2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. TRIAL動画チャンネル
  3. TY-Eデビューラン
  4. 自然山通信電子版4月号
  5. 自然山通信2018年4月号
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. リザルト関東
  10. リザルト近畿
  11. リザルト四国
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. 2018年3月号電子版
  16. 2018年3月号
  17. 1802木彫山本さん
  18. HOSTAL DEL GUIU
  19. イベント(スクール)
  20. 2018 TRRS RAGA RACING
  21. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  22. イベント(スクール)
  23. イベント(スクール)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. リザルト四国
  29. フロントフォークプロテクター
  30. Vertigo VERTICAL
  31. 三谷アルミニップル
  32. リザルト中国
  33. TLM50用スプロケット
  34. JITISIEカーボンプロテクター
  35. イベント(大会)
  36. リザルト中国
  37. イベント(スクール)
  38. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  39. 自然山通信2018年2月号発売
  40. イベント(スクール)
  41. イベント(大会)
  42. リザルト関東
  43. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  44. リザルト九州
  45. リザルト中国
  46. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  47. イベント(大会)
  48. T-TRIAL R2モンペリエ
  49. リザルト中国
  50. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  51. 2017お勉強会
  52. リザルト関東
  53. イベント(その他)
  54. リザルト関東
  55. リザルト中部
  56. ぱわあくらふとのワイドステップ
  57. リザルト中国
  58. 三谷モータースポーツの新製品情報
  59. 2018年1月号電子版発売しました
  60. 年末年始休業のお知らせ
  61. 2018年1月号発売のお知らせ
  62. イベント(大会)
  63. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  64. 2018 SCORPA Racing
  65. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  66. 自然山通信2018年1月号
  67. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

藤波2位、ボウはあと1点

09スペイン表彰式

 世界選手権スペイン大会は、9月6日、バルセロナに近いトナで開催された。
 スペイン大会らしく、パサパサに乾いた地形を使った、徹底的に登りのセクション。この大会、トニー・ボウは藤波貴久に接戦を挑まれるが、よく逃げ切って勝利。2戦続けての3位から一転の優勝で、ランキングでは2位アダム・ラガに19点差をいけた。次の最終戦、フランス大会では、ライバルのラガの成績と関係なく、あと1点(15位入賞)獲得すれば、3年連続のアウトドア世界チャンピオンを決定ずくことになる。
 藤波貴久は、アンドラでの苦しい屈辱の4位から、晴れて2位表彰台を獲得。前回初優勝のジェロニ・ファハルドは3位。
 ラガは夏休みの間に膝の手術をしており、その影響か今回は4位。
 イギリス選手権で手首を骨折したドギー・ランプキンは無事出場を果たしたが11位となっている。

