2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. トライアル動画チャンネル
  2. Vertigo TITANIUM
  3. S3 TENT
  4. S3 CURVE
  5. 近畿大会レポート
  6. 2017お勉強会
  7. S3 NEWアルミハンドレバーアジャスター
  8. イベント(大会)
  9. 2017年4月号
  10. 2017年4月号
  11. HRC ハンドルアッパーホルダー
  12. リザルト近畿
  13. TRS用クラッチ
  14. 自然山通信4月号
  15. ステンメッシュオイルフィルター
  16. 東京モーターサイクルショー
  17. Montesa 300RR
  18. リザルト近畿
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. 2017X2オーストリア
  23. トムスストロングガードTRS用
  24. 自然山通信2017年3月号電子版
  25. 自然山通信2017年3月号
  26. リザルト中部
  27. モータースポーツ活動計画発表会
  28. イベント(その他)
  29. 2017 Scorpa Racing SC250
  30. イベント(大会)
  31. MFJトライアル
  32. リザルト中国
  33. リザルト関東
  34. 自然山通信3月号
  35. Vertigoカーボンスイングアームプロテクター
  36. 2017 BETA EVO factory model
  37. リザルト関東
  38. リザルト関東
  39. リザルト中国
  40. イベント(大会)
  41. イベント(スクール)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(その他)
  44. 2017年富岡キャッチ
  45. イベント(大会)
  46. リザルト中国
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)
  49. 2017バルセロナ
  50. リザルト中国
  51. 1702電子版

    2017.02.03

    1702電子版
  52. 1702
  53. TRS One Raga Racing
  54. イベント(その他)
  55. イベント(大会)
  56. 1702ガッチスクール
  57. イベント告知
  58. イベント(大会)
  59. リザルト関東
  60. リザルト中部
  61. 1612コルドニエ
  62. TRS RAGA RACING
  63. イベント(大会)
  64. イベント(大会)
  65. イベント(大会)
  66. リザルト九州
  67. イベント告知
  68. 2016チーズナッツY2
  69. 2017ガスガス・ロゴ
  70. イベント告知
  71. イベント告知
  72. イベント告知
  73. JITSIE RACEディスクプレート
  74. リザルト関東
  75. 1701ライディングアシスト
  76. 2017トライアルGP
  77. 2017規則書

    2017.01.06

    2017年MFJルール
  78. イベント告知
  79. 2016高田島ツートラ
  80. イベント告知
  81. 1701バリオゾナー

    2017.01.05

    バリオゾナー
  82. イベントリザルト
  83. イベントリザルト
  84. イベントリザルト
  85. トライアル・デ・ナシオン

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

藤波、ポルトガルで優勝!

10ポルトガル優勝の藤波

 4月25日、藤波貴久がポルトガル大会の2日目に優勝した。2008年のアメリカGP以来、約2年ぶりの勝利となった。
 土曜日に優勝したのはトニー・ボウ。こちらは15セクション2ラップをオールクリーンという文句なしの勝利だった。
 土曜日の藤波は4位、日曜日のボウも同じく4位で、2日間を通じてもっとも選手権ポイントを稼いだのは両日共に2位のアルベルト・カベスタニー。
 ランキングポイントは、ボウがトップで、2位にラガ、藤波は3位に浮上している。
 今回はセクションが簡単だったため、高度の神経戦となった。ジュニアやユースでは、誰が勝ってもおかしくない接戦となった。
*詳報はのちほど


