2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. TRIAL動画チャンネル
  3. 2017お勉強会
  4. TY-Eデビューラン
  5. 自然山通信電子版4月号
  6. 自然山通信2018年4月号
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト関東
  11. リザルト近畿
  12. リザルト四国
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. 2018年3月号電子版
  17. 2018年3月号
  18. 1802木彫山本さん
  19. HOSTAL DEL GUIU
  20. イベント(スクール)
  21. 2018 TRRS RAGA RACING
  22. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  23. イベント(スクール)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(スクール)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. リザルト四国
  30. フロントフォークプロテクター
  31. Vertigo VERTICAL
  32. 三谷アルミニップル
  33. リザルト中国
  34. TLM50用スプロケット
  35. JITISIEカーボンプロテクター
  36. イベント(大会)
  37. リザルト中国
  38. イベント(スクール)
  39. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  40. 自然山通信2018年2月号発売
  41. イベント(スクール)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト関東
  44. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  45. リザルト九州
  46. リザルト中国
  47. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  48. イベント(大会)
  49. T-TRIAL R2モンペリエ
  50. リザルト中国
  51. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  52. リザルト関東
  53. イベント(その他)
  54. リザルト関東
  55. リザルト中部
  56. ぱわあくらふとのワイドステップ
  57. リザルト中国
  58. 三谷モータースポーツの新製品情報
  59. 2018年1月号電子版発売しました
  60. 年末年始休業のお知らせ
  61. 2018年1月号発売のお知らせ
  62. イベント(大会)
  63. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  64. 2018 SCORPA Racing
  65. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  66. 自然山通信2018年1月号

トライアル・デ・ナシオン

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1409TDNスペイン

TDNはスペインとドイツ

1409TDNラガの走り

 2014トライアル・デ・ナシオン(TDN)は、9月14日アンドラ公国で開催された。予定通り、スペインが勝利。世界ランキングの1位から4位までが代表選手として参加しているのだから、これで勝てなければおかしい。
 インターナショナルクラス(いわゆるBクラス)はドイツが勝利した。

1409TDNスペインおなじみ、世界最強チームの面々

 18セクション2ラップの戦いで、スペインの減点は11点。2位のイギリスは93点という大差だった。イギリスの代表はジェイムス・ダビル(ランキング6位)、マイケル・ブラウン(11位)、アレックス・ウイグ(12位)、ジャック・シェパード(13位)と、こちらも全員世界選手権ランカー。しかし、世界選手権ランカーで代表選手がそろうのは、この2カ国しかない。
 3位となったフランスはアレッシャンドレ・フェレールとロリス・グビアンがランキング8位と18位の世界ランカーで、残り二人はワールドカップに参戦中のライダーだ。この布陣で減点は104点。イタリアは現役世界選手権ランカーが一人、休業中が一人、二人がワールドカップライダーで参戦で、減点は150点だった。1位と2位は顔ぶれからして当然の結果のような気がするので、TDNでは3位に入るのがイタリアかフランスか、あるいはそれ以外のどこかか、という興味が焦点になる。
 日本のトップチームが参戦できなくなって久しいが、日本人ライダーの世界ランキングは5位、15位、16位、17位となっている。しかも3人はたった2戦に出場しただけでのこの成績だから、もし参加していれば、どのくらいの成績が望めるかがわかる。
 世界選手権クラスで走れない国が参戦しているインターナショナルクラスは、ドイツ33点、スウェーデン40点、アメリカ53点と、こちらはそれなりに接戦となった。こちらはワールドカップクラスのトップライダーが代表選手となっているから、これもなかなかレベルの高い戦いとなっている。

1409TDNフランス3位を”勝ち取った”フランス

関連記事

2017お勉強会

5/19川内村お勉強会

 2010年、2012年〜2017年と開催して好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。  福島県双葉…

小川友幸、奇跡的大逆転の2018近畿大会

2018年第2戦近畿大会は、4月15日、和歌山県の湯浅トライアルパークで開催された。天気予報は土曜日から日曜日にかけて春の嵐ということで、悪…

2018全日本第2戦現在ランキング

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。 ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってる…

2018全日本近畿、加賀、西村、和田、ベテラン強し

4月15日、全日本第2戦近畿大会。 IAは加賀国光がさすがの勝利。ベテラン勢が上位を占めたが、武田呼人が1ラップ目にトップで5位に入っ…

2018全日本第2戦近畿大会

2018トライアル全日本選手権シリーズ 第2戦近畿大会 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 観客数:1,150人 雨の…

ページ上部へ戻る