09スペイン藤波

2位に入った藤波貴久

 前回、アンドラでの藤波は、マシンの不調でまともにトライアルができない状況だった。藤波のモットーは、楽しくトライアルをすること。しかしマシンが思うように動かなければ、楽しめる以前の問題だった。
 もちろんマシンは今回までにすっかり復調。藤波の手足となって大会に臨んでいる。前回が4位だから、藤波はカベスタニーに次いでのスタート、藤波に続いて、ボウ、ラガ、そしてファハルドとスタートしていく。持ち時間が決められているから、あとからスタートするライダーは、先にスタートしたライダーがトライするまでは、余程の作戦がなければトライしない。今回の藤波は、ボウやラガの走りを参考にすることはできない。だから、彼らのことは気にせず、あくまで自分のトライを貫くことにして、試合経過を知ることもないままにセクションを攻め続けていった。
 1ラップ目、トップのボウが14点に対し、藤波は17点。ラガが23点、カベスタニーが27点だから、モンテッサの二人がひときわ減点数少なく1ラップ目を終了した。ただし藤波は、この時点では戦況をいっさい知らず。走りごたえから、トップに近い位置にいることは認識していたようだ。
 2ラップ目、ここではファハルドが調子を上げてきた。2ラップ目、ファハルドのポイントは12点。これは2ラップ目の藤波に並ぶもので、この結果でファハルドは5位から一気に3位表彰台までポジションをあげてきた。
 3位のラガは、アンドラ大会の直後に手術を受けて、2ヶ月の夏休みを有効に利用した。しかし世界選手系のトップを争うには、トレーニング不足は否めなかった。今回4位となったことで、チャンピオン奪還はほぼ絶望的となったが(最終戦でボウが無得点となり、ラガが優勝すればラガがチャンピオンになれる)、逆に言えば、藤波とのポイント差も大きく、ランキング2位は安泰だったから、それで手術に踏み切れたのだともいえる。
 手術といえば、手首の骨折を手術せずに大会に臨んだのがランプキンだった。今回、ランプキンは11位と低迷したが、それでもランキング5位のカベスタニーには5点差と食らいついている。まだランキング5位に進出する望みも絶たれてはいない。しかしそれ以上に、今回5点の選手権ポイントを加えたことで、ランキング7位のダビルとの間に14点差をキープ。前年同様のランキング6位の座は、ひとまず守れる公算が強い。
 今回、ジュニアクラスでチャンピオンを獲得したアレックス・ウイグが、いよいよ世界選手権に挑戦してきた。初参戦は10位。手負いの王者ランプキンや先輩マイケル・ブラウンを下してのこのポジションは、将来に向けて自信となったにちがいない。

09スペインのボウ

チャンピオンまであと1点のボウ

 ランキング争いは、トップ3は一段落。計算上は1位と2位の入れ替わりの可能性はあるが、事実上ほぼ決定。藤波も、2位には届かず、3位ファハルドとの点差は9点だから、計算上はまだ油断はできないが、これも事実上ほぼ決定。
 しかしそれ以降、4点差のファハルドとカベスタニーは、いまだ決着を見ていない。現状は、勢いづいているファハルドに分があるが、勝負は最後までわからない。
 残る1戦は、フランスで開催される。

