2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. TRIAL動画チャンネル
  3. TY-Eデビューラン
  4. 自然山通信電子版4月号
  5. 自然山通信2018年4月号
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. リザルト関東
  10. リザルト近畿
  11. リザルト四国
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. 2018年3月号電子版
  16. 2018年3月号
  17. 1802木彫山本さん
  18. HOSTAL DEL GUIU
  19. イベント(スクール)
  20. 2018 TRRS RAGA RACING
  21. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  22. イベント(スクール)
  23. イベント(スクール)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. リザルト四国
  29. フロントフォークプロテクター
  30. Vertigo VERTICAL
  31. 三谷アルミニップル
  32. リザルト中国
  33. TLM50用スプロケット
  34. JITISIEカーボンプロテクター
  35. イベント(大会)
  36. リザルト中国
  37. イベント(スクール)
  38. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  39. 自然山通信2018年2月号発売
  40. イベント(スクール)
  41. イベント(大会)
  42. リザルト関東
  43. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  44. リザルト九州
  45. リザルト中国
  46. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  47. イベント(大会)
  48. T-TRIAL R2モンペリエ
  49. リザルト中国
  50. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  51. 2017お勉強会
  52. リザルト関東
  53. イベント(その他)
  54. リザルト関東
  55. リザルト中部
  56. ぱわあくらふとのワイドステップ
  57. リザルト中国
  58. 三谷モータースポーツの新製品情報
  59. 2018年1月号電子版発売しました
  60. 年末年始休業のお知らせ
  61. 2018年1月号発売のお知らせ
  62. イベント(大会)
  63. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  64. 2018 SCORPA Racing
  65. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  66. 自然山通信2018年1月号
  67. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ライア、まず1勝

09アンドラのライア

 2009年女子世界選手権は、世界選手権アンドラ大会の土曜日に第1戦が開催された。
 予定通りというか、結果はライア・サンツのぶっちぎり。2位に17点差、ダブルスコア以上の大差をつけた。
 2位はイギリスのクック・レベッカ。3位もイギリス人のジョアンヌ・コルスが入った。コルスは2008年に世界選手権の舞台に本格デビューしてきたニューカマーで、急成長に注目が集まっている。
 表彰台から滑り落ちてしまったのがイリス・クラマー。2007年世界チャンピオンも、若手の台頭にちょっと苦戦のようだ。

09アンドラ表彰式

アンドラの表彰式。左からクック、サンツ、コルス

 ライア・サンツは、これまでに8回の女子世界選手権タイトルを獲得している。うち、2007年にはイリス・クラマーに敗退してタイトルを取りのがしているから、7年連続の8回のタイトルということになる。ドギー・ランプキンが7回連続の7回タイトル、ジョルディ・タレスが2回の3年連続を含む7回のタイトル獲得を記録しているから、トライアルの世界王者としては文句なしに世界一だ。
 日本のみなさんには、女子トライアルはまだ認知が徹底していないし、その格式も男子部門に比べると劣ると思われているフシがあるが、ヨーロッパではけっしてそんなことはない。レプソル・モンテッサ・ホンダのスポンサーであるレプソルなどは、ライアのチャンピオンの力量に着目してスポンサード契約を締結したというし、現役のチャンピオンという点で、その名誉地位はランプキンや藤波を上回るものがあるという。今年、ライアはジュニアカップへの本格参戦を中断しているが、それも、ジュニアカップへの参戦が女子世界選手権タイトル獲得の障壁になるようではいけないという判断からだ。
 2位に入ったクック・レベッカは、昨年まではガスガスに乗っていたが、今年はシェルコに乗り換えた。MRS SHERCOというこのチームは、マルコム・ラスメルが率いる名門チーム。マイケル・ブラウンやユースクラスで活躍するジョナサン・リチャードソンもこのチームに属している。イリス・クラマーとの2位争いを勝ち上がり、次はなんとかライアの牙城に狙いを定めたいところだが、さて、勝機はあるか。
 ルーキーのジョアンヌ・コルスは、今回の3位がフロックなのか実力なのか、もう少し見極めなければいけないだろう。しかしいずれにしても、イギリスが次から次へと新しい才能を輩出してくるのは注目に値する。マリア・コンウェイやドンナ・フォックスなどのイギリス女子トップライダーが今回参戦していないのもあるが、若手が確実に育っているという点で、イギリスは(男女ともに)今後驚異の国になるにちがいない。
 女王イリス・クラマーは、1ラップ目は2位をキープしたものの、2ラップ目にイギリス勢の倍の減点を叩いてしまって4位。5位のロシータ・レオッタ(イリスと同じくドイツ人)との間にはまだいくらか点差があるから、ミスがあっても4位キープできるのは、まだまだ高い実力を持っていることを証明している。

 今回のリザルトで注目したいのは、スペイン勢だ。ライアが圧倒的に強いのは当然として、これまで、ライアの独り舞台の印象が強いスペイン女子トライアル界だった。ところがこんかいは6位にミレイア・コンデ、8位にアルバ・ビレガス、9位にサンドラ・ゴメス(ジュニアに参戦中のアルフレッド・ゴメスの妹)と若手スペイン勢が上位に進出してきた。いずれも、去年から本格参戦したルーキーたちだ。
 一時はデ・ナシオンで勝利したこともあるフランス(このときクリーン差で負けたのが日本だ)だが、今回は最上位がサンドリン・ジュフェの10位にとどまった。
 ライアの圧勝はいつまで続くのか、そしてデ・ナシオンで覇権を握るのはどこの国か。そんなことを占いながらながめる女子世界選手権は、とても楽しい。
 参戦していない日本は、その点では権利がない。最下位以下の存在だ。残念。

関連記事

小川友幸、奇跡的大逆転の2018近畿大会

2018年第2戦近畿大会は、4月15日、和歌山県の湯浅トライアルパークで開催された。天気予報は土曜日から日曜日にかけて春の嵐ということで、悪…

2018全日本第2戦現在ランキング

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。 ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってる…

2018全日本第2戦近畿大会

2018トライアル全日本選手権シリーズ 第2戦近畿大会 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 観客数:1,150人 雨の…

三七三の再開にうれし涙なう

三七三が帰ってきた。震災前からやっている食べ物屋さんは、ここ数年どこも閉まっちゃっていて、とってもさびしかったのだけど、そのひとつが戻ってき…

黒山健一は世界チャンピオンになれるか

黒山健一が、世界チャンピオンを目指して、7月の世界選手権トライアルGPの2戦に参戦する。野崎史高(2002年ジュニアチャンピオン)、藤波貴久…

ページ上部へ戻る