【土曜日】

1004ポルトガルのボウ

土曜日はオールクリーンで圧勝したトニー・ボウ

 ポルトガル大会は、開幕戦スペイン大会の1週間後に開催された。スペイン大会の会場だったバイオーナは、大西洋に面したスペインの西の端、ポルトガルのすぐ北に位置する。今回の会場となったパコス・デ・フェレイラは、ポルトワインで有名なポルトガルの北の町ポルトに近い(サントリーの甘いワイン、赤玉ポートワインは、ポルトワインの名に由来したものだが、ポルトワインはボルトガル産のワインと決まっていて、1973年にポートワインはスイートワインと名称変更されているらしい。赤玉ポートワインという名前を知っているのは古い人間ということか。以上、余談)。スペイン大会の会場からポルトガル大会の会場までは距離にして150km。このため、火山の影響で飛行機が飛ばないという天災も、トライアルにはそれほどの影響がなかったのは幸いだった。
 セクションは、いたって簡単だった。しかし簡単なのに、そこここで5点になる恐れがあった。とにかくセクションが長いのだ。おそらく、FIMが開幕直前に1分ルールに変更したため、セクションの変更が間に合わなかった、あるいはその通達が行き渡っていないのが原因だと思われる。なんせ世界選手権だから、世界の国々のすべてに通達を徹底するのはむずかしい。その結果、今回みたいにとうてい1分では走りきれないセクションが用意されるなんてのは、世界選手権ではよくあることだ。
 かつて、停止すると1分というルールが作られたことがある。止まって越えている難所を止まらずに越えるのはさらに至難だ。FIMはそのルールを施行した上、セクション難度を落とす意向だったのだが、開けてみたらセクション難度はちっとも変わっていなかった。なのでセクションをまともに走れるのは、一握りのトップライダーだけとなってしまった。こうして、トップライダーのテクニックはどんどん向上していって、下位クラスとの差が開いてしまった一因となっている。というのは余談でした。
 今回のセクションに限っては、難度そのものは高くなかったから、ポイントの難度はちょっと高めて、セクションの長さをちょっと短くするという方向で修正が行われた。一時は「セクションが改善されなければボイコットも辞さない」なんて動きもあったが、土曜日の朝、試合は無事に開催されることになったのは一安心だった。ただ、ライダーの気持ちの中では、今回の一連のルール変更にはかなりの不満があるようで、日本GPまでになんらかの改善が示されなければ、日本への遠征はできない、なんて声もあるようだ。特にライダーや関係者にとって納得できないのは、トライ前の下見の際にセクション内に立ち入りができないという点だという。
 さて土曜日の大会。この日は、トニー・ボウが問答無用の王者だった。15セクション2ラップ、30セクションをすべてクリーン。こうなってしまうと、ライバルは手も足も出ない。
 1ラップ目、オールクリーンのボウを相手に、2位につけたのは再び(開幕戦に続いて)藤波だった。藤波は第4セクションと11セクションで1点、第5セクションで3点、計5点で1ラップ目を終えた。ボウと5点差だから、この時点ではまだ勝負はわからない。3位は藤波と同点の5点でファハルド(クリーン
差で藤波が2位)。これに続いて4位につけたのが、インドアで頭角を現し始めたイギリスのジェイムス・ダビル。藤波に1点差の6点だった。しかも第3で1点、第10で5点で6点だから、藤波よりクリーン数はひとつ多いくらいだ。ダビルに続いたのが、カベスタニーの7点に、ラガの8点だった。
 2ラップ目、ボウの集中力は揺るぎない。結局オールクリーンのまま突っ走った。文句なしの勝利。チャンピオンだから開幕戦をトップバッターとして走り、開幕戦を勝利したからこの大会もトップバッターとして走った。誰よりも先に走る苦労は大きい。特にラインのないようなセクションだと、トップバッターのハンディは限りなく大きい。ポルトガル大会はドライの岩場だったからその点は少しラッキーだったが、そんなハンディを跳ね返してのオールクリーンは、ボウの実力が、やはり並外れていることを示している。

