2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  3. 全日本R3九州までのランキング
  4. 全日本R3九州リザルト
  5. 2018EMと成田匠.fr
  6. MFJトライアル
  7. 1805電子版
  8. 2018年5月号
  9. ムーブレバー
  10. トムス新製品
  11. リザルト関東
  12. 2017お勉強会
  13. TY-Eデビューラン
  14. 自然山通信電子版4月号
  15. 自然山通信2018年4月号
  16. リザルト中国
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. リザルト関東
  21. リザルト近畿
  22. リザルト四国
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. 2018年3月号電子版
  27. 2018年3月号
  28. 1802木彫山本さん
  29. HOSTAL DEL GUIU
  30. イベント(スクール)
  31. 2018 TRRS RAGA RACING
  32. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  33. イベント(スクール)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. リザルト四国
  40. フロントフォークプロテクター
  41. Vertigo VERTICAL
  42. 三谷アルミニップル
  43. リザルト中国
  44. TLM50用スプロケット
  45. JITISIEカーボンプロテクター
  46. イベント(大会)
  47. リザルト中国
  48. イベント(スクール)
  49. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  50. 自然山通信2018年2月号発売
  51. イベント(スクール)
  52. イベント(大会)
  53. リザルト関東
  54. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  55. リザルト九州
  56. リザルト中国
  57. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  58. イベント(大会)
  59. T-TRIAL R2モンペリエ
  60. リザルト中国
  61. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  62. リザルト関東
  63. イベント(その他)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

FIMトライアル

トライアルプロモーター、Sport7誕生

世界選手権最終戦、イタリアGPの土曜日に、参加者、関係者、報道陣を集めて重大発表があるということで、こちらがその重大発表の会場。いまやFIMの事実上のトップとなったイグナシオ・ベルネダ(元トライアル委員長、タレスやビルバオの時代にスペインの協会チームを引き連れて世界選手権を転戦していたトライアル人)が壇上に登場して、トライアルの未来について熱く語ったあと、現トライアル委員長、ティエリー・ミショー、そしてジェイク・ミラーが今後について語った。

2016FIMの発表

会場には選手を始め、多くの関係者がつめかけたが、これはもしかして、来年以降のルールの改変の発表があるからではないかと想像したからではないか。しかし事実は、来シーズン以降、トライアルのよりよき発展のために、トライアル・プロモーターが誕生するという発表だった。その親分に就任するのが、これまでFIMトライアル世界選手権で長く広報官を務めているイギリス人のジェイクで、プロモーターとなるのは運営する広報会社G2Fの子会社的存在のSport7だ。

2016もてぎでのジェイク

ジェイクはこれまでも、トライアルに関連する数々の仕事をこなしてきた。ドギー・ランプキンの広報官としての経歴は18年、世界選手権イギリス大会の主催活動も5回におよび、レッドブルとは15年、FIMとホンダとの関係は12年にもなる。

最近は忙しそうで、日本GPの際にも来日しないこともあったりしたが(そういうとき、今年のもてぎには来ていた。左の写真は表彰台に藤波といっしょに乗ったルナちゃんと大貴くんを運んでいるジェイク。

FIMとSport7との契約はとりあえず5年ということで、2022年まではジェイクを中心にトライアルGPなどのトップイベントの広報啓蒙活動が行われることになる。

この会場で発表されたのは、トライアルGPの開催数や開催場所。トライアルGPとトライアル2は、土日のダブルヘッダーを8大会、ヨーロッパで6大会、ヨーロッパ大陸以外で2大会(日本とアメリカとオーストラリアが同一年に開催されることはない、ということだ)。トライアル125とトライアルウイメンは4大会。ベスト主催者とは複数年の契約ができる(もてぎでの毎年開催はこの条項による、ということになる)などなど。

トライアルはモトGPのように発展する素地があり、今回のプロモーター誕生はそのチャンス。FIM、主催者、チーム、ライダー、プレス、観客の皆さん、みんなが一丸となって、トライアルを盛り上げていこうという発表会だった。

関連記事

化けるか野崎ぶっちぎり勝利

化けるか、野崎。ぶっちぎり勝利の2018九州大会

野崎史高が、3年ぶりに勝利をおさめた。今回の野崎は、ライバルも舌を巻く絶好調でのぶっちぎり。2ラップを終えて、SSを待たずに勝利を決めた。 …

全日本R3九州までのランキング

2018全日本ランキング(〜第3戦)

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってるかも…

全日本R3九州リザルト

2018全日本第3戦九州大会全結果

2018全日本選手権シリーズ第3戦九州大会 2018年5月13日 天候:曇りのち雨 大分県玖珠郡玖珠町玖珠トライアルヒルズ 観客…

2018SSDT、水曜、木曜、どうでしょう?

スコティッシュ6日間トライアルは、いよいよ佳境。海の向こうでは、250名近いトライアルばかどもが、この世のものとも思えない魅力的な荒野と戦っ…

2018 SSDT(1日目・2日目)

2018年SSDTが始まっている。スコットランドの荒野を舞台に、6日間に渡って開催される伝統のトライアルイベント。トライアルライダーたる者、…

ページ上部へ戻る