2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. TRIAL動画チャンネル
  3. TY-Eデビューラン
  4. 自然山通信電子版4月号
  5. 自然山通信2018年4月号
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. リザルト関東
  10. リザルト近畿
  11. リザルト四国
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. 2018年3月号電子版
  16. 2018年3月号
  17. 1802木彫山本さん
  18. HOSTAL DEL GUIU
  19. イベント(スクール)
  20. 2018 TRRS RAGA RACING
  21. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  22. イベント(スクール)
  23. イベント(スクール)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. リザルト四国
  29. フロントフォークプロテクター
  30. Vertigo VERTICAL
  31. 三谷アルミニップル
  32. リザルト中国
  33. TLM50用スプロケット
  34. JITISIEカーボンプロテクター
  35. イベント(大会)
  36. リザルト中国
  37. イベント(スクール)
  38. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  39. 自然山通信2018年2月号発売
  40. イベント(スクール)
  41. イベント(大会)
  42. リザルト関東
  43. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  44. リザルト九州
  45. リザルト中国
  46. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  47. イベント(大会)
  48. T-TRIAL R2モンペリエ
  49. リザルト中国
  50. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  51. 2017お勉強会
  52. リザルト関東
  53. イベント(その他)
  54. リザルト関東
  55. リザルト中部
  56. ぱわあくらふとのワイドステップ
  57. リザルト中国
  58. 三谷モータースポーツの新製品情報
  59. 2018年1月号電子版発売しました
  60. 年末年始休業のお知らせ
  61. 2018年1月号発売のお知らせ
  62. イベント(大会)
  63. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  64. 2018 SCORPA Racing
  65. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  66. 自然山通信2018年1月号
  67. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

藤波、ランキング5位となった最終戦

9月17日、北イタリアトレント郊外。世界選手権最終戦は、2017年一番のドラマチックイベントとなった。

ボウ優勝、2位ラガ、そして3位にブストと、上位3人はそのまま今年のランキング順。ブストがついにランキング3番を獲得した。

注目のランキング4位争いは、藤波がありえないくらいに不調。後半、気持ちを切り替えて走るも、なんと10位で終了するという結果になった。ランキングは5位が決定した。

2017イタリア最終戦のボウ

トニー・ボウの王者ぶりは、第1セクションから発揮された。ブストが1点を取った以外は3点と5点で苦しむライダーばかりだったに、ボウは華麗にここをクリーン。1ラップ目にして、2位のラガにダブルスコアのリードを作ってしまった。

苦しんだのは藤波だった。1ラップ目、藤波は第7セクションまでをオール5点。なんと豪快な不調ぶりだった。

第6セクションからは、いくらかクリーンセクションになったのだが、そこでも5点を連発して、なんともたいへんなことになった。それでもライバルのファハルドもそこここで減点するようになって、1ラップ目の両者は7点差と、2ラップ目次第では可能性を感じるものでもあった。

2017イタリア最終戦の藤波

しかし、2ラップ目、ラガやボウがほとんどオールクリーンの勢いでセクションを攻めてくるのに対し(ラガは2ラップ目、クリーンを14個たたき出した)、藤波は第1で2点、第2で5点、第3で3点と、追いつきたいファハルドにこの3セクションだけで7点差をつけられてしまう。

2017イタリア最終戦のファハルド

その後、藤波はペースを早め、それまでスタート順の通りファハルドの後ろを走っていたのをやめて、どんどん先を急ぎ、観客にアピールを繰り返しながら、イタリア人の好きなフジガスが健在であることを見せつけた。あいかわらず、走りは絶好調にはほど遠かったが、後半の藤波は、吹っ切れたように観客とトライアルを楽しんでいるようにも見えた。

なんともとんでもないリザルトとなった藤波の最終戦だったが、ランキング5位は確保、そして後輩ハイメ・ブストは堂々ランキング3位を獲得。日本大会の時に比べても、完全に自信たっぷりのトップライダーに成長していた。

2017イタリア最終戦のブスト

金色に光るフロントフォークが渋いアダム・ラガは、しかし今大会3点のベストラップを2ラップ目にマーク。まだまだ世界のトップを走れるところを見せつけて2017年シーズンの幕を下ろした。

2017イタリア最終戦のラガ

トライアルGPのタイトルになって1年目。オーガナイザーは新しいこのシステムに、トライアルの未来を託している。2018年、世界選手権は、また新たな変化を見せるかもしれない。

関連記事

小川友幸、奇跡的大逆転の2018近畿大会

2018年第2戦近畿大会は、4月15日、和歌山県の湯浅トライアルパークで開催された。天気予報は土曜日から日曜日にかけて春の嵐ということで、悪…

2018全日本第2戦現在ランキング

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。 ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってる…

2018全日本第2戦近畿大会

2018トライアル全日本選手権シリーズ 第2戦近畿大会 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 観客数:1,150人 雨の…

三七三の再開にうれし涙なう

三七三が帰ってきた。震災前からやっている食べ物屋さんは、ここ数年どこも閉まっちゃっていて、とってもさびしかったのだけど、そのひとつが戻ってき…

黒山健一は世界チャンピオンになれるか

黒山健一が、世界チャンピオンを目指して、7月の世界選手権トライアルGPの2戦に参戦する。野崎史高(2002年ジュニアチャンピオン)、藤波貴久…

ページ上部へ戻る