57. MFJトライアル
  58. Vertigo TITANIUM
  59. リザルト関東
  60. リザルト近畿
  61. S3 TENT
  62. リザルト関東
  63. リザルト沖縄
  64. リザルト中国
  65. S3 CURVE
  66. 近畿大会レポート
  67. リザルト中国
  68. リザルト関東
  69. リザルト関東
  70. S3 NEWアルミハンドレバーアジャスター
  71. 2017年4月号
  72. 2017年4月号
  73. HRC ハンドルアッパーホルダー
  74. リザルト中国
  75. リザルト中国
  76. リザルト近畿
  77. リザルト関東
  78. TRS用クラッチ
  79. 自然山通信4月号
  80. ステンメッシュオイルフィルター
  81. リザルト中国
  82. リザルト沖縄
  83. リザルト関東
  84. リザルト中部
  85. リザルト関東
  86. Montesa 300RR
  87. リザルト近畿

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ボウ頭ひとつリード

09バルセロナのボウ

 インドアトライアルの中でも特別な戦い、バルセロナ大会が2月8日に開催された。今回で32回めを迎えるという伝統の一戦だ。会場のサン・ジョルディ・スタジアムも、インドアトライアルの中では格別に大きい。
 この一戦でトニー・ボウが勝利。3戦中2勝で、ラキングポイントは一歩リードして残り2戦の終盤戦に突入した。
 表彰台は逃さないが勝利のないアダム・ラガは同点ながらランキング3位。第2戦で勝利したアルベルト・カベスタニーがランキング2位。藤波貴久は今大会で5位と低迷して、ランキングを4位に落としている。
Photo:Pep Segales(SoloMotoOffRoad)

09バルセロナのラガ

 バルセロナ大会は、試合の流れも特別だ。いつもは7人8人の参加者の中から、ファイナルに進出する6人のライダーを選出するクォリファイラップをおこなうのだが、今回は最初からノミネートされた6名のみが登場、1ラップのみでの戦いとなった。セクション数は、いつもより多い。
 ゾーンは3つにわかれていて、ダブルレーン(1対1の競走)を含む最初の4セクションは、ランキング順でトライする。最初にトライするのがマイケル・ブラウン(シェルコ・イギリス)、次がランキング5位のジェロニ・ファハルド(ベータ・スペイン)。次にスタートするのが意外にもランキング4位のアダム・ラガ(ガスガス・スペイン)。そしてランキング3位が藤波貴久(モンテッサ・日本)、アルベルト・カベスタニー(シェルコ・スペイン)、トニー・ボウ(モンテッサ・日本)とトライしていく。
 5セクションからは、4セクションまでの順位でトライ順が決まり、8セクション以降は7セクションまでの順位でトライ順が決まる。トライ順3回組み替えという長丁場だ。
 最初のメニューであるダブルレーンは、ランキング順にブラウンvsファハルド、ラガvs藤波、カベスタニーvsボウで対決する。相手が誰でも負けると減点2点をもらってしまうダブルレーンは、試合の最初に設けられているだけに、気合いが必要だ。

