2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  3. 全日本R3九州までのランキング
  4. 全日本R3九州リザルト
  5. 2018EMと成田匠.fr
  6. MFJトライアル
  7. 1805電子版
  8. 2018年5月号
  9. ムーブレバー
  10. トムス新製品
  11. リザルト関東
  12. 2017お勉強会
  13. TY-Eデビューラン
  14. 自然山通信電子版4月号
  15. 自然山通信2018年4月号
  16. リザルト中国
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. リザルト関東
  21. リザルト近畿
  22. リザルト四国
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. 2018年3月号電子版
  27. 2018年3月号
  28. 1802木彫山本さん
  29. HOSTAL DEL GUIU
  30. イベント(スクール)
  31. 2018 TRRS RAGA RACING
  32. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  33. イベント(スクール)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. リザルト四国
  40. フロントフォークプロテクター
  41. Vertigo VERTICAL
  42. 三谷アルミニップル
  43. リザルト中国
  44. TLM50用スプロケット
  45. JITISIEカーボンプロテクター
  46. イベント(大会)
  47. リザルト中国
  48. イベント(スクール)
  49. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  50. 自然山通信2018年2月号発売
  51. イベント(スクール)
  52. イベント(大会)
  53. リザルト関東
  54. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  55. リザルト九州
  56. リザルト中国
  57. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  58. イベント(大会)
  59. T-TRIAL R2モンペリエ
  60. リザルト中国
  61. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  62. リザルト関東
  63. イベント(その他)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2014アンドラのエマ

エマ・ブリスト新女王に

2014アンドラのエマPhoto:FIM/Good Shoot

 2014年女子世界選手権最終戦は、トライアル・デ・ナシオン(TDN)の前日、9月12日にアンドラ公国で開催された。全4戦で争われた今年の女子世界選手権は、3勝したエマ・ブリストがチャンピオンを決めた。女子世界選手権が始まって、3人目の世界チャンピオンの誕生だ。

 エマ・ブリストはイギリス人。2006年から(当時はまだ15歳だったはずだ)女子世界選手権に参戦していて、間もなく24歳になる。エマが参戦を始めた頃のイギリス勢は、ちょっと上手だが粒が小さいライダーが多くて、束になるとその安定度から、ときどきTDNで好成績をおさめられる、という勢力だった。当時から女子世界選手権はライア・サンツの独擅場で、つけ入る隙なんかはほとんどなかったのだ。
 ちょっと様子が変わってきたのは、2011年にオッサのライダーとなったことだ。それまで才能のあるライダーの一人だったエマだったが、今度はナンバーワンライダーとして見られるようになった。そして同じイギリスのクック・レベッカを破って世界ランク2位まで上り詰めてきた。あとはトップの座だけが残っていた。
 今年、ライア・サンツが出場を断念し、エマのタイトルの可能性は限りなく高まった。ライアの参戦断念には、エンデューロやレイドイベントに集中するためというのが理由だ。しかし女子世界選手権はワールドカップや125ccクラスと同様、有効得点制をとっている。全4戦といっても、そのうち3戦の結果のいい大会をリザルトとするから、先週のスペイン大会で2勝し、今回の最終戦でまた勝てば楽勝でタイトルは獲得できる。しかしさしものライアといえど、トライアルのトレーニングをまったくやらずに、突然パドックへやってきての参戦では、勝つのはむずかしい。ライアに14回目の世界タイトルを断念させた陰には、エマの成長があったにちがいない。
 チャンピオンとなったエマは、13日土曜日には、今度はイギリスの世界一を目指して、TDNチームの一員として2014年最後の戦いに挑む。

2014アンドラのエマPhoto:FIM/Good Shoot

*TDN参戦のためにアンドラ入りをしている日本代表選手たちもこの世界選手権最終戦に参戦。京藤一栄36位(減点75)、小玉絵里香42位(減点98)、小谷芙佐子が1ラップ目タイムオーバーで失格となっている(参加47名、完走44名)。優勝のエマ・ブリストの減点は5点。選手権ポイント獲得のボーダーラインは減点32だった。

関連記事

化けるか野崎ぶっちぎり勝利

化けるか、野崎。ぶっちぎり勝利の2018九州大会

野崎史高が、3年ぶりに勝利をおさめた。今回の野崎は、ライバルも舌を巻く絶好調でのぶっちぎり。2ラップを終えて、SSを待たずに勝利を決めた。 …

全日本R3九州までのランキング

2018全日本ランキング(〜第3戦)

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってるかも…

全日本R3九州リザルト

2018全日本第3戦九州大会全結果

2018全日本選手権シリーズ第3戦九州大会 2018年5月13日 天候:曇りのち雨 大分県玖珠郡玖珠町玖珠トライアルヒルズ 観客…

2018SSDT、水曜、木曜、どうでしょう?

スコティッシュ6日間トライアルは、いよいよ佳境。海の向こうでは、250名近いトライアルばかどもが、この世のものとも思えない魅力的な荒野と戦っ…

2018 SSDT(1日目・2日目)

2018年SSDTが始まっている。スコットランドの荒野を舞台に、6日間に渡って開催される伝統のトライアルイベント。トライアルライダーたる者、…

ページ上部へ戻る