1004ポルトガルのラガ

2ラップ目に猛追してラガ

 文句なしの勝利を得たボウに続く2位となるのは誰か。藤波か、はたまたダビルか、カベスタニーかラガか……。ここでがぜん調子を上げたのが、元インドアチャンピオンの二人、カベスタニーとラガだった。ふたりはそろって減点1。2ラップ目に限っていえば、ボウのオールクリーンに匹敵する好成績だ。
 これで藤波は、2ラップ目に減点2点以内なら、2位が決まる。3点なら、クリーン数差の勝負となる。しかし1ラップ目に3点となった第5セクション、藤波は最短距離を走る大岩に挑んで、5点となった。これが決定打だった。さらに1ラップ目と同じく11セクションで1点を追加してしまった藤波は、開幕戦と同じく、4位に転落することになった。
 1ラップ目3点、2ラップ目5点の第5セクションは、しかし藤波以外はクリーンを出している者が多い。ここを1点か2点に抑えられれば、あるいは11セクションの1点がクリーンなら、少なくとも表彰台は確実だった藤波だが、2戦続けて、惜しいところでの4位となった。
 1ラップ目3位だったダビルは5位、6位にダビルの大先輩、ランプキンが入った。
 この日、世界選手権の優勝者はオールクリーンだったが、ジュニアではふたりのオールクリーンが出た。アルフレッド・ゴメスとパトリック・スメイジ。二人の勝負は、ルールに則り、競技時間が短かったゴメスの勝利となった。クリーン数も1点の数も、なにからなにまで減点の数が同じ場合は、早くゴールしたライダーが勝利となるきまりだ。1位から8位までが一桁減点をマークしてしまうような大会では、ライダーには競技時間を短くするノウハウも必要なのかもしれない。
 ユースもまた、競技時間の短いライダーの勝利となった。ただしこちらはオールクリーンではなく、減点3同士。これで、ポル・タレスの2連勝となった。
【日曜日】

1004ポルトガルの藤波

2年ぶり。うれしい勝利となった藤波

 セクションは5ヶ所で修正が計られた。すべて、難度をあげるための修正だが、本質的には大きな変化はない。ただしもちろん、世界選手権だから、簡単といってもふつうに考えて簡単すぎるような設定はない。トップライダーなら、クリーンができて当然というレベル。ちょっとした不運で足が出てしまうことなど、いくらでもあった。ただし、5点を取ってしまっては、勝ち目はほとんどなくなる。
 第6セクションで、ラガが5点になった。ランプキン、ファハルドも5点となっているから、けっして簡単なセクションではなかったのだが、これでラガの勝機は限りなく小さくなった。
 次に5点の悪夢に襲われたのが、ボウだった。ボウはこの日も一番スタートだ。真っ先にトライした第9セクション。クリーンを狙ったボウは、岩盤から落ちて5点。この5点は、大きな5点となった。ボウ以外のみんなは、クリーンを狙うことなく、1点をついてこのセクションを切り抜けていった。結果、ここでボウとその他のライダーには、4点の点差が開いてしまった。

1004ポルトガルのカベスタニー.jpg

いよいよ本領発揮か、シェルコ2ストロークに乗るカベスタニー

 1ラップ目、トップはカベスタニー。カベスタニーの減点はたったの2点。そして2番手につけたのが藤波。藤波の減点は1点が3つの、3点だった。そして3位が、同点でラガとボウ。ふたりは5点と1点がひとつずつで、藤波に3点差の6点だった。
 1点を争う勝負。ラガもボウも、まだ勝負はあきらめてはいないが、彼らが勝利を得るのは、カベスタニーと藤波が5点近い減点をとった場合に限られる。可能性はゼロではないが、藤波もカベスタニーも、5点をとる気はさらさらない。あとは、ひたすら集中力の勝負だ。
 第3セクション、カベスタニーが1点をつく。これで藤波とカベスタニーは同点だ。こうなると、勝負は早くゴールした者が勝ちとなることも考えられる。いきおい、トライのペースが早くなっていく。
 第9セクションでは、みな1ラップ目と同じように1回の足つき。しかしここで、ボウは勝利へのかけに出た。クリーンを狙い、そして1ラップ目同様に、5点となった。結果的には、ここをクリーンしてもボウの勝利はなく、逆にここを1点で抜けていればボウは3位に入れていたのだが、それはあくまで結果論だ。