世界選手権結果(トップ3)
Pos. Rider/Machine 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Lap TP Toral Clean
1 Toni Bou 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0 5 3 1 0 0 14 0
Montesa SPA 0 0 0 0 1 0 0 0 5 0 0 1 0 0 0 7 0 21 23
2 藤波 貴久 0 0 1 0 0 3 2 0 5 0 0 3 3 0 0 17 0
Montesa JPN 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0 1 5 1 0 0 12 0 29 20
3 Jeroni Fajardo 0 0 0 0 5 3 1 5 5 1 0 5 5 0 0 30 0
Beta SPA 0 0 0 0 0 0 2 1 5 0 0 3 1 0 0 12 0 42 17
4位以下
Pos. Rider Machine Nation L1 L2 T/O C
4 Adam Raga GasGas SPA 23 18 2 43 16
5 Albert Cabestany Sherco SPA 27 32 0 59 13
6 Marc Freixa GasGas SPA 29 39 4 72 12
7 James Dabill GasGas GBR 38 42 1 81 7
8 Daniel Oliveras GasGas SPA 44 41 4 89 7
9 Loris Gubian GasGas FRA 51 46 0 97 4
10 Alex Wigg Beta GBR 56 45 0 101 4
11 Dougie Lampkin Beta GBR 52 53 0 105 7
12 Michael Brown Sherco GBR 57 45 3 105 7
13 Henri Himmanen Beta SWE 73 66 0 139 0
ユース
1 Alfredo Gomez Montesa SPA 7 5 0 12 26
2 Matteo Grattarola Sherco ITA 10 4 0 14 23
3 Francesc Moret GasGas SPA 5 11 0 16 24
4 Ross Danby GasGas GBR 13 11 0 24 21
5 Alexandre Ferrer Sherco FRA 18 6 0 24 19
6 Guillaume Laniel GasGas FRA 12 14 0 26 19
7 Simone Staltari GasGas ITA 9 21 0 30 17
8 Jack Challoner Beta GBR 11 27 0 38 18
9 George Morton Beta GBR 28 18 0 46 13
10 Laia Sanz Montesa SPA 31 24 0 55 14
11 Mardon Moi Beta NOR 24 32 0 56 12
12 Ivan Peydro GasGas SPA 34 19 0 53 8
13 Jochen Schafer GasGas GER 28 45 0 73 7
14 Janathan Richardson Sherco GBR 37 41 0 78 10
15 Jan Peters Beta GER 43 37 0 80 7
16 James Fry Sherco GBR 40 48 0 88 6
17 Guillaume Jean Beta FRA 43 46 0 89 5
18 Ben Wibberley GasGas GBR 52 45 0 97 7
19 Jean Philippe Lerda GasGas FRA 45 57 0 102 5
20 Lewis Nolan Sherco MAL 62 52 0 114 3
21 Kyle Middleton GasGas MAL 54 63 0 117 2
22 Johannes Gschaider Beta AUS 69 73 0 142 0
R Ewoud Lalkens GasGas NED
DNS Benoit Dabnicourt Beta FRA
G Martin Kroustek Beta CZE 25 15 0
ユース
1 Pere Borrellas GasGas SPA 1 5 0 6 24
2 Jack Sheppard Beta GBR 7 3 0 10 22
3 Maxime Wareghien Sherco BEL 5 8 0 13 24
4 Tanguy Mottin GasGas FRA 4 11 0 15 20
5 Carles Traviesa GasGas GBR 8 8 0 16 22
6 Luca Cotone Beta ITA 10 7 0 17 25
7 Marcos Mendez Sherco SPA 2 15 0 17 23
8 Matteo Poli Beta ITA 5 22 0 27 20
9 Matteo Cominoli Beta ITA 16 12 0 28 18
10 Ben Morphett Beta GBR 15 17 0 32 18
11 Jonathan Walker Sherco GBR 13 21 0 34 17
12 Francesc Ciurana GasGas SPA 17 24 0 41 17
13 Hakon Pedersen Sherco NOR 21 20 0 41 17
14 Ismael Catalin GasGas ITA 19 31 0 50 12
15 Gianluca Tournour GasGas ITA 25 27 0 52 11
16 Marc Horrach GasGas SPA 21 32 0 53 13
17 Romain Tessariol GasGas FRA 22 34 0 56 10
18 Aaro Castells GasGas SPA 30 28 0 58 7
19 Rafael Latorre Beta SPA 34 41 0 75 10
20 Gabriel Marcinow GasGas POL 34 41 0 75 5
21 Jesus Martin GasGas SPA 35 24 0 78 9
22 Pedro Sousa GasGas POR 50 51 0 101 5
23 Diogo Vieira GasGas POR 62 66 0 128 1

関連記事

小川友幸、奇跡的大逆転の2018近畿大会

2018年第2戦近畿大会は、4月15日、和歌山県の湯浅トライアルパークで開催された。天気予報は土曜日から日曜日にかけて春の嵐ということで、悪…

2018全日本第2戦現在ランキング

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。 ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってる…

2018全日本第2戦近畿大会

2018トライアル全日本選手権シリーズ 第2戦近畿大会 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 観客数:1,150人 雨の…

三七三の再開にうれし涙なう

三七三が帰ってきた。震災前からやっている食べ物屋さんは、ここ数年どこも閉まっちゃっていて、とってもさびしかったのだけど、そのひとつが戻ってき…

黒山健一は世界チャンピオンになれるか

黒山健一が、世界チャンピオンを目指して、7月の世界選手権トライアルGPの2戦に参戦する。野崎史高(2002年ジュニアチャンピオン)、藤波貴久…

ページ上部へ戻る