2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 動画チャンネル
  3. TLM50用スプロケット
  4. JITISIEカーボンプロテクター

    2018.02.15

  5. イベント(大会)
  6. イベント(スクール)
  7. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  8. 自然山通信2018年2月号発売
  9. イベント(スクール)
  10. イベント(大会)
  11. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  12. リザルト中国
  13. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  14. イベント(スクール)
  15. イベント(大会)
  16. T-TRIAL R2モンペリエ
  17. イベント(大会)
  18. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  19. 2017お勉強会
  20. リザルト関東
  21. イベント(その他)
  22. リザルト関東
  23. リザルト中部
  24. ぱわあくらふとのワイドステップ
  25. 三谷モータースポーツの新製品情報
  26. 2018年1月号電子版発売しました
  27. 年末年始休業のお知らせ
  28. 2018年1月号発売のお知らせ
  29. イベント(大会)
  30. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  31. 2018 SCORPA Racing
  32. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  33. 自然山通信2018年1月号
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)

    2017.12.16

    1/14ケニーズ杯
  36. JITSIE DIMINO
  37. リザルト関東
  38. リザルト関東
  39. リザルト中国
  40. リザルト近畿
  41. 自然山通信2017年12月号
  42. イベント(大会)
  43. 自然山通信2017年12月号電子版
  44. リザルト中部
  45. リザルト関東
  46. 三谷モータースポーツWチャンピオンセール
  47. エトスデザイン
  48. 創刊250号の自然山通信
  49. MFJトライアル
  50. イベント(大会)

    2017.11.25

    12/24 KUMA-CUP 2017
  51. イベント(大会)
  52. リザルト関東
  53. リザルト東北
  54. 2017TDN
  55. イベント(大会)

    2017.11.15

    12/24第8回SPGG杯
  56. イベント(大会)
  57. Honda秋の祭典トライアルデモ
  58. リザルト中国
  59. リザルト関東

    2017.11.12

    羽生山カップ
  60. MFJグランドチャンピオン大会
  61. 自然山通信11月号電子版
  62. イベント(大会)
  63. 自然山通信11月号
  64. イベント(大会)
  65. イベント(その他)
  66. イベント(大会)
  67. リザルト中部
  68. リザルト関東
  69. リザルト関東
  70. MOTSセール

    2017.11.04

    MOTSのセール!
  71. イベント(スクール)
  72. 自然山通信11月号
  73. GASGAS CONTACT用セルモーターガード
  74. 2017年間ランキング
  75. イベント(大会)
  76. 全日本R7東北リザルト

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2014フランスはストップ

フランスがストップルールへ

2014フランスはストップ

 2015年に向けて、フランス・フェデレーションがルールの変更を打ち出した。ノーストップをやめて、従来通りのルールに戻すという変更だ。1分半の時間制限内であれば、ホッピングしても止まってもご自由、ということになる。
 フランスと世界の動向は共通しているようで別モノだが、FIMのトライアル委員長はフランス人のティエリー・ミショーだから、FIM世界選手権についても、なんらかの影響がありそうな変更ではある。

 FIM世界選手権は、2013年からノーストップルールで運用されている。ノーストップルールというのは停止5点のルールのことで、これまでもSSDT(と、日本ではイーハトーブトライアル)が採用していた。
 イギリス人はこのルールが好きで、スペインあたりへくると止まってホッピングするトライアルが好き、というのが定説になっているが、世界にはいろんな考えの人がいて、それぞれのルールに善し悪しがあるのはまちがいない。
 各国のモーターサイクル協会は国際的なFIMと連携をとっているから、原則としてFIMルールで運用することになるのだが、現在のノーストップは世界選手権のみに適用されているルールで、FIMルールとしてノーストップになっているわけではない。そしてFIMは、3年間の実験運用として、世界選手権をノーストップルールとしたわけだった。
 ノーストップルール採用にあたっては、FIMトライアル委員長の交代劇もあった。それまではイギリス人のデビッド・ウイロビーから、フランス人の世界チャンピオン、ティエリー・ミショーに変わり、ノーストップの普及活動は、もっぱらミショーさんの担当となって現在に至っている。ミショーさんのノーストップ普及活動はなかなか熱が入っていて、日本でもそう遠くない将来にノーストップルールが選手権で採用されるという動きになっている。
 しかしここへきて、フランスのルール変更とともに、トライアル委員長交替の話も流れてきた。後任の委員長の名前も挙がっているから、まんざら火のないうわさでもないようだ。
 2015年は、日本のトライアルはノーストップでないストップルールで、世界選手権はノーストップルールで運用されることが、すでに決まっている。世界選手権については、2015年が実験運用の3年目となる。日本の、そして世界のトライアルルールはこれからどうなっていくのだろう?

関連記事

  • 04TDN日本は3位

  • 2010年ルールに疑問符あり

  • 2015スコットトライアル

    今年のスコットトライアル、結果は?

  • 3位/1位、藤波勝利のイギリス

  • インドア・ネーションズ2004

  • トニー・ボウ開幕戦に勝利

3/11!2018全日本開幕戦関東大会

2018年3月11日、2018年の全日本選手権が、いよいよ開幕する。 2018年はトップクラスのIASクラスに3名のニューフェイスが加わり…

TLM50用スプロケット

力造「Honda TLM50用リアスプロケット」発売!

トライアルショップ「ぱわあくらふと」がプロデュースする「力造ブランド」からHonda TLM50用リアスプロケットが発売されました! (…

JITISIEカーボンプロテクター

三谷モータースポーツよりJITSIEの新製品情報。TRRS用スイングアームプロテクター。そしてTECHアルミフォーク用インナーチューブです。…

ベータのカベスタニー、スペイン選手権にデビュー

トライアルGP世界ランキング7位、アルベルト・カベスタニーが、2018年用の愛車を引っさげてスペイン選手権の開幕戦に登場してきた。この開幕戦…

イベント(大会)

3/25 BLAZE SECTION(ブレイズセクション)トライアル大会

BLAZE SECTION(ブレイズセクション)トライアル大会のお知らせ 最近の九州オフロード界は高齢化が進み、若手育成、人口増が課題…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。