2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. TRIAL動画チャンネル
  3. 2017お勉強会
  4. TY-Eデビューラン
  5. 自然山通信電子版4月号
  6. 自然山通信2018年4月号
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト関東
  11. リザルト近畿
  12. リザルト四国
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. 2018年3月号電子版
  17. 2018年3月号
  18. 1802木彫山本さん
  19. HOSTAL DEL GUIU
  20. イベント(スクール)
  21. 2018 TRRS RAGA RACING
  22. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  23. イベント(スクール)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(スクール)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. リザルト四国
  30. フロントフォークプロテクター
  31. Vertigo VERTICAL
  32. 三谷アルミニップル
  33. リザルト中国
  34. TLM50用スプロケット
  35. JITISIEカーボンプロテクター
  36. イベント(大会)
  37. リザルト中国
  38. イベント(スクール)
  39. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  40. 自然山通信2018年2月号発売
  41. イベント(スクール)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト関東
  44. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  45. リザルト九州
  46. リザルト中国
  47. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  48. イベント(大会)
  49. T-TRIAL R2モンペリエ
  50. リザルト中国
  51. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  52. リザルト関東
  53. イベント(その他)
  54. リザルト関東
  55. リザルト中部
  56. ぱわあくらふとのワイドステップ
  57. リザルト中国
  58. 三谷モータースポーツの新製品情報
  59. 2018年1月号電子版発売しました
  60. 年末年始休業のお知らせ
  61. 2018年1月号発売のお知らせ
  62. イベント(大会)
  63. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  64. 2018 SCORPA Racing
  65. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  66. 自然山通信2018年1月号

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ボウ、チャンピオン決定

09ボウインドアチャンピオン

 2月26日、2009年インドアトライアル世界選手権は第4戦がおこなわれ、ここまで2勝しているトニー・ボウが3勝目。4戦中3勝2位1回で、ランキング2位にアダム・ラガにポイント差8点をつけて、最終戦を待たずにタイトルを決定した。
 藤波貴久は3位入賞。開幕戦の2位に続いて、2回目の表彰台をゲットした。
 最終戦はスペインの首都マドリッド。今年は大会のキャンセルが相次ぎ、全5戦でのシリーズとなった。ボウ以下のランキングはラガ、カベスタニー、藤波が2点差で並んでいるが、インドアのポイント制を考えると、順当に走れば、それぞれのランキングもほぼ確定的かと思われる。

09インドアイタリアのボウ

 ボウは、クォリファイから絶好調だった。今回はイタリアとあってマテオ・グラタローラをゲストライダーとして7名がクォリファイに参加した。6人のノミネートライダーの中では最下位が指定席のマイケル・ブラウンだが、さすがにグラタローラが相手では、ブラウンに分がある。6名のファイナル進出は、ノミネートライダーの6名が勝ち取った。

Qualificarion Lap(予選)
1位 トニー・ボウ レプソル・モンテッサ スペイン 2
2位 ジェロニ・ファハルド ベータ スペイン 4
3位 アダム・ラガ ガスガス スペイン 4
4位 藤波貴久 レプソル・モンテッサ 日本 5
5位 アルベルト・カベスタニー シェルコ スペイン 6
6位 マイケル・ブラウン シェルコ イギリス 10
7位 マテオ・グラタローラ シェルコ イタリア 25

 いつものように、クォリファイの順位ではじめの4セクションの出走順とダブルレーンの対戦相手が決まる。最初の対戦はブラウンとカベスタニー。これはカベスタニーが(順当に)勝利した。次が、藤波とラガ。今回、クォリファイで絶好調のボウに続いて2位となったのは、ラガでもカベスタニーでもなく、ファハルドだったのだ。
 ラガと藤波の勝負は、ラガが勝った。藤波は今シーズン、ダブルレーンに関しては1勝3敗。速さでは定評がある藤波が、今シーズンはなかなかだぶるレーンで勝てないでいる。しかし今回は、スピードそのものの遅れではなくて、スタートの合図をまちがえたことだった。いつものスタート合図を待っていた藤波は、タイミングをとる間もなくラガがスタートしていくのを見送ってしまった。あわてて追いかけて、もうちょっとで追いつくかというところで勝負は終わった。もうちょっとコースが長ければ藤波が勝ったかもしれないし、少なくとも同時にスタートしていれば、藤波の勝利はまちがいないところだった。

09インドアイタリアのラガ

 このあと3つのオブザベーションセクション。今回は、比較的簡単な、というか、がんばればクリーンができる設定だった。少なくともバルセロナのように、高いステップをいけるか落ちるかというような設定でなかったのは確かだ。

Final Lap(決勝)
名前 ダブルレーン 2 3 4 小計


 

