2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. 動画チャンネル
  2. 原発見学
  3. イベント(大会)
  4. 2017北海道
  5. 動画チャンネル
  6. 2017北海道大会
  7. イベント(スクール)
  8. 2017日本グランプリ公式DVD
  9. 動画チャンネル
  10. 2017全日本北海道までのランキング
  11. 2017全日本北海道リザルト
  12. 2017TDN
  13. 自然山通信2017年7月号
  14. 2017お勉強会
  15. イベント(大会)
  16. 2017フランスGP
  17. MFJトライアル
  18. EXスポーツ FIMトライアル放送
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. 全日本第4戦中国大会レポート
  22. 三谷モータースポーツ新製品
  23. ガスガス用ラジエタープラグ
  24. 動画チャンネルR4中国
  25. 全日本第4戦中国大会までのランキング
  26. 全日本第4戦中国大会リザルト
  27. リザルト関東
  28. MFJトライアル
  29. 自然山通信6月号電子版
  30. 自然山通信6月号
  31. イベント(その他)
  32. 2017 X-TRIAL DVD
  33. 2日目ボウ
  34. 予選
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(スクール)
  41. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  42. リザルト東北
  43. Honda トライアルファンミーティング
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. 2017玖珠全日本
  48. イベント(大会)
  49. 2017 Hondaトライアルミーティング
  50. MFJトライアル
  51. MFJトライアル
  52. リザルト東北
  53. リザルト関東
  54. 自然山通信5月号
  55. イベント告知
  56. 2017年5月号電子版
  57. MFJトライアル
  58. Vertigo TITANIUM
  59. リザルト関東
  60. リザルト近畿
  61. S3 TENT
  62. リザルト関東
  63. リザルト沖縄
  64. リザルト中国
  65. S3 CURVE
  66. 近畿大会レポート
  67. リザルト中国
  68. リザルト関東
  69. リザルト関東
  70. S3 NEWアルミハンドレバーアジャスター
  71. 2017年4月号
  72. 2017年4月号
  73. HRC ハンドルアッパーホルダー
  74. リザルト中国
  75. リザルト中国
  76. リザルト近畿
  77. リザルト関東
  78. TRS用クラッチ
  79. 自然山通信4月号
  80. ステンメッシュオイルフィルター
  81. リザルト中国
  82. リザルト沖縄
  83. リザルト関東
  84. リザルト中部
  85. リザルト関東
  86. Montesa 300RR
  87. リザルト近畿

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

アンドラGP、トニー・ボウ完勝。藤波が土曜日に3位

標高の高い、山のてっぺんでの開催となるアンドラGP。表彰台の1位、2位は、土曜日、日曜日ともに同じ顔ぶれだった。勝利はトニー・ボウ、2位はアダム・ラガ。日本GPの日曜日以降、5戦連続同じ結果ということになる。

土曜日の3位には、藤波貴久が入った。ただし日曜日は6位で、ちょっと不本意な2日間となった。それでもぎりぎりのところでランキングは3位を守っている。日曜日の3位はジェロニ・ファハルド。ヴェルティゴに移籍してから、これが初めての表彰台となった。

アンドラは18セクションの2ラップの戦いとなる。12セクション3ラップとセクション数は同じだが、長く標高差のあるコースは、厳しい戦いをライダーに強いることになる。

アンドラは、国が丸ごとピレネー山脈のまっただなかにあって標高が高い。それでも、今回のパドックは町の中にあって比較的標高が低く、大半のセクションは山のはるか上。第1セクションと最終セクションが町に近く設定されていた。17セクションから最終18セクションまでは、標高差1000メートルほどを一気に降りてくることになる。

1606アンドラのボウ

すっかり成績がいいので、みんな忘れてしまっているかもしれないが、トニー・ボウはいまだにけが人である。藤波同様、簡単には治らないかもしれない。今回は右肩に青いサポーターを装着して試合に臨んだ。手負いのボウにとって、長い下り坂でのコース移動は厳しいものになった。

ボウのライバルは、いつものようにアダム・ラガだ。ボウが負傷している今シーズンは、ラガにとっては大きなチャンスでもある。今回のような高地では、2ストロークマシンより4ストロークマシンの方が空気の薄い影響が顕著に出る。

