2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. TRIAL動画チャンネル
  3. 2017お勉強会
  4. TY-Eデビューラン
  5. 自然山通信電子版4月号
  6. 自然山通信2018年4月号
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト関東
  11. リザルト近畿
  12. リザルト四国
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. 2018年3月号電子版
  17. 2018年3月号
  18. 1802木彫山本さん
  19. HOSTAL DEL GUIU
  20. イベント(スクール)
  21. 2018 TRRS RAGA RACING
  22. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  23. イベント(スクール)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(スクール)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. リザルト四国
  30. フロントフォークプロテクター
  31. Vertigo VERTICAL
  32. 三谷アルミニップル
  33. リザルト中国
  34. TLM50用スプロケット
  35. JITISIEカーボンプロテクター
  36. イベント(大会)
  37. リザルト中国
  38. イベント(スクール)
  39. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  40. 自然山通信2018年2月号発売
  41. イベント(スクール)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト関東
  44. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  45. リザルト九州
  46. リザルト中国
  47. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  48. イベント(大会)
  49. T-TRIAL R2モンペリエ
  50. リザルト中国
  51. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  52. リザルト関東
  53. イベント(その他)
  54. リザルト関東
  55. リザルト中部
  56. ぱわあくらふとのワイドステップ
  57. リザルト中国
  58. 三谷モータースポーツの新製品情報
  59. 2018年1月号電子版発売しました
  60. 年末年始休業のお知らせ
  61. 2018年1月号発売のお知らせ
  62. イベント(大会)
  63. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  64. 2018 SCORPA Racing
  65. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ドギー・ランプキン、ウィリーでマン島1周

ドギー・ランプキンが、6月26日、また新たなトライアル記録に挑んだ。モーターサイクル伝統の島、そしてドギーの住むマン島のTTコースを、ウイリーをしたまま走りきるという挑戦だった。

2016マン島クレイニーバー

この写真は、マン島TTレースでも有名なクレイニーバーという、有名なレストランのある左コーナーを抜けたところでウイリーをするドギー。ちなみに、クレイニーバーはレストランだからBarなのかと思いきや、CREG-NY-BAAです。マン島は英語とは少しちがう別の言語も持つので「baa」が「bar」のことなのか別の意味なのかはわかんない。

さてドギー・ランプキンは、いわずとしれたトライアル世界チャンピオンのビッグネーム。最近はトニー・ボウの大活躍にその名が隠れがちだが、圧倒的強さで世紀を越えてトライアル界に君臨した。7回のアウトドアと5回のインドア、合わせて12回の世界チャンピオンだ。ひところ、ドギーは7回の世界チャンピオンと呼ばれていた。なぜか世界チャンピオンといえばアウトドアばかりで、インドアは数に数えない風潮があった。そういえばホンダのホームページでも、レース結果に扱われるのはアウトドアばかりだった。最近、インドアも数に入れてもらえるようになって、世界選手権のタイトル数はインドア・アウトドア合わせて数えるようになってきた。トニー・ボウは10回ではなく20回の世界選手権チャンピオンだし、ドギーは12回のチャンピオンというわけだ。

2016マン島クレイニーバー空

そしてマン島は、ご存知の通り、市外地コースでのレースが行われている島。ビートルズが生まれたリバブールの沖に浮かんでいる。マン島TTレースは初開催が1904年だから、SSDTとほぼ同じ長い歴史を持つ。マン島での最初のモーターサイクル競技は、TTレースではなくトライアル(オフロード競技)だったという記録もあるが、ともかくマン島とモーターサイクルは深い絆があるのだった。

マン島はまた、ドギーのおうちのある島でもある。もともとドギーはリバブール空そんなに遠くない、シルスデンという町の生まれ。近くにシェフィールドというちょっと大きな町があって、ここで開催されているインドア大会は有名なところだ。マン島はタックス・ヘイブンの地としても有名で、たぶん高額所得者のドギーは、ここに住んで節税をしているということだ(ちょっとぐぐったら、マン島に投資して節税してもうけませんか、という詐欺があるらしいから、気をつけてください。ぜんぜん関係ない話ですが)。

2016マン島道路閉鎖中

TTレースの行われているコースは1周約60km(37.7マイル)。長いだけじゃない。コーナーの数は200とも300ともいわれるし標高差も400mに近い。途中にある橋では、路面の起伏によって大ジャンプを余儀なくされるところもある。ここをドギーは、愛車ヴェルティゴを駆って、後輪だけで走り抜けようというのだ。仕切りはエナジー・ドリンクのレッドブル。マン島TTは島の法律によって公道を閉鎖して開催されているが、レッドブルはドギーがウイリーで走り抜ける区間、時間だけ公道を占有することでこのイベントを実現している。レッドブル、すごい。

そしてまた、このウイリーチャレンジはRed Bull TVで生中継されるというわくわくのおまけもあった。ランプキンとしては、成功も失敗も白日の下に晒されるわけで、失敗できないプレッシャーは相当なものだったろう。

ウイリーで走り続けること自体は、ドギーにとって大きな困難ではないが、しかしマン島には悪天候がついて回る。標高の高い地点での強風など、障害は多々あった。事実、悪天候のため、日程は丸一日延期されている。そして本番中も、たびたび小さなふらつきを見せて、伴走の関係者や中継カメラをドッキリさせることがあった。トライアルライダーとしての現役時代のドギーの集中力は万人の知るところだが、1時間以上に及ぶウイリー走行の間、ずっと集中力を維持しているのは、ドギーにとっても並大抵ではなかったにちがいない。

2016マン島・横から

60km無給油で走らなければいけないので、燃料タンクの増量などの改造も施しているようだ(工藤やすゆきさんがウイリー走行ギネス記録に挑戦した時には、走行中に給油ができるシステムを開発して使っていた)。フットレストも、後輪のアクセル付近に移動しているようだ。

イギリス人であり、マン島住民であるドギー・ランプキンによるマン島TTコース・ウイリー1周は、イギリスのモーターサイクル史に残る偉業となった。その偉業は、レッドブルテレビで見ることができる。

中継映像では、燃料の残り容量なども表示されてどきどき感をあおっている。サポートカーに乗るマネージャーのジェイク・ミラーがドギーにかける声なども収録されていて、臨場感たっぷり。もともとライブ映像だったけど、まだ視聴できるので、ぜひ見てみてください。

2016マン島・ゴール近く

なおレッドブルでは、マン島1周ウイリー挑戦のオンラインゲームも用意している。

関連記事

うさぎの飼い方・飼われ方

うさぎを飼うのはむずかしいのかと聞かれたので、知ったかぶりしてうちのウサギがどんなふうに飼われているのかをご紹介します。 あまり参考に…

2017お勉強会

5/19川内村お勉強会

 2010年、2012年〜2017年と開催して好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。  福島県双葉…

小川友幸、奇跡的大逆転の2018近畿大会

2018年第2戦近畿大会は、4月15日、和歌山県の湯浅トライアルパークで開催された。天気予報は土曜日から日曜日にかけて春の嵐ということで、悪…

2018全日本第2戦現在ランキング

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。 ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってる…

2018全日本近畿、加賀、西村、和田、ベテラン強し

4月15日、全日本第2戦近畿大会。 IAは加賀国光がさすがの勝利。ベテラン勢が上位を占めたが、武田呼人が1ラップ目にトップで5位に入っ…

ページ上部へ戻る