2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. イベント(スクール)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  7. 全日本R3九州までのランキング
  8. 全日本R3九州リザルト
  9. 2018EMと成田匠.fr
  10. MFJトライアル
  11. 1805電子版
  12. 2018年5月号
  13. ムーブレバー
  14. トムス新製品
  15. リザルト関東
  16. 2017お勉強会
  17. TY-Eデビューラン
  18. 自然山通信電子版4月号
  19. 自然山通信2018年4月号
  20. リザルト中国
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト関東
  25. リザルト近畿
  26. リザルト四国
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. イベント(大会)
  30. 2018年3月号電子版
  31. 2018年3月号
  32. 1802木彫山本さん
  33. HOSTAL DEL GUIU
  34. イベント(スクール)
  35. 2018 TRRS RAGA RACING
  36. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(スクール)
  39. イベント(スクール)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト四国
  44. フロントフォークプロテクター
  45. Vertigo VERTICAL
  46. 三谷アルミニップル
  47. リザルト中国
  48. TLM50用スプロケット
  49. JITISIEカーボンプロテクター
  50. イベント(大会)
  51. リザルト中国
  52. イベント(スクール)
  53. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  54. 自然山通信2018年2月号発売
  55. イベント(スクール)
  56. イベント(大会)
  57. リザルト関東
  58. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  59. リザルト九州
  60. リザルト中国
  61. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  62. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

スコルパ再生へ

 フランスの裁判所から再生計画を却下され、再建が危ぶまれていたスコルパが、再生する見込みとなってきた。
 スコルパの株式は、シェルコの社長であるマルク・テシエ氏が買い取ることになった。つまりスコルパはシェルコの所有となる。今後は、シェルコとスコルパのテクノロジーが合体したマシンが登場することも考えられる。
 止まっていたパーツの供給も、早ければ9月頃からは再開されるようだ。ただし現時点では、あらゆる可能性が混沌としているも事実。
 ともあれ、スコルパの倒産による、最悪のシナリオは回避される可能性が高くなったのは大歓迎だ。
(写真はマルク・テシエさん)


 テシエさんは、実はスコルパの創設者でもある。スコルパを創設したあと、新たな可能性を求めてシェルコを創設した。テシエさんのいたころのスコルパはエンジンにロータックス製品を使用していたが、シェルコはパチャウ博士という元ガスガスのエンジニアを得て、コンパクトなエンジンを自社設計、軽量のトライアルマシンを完成させた。
 今回、スコルパがシェルコの傘下に入ったことで、シェルコは自社エンジンともヤマハエンジンともルートができたことになる。可能性だけを語れば、シェルコエンジンのスコルパ、ヤマハエンジンのスコルパ、あるいはヤマハエンジンのシェルコなどの登場も考えられる。
 さしあたって、現在はすでにスコルパからヤマハに発注がかけられて、宙に浮いてしまっているエンジンがあるので、これをきちんとした完成車として世に出す仕事が新生スコルパの最初の仕事となるだろう。
 先日来、ヤマハエンジンを搭載したガスガスのエンデューロマシンの登場のニュースもあったが、これはスコルパの届いたエンジンをガスガスが買い取ってくみ上げたものという観測が濃厚。
 これらの件については、真相はフランスの本社のみが把握していて、日本の代理店アルプス・ヴァンやヤマハサイドでも正確なところはつかめていない。
 スコルパと組むかたちでレース活動をしているヤマハの木村治男氏は、テシエ氏がスコルパを買い取るという情報が入る前の時点で次のように語っていた。
「スコルパのニュースが届いてから、あらゆる可能性を模索しています。どんな事態に決着するかによって、意外に簡単かもしれないし、いばらの道を歩むことになるかもしれないが、いばらの道を含めて、準備ははじめています」
 スコルパの再建は、どうやらもっともスムーズな決着を見ることになったようだが、マシンのラインナップがどうなるかなどは、もちろん今後に注目だ。
○輸入元:アルプス・ヴァン

関連記事

トニー・ボウ、日本で100勝なるか!?

まもなく、日本GP開催の日がやって来る。 21世紀の今、圧倒的王者はトニー・ボウ一推しでまちがいないが、そのボウが、もしかしたら日本で大記…

イベント(スクール)

野崎史高スクール(千葉県)

史トライアルスクールin関東 YSP京葉の主催です。 (さらに…)…

イベント(大会)

奥長良トライアルIN鷲ヶ岳

2018年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳開催のお知らせ 真夏のトライアル『奥長良トライアル』を今年も開催いたします。 初心者の方も楽しめ…

イベント(大会)

トムスカントリートライアル

今回も楽し〜いセクションを作ってお待ちしています。 (さらに…)…

イベント(大会)

2018 メッツカップ第2戦

「2018 メッツカップ第2戦」   昨年大好評だった有名人気ライダーと一日回れるメッツSHIRAI大会。今年も招待選手充実です!メッ…

ページ上部へ戻る