2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. リザルト関東
  6. 1日目優勝のファハルド
  7. イベント(大会)
  8. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  9. リザルト東北
  10. イベント(スクール)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト四国
  14. リザルト中国
  15. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  16. 全日本R3九州までのランキング
  17. 全日本R3九州リザルト
  18. 2018EMと成田匠.fr
  19. MFJトライアル
  20. 1805電子版
  21. 2018年5月号
  22. リザルト近畿
  23. ムーブレバー
  24. トムス新製品
  25. リザルト関東
  26. リザルト関東
  27. リザルト関東
  28. リザルト中国
  29. リザルト四国
  30. リザルト関東
  31. 2017お勉強会
  32. TY-Eデビューラン
  33. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  34. 自然山通信電子版4月号
  35. 自然山通信2018年4月号
  36. リザルト中国
  37. リザルト中国
  38. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  39. リザルト関東
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト近畿
  44. リザルト関東
  45. リザルト四国
  46. イベント(大会)
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)
  49. 2018年3月号電子版
  50. 2018年3月号
  51. 1802木彫山本さん
  52. HOSTAL DEL GUIU
  53. イベント(スクール)
  54. 2018 TRRS RAGA RACING
  55. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  56. イベント(スクール)
  57. イベント(スクール)
  58. リザルト沖縄
  59. イベント(スクール)
  60. イベント(大会)
  61. イベント(大会)
  62. イベント(大会)
  63. リザルト四国

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2014フランスはストップ

フランスがストップルールへ

2014フランスはストップ

 2015年に向けて、フランス・フェデレーションがルールの変更を打ち出した。ノーストップをやめて、従来通りのルールに戻すという変更だ。1分半の時間制限内であれば、ホッピングしても止まってもご自由、ということになる。
 フランスと世界の動向は共通しているようで別モノだが、FIMのトライアル委員長はフランス人のティエリー・ミショーだから、FIM世界選手権についても、なんらかの影響がありそうな変更ではある。

 FIM世界選手権は、2013年からノーストップルールで運用されている。ノーストップルールというのは停止5点のルールのことで、これまでもSSDT(と、日本ではイーハトーブトライアル)が採用していた。
 イギリス人はこのルールが好きで、スペインあたりへくると止まってホッピングするトライアルが好き、というのが定説になっているが、世界にはいろんな考えの人がいて、それぞれのルールに善し悪しがあるのはまちがいない。
 各国のモーターサイクル協会は国際的なFIMと連携をとっているから、原則としてFIMルールで運用することになるのだが、現在のノーストップは世界選手権のみに適用されているルールで、FIMルールとしてノーストップになっているわけではない。そしてFIMは、3年間の実験運用として、世界選手権をノーストップルールとしたわけだった。
 ノーストップルール採用にあたっては、FIMトライアル委員長の交代劇もあった。それまではイギリス人のデビッド・ウイロビーから、フランス人の世界チャンピオン、ティエリー・ミショーに変わり、ノーストップの普及活動は、もっぱらミショーさんの担当となって現在に至っている。ミショーさんのノーストップ普及活動はなかなか熱が入っていて、日本でもそう遠くない将来にノーストップルールが選手権で採用されるという動きになっている。
 しかしここへきて、フランスのルール変更とともに、トライアル委員長交替の話も流れてきた。後任の委員長の名前も挙がっているから、まんざら火のないうわさでもないようだ。
 2015年は、日本のトライアルはノーストップでないストップルールで、世界選手権はノーストップルールで運用されることが、すでに決まっている。世界選手権については、2015年が実験運用の3年目となる。日本の、そして世界のトライアルルールはこれからどうなっていくのだろう?

関連記事

アベ精工のTLM50用トップブリッジ

根強いファンが乗り続けているHONDA TLM50用のトップブリッジと、専用ハンドルアップスペーサーがアベ精工から発売されています。共同開発…

イベント(大会)

8/26夏の梅ヶ島大会

TEAM P.F.T. から梅ヶ島大会の日程変更のお知らせです。 空気は何色? 太陽の7色によって透明な空気が変化する心の色。 エ…

へそ曲がり的、廃炉と汚染土壌

福島県の昨日のビッグニュースは、東電が福島第二原発の廃炉を表明したことだった。福島県が原発ゼロになるのは福島県民の悲願だったとのことなので、…

アルミ軽量ラジエターキャップTOM’Sから

京都のトライアルショップ「TOM'S」からアルミ軽量ラジエターキャップが発売されました。対応機種はTRS、GASGAS。 (さらに&he…

チタン製リアディスクプロテクトプレート

丈夫で軽い。チタン製リアディスクプロテクトプレートが、三谷モータースポーツより発売されました。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る