2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. 1日目優勝のファハルド
  10. イベント(大会)
  11. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  12. リザルト東北
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト四国
  17. リザルト中国
  18. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  19. 全日本R3九州までのランキング
  20. 全日本R3九州リザルト
  21. 2018EMと成田匠.fr
  22. MFJトライアル
  23. 1805電子版
  24. 2018年5月号
  25. リザルト近畿
  26. ムーブレバー
  27. トムス新製品
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト四国
  33. リザルト関東
  34. 2017お勉強会
  35. TY-Eデビューラン
  36. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  37. 自然山通信電子版4月号
  38. 自然山通信2018年4月号
  39. リザルト中国
  40. リザルト中国
  41. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  42. リザルト関東
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト関東
  48. リザルト四国
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. 2018年3月号電子版

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

藤波、ランキング5位となった最終戦

9月17日、北イタリアトレント郊外。世界選手権最終戦は、2017年一番のドラマチックイベントとなった。

ボウ優勝、2位ラガ、そして3位にブストと、上位3人はそのまま今年のランキング順。ブストがついにランキング3番を獲得した。

注目のランキング4位争いは、藤波がありえないくらいに不調。後半、気持ちを切り替えて走るも、なんと10位で終了するという結果になった。ランキングは5位が決定した。

2017イタリア最終戦のボウ

トニー・ボウの王者ぶりは、第1セクションから発揮された。ブストが1点を取った以外は3点と5点で苦しむライダーばかりだったに、ボウは華麗にここをクリーン。1ラップ目にして、2位のラガにダブルスコアのリードを作ってしまった。

苦しんだのは藤波だった。1ラップ目、藤波は第7セクションまでをオール5点。なんと豪快な不調ぶりだった。

第6セクションからは、いくらかクリーンセクションになったのだが、そこでも5点を連発して、なんともたいへんなことになった。それでもライバルのファハルドもそこここで減点するようになって、1ラップ目の両者は7点差と、2ラップ目次第では可能性を感じるものでもあった。

2017イタリア最終戦の藤波

しかし、2ラップ目、ラガやボウがほとんどオールクリーンの勢いでセクションを攻めてくるのに対し(ラガは2ラップ目、クリーンを14個たたき出した)、藤波は第1で2点、第2で5点、第3で3点と、追いつきたいファハルドにこの3セクションだけで7点差をつけられてしまう。

2017イタリア最終戦のファハルド

その後、藤波はペースを早め、それまでスタート順の通りファハルドの後ろを走っていたのをやめて、どんどん先を急ぎ、観客にアピールを繰り返しながら、イタリア人の好きなフジガスが健在であることを見せつけた。あいかわらず、走りは絶好調にはほど遠かったが、後半の藤波は、吹っ切れたように観客とトライアルを楽しんでいるようにも見えた。

なんともとんでもないリザルトとなった藤波の最終戦だったが、ランキング5位は確保、そして後輩ハイメ・ブストは堂々ランキング3位を獲得。日本大会の時に比べても、完全に自信たっぷりのトップライダーに成長していた。

2017イタリア最終戦のブスト

金色に光るフロントフォークが渋いアダム・ラガは、しかし今大会3点のベストラップを2ラップ目にマーク。まだまだ世界のトップを走れるところを見せつけて2017年シーズンの幕を下ろした。

2017イタリア最終戦のラガ

トライアルGPのタイトルになって1年目。オーガナイザーは新しいこのシステムに、トライアルの未来を託している。2018年、世界選手権は、また新たな変化を見せるかもしれない。

関連記事

9/2中国大会は予定通り開催

9月2日、全日本選手権中国大会の日程が迫ってきた。 中国、四国地方では大雨の被害でたいへんなことになっているが、全日本選手権トライアルは予…

勝つべき北海道で小川友幸、ぎりぎり勝利

2018年7月15日。例年どおり、全日本選手権第4戦は、北の大地北海道へやってきた。さわやかなイメージの北海道だが、こと全日本に関しては強い…

2018全日本ランキング(〜第4戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

黒山とTY-E、フランスGPで勝利

2018年7月15日、南フランスのアルプス地方オーロンで開催されたトライアルGPで、黒山健一がみごと勝利を果たした。 2017年から始…

2018全日本北海道全結果

全日本選手権第4戦北海道大会 2018年7月14・15日 北海道上川郡和寒町わっさむサーキット 観客数:700人 (さらに&h…

ページ上部へ戻る