5 6 7 合計
1 ボウ 0 0 0 0 0 0 0 0+1 1
2 ラガ 0 0 0 0+1 1 0+1 0 2+2 6
3 藤波 2 0 0 0+1 3 1+0 0+1 5 10
4 カベスタニー 0 0 0 5 5 0 0+1 5 11
5 ファハルド 2 0 0 5 7 2+1 5 5 20
6 ブラウン 2 5 1+1 5 14 5 5 5 29

 ブラウンは5点がふたつで4セクションまでで14点。クォリファイで好調だったファハルドは、5点がひとつで7点(ダブルレーンでボウに敗北して2点をくらっている)。カベスタニーは5点ひとつで5点。藤波以上は5点がなく、ラガと藤波は4セクションでタイムオーバーの1点をとったのみ。ダブルレーンでの藤波の2点失点を抜きにすれば、両者の勝負は互角だ。
 ボウは、すべてのセクションで減点なし。オールクリーンで勝負の後半戦を迎えた。チャンピオンがかかった大事な1戦とはいえ、もはやボウにプレッシャーなどはないようだ。
 5セクション以降は、4セクションまでの成績順でトライする。3セクションまではクォリファイの成績順だったから、ブラウン、カベスタニー、藤波、ラガ、ファハルド、ボウの順だった。今度はブラウン、ファハルド、カベスタニー、藤波、ラガ、ボウの順となる。

09インドアイタリア藤波

 5セクション以降は、ブラウンはオール5点。やはり、難度はちょっと増している。ファハルドは、5点がふたつ。クォリファイとファイナルとは、やっぱり勝手がちがうようだ。
 カベスタニーは藤波に2点差で終盤戦に入ったが、後半戦では1点だけ追いついた。結果、1点差で表彰台を逃している。
 カベスタニーに辛くも競り勝った藤波は、2点差のラガに、なんとか追いつき追い越し、2位表彰台を獲得したいところだった。しかしそうはならず。さらに2点引き離されて、3位を決めた。しかし開幕戦以来の表彰台である。
 さて優勝争いは、これはもう争いにもならず。結局ボウは、最終セクションで僅かにタイムオーバーを喫して1点を取っただけで、ダブルレーンでも負けず、足も出さなかった。トータル減点は、この1点のみ。その王者ぶりには、手も足も出ない。
 ラガも、5点がひとつもないという優秀な結果で試合を終えたのだが、ボウとは5点差。ついに、ラガがひとつも勝てないまま、インドアシーズンを終えてしまった。これも時代の流れだろうか。

PointStandings(ランキング)
1位 トニー・ボウ 30 チャンピオン決定
2位 アダム・ラガ 22
3位 アルベルト・カベスタニー 20
4位 藤波貴久 18
5位 ジェロニ・ファハルド 12
6位 マイケル・ブラウン 7
7位 ドギー・ランプキン 4
8位 ロリス・グビアン 1
8位 マテオ・グラタローラ 1

 さて、残り試合はあと1戦。2回めのスペインであるマドリッドが最終戦となる。ボウとランキング2位のラガの点差は現時点で8点。優勝して得られるポイントも8点だから、最終戦でラガが優勝しても、優勝回数でボウのランキング上位が決まる。つまり、チャンピオン決定だ。

09インドアイタリア表彰台

 2位以下は2点差でラガ、カベスタニー、藤波と続く。しかしインドアのポイントは1位から 7位まで、8点、6点、5点、4点、3点、2点、1点となっている。2点差を縮めるのは至難である。つまり、現実的には最終戦でランキング順が変動することはまずないのではないかと思われる。となると、王者ボウがさらに王者ぶりを示すか、あるいはラガや藤波がシーズン初優勝を果たすか、カベスタニーが2勝目をあげるか、はたまたファハルドが……、という興味になるが、さて、どうなるだろうか。
 気になるのは、藤波にひじの故障が伝えられることだ。インドア第2戦あたりから故障が出ていたが、徐々によくなってきているという。ただし、間もなくアウトドアシリーズがスタートする。症状の状態と、アウトドアの開幕に万全の調子で望めるのか、ちょっと気になるところではある。

関連記事

2017お勉強会

5/19川内村お勉強会

 2010年、2012年〜2017年と開催して好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。  福島県双葉…

小川友幸、奇跡的大逆転の2018近畿大会

2018年第2戦近畿大会は、4月15日、和歌山県の湯浅トライアルパークで開催された。天気予報は土曜日から日曜日にかけて春の嵐ということで、悪…

2018全日本第2戦現在ランキング

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。 ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってる…

2018全日本近畿、加賀、西村、和田、ベテラン強し

4月15日、全日本第2戦近畿大会。 IAは加賀国光がさすがの勝利。ベテラン勢が上位を占めたが、武田呼人が1ラップ目にトップで5位に入っ…

2018全日本第2戦近畿大会

2018トライアル全日本選手権シリーズ 第2戦近畿大会 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 観客数:1,150人 雨の…

ページ上部へ戻る