2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 動画チャンネル
  3. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. T-TRIAL R2モンペリエ
  7. イベント(大会)
  8. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  9. 2017お勉強会
  10. リザルト関東
  11. イベント(その他)
  12. イベント(スクール)
  13. リザルト関東
  14. リザルト中部
  15. ぱわあくらふとのワイドステップ
  16. 三谷モータースポーツの新製品情報
  17. 2018年1月号電子版発売しました
  18. 年末年始休業のお知らせ
  19. 2018年1月号発売のお知らせ
  20. イベント(大会)
  21. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  22. 2018 SCORPA Racing
  23. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  24. 自然山通信2018年1月号
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)

    2017.12.16

    1/14ケニーズ杯
  27. JITSIE DIMINO
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. リザルト近畿
  32. 自然山通信2017年12月号
  33. イベント(大会)
  34. 自然山通信2017年12月号電子版
  35. リザルト中部
  36. リザルト関東
  37. 三谷モータースポーツWチャンピオンセール
  38. エトスデザイン
  39. 創刊250号の自然山通信
  40. MFJトライアル
  41. イベント(大会)
  42. イベント(その他)
  43. イベント(大会)

    2017.11.25

    12/24 KUMA-CUP 2017
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト関東
  47. リザルト東北
  48. 2017TDN
  49. イベント(大会)

    2017.11.15

    12/24第8回SPGG杯
  50. イベント(大会)
  51. Honda秋の祭典トライアルデモ
  52. リザルト中国
  53. リザルト関東

    2017.11.12

    羽生山カップ
  54. MFJグランドチャンピオン大会
  55. 自然山通信11月号電子版
  56. イベント(大会)
  57. 自然山通信11月号
  58. イベント(大会)
  59. イベント(その他)
  60. イベント(大会)
  61. リザルト中部
  62. リザルト関東
  63. リザルト関東
  64. MOTSセール

    2017.11.04

    MOTSのセール!
  65. イベント(スクール)
  66. 自然山通信11月号
  67. GASGAS CONTACT用セルモーターガード
  68. 2017年間ランキング
  69. イベント(大会)
  70. 全日本R7東北リザルト
  71. リザルト北海道
  72. チタンサイレンサーRACE
  73. リザルト関東
  74. リザルト中国
  75. Honda秋の祭典
  76. イベント(大会)
  77. HeboヘルメットMFJ公認キャンペーン
  78. MFJトライアル
  79. イベント(大会)
  80. イベント(その他)
  81. イベント(大会)
  82. イベント(大会)
  83. トムスの新製品
  84. イベント(大会)
  85. RTL250S用リヤフェンダー
  86. 2018ベータEvo2Tシリーズ

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1607藤波骨折C

藤波が手首骨折

藤波貴久が、左手首を骨折した。7月23日、南フランスのカルパントラで行われたインドアトライアルでのことだった。

このインドア大会はs世界選手権などのタイトルのかかったものではなく、興業目的で開催されるもので、ライダーは自身の調整のために参加する。

事故が起きたのは90度ひねりながらヒューム管に登るセクションだった。なかなかむずかしいポイントで、トニー・ボウこそクリーンをしたものの、他のライダーは安全のためにも1回足をついて切り抜けていた。この大会は2ラップ制だったが、藤波も1ラップ目は1点ついてこのポイントを抜けていた。

同じように走った2ラップ目、ところがちょっと勢いがよすぎた。ヒューム管に登って回した先にはフロントが降りる場所がなかった。そのまま下まで落ちることになった。

とはいえ、インドアではこういうアクシデントはままあることで、藤波もよく直面しているシーンである。ところが運悪く、藤波のパンツがハンドルに引っかかり、さらにはキルスイッチのリストバンドも引っかかってしまった。こうなると、藤波は思ったようにマシンからの離脱ができない。

それでも本人の意識では、一段低いヒューム管に横腹から落ちて身を守ったつもりだった。一段低いヒューム管から、さらに床に落ち、おそらく横腹を強打したからか、しばらく息ができずに苦しんでいた。そしてその後、手首の異常に気がついたという。

横腹から落ちたつもりではあったが、手首をヒューム管に打ちつけたか、あるいは手首をついてしまったのかもしれない。その時点で骨折はほぼ明らかだったので、直接スペインへ帰って診察を受け、今後の対策を練ることになった。診察の結果、藤波の負傷は舟状骨(しゅうじょうこつ)骨折とわかった。

土曜日の夜に負傷して、日曜日、月曜日と検査などをし、火曜日には手術。今シーズンは最終戦イタリア大会がまだこれから開催となる。そしてこの大会は、藤波が久々にランキング3位を獲得するかどうかの大事な戦いでもある。

藤波には、9月第1週に開催される世界選手権最終戦を欠場する予定はまったくなく、どんなに厳しくてもこれに参加してランキング3位を目指していくつもりでいる。

2016骨折した藤波

InstagramやFacebookでは、左手にギプスを巻いてトレーニングをする姿を披露している藤波(写真は藤波のInstagramFacebookからいただきました)。くよくよしていてもしかたがない、全力でこの事態にぶつかっていく、というポジティブシンキングだが、コミカルで元気いっぱいの写真はサービスショットであり、事実はもうちょっと深刻のようだ。

しかしいつものとおり「手術をすれば骨はくっつくので、あとは痛いのを我慢するだけ」とこわいことを言っている。

藤波には2006年にアウトドアシーズン直前のインドア大会で左手人さし指を骨折、苦しい序盤戦を戦った苦い思い出がある。左手人さし指はクラッチを操作する大事な指で、ほかに代わりができなかったので、痛みに耐えながら走ったのだが、開幕戦は6位となったあと、なんと第2戦では優勝している。藤波貴久の底力は常人には計り知れないところがあるが、しかしまずは、お大事にしてしっかりなおしていただきたいところ。そのうえで、最終戦で今シーズンを締めくくる戦いを見せてほしいものだ。

世界選手権最終戦は、9月10日・11日に開催される。

関連記事

夏木陽介さん

夏木陽介さんが、1月14日に亡くなったという。享年81歳。まだまだお若いのに、闘病中だったということだ。 (さらに…)…

イベント(スクール)

2/4 SHIRAIトライアルスクール

オフロードパークSHIRAIでのトライアルスクールの開催情報です。 イベント名 SHIRAIトライアルスクール 内容 オフロ…

イベント(大会)

4/29メッツカップ第1戦

「2018 メッツカップ第1戦」 初心者の方が安心して楽しめる親睦草大会です。 お財布にも優しい大会です。お気軽にお越しください。 …

T-TRIAL R2モンペリエ

ブスト失速でボウ2連勝

2018年Xトライアル第2戦は、開幕戦同様にフランスでの開催となった。今回は南フランスのモンペリエ。勝利は開幕戦に続き絶対王者のトニー・ボウ…

2018年のMFJ規則書

MFJ規則書の2018年版が発表になった。同時にMFJサイトでは、PDF版も公開されている。トライアル競技を楽しむみんなは、一読することをお…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。