2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  1. クラッチワークの極意
  2. 動画チャンネル
  3. ヨーロッパレポート配信中
  4. 2017TDNエントリーリスト
  5. イベント(大会)
  6. 2017年9月号電子版
  7. 2017年9月号
  8. リザルト中国
  9. スタイルマーチンニューモデル
  10. 三谷モータースポーツバイクトライアルパーツ
  11. 2017お勉強会
  12. イベント(大会)
  13. イベント(スクール)
  14. かわうちトライアル
  15. イベント(その他)
  16. イベント(大会)
  17. SHOWAフロントフォーク用ハードスプリング
  18. トムスのロゴ
  19. イベント(大会)

    2017.08.17

    9/3寅吉カップ
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. リザルト中部
  24. 1708電子版
  25. 自然山通信8月号
  26. チビのとびつき
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. イベント(大会)
  30. イベント(大会)
  31. イベント(大会)
  32. 原発見学
  33. リザルト関東
  34. リザルト中国
  35. イベント(大会)
  36. 2017北海道
  37. 動画チャンネル
  38. 2017北海道大会
  39. イベント(スクール)
  40. 2017日本グランプリ公式DVD
  41. 動画チャンネル
  42. 2017全日本北海道までのランキング
  43. 2017全日本北海道リザルト
  44. 2017TDN
  45. 自然山通信2017年7月号
  46. イベント(大会)
  47. リザルト東北
  48. リザルト九州
  49. 2017フランスGP
  50. MFJトライアル
  51. EXスポーツ FIMトライアル放送
  52. リザルト関東
  53. リザルト沖縄
  54. リザルト中国
  55. イベント(大会)
  56. イベント(大会)
  57. リザルト関東
  58. リザルト中部
  59. リザルト中国
  60. 2017マスターズ第3戦
  61. 全日本第4戦中国大会レポート
  62. 三谷モータースポーツ新製品
  63. ガスガス用ラジエタープラグ
  64. 動画チャンネルR4中国
  65. 全日本第4戦中国大会までのランキング
  66. 全日本第4戦中国大会リザルト
  67. リザルト近畿
  68. リザルト関東
  69. リザルト関東
  70. MFJトライアル
  71. 自然山通信6月号電子版
  72. 2017ど・ビギナー祭典春
  73. 自然山通信6月号
  74. イベント(その他)
  75. 2017 X-TRIAL DVD
  76. リザルト中国
  77. 2日目ボウ
  78. リザルト沖縄
  79. 予選
  80. イベント(大会)
  81. イベント(大会)
  82. イベント(大会)
  83. イベント(大会)
  84. イベント(大会)
  85. イベント(スクール)
  86. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  87. リザルト関東
  88. リザルト東北

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2014フランスはストップ

フランスがストップルールへ

2014フランスはストップ

 2015年に向けて、フランス・フェデレーションがルールの変更を打ち出した。ノーストップをやめて、従来通りのルールに戻すという変更だ。1分半の時間制限内であれば、ホッピングしても止まってもご自由、ということになる。
 フランスと世界の動向は共通しているようで別モノだが、FIMのトライアル委員長はフランス人のティエリー・ミショーだから、FIM世界選手権についても、なんらかの影響がありそうな変更ではある。

 FIM世界選手権は、2013年からノーストップルールで運用されている。ノーストップルールというのは停止5点のルールのことで、これまでもSSDT(と、日本ではイーハトーブトライアル)が採用していた。
 イギリス人はこのルールが好きで、スペインあたりへくると止まってホッピングするトライアルが好き、というのが定説になっているが、世界にはいろんな考えの人がいて、それぞれのルールに善し悪しがあるのはまちがいない。
 各国のモーターサイクル協会は国際的なFIMと連携をとっているから、原則としてFIMルールで運用することになるのだが、現在のノーストップは世界選手権のみに適用されているルールで、FIMルールとしてノーストップになっているわけではない。そしてFIMは、3年間の実験運用として、世界選手権をノーストップルールとしたわけだった。
 ノーストップルール採用にあたっては、FIMトライアル委員長の交代劇もあった。それまではイギリス人のデビッド・ウイロビーから、フランス人の世界チャンピオン、ティエリー・ミショーに変わり、ノーストップの普及活動は、もっぱらミショーさんの担当となって現在に至っている。ミショーさんのノーストップ普及活動はなかなか熱が入っていて、日本でもそう遠くない将来にノーストップルールが選手権で採用されるという動きになっている。
 しかしここへきて、フランスのルール変更とともに、トライアル委員長交替の話も流れてきた。後任の委員長の名前も挙がっているから、まんざら火のないうわさでもないようだ。
 2015年は、日本のトライアルはノーストップでないストップルールで、世界選手権はノーストップルールで運用されることが、すでに決まっている。世界選手権については、2015年が実験運用の3年目となる。日本の、そして世界のトライアルルールはこれからどうなっていくのだろう?

関連記事

2017TDNエントリーリスト

エントリーリストで想像する今週末のデ・ナシオン!

今週末にスペインで開催されるトライアル・デ・ナシオンのエントリーリストを眺めながら、いろいろと想像してみます。(現地取材中の西巻より) …

藤波、ランキング5位となった最終戦

9月17日、北イタリアトレント郊外。世界選手権最終戦は、2017年一番のドラマチックイベントとなった。 ボウ優勝、2位ラガ、そして3位…

クラッチワークの極意

新DVD「小川毅士 クラッチワークの極意」9月20日発売

新しい自然山通信DVD「小川毅士 クラッチワークの極意」9月20日発売です。トライアル基礎練習の段階からクラッチワーク意識して練習することが…

イベント(大会)

10/1延期・嵐山不老天狗わびさびトライアル

9月17日開催の大会を悪天候が予想される為、延期いたいました。台風18号による悪天候が予想される為、10月1日に変更いたいます。 開催日以外…

最終戦イタリアGP土曜日のあれこれ

9月16日、朝からしとしと雨が降っていたけれど、昼になって太陽が顔を出した。いいお天気。ちょっと暑くなった。 あしたはトライアルGP、…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。