1004表彰台の藤波

表彰台での藤波

 カベスタニーと同点に追いついた藤波は、9セクション以降をすべてクリーンで駆け抜けた。同点なら、競技時間が短いほうが勝ちを握る。カベスタニーより遅いスタートだった藤波が、カベスタニーを抜いてゴールした時点で、藤波の勝利は確定的となっていた。2ラップ目、藤波の減点は1点のみ。これは、この日のベストラップだった。
 実際には、カベスタニーはさらに10セクションで1点を失っていて、藤波とは同点ではなく、1点差になっていた。いずれにしても、藤波の勝利。これは、藤波の、約2年ぶりの勝利となる。2年前、藤波は初めてゼッケン1をつけたボウを破って、1年半ぶりの勝利を得たのだった。
 2ラップ目の藤波の1点に続いたのはラガ。ラガは2ラップ目に2点の好スコアをマークして、藤波とカベスタニーには届かなかったものの、真っ先に5点をとりながらもそこからよく持ちこたえて表彰台を守りきった。
 ボウはクリーン27。これは優勝した藤波を上回って、この日のベストスコアだった。5点がふたつ、1点がひとつ。これだけのクリーンの山を築きながら、ボウは4位に終わった。
 ポルトガル大会、土曜日、日曜日を通じてポイントを集計すると、トップは両日で2位となったカベスタニーだった。優勝と4位となった藤波とボウが2位、両日共に3位のラガが4位となった。
 これだけの神経戦の中、カードを飛ばすなどのミスがあったファハルドは、ランプキンに破れて6位。開幕戦で3位となった好調ぶりから一転、表彰台を逃している。
 ジュニアクラスでは、アメリカのスメイジが土曜日に続いてオールクリーン。今度はたった一人のオールクリーンで、文句ない勝利となった。土曜日に勝利したゴメスは、1ラップ目はオールクリーンを達成したが、2ラップ目に5点二つで7位まで転落している。
 ユースはカルレス・トラビエッサが勝利。2連勝したポル・タレスは、1ラップ目の5点が響いて4位となっている。



ポルトガル大会の模様:FIM提供



リザルト

○土曜日

Pos. Rider
Machine Nat.
Sections Lap Tatal Clean
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Total Time
1 Toni Bou 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 30
Montesa SPA 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
2 Albert Cabestany 0 0 1 0 1 0 0 0 0 0 5 0 0 0 0 7 0 8 26
Sherco SPA 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0
3 Adam Raga 0 1 1 1 0 5 0 0 0 1 0 0 0 0 0 9 0 10 24
GasGas SPA 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0
4 藤波 貴久 0 0 0 1 3 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 5 0 11 25
Montesa JPN 0 0 0 0 5 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 6 0

SENIOR・5位以下
マシン L1 L2 T/O C
5 James Dabill Ga GBR 6 8 0 14 26
6 Dougie Lampkin Be GBR 12 4 0 16 23
7 Jeroni Fajardo Be SPA 5 11 0 16 23
8 Loris Gubian Ga FRA 13 10 0 23 17
9 Daniele Maurino Ga ITA 12 20 0 32 14
10 Matteo Grattarola Sh ITA 23 17 0 40 19
11 Michael Brown Sh GBR 20 22 0 42 15
12 Daniel Oliveras Sh SPA 30 29 0 59 16
13 Alex Wigg Be GBR 39 23 0 62 11
JOUNIOR
1 Alfredo Gomez Mo SPA 0 0 0 0 30
2 Patrick Smage Sh USA 0 0 0 0 30
3 Francesc Moret Mo SPA 2 0 0 2 28
4 Alexandre Ferrer Sh FRA 0 5 0 5 29
5 Ivan Peydro Ga SPA 1 4 0 5 26
6 Pere Borrellas Ga SPA 3 2 0 5 26
7 Guillaume Laniel Ga FRA 2 3 0 5 25
8 Jack Challoner Be GBR 2 5 0 7 27
9 Jonathan Richardson Sh GBR 7 3 0 10 26
10 Benoit Dagnicourt Be FRA 8 2 0 10 24
11 Jan Peters Be GER 3 8 0 11 23
12 Maxime Wareghien Sh BEL 6 7 0 13 25
13 Matteo Cominoli Be ITA 6 8 0 14 21
14 Matteo Poli Be ITA 12 4 0 16 22
15 Emil Gyllenhammar Ga SWE 12 6 0 18 23
16 Tanguy Mottin Ga FRA 14 6 0 20 22
17 Jiri Fikejz Be CZE 13 8 0 21 21
18 Luca Cotone Be ITA 4 18 0 22 23
19 Hakon Pedersen Sh NOR 8 18 0 26 21
20 Laia Sanz Mo SPA 17 13 0 30 17
21 Jean-Phillippe Lerda Ga FRA 22 11 0 33 18
22 Ben Wibberley Ga GBR 17 23 0 40 15
23 Pedro Sousa Ga POR 30 27 0 57 9
G Gianluca Tournour Ga ITA 6 7
G Maia Pedro Ga POR 75 68
YOUTH 125
1 Pol Taress Ga SPA 0 3 0 3 28
2 Carles Traviesa Ga GBR 0 3 0 3 28
3 Jack Sheppard Be GBR 2 2 0 4 28
4 Cedric Tempier Sh FRA 4 2 0 6 24
5 Jesus Martin Ga SPA 6 3 0 9 25
6 Kristoffer Leirvaag Sh NOR 6 3 0 9 23
7 Romain RIgaud Ga FRA 7 4 0 11 22
8 Giacomo Saleri Be ITA 12 1 0 13 25
9 Ismael Catalin Ga ITA 4 9 0 13 24
10 Aaro Castells Ga SPA 11 4 0 15 24
11 Diogo Vieira Ga POR 23 17 0 40 17
12 Miguel Jose Nogueira Ga POR 63 69 0 132 0

