2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. TRIAL動画チャンネル
  3. 2017お勉強会
  4. TY-Eデビューラン
  5. 自然山通信電子版4月号
  6. 自然山通信2018年4月号
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト関東
  11. リザルト近畿
  12. リザルト四国
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. 2018年3月号電子版
  17. 2018年3月号
  18. 1802木彫山本さん
  19. HOSTAL DEL GUIU
  20. イベント(スクール)
  21. 2018 TRRS RAGA RACING
  22. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  23. イベント(スクール)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(スクール)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. リザルト四国
  30. フロントフォークプロテクター
  31. Vertigo VERTICAL
  32. 三谷アルミニップル
  33. リザルト中国
  34. TLM50用スプロケット
  35. JITISIEカーボンプロテクター
  36. イベント(大会)
  37. リザルト中国
  38. イベント(スクール)
  39. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  40. 自然山通信2018年2月号発売
  41. イベント(スクール)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト関東
  44. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  45. リザルト九州
  46. リザルト中国
  47. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  48. イベント(大会)
  49. T-TRIAL R2モンペリエ
  50. リザルト中国
  51. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  52. リザルト関東
  53. イベント(その他)
  54. リザルト関東
  55. リザルト中部
  56. ぱわあくらふとのワイドステップ
  57. リザルト中国
  58. 三谷モータースポーツの新製品情報
  59. 2018年1月号電子版発売しました
  60. 年末年始休業のお知らせ
  61. 2018年1月号発売のお知らせ
  62. イベント(大会)
  63. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  64. 2018 SCORPA Racing
  65. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  66. 自然山通信2018年1月号

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2016年SSDT勝者ランプキン

ドギー・ランプキン、SSDTで10勝目

5月7日、2016年SSDTは最終日を迎えて、無事終了した。勝ったのはドギー・ランプキン。昨年、ヴェルティゴをデビューウィンさせたトライアル・キングは、ヴェルティゴで2連覇。6日間のうち、3日間でオールクリーン、残る3日間も一桁減点のみで走り抜けて、トータル減点はたったの17点というすさまじい勝ちっぷりだった。ドギーはこれでSSDT6連勝。そして自身10回目の勝利を得た。

2016SSDTのランプキン

とはいえ、ドギーに続くはマイケル・ブラウンが6点差で追ってくるという展開だ。1日30個もセクションがあるのだから、6点差は簡単にひっくり返される点差でもある。最終日のドギーは、さすがにオールクリーンというわけにはいかなかったから、最後の最後まで気の抜けない6可汗の戦いとなった。

マイケルは、去年の日本GPでの負傷から世界選手権では実力発揮ができていない現状だが、今回の6日間では、ドギーにはかなわなかったものの、6日間をすべて一桁減点で走りきり、トータルで26点、1日平均5点弱という素晴らしい集中ぶりを見せた。世界選手権ほどセクションが厳しくないとはいえ、6日間に渡って荒野を走るこのイベントも、身体的にはなかなかたいへんなはず。本調子ではないとはいえ、マイケルも着々と復調に向かっている、その証明となったSSDTランナーアップだった。

2016SSDTのダビル

マイケルに続く3位はジェイムス・ダビル。ダビルは2007年と2011年、2度のSSDT勝者。今回は金曜日にオールクリーンを達成して、マイケルに遅れること6点で3位となった。ヴェルティゴは優勝と3位を得て、大成果だ。

この、上位3人に続いては、ジャック・シェパード、サム・ハスラム、アレックス・ウイグ、サム・コナーと、世界選手権やジュニア選手権で活躍した往年のライダーが並び、8位にスコットランドのトップライダー、ギャリー・マクドナルドが入っている。ウイグは2010年、コナーは2005年にSSDT勝者となっていて、今回は水曜日のオールクリーンで帰ってきた。

初出場の選手によるニューカマー賞は、日本GPにも来日したトム・フーパーが勝利。総合では20位、トータル減点は87点だった。

2016SSDTのビルバオ

フーパーに続いて総合21位に入ったのがアモス・ビルバオ。今回アモスが乗ったのはモンテッサ4RTを、いわばトレッキング用にし立てた4Ride。いわゆるトライアルマシンのシルエットではないが、マシンの潜在能力と快適性、そしてアモスのいまだ高いトライアル能力を遺憾なく発揮した結果だった。トータル減点は91点。SSDTにはトレールマシン部門賞などはないのだが、アモスはイギリス人以外で最も好成績をあげた者に授けられる外国人賞を獲得した。アモスはまた、40歳以上部門の第2位。この部門の勝者といえば、やっぱりドギー・ランプキンなのだった。

ドギーが乗ったのはヴェルティゴ300だが、いとこのジェイムス・ランプキンはベータ250に乗った。そして見事250cc以下クラスで勝利した。ジェイムスは総合では17位だった。

81年の世界チャンピオンにしてSSDTチャンピオン、フランスのジル・ブルガは総合79位。総減点296点。今でも純粋にオートバイを楽しんでいるという風情のチャンピオンだ。