09バルセロナのカベ

 今年の2戦のダブルレーンで珍しく負けを続けてしまった藤波だが、3度目の正直の今回は負けなかった。セクションとしてちょっとむずかしい今回のダブルレーンセクションを、足つきや転倒がないようにじっくり攻めるラガに対して、果敢にアタックした藤波。結果として足つき1回の減点をとってしまったが、ラガに勝利。まずまずの滑り出しだった。
 カベスタニー、ラガが2点(負けた減点)、藤波が1点(足つき減点)とダブルレーンでライバルが失点する中、減点ゼロはふたりだけ。ボウはいつものとおりという感じだが、もうひとりがファハルドだった。軽量のEVOを愛車とするファハルドは、ようやくその真価を発揮できるところまでマシンになじんできたようだ。
 第2セクションを登ったのはカベスタニーとファハルドだけ。たった2セクションだが、ファハルドが減点ゼロでトップ、2点のカベスタニー、5点のボウ、6点の藤波、7点のラガ、8点のブラウンとつづく。難関セクションつづきだから、ひとつ上がれればアドバンテージも大きい。
 結局2セクションから4セクションまでの序盤グループでは、ブラウンが5点三つ。ボウとファハルドは5点ひとつで同点トップ。ほかの3人はそれぞれふたつの5点を喫した。ブラウンの最下位は決定的となり(お気の毒だが、ブラウンの6位低位置は今年は確定的。しかし、たくさんのものを吸収するにちがいない)。そしてボウとファハルドの好調が前半戦で明らかになっていった。ボウとファハルドが6点、ラガ、カベスタニー、藤波が12点でそれぞれ同点。
 ミドルゾーンではブラウンがオール5点。ボウがタイムオーバー1点のみのオールクリーン。トップと6位のポジションが明らかになっていった。ラガとカベスタニーはクリーンふたつ、ファハルドと藤波はくりーんひとつ5点ふたつで、ここでファハルドが2位争いの混戦に加わった。逆に藤波は、2位争いにやや遅れをとっての5位に落ち着いてしまった。第6セクションをクリア目前で5点を喫してしまったのがくやまれた。

09バルセロナのファハルド
09バルセロナの藤波
09バルセロナのブラウン

 8セクションでボウとラガがクリーン。これでラガが2位争いをちょっとリード。最終セクションは難セクションで、藤波とラガは2点+タイムオーバー2点で4点、カベスタニーは1点+タイムオーバー2点で3点、ファハルドは2点+3点でせっかく走ったのに5点になってしまった。ボウは、ここをあっさり5点として試合を終えた。それでも勝利は圧倒的だった。
 結局、ダブルレーン以外の9個のセクションを、いくつ抜けられるかで勝敗が決まった。ボウは7個、ラガが6個、カベスタニーとファハルドが5個、藤波が4個。まさに、あがるか落ちるかのトライアルだった。

Trial(今回は予選なし)
名前 ダブルレーン 2 3 4 小計


 

5 6 7 小計


 

8 9 10 合計
1 ボウ 0 5 1 0 6 0 0 0+1 7 0 0 5 12
2 ラガ 2 5 5 0 12 0 0 5 17 0 0 2+2 21
3 カベスタニー 2 0 5 5 12 0 0 5 17 5 0 1+2 25
4 ファハルド 0 0 5 0+1 6 0 5 5 16 5 0 2+3 26
5 藤波 1+0 5 5 0+1 12 0 5 5 22 5 0 2+2 31
6 ブラウン 1+2 5 5 5 18 5 5 5 33 5 0+1 5 44
PointStandings(ランキング)
1位 トニー・ボウ 22
2位 アルベルト・カベスタニー 16
3位 アダム・ラガ 16
4位 藤波貴久 13
5位 ジェロニ・ファハルド 9
6位 マイケル・ブラウン 5
7位 ドギー・ランプキン 4
8位 ロリス・グビアン 1

関連記事

原発見学

福島原発を、見る

原発見学に行ってきた。 うちから25km弱のところにある二つの原子力発電所施設。でもそこは、なかなか見に行ったりすることができないとこ…

イベント(大会)

9/17第245回ケニーズ杯

第245回ケニーズ杯プレミアムバージョン 日程  9月17日(日)  前日、女子のみプレミアムスクール・人数限定 場所  広島…

2017北海道

北海道、オールクリーンのLTR、IBと雨のIA

24名が参加のIA、30名が参加のIB、そしてLTRは4名。このうち、3名のライダーが10セクション2ラップをオールクリーンした。LTRでは…

動画チャンネル

動画チャンネルもう一つの北海道カメラを追加

全日本選手権R5北海道大会、noppara-tsushin映像を自然山通信動画チャンネルにリンクしました。sumimitumaruさん映像と…

2017北海道大会

小川友幸3連勝で5連覇に近づく

全日本選手権第5戦、北海道大会。今年もまた、海の日の三連休の日曜日、旭川から30分の上川郡和寒サーキットでの開催となった。結果は、意外なこと…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。