2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. TRIAL動画チャンネル
  3. 2017お勉強会
  4. TY-Eデビューラン
  5. 自然山通信電子版4月号
  6. 自然山通信2018年4月号
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト関東
  11. リザルト近畿
  12. リザルト四国
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. 2018年3月号電子版
  17. 2018年3月号
  18. 1802木彫山本さん
  19. HOSTAL DEL GUIU
  20. イベント(スクール)
  21. 2018 TRRS RAGA RACING
  22. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  23. イベント(スクール)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(スクール)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. リザルト四国
  30. フロントフォークプロテクター
  31. Vertigo VERTICAL
  32. 三谷アルミニップル
  33. リザルト中国
  34. TLM50用スプロケット
  35. JITISIEカーボンプロテクター
  36. イベント(大会)
  37. リザルト中国
  38. イベント(スクール)
  39. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  40. 自然山通信2018年2月号発売
  41. イベント(スクール)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト関東
  44. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  45. リザルト九州
  46. リザルト中国
  47. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  48. イベント(大会)
  49. T-TRIAL R2モンペリエ
  50. リザルト中国
  51. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  52. リザルト関東
  53. イベント(その他)
  54. リザルト関東
  55. リザルト中部
  56. ぱわあくらふとのワイドステップ
  57. リザルト中国
  58. 三谷モータースポーツの新製品情報
  59. 2018年1月号電子版発売しました
  60. 年末年始休業のお知らせ
  61. 2018年1月号発売のお知らせ
  62. イベント(大会)
  63. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  64. 2018 SCORPA Racing
  65. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  66. 自然山通信2018年1月号

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

黒山健一は世界チャンピオンになれるか

黒山健一が、世界チャンピオンを目指して、7月の世界選手権トライアルGPの2戦に参戦する。野崎史高(2002年ジュニアチャンピオン)、藤波貴久(2004年世界チャンピオン)に次ぐ、3人目の世界チャンピオン誕生になるか。期待は広がる。

1803黒山健一のTXEデモ

黒山健一が参戦を表明したトライアルEクラスは、世界選手権の6番目のカテゴリーとなる。世界選手権のカテゴリーば、最高峰クラスTRIALGP、女子の最高峰TRIALGP WOMEN。セカンドクラスとなるTRIAL2、TRIAL2 WOMEN、そして若手登竜門のTRIAL125となる。

TRIALGPとTRIAL2は2018年シーズンに9戦(8大会)組まれている。WOMENクラスは4戦(3大会)、125ccは6戦(5大会)。これに加わるTRIALEが2大会2戦となっている。

TRIALEはその名の通り、電動バイクのクラスだ。2017年から世界選手権に組み込まれたが、2017年は1戦のみの開催。2018年は、2戦とはいえ、初めての選手権らしい選手権となる。

2017年、フランスGPの1戦のみの戦いでタイトルを獲得したのは、ガスガスTXEに乗るマルク・コロメだった。コロメはご存知、1996年、モンテッサCota315Rプロトタイプで世界チャンピオンを獲得させたスペイン人。TXEもまた、プロトタイプデビューイヤーでのチャンピオン獲得だった。

2017年、フランスGPが開催された当時、このクラスにエントリーができる市販トライアルマシンは、エレクトリック・モーション社(フランス)のEMがあるだけだった。参加したのは12台で、EMは7台が参加。ガスガスTXEはプロトタイプで、参加はコロメの1台のみ。他に、メカテクノが2台、SoREVが1台、参戦していた。

SoREVなるマシンは、どうやら個人の手作りマシンで、仕上がりも美しいとはいえないし、ちゃんと走るのかが心配な外観だったが、きっちり5位にはいっていた。ライダーがいいのか、マシンがいいのか、その両方か、判断はむずかしい。

http://todotrial.com/es/pruebas/novedades/item/5792-asi-es-la-sorev-electrica.html
TodoTrialのSoREVについての記事

黒山健一は11年間世界選手権に参戦、4度の優勝、2度ランキング3位の成績を残している。エンジンバイクではなしえなかった世界制覇、その夢をかなえるチャンスが、再びめぐってきた。黒山の力量とヤマハファクトリーの底力を持ってすれば、それは充分可能だと思われる。しかしあらゆる点が未知の、トライアルの本場ヨーロッパでの電動トライアルバイクの世界。ここでは、日本で得られる情報を吟味して、黒山のタイトル獲得の可能性について検証してみたい。なにごとも、世界の頂点に立つのは、そんなに簡単ではないはずだから。

http://www.trialgp.com/index.php/rider-profiles/triale-class
TRIALGPサイトのTRIALEクラス参戦ライダー

TRIALGPサイトのこのライダー紹介は、2017年の参加者で、2018年のリストはまだ出ていない。いまのところでは、データとなるのはフランスGPの結果表だけだ。15セクション2ラップで、コロメの減点が19点、2位が67点だから、やはり世界チャンピオンの実力は卓越している。

ここで、コロメに大差で2位となったセサール・パニなるライダーについて調べてみると、無名のおじさんと思いきや、1993年にヨーロッパ選手権でランキング2位になった立派なライダーで、コロメとは同い年だった。ちなみにこの年のチャンピオンはドギー・ランプキンだった。

http://todotrial.com/es/reportajes/item/5927-entrevista-a-cesar-panicot.html#.WsWRNsjLgo8
TodoTrialのセサール・パニへのインタビュー

