2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. 動画チャンネルR4中国
  2. 2017フランスGP
  3. MFJトライアル
  4. EXスポーツ FIMトライアル放送
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. 2017お勉強会
  8. 全日本第4戦中国大会レポート
  9. 三谷モータースポーツ新製品
  10. ガスガス用ラジエタープラグ
  11. 動画チャンネルR4中国
  12. 全日本第4戦中国大会までのランキング
  13. 全日本第4戦中国大会リザルト
  14. リザルト関東
  15. MFJトライアル
  16. 自然山通信6月号電子版
  17. 自然山通信6月号
  18. イベント(その他)
  19. 2017 X-TRIAL DVD
  20. 2日目ボウ
  21. 予選
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(スクール)
  28. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  29. リザルト東北
  30. Honda トライアルファンミーティング
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)
  34. 2017玖珠全日本
  35. イベント(大会)
  36. 2017 Hondaトライアルミーティング
  37. MFJトライアル
  38. MFJトライアル
  39. リザルト東北
  40. リザルト関東
  41. 自然山通信5月号
  42. イベント告知
  43. 2017年5月号電子版
  44. MFJトライアル
  45. Vertigo TITANIUM
  46. リザルト関東
  47. リザルト近畿
  48. S3 TENT
  49. リザルト関東
  50. リザルト沖縄
  51. リザルト中国
  52. S3 CURVE
  53. 近畿大会レポート
  54. リザルト中国
  55. リザルト関東
  56. リザルト関東
  57. S3 NEWアルミハンドレバーアジャスター
  58. 2017年4月号
  59. 2017年4月号
  60. HRC ハンドルアッパーホルダー
  61. リザルト中国
  62. リザルト中国
  63. リザルト近畿
  64. リザルト関東
  65. TRS用クラッチ
  66. 自然山通信4月号
  67. ステンメッシュオイルフィルター
  68. リザルト中国
  69. リザルト沖縄
  70. リザルト関東
  71. リザルト中部
  72. リザルト関東
  73. Montesa 300RR
  74. リザルト近畿
  75. イベント(大会)
  76. 2017X2オーストリア
  77. トムスストロングガードTRS用
  78. 自然山通信2017年3月号電子版
  79. 自然山通信2017年3月号
  80. リザルト中部
  81. モータースポーツ活動計画発表会
  82. 2017 Scorpa Racing SC250
  83. イベント(大会)
  84. MFJトライアル
  85. リザルト中国
  86. リザルト関東

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ボウ、2010開幕勝利

2010in1_bou

 2010年、最初の世界選手権は、イギリスのシェフィールドで開催のインドア大会だった。
 この大会、今までとはまったくちがった新しいレギュレーションで開催されたが、インドアの申し子トニー・ボウは今年も圧倒的なライディングセンスを発揮して、2位以下をよせつけずに圧勝した。
 2位は、今年からマシンを2ストロークにスイッチしたシェルコのアルベルト・カベスタニー。3位はイギリスのジェイムス・ダビル(ガスガス)が、先輩ドギー・ランプキン(イギリス・ベータ)やアダム・ラガ(スペイン・ガスガス)を下して3位表彰台を得た。
 藤波貴久は最初のクォリファイで勝ち進めずに7位となっている。


 新しいレギュレーションは、こんな感じだ。
 最初に行われるのは5セクションでのクォリファイ、QX1と8人のライダーがそれぞれ対で勝敗を決するダブルレーンのTX1。
 次に3つのセクションとダブルレーンによるTX2。
 最後に4セクションによるTX3がおこなわれ,これとTX2のポイントで勝負が決せられるということになっている。
 同点の場合は、それぞれダブルレーンでタイブレークがおこなわれたりセクションでの走破タイムで順位を決めたりというその他のルールもあるが、クォリファイを含めて3ブロックの戦いをすべて勝ち残っていかなければ勝利はないというシステムとなっている。
 今回、QX1でベストパフォーマンスを示したのはボウ。オールクリーンで減点ゼロ。これに続いたのがジェロニ・ファハルド(スペイン・ベータ)の減点2,藤波貴久(日本・モンテッサ)の減点3。この3人は、クォリファイでのトップ3となり、このQX1でアレックス・ウイグ(イギリス・ベータ)とロリス・グビアン(フランス・ガスガス)のふたりが敗退を決めた。
QX1

