2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. 1日目優勝のファハルド
  10. イベント(大会)
  11. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  12. リザルト東北
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト四国
  17. リザルト中国
  18. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  19. 全日本R3九州までのランキング
  20. 全日本R3九州リザルト
  21. 2018EMと成田匠.fr
  22. MFJトライアル
  23. 1805電子版
  24. 2018年5月号
  25. リザルト近畿
  26. ムーブレバー
  27. トムス新製品
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト四国
  33. リザルト関東
  34. 2017お勉強会
  35. TY-Eデビューラン
  36. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  37. 自然山通信電子版4月号
  38. 自然山通信2018年4月号
  39. リザルト中国
  40. リザルト中国
  41. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  42. リザルト関東
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト関東
  48. リザルト四国
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. 2018年3月号電子版

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ライア、9回目の世界チャンピオン

09フランスのライア

 ライア・サンツが、2年連続、9回目の世界チャンピオンを獲得した。
 9月12日、フランスのISOLA2000で開催された女子世界選手権第2戦。すでに、アンドラで開催された6月の開幕戦で1勝を挙げているライアは、この第2戦でも勝って2連勝。
 女子世界選手権では、全3戦のうち成績の良い2戦を算出する有効得点制を用いている。2連勝したライアは、最終戦イタリア大会(TDNの週の金曜日)に参加しなくても、これを破るライダーが現れることなく、2年連続の世界王座に輝いた。
 2007年はほんのひとつのミスでタイトルを逃したライアだが、それ以前に7回の世界王座に輝いていて、今回のタイトルは9回目となる。トライアル史上、7年連続チャンピオンはドギー・ランプキンと並び、9回の世界タイトルはライアただ一人だ。


 今回の2位は、7月にスコルパからガスガスに戻ったイリス・クラマー。2007年にライアを破ったその人で、もちろんライアが登場する以前は圧倒的に強い女性王者だった。
 イリスはアンドラではスイッチしたばかりのマシンとの不慣れがあったのか、4位と低迷。しかし今回は指定席たる2位の座に戻って、イギリスのクック・レベッカとの2位争いを繰り広げている。
 今回の3位は、そのレベッカ。シェルコにマシンをスイッチして、さらに上を目指している最中のレベッカだが、今回は1ラップ2ラップともにイリスに1点差ずつつけられて3位に甘んじた。アンドラで2位にはいっているから、ランキングではいまだイリスを抑えて2位につける。
 3位レベッカから5位エマ・ブリストウまではイギリス人。しかしマリア・コンウェイやフォックス・ドンナといった強者の姿がなく、4位に入ったジョアンヌ・コルスは去年から世界選手権に出場し始めたルーキー的存在。イギリスの女子トライアルは、才能あふれるライダーが確実に育っているようだ。
 6位にドイツのナンバー2たるロシータ・レオッタ。7位にアルフレッド・ゴメスの妹であるサンドラ・ゴメス。スペイン人としてはライアについでの2番目のポジション。8位がドイツ人のイナ・ワイルド、9位がスペインノミレイア・コンデと、スペイン、ドイツ、イギリスが3人ずつ並んだ上位9名。今年のTDNもこの3チームの熾烈な戦いが期待できそうだ。
 2004年にTDNで勝利したフランスはようやく10位にマリリーン・ジョルネが入った程度。2004年にそのフランスと接戦を繰り広げた日本は誰も出場していなというなさけない状況だ。
 低位置ではあるが、オーストラリアからの遠征組が、16位、19位、失格と3人並んでいる。彼らはTDNに照準を合わせて、その1週間前のフランス大会に参加をしたものだ。こういう国際的活動ができない日本の国情(MFJもライダー個々も、チームもメーカーも雑誌屋も、すべてがなさけない)が残念。

関連記事

9/2中国大会は予定通り開催

9月2日、全日本選手権中国大会の日程が迫ってきた。 中国、四国地方では大雨の被害でたいへんなことになっているが、全日本選手権トライアルは予…

勝つべき北海道で小川友幸、ぎりぎり勝利

2018年7月15日。例年どおり、全日本選手権第4戦は、北の大地北海道へやってきた。さわやかなイメージの北海道だが、こと全日本に関しては強い…

2018全日本ランキング(〜第4戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

黒山とTY-E、フランスGPで勝利

2018年7月15日、南フランスのアルプス地方オーロンで開催されたトライアルGPで、黒山健一がみごと勝利を果たした。 2017年から始…

2018全日本北海道全結果

全日本選手権第4戦北海道大会 2018年7月14・15日 北海道上川郡和寒町わっさむサーキット 観客数:700人 (さらに&h…

ページ上部へ戻る