1605SSDTエマ・ブリスト

9人が参加した女性ライダークラスでは、当然のように世界チャンピオン、エマ・ブリストが勝利した。エマの総合順位は42位。総減点は176点。日本GPで優勝したダン・ピースに40点差ほど、ドギーの弟のハリー・ランプキンには2点差で勝っている。トライアルが上手だから世界チャンピオンになったのは当然だけど、この人は世界チャンピオンになってから、どんどんうまくなっている気がする。今回の勝負では、25年前の世界チャンピオンより、現役の女子チャンピオンの方がだいぶ成績がよい、という結果が残った。

女子2位はスペインのサンドラ・ゴメス。エマには倍近い点差をつけられたが、かつてはイギリスナンバーワンだったベッキー・タルボット・クックに僅差で勝利した。地形や環境への慣れもあってか、SSDTはやっぱりイギリス人が強いから、サンドラのこの結果はなかなかがんばった結果。総減点335点で総合96位だった。クックは総減点351位で102位。132位に、SSDTやノーストップルールではがぜん本領を発揮するケティ・サンターが総減点408点で入っている。

女子クラスではあと5人。3人が完走して、ふたりがリタイヤ。女子トライアル・デ・ナシオンのイギリス代表となり、3度勝者となった実積のあるつわものだが、今回は木曜日にリタイヤとなった。マシントラブルの模様だ。

そして今回が6回目の挑戦となる小林由利子は、やはり残念ながら2日目のセクション群見落としで失格となった。オーバーフローによるガス欠の恐怖(去年はガス欠で荒野から歩いて帰ってきた経験あり)から、申告5点をしにいく余裕もなくセクション群を通過してしまったものらしく、この場合、セクションの見落としは50点減点(10点減点ではない!)ですむのだが、3〜4のセクションがまとまっているセクション群(ヒル、丘という)をまるごと不通過だと、競技を続けることができない決まりなのだった。

さて、今回は2名の国際A級ライダーが参加した。波田親男と喜岡治だ。今回の日本勢8人の中で、喜岡だけがモンテッサに乗り、波田と接戦を繰り広げていたが、木曜日以降は負傷の影響もあってこの争いから一歩後退。それでも無事に(無事じゃないのだが)完走。波田は483点152位。喜岡は625点202位だった。

ミッショントラブルで井之前正輝(愛知県。参加2度目)がリタイヤとなったが、その他の皆さんはみなオンタイム(毎日1時間以上のタイムオーバーで失格となる)完走を果たした。

大西弘晃(岡山県。参加2度目)が832点で228位、河野完次(岡山県。参加3度目)が849点で231位で初完走。宮原剛司(愛知県・初挑戦)が876点で233点。杉浦勝好(愛知県・参加2度目)が935点234位。完走は234人だった。

1605SSDTのアランとドギー

ゴール後の写真の中に、こんなのがある。この2台はともにランプキンの競技車両で、写っている二人もランプキン。右側のちょっとおっさんはドギー・ランプキンで、左のじいちゃんはアラン・ランプキン。ドギーのおじさんで、先日亡くなったマーチン・ランプキンのすぐ上のお兄さん。アランの息子がジェイムス・ランプキンで、今回も250ccクラス優勝をしているSSDTの名手だが、一時はドギーのマインダーを担当していたこともある。左側のマシンは、そのジェイムスがプレ65に出場したマシン。ジェイムスは総合優勝こそしなかったが、200cc〜250ccクラスで優勝している。実はアランは、1966年にBSA250でSSDTに勝利している。未確認だけど、おそらくこのBSAはアランが50年前に勝利したマシンそのものだと思われる。プレ65の200cc〜250ccクラス優勝は「Theランプキンカップ」と名付けられている。ジェイムス本人がいないのがちょっと残念だけど、このふたりと2台のツーショットはランプキン家の偉大さを物語る1カットだ。今回のドギーの勝利は、ランプキンファミリーにとって、15勝目(ドギー10回、マーチン3回、アランとアーサーが1回ずつ)のSSDT勝利となった。

Photos : Trialscentrai.com

関連記事

2017お勉強会

5/19川内村お勉強会

 2010年、2012年〜2017年と開催して好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。  福島県双葉…

小川友幸、奇跡的大逆転の2018近畿大会

2018年第2戦近畿大会は、4月15日、和歌山県の湯浅トライアルパークで開催された。天気予報は土曜日から日曜日にかけて春の嵐ということで、悪…

2018全日本第2戦現在ランキング

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。 ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってる…

2018全日本近畿、加賀、西村、和田、ベテラン強し

4月15日、全日本第2戦近畿大会。 IAは加賀国光がさすがの勝利。ベテラン勢が上位を占めたが、武田呼人が1ラップ目にトップで5位に入っ…

2018全日本第2戦近畿大会

2018トライアル全日本選手権シリーズ 第2戦近畿大会 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 観客数:1,150人 雨の…

ページ上部へ戻る