1 Toni Bou SPA Montesa-HRC 0
2 Jeroni Fajardo SPA Beta 2
3 Takahisa Fujinami JPN Montesa-HRC 3
4 Adam Raga SPA Gas Gas 6
5 Dougie Lampkin GBR Beta 6
6 James Dabill GBR Gas Gas 9
7 Albert Cabestany SPA Sherco 13
8 Michael Brown GBR Sherco 17
Non-Qualifiers
9 Alexz Wigg GBR Beta 19
10 Loris Gubian FRA Gas Gas 25

 しかしクォリファイはあくまでクォリファイ。続くTX1からが世界選手権本番のスタートだ。
 TX1は8人のライダーによる1対1のダブルレーン。ここで勝利した4人はTX2に進出する。敗退した4人は敗者復活セクションにトライして、2名はTX2に進出、2名は敗退する。今回はマイケル・ブラウン(イギリス・シェルコ)と、なんと藤波が敗退する2名となった。ボウはダブルレーンでドギー・ランプキン(イギリス・ベータ)に負けているが、敗者復活で勝ち上がって駒を進めている。
 TX2では勝ち残った6人のライダーが3つのセクションにトライする。そしてベストスコアを出した4人のライダーが最後のTX3に進出する。TX2で敗退したのはファハルドとランプキンのベータ・コンビだった。
 TX3、最後の勝負はボウとカベスタニー、ダビルとラガの4人で競われた。順当にいけばインドアチャンピオンの軽傾斜の3人が勝ち残るところだが、今回は地元イギリスの声援もあってか、ダビルが大健闘。ラガを下して表彰台を獲得した。

1 Bou 5 TX3
2 Cabestany 11 TX3
3 Dabill 15 TX3
4 Raga 15 TX3
5 Fajardo 0 TX2
6 Lampkin 5 TX2
7 Fujinami 2 TX1
8 Brown 2 TX1

 藤波貴久は、好調だったクォリファイから一転して7位、その後は他のライダーが走っているのを見守るしかなかった今回からのルールに対して、不公平を感じるとコメントしている。
 ともあれ、2010年は開幕した。変化と波乱を含みながら、ボウの優位は揺るぎがないようだ。

関連記事

2017フランスGP

フランス、ブストが連続表彰台

アンドラ大会のすぐ翌週、舞台はフランスのルルドに移った。この大会、ハイメ・ブストがアンドラに続いて2度目の表彰台。今度は3位だった。優勝はト…

MFJトライアル

全日本第5戦は北海道大会

2017MFJ全日本トライアル選手権シリーズ第5戦 北海道大会 2017年全日本シリーズも中盤戦。7戦中4戦が終了して、終盤戦の口火を…

EXスポーツ FIMトライアル放送

2017 FIMトライアル世界選手権「EXスポーツ」放送日程

2017シーズン、アウトドア「FIMトライアル世界選手権」インドアの「FIM Xトライアル世界選手権」が「スカパー!ch.609」のEXスポ…

イベント(大会)

7/2 ケニーズ杯と比和町のイベント

広島県福山市発信、ケニーズクラブからのイベント情報です。 ケニーズ杯、夏のOASYS CUP、秋の水源の森ツーリングトライアルの4大会のお…

フランスGPで電動バイク選手権開催、コロメがデビュー

6月25日、フランスGPに、トライアルEカテゴリーが設けられ、これにマルク・コロメが参加する。コロメはご存知のとおり、1996年世界チャンピ…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。