金曜日の夜、アンドラは雨に包まれた。濡れたアンドラの岩はよく滑る。むずかしい大会になりそうだ。ただしトライアルGPクラスのスタートまでには雨は止んで、その後は徐々に乾き始めた。後半になるほど、セクションコンディションはよくなる。しかし特に1ラップ目は、時間がない。

ボウ、ラガ、そして藤波と全員がタイムオーバー、しかもボウに至っては、最終18セクションをエスケープしてなお、5点のタイムオーバーが残るという厳しさだった。

実はボウは、17セクションでパンクに見舞われた。気がついたときにはすでに18セクションへの長いコース移動にかかっていて、そうなるともはやマインダーも追いついてこない。そのまま18セクションまで下りきったときには、ビードも落ちきっているという悲惨な状態だった。コースが下る一方で、のぼりがなかったから助かったようなもの、もしものぼりがあれば、ビードが落ちたタイヤでは走破できなかったはずだ。そしてボウは、最終セクションをトライするのをあきらめ、申告5点をもらうことになったのだった。ラガは最終セクションをクリーンして、7分のタイムオーバー減点となった。ボウは5分のタイムオーバーに5点。これでリードを3点奪い返されることになったが、最悪の事態よりはずいぶんと結果は良かった。1ラップ目、ボウ34点、ラガ33点。数字はラガが1点リードしているが、内容的にはボウの強さが光っている。

藤波は2分のタイムオーバーで1ラップ目の減点は41点だった。4位ハイメ・ブストには3点差、5位アルベルト・カベスタニーには7点差。まだまだ先行きはわからない。

2ラップ目、ボウはいよいよ絶好調だ。3点ひとつ、1点三つで計6点。ラガもよくおいすがったが、3点と5点貸って、ぎりぎりの差で勝利はボウのものとなった。

ボウはバルセロナの出身だが、今はアンドラに住んでいる。いわば地元での勝利というわけだ。そしてまた、この地に住みながら高地でパワーを引き出す方法を模索してきてもいた。その成果が、ばっちり結果になったアンドラ大会だった。

3位は、すっかり藤波で決まりだと思いきや、ブストがことのほか好調。最終セクションまで、藤波を3点リードして3位につけていた。このままゴールすれば、ブスト自身初の表彰台だ。ところがこれがプレッシャーとなったのか、最終セクションで5点。表彰台はまたも夢物語となって、藤波が2点差で今シーズン3度目の表彰台獲得となったのだった。

1606アンドラの藤波

ブスト4位、カベスタニー5位。今シーズン、ランキング3位は藤波とこの二人の間で接戦。ちょっと離されてジェロニ・ファハルドとジェイムス・ダビルのヴェルティゴ・コンビがつけている。

日曜日

1606アンドラのラガ

土曜日の夜もまた雨が降った。これはまた厳しい戦いになるのではないかと予想される一方、意外に少数減点の勝負となった土曜日のこともあり、セクションはやさしくされるばかりでなく、難易度をあげた変更をされたところも少なくなかった。

あけて日曜日、コンディションは土曜日よりさらによくなった。雨が止むのが早く、乾きも早かったからだ。土曜日の2ラップ目が、10点内外の減点の勝負となったから、日曜日はさらに少数減点の勝負となりそうな予感はあった。神経戦だ。

この日も、トップ争いはボウとラガの一騎打ちになった。1ラップ目、ボウは土曜日に続いて絶好調。1点4つで、スコアをたった4点でまとめてきた。ラガも負けていない。1点は4つ。しかしラガには、第3セクションでの痛恨の5点があった。この神経戦では5点ひとつは致命的。しかしいまはノーストップルールの時代だ。ボウとてもワンミスで5点をちょうだいするかもしれない。

しかし2ラップ目、二人は見事だった。18セクションを一度も足をつかず、減点ゼロで走りきってしまった。二人がともにオールクリーンで2ラップ目を終えてきたので、トータル減点は1ラップ目のスコアがそのまま、ボウが4点、ラガが9点。ラガの1ラップ目の第3セクションでの5点は、とても手痛い失点となったのだった。

3位争いは、この日はファハルドが好調だった。ボウとラガには届かなかったが、1ラップ目に3位につけると、2ラップ目に1点二つで4位以下を振り切った。ファハルドは、今シーズンからヴェルティゴに乗るも、ダビルに表彰台獲得で先を越され、ちょっと苦しい状況になってしまっていたが、これでひと安心といったところだろうか。