我が黒山健一はというと、実は1995年にヨーロッパ選手権に出場したことがある。日本人だから、本当はヨーロッパ選手権に出場する権利はないのだが、よくも悪くもどんぶりな感じで出場ができたものと思われる。このときのチャンピオンはマルセル・ジュストリボ。黒山はランキング2位だった。この戦績だけ見れば、黒山はバニなるライダーとどっこいということになるのか。

いやいや、パニはヨーロッパ選手権ランキング2位となった後、世界選手権に挑戦することなく、トライアルの一線から退いていたらしいので、その点、黒山といっしょにしてしまってはどちらにも失礼になるだろう。

https://www.tmxnews.co.uk/news/trials/mecatecno-set-to-launch-t18-model/
メカテクノのニューモデル登場を伝えるT+MXニュース

フランスGPの5位には、マテオ・ボシスなる選手がいる。ボシスといえば、急逝したイタリアの高名なチャンピオン級ライダーだが、このマテオはその息子になる。YouTubeを見ると、マテオがEMに乗るシーンを見られるのだけど、これがなかなか素晴らしい走りをしている。


マテオ・ボシスとエレクトリックモーションマシン

それでもコロメ19点に対して106点もの減点を献上するのだから、トライアルはむずかしいということだろう。

黒山は世界選手権に挑戦するについて、セクション的には問題なく走れるはずだと読んでいる。現状のTY-Eのポテンシャルは、全日本選手権のIASをなんとか走れる、IAの上位陣とはよい戦いができるというのが黒山の読みだ。セクションの走破力は必ずしも排気量とイコールではないが、この黒山コメントを翻訳すると、250ccエンジンと同等かそれ以上の実力は持っているということだろう。

https://emmoto.com/models/
エレクトリックモーションの市販マシンラインナップ

TRIALEは、TRIAL125と同じゲート・カラーが緑のラインを通る。16歳のデビューの頃から、世界選手権GPクラスのセクションしか走ったことがない黒山にとって、TRIAL2やTRIAL125のラインは目をつぶって走れるとは言わないまでも、そうとう次元のちがうレベルというのは、疑いがない。

ちなみにフランスGPでのTRIAL125の優勝スコアは26点、コロメは19点だから、さすがに世界チャンピオンの貫録は充分。というか、125ccの若いライダーに7点差というのは、逆に僅差に過ぎる気さえする。コロメも、実戦から遠ざかっていて(引退して、もう10年ほどになる)トライアル勘がにぶったといえばコロメに失礼か。コロメも、本格的復帰を考えず、テストの延長として参加しただけかもしれない。

しかし7点差はあくまでもトータルの減点差。コロメは1ラップ目に減点19を献上し、2ラップ目はオールクリーンをした。おそらく、オールクリーンこそが本来のコロメの実力ではないだろうか。1ラップ目の減点はトライアル勘の問題か、あるいはTXEとの完熟不足だったと考えると合点がいく。

2018年のTRIALEセクションが2017年と同じわけはないのだが、仮にライバルがオールクリーンをしてくるとなると、また別のむずかしい勝負になってくる。全日本で何回かオールクリーンを達成したことのある黒山だが、世界選手権で、電動バイクで、オールクリーン前提の勝負を強いられるとなると、課題もまた増えてくる。

もちろん、出場ライダーに合わせて、セクション設定が変わる可能性はある(規則として、Eクラスは125クラスと同じというのがあったはずなので、変えるとすると、125クラスも合わせてむずかしくなってしまうかもしれない)。実は、コロメは今年のシリーズには出場しないという話があり、加えてガスガスは、フランス人のロリス・グビアンの出場を発表した。グビアンは2017年限りでトライアルGPから引退したが、電動バイククラスで華を咲かせるにはいいチャンスだし、開催地が地元フランスというのもそそられるものがあるだろう。

TXEに乗るロリス・グビアン(中央)。左がマルク・コロメ

正直なところ、2017年のTRIALEクラスは、元世界チャンピオンがひときわ完成度の高いガスガスに乗り、レベル差の大きいライバルに圧勝したという図式で、競技としてのおもしろさには欠けた面は否めない。しかし2018年、ヤマハと黒山の参戦によって、TRIALEクラスは、一気に競技として充実し、話題を集めることになるのはまちがいなさそうだ。

ちなみに、黒山健一がチャンピオンをとれるかどうか、こっそり藤波貴久に聞いてみたところ「そんなに簡単に世界チャンピオンになれるとも思えないが、全日本に専念して小川友幸と戦って全日本チャンピオンを奪取するよりは、世界チャンピオンになるほうが楽な戦いになるのではないか」ということだった。

http://www.trialgp.com/index.php/news3/562-yamaha-and-kuroyama-to-contest-2018-triale-cup

黒山健一世界選手権参戦を伝えるTRIALGP公式サイト

関連記事

2017お勉強会

5/19川内村お勉強会

 2010年、2012年〜2017年と開催して好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。  福島県双葉…

小川友幸、奇跡的大逆転の2018近畿大会

2018年第2戦近畿大会は、4月15日、和歌山県の湯浅トライアルパークで開催された。天気予報は土曜日から日曜日にかけて春の嵐ということで、悪…

2018全日本第2戦現在ランキング

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。 ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってる…

2018全日本近畿、加賀、西村、和田、ベテラン強し

4月15日、全日本第2戦近畿大会。 IAは加賀国光がさすがの勝利。ベテラン勢が上位を占めたが、武田呼人が1ラップ目にトップで5位に入っ…

2018全日本第2戦近畿大会

2018トライアル全日本選手権シリーズ 第2戦近畿大会 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 観客数:1,150人 雨の…

ページ上部へ戻る