1ラップ目の10点台はファハルドの他、ブストがいた。しかしブストは、またしてもまたしても表彰台に届かず。もっとも多く4位をキープする安定感はすばらしいが、表彰台が遠いのは、なにか理由があるのだろうか。

1ラップ目20点台は3人だった。カベスタニーが22点、藤波が23点、ゲラベルトとダビルが25点で、この4人が5位争いということになった。この中で、2ラップ目に一桁減点をマークしたのがカベスタニーと藤波で、5位争いはこのふたりに絞られた。この日のカベスタニーと藤波は接戦だったが、1ラップ目に1点、2ラップ目に2点、トータルで立った3点さながら、カベスタニーの5位、藤波の6位が決まった。今回はファハルドはちょっと届かない好調ぶりを発揮していたが、藤波からブストまではわずか5点だったから、4位から6位はどう転がっていてもおかしくなかったわけだ。

ボウはアンドラを完全勝利で、この大会だけでラガに6点差をつけることができた。藤波は土曜日の3位で喜びを味わったが、日曜日に6位、終わってみればランキング3位が維持できたのがよかったところで、あまり印象のいい週末とはならなかった。ブストは安定して4位に入るも、すでにこのルーキーの目標は4位ではない。またも表彰台を取り逃がしてちょっと失意の週末となった。

ファハルドは藤波とは正反対に初日の6位から日曜日に3位表彰台。ようやくシーズン初表彰台となったが、今年のファハルドは先輩カベスタニー、後輩ブストに敗することが多く、ランキングは彼らにやや離されての6位となっている。

1606アンドラのファハルド

なお、この大会で、TRSのポル・タレスが引退を表明した。偉大なチャンピオン、ジョルディ・タレスの甥っ子であるポルは、なかなかその血筋を結果に活かすことができず苦戦。ケガも多かった。最後の大会は、14位と16位だった。

1606アンドラのポル

さてシーズンは中盤戦真っ盛り。次の戦いはすぐ翌週のフランス大会だ。

■トライアル2

1606アンドラのピース

今シーズン、ここまで4人の勝利者が出ているトライアル2。その中で唯一2勝以上をあげているのがジャック・プライス。ドイツ大会での完全勝利に続いて、4勝目3連勝を達成だ。

1606アンドラのファーレ

しかし日曜日はアルナウ・ファーレがシーズン2勝目。プライスは2位となった。ランキングはプライスが独走状態だが、誰が勝ってもおかしくない今年のトライアル2は、稀に見る激戦区となっている。

■トライアル125

ドイツ大会で、それまでトライアル2に参戦していたヤルモ・ロブランが勝利して、このクラスもおもしろい展開になるかと思いきや、このライダー、地元でのたった1戦だけ完全勝利して、またトライアル2に戻っていった。ドイツ大会まではトライアル2で無得点続きだったのが、今回のアンドラでは14位と15位ながらポイントを獲得。こんな調整の仕方もあるのだろうか。

1606アンドラのMax FAUDE

さてお騒がせの強敵がいなくなって、土曜日はジャック・ピースが勝利に戻った。しかし日曜日、ピースの連勝はならず。勝ったのはドイツのマックス・ファウデだった。ファウデはランキング2位の選手だが、今シーズンは初優勝。ピースは2位で、あいからわずランキングトップを守っている。

関連記事

原発見学

福島原発を、見る

原発見学に行ってきた。 うちから25km弱のところにある二つの原子力発電所施設。でもそこは、なかなか見に行ったりすることができないとこ…

イベント(大会)

9/17第245回ケニーズ杯

第245回ケニーズ杯プレミアムバージョン 日程  9月17日(日)  前日、女子のみプレミアムスクール・人数限定 場所  広島…

2017北海道

北海道、オールクリーンのLTR、IBと雨のIA

24名が参加のIA、30名が参加のIB、そしてLTRは4名。このうち、3名のライダーが10セクション2ラップをオールクリーンした。LTRでは…

動画チャンネル

動画チャンネルもう一つの北海道カメラを追加

全日本選手権R5北海道大会、noppara-tsushin映像を自然山通信動画チャンネルにリンクしました。sumimitumaruさん映像と…

2017北海道大会

小川友幸3連勝で5連覇に近づく

全日本選手権第5戦、北海道大会。今年もまた、海の日の三連休の日曜日、旭川から30分の上川郡和寒サーキットでの開催となった。結果は、意外なこと…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。