○日曜日

Pos. Rider
Machine Nat.
Sections Lap Tatal Clean
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Total Time
1 藤波 貴久 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 3 0 4 26
Montesa JPN 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 0
2 Albert Cabestany 0 0 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 2 0 5 25
Sherco SPA 0 0 1 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 3 0
3 Adam Raga 0 0 0 0 0 5 0 0 1 0 0 0 0 0 0 6 0 8 26
GasGas SPA 0 0 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 2 0
4 Toni Bou 0 0 1 0 0 0 0 0 5 0 0 0 0 0 0 6 0 11 27
Montesa SPA 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0 0 0 0 0 0 5 0

SENIOR・5位以下
マシン L1 L2 T/O C
5 Dougie Lampkin Be GBR 9 2 0 11 24
6 Jeroni Fajardo Be SPA 8 6 0 14 24
7 James Dabill Ga GBR 14 5 0 19 21
8 Loris Gubian Ga FRA 14 11 0 25 19
9 Daniele Maurino Ga ITA 22 20 0 42 15
10 Michael Brown Sh GBR 28 18 0 46 16
11 Matteo Grattarola Sh ITA 28 28 0 56 15
12 Alex Wigg Be GBR 33 24 0 57 14
13 Daniel Oliveras Sh SPA 39 22 0 61 15
JOUNIOR
1 Patrick Smage Sh USA 0 0 0 0 30
2 Guillaume Laniel Ga FRA 1 5 0 6 28
3 Emil Gyllenhammar Ga SWE 4 2 0 6 26
4 Benoit Dagnicourt Be FRA 2 5 0 7 27
5 Luca Cotone Be ITA 4 3 0 7 25
6 Jack Challoner Be GBR 6 3 0 9 25
7 Alfredo Gomez Mo SPA 0 10 0 10 28
8 Francesc Moret Mo SPA 8 2 0 10 26
9 Maxime Wareghien Sh BEL 7 3 0 10 24
10 Alexandre Ferrer Sh FRA 6 6 0 12 26
11 Pere Borrellas Ga SPA 6 8 0 14 21
12 Matteo Cominoli Be ITA 10 5 0 15 22
13 Jan Peters Be GER 6 10 0 16 23
14 Jonathan Richardson Sh GBR 11 6 0 17 25
15 Tanguy Mottin Ga FRA 12 6 0 18 21
16 Matteo Poli Be ITA 15 4 0 19 23
17 Ivan Peydro Ga SPA 17 4 0 21 23
18 Hakon Pedersen Sh NOR ■14 6 0 25 19
19 Laia Sanz Mo SPA 18 11 0 29 16
20 Jiri Fikejz Be CZE 19 13 0 32 17
21 Ben Wibberley Ga GBR 22 21 0 43 11
22 Jean-Phillippe Lerda Ga FRA 22 31 0 53 12
23 Pedro Sousa Ga POR 30 23 0 53 11
G Gianluca Tournour Ga ITA 8 7
G Maia Pedro Ga POR 61
YOUTH 125
1 Carles Traviesa Ga GBR 1 0 0 1 29
2 Ismael Catalin Ga ITA 3 3 0 6 27
3 Romain RIgaud Ga FRA 1 5 0 6 26
4 Pol Taress Ga SPA 5 2 0 7 27
5 Jack Sheppard Be GBR 6 2 0 8 27
6 Giacomo Saleri Be ITA 8 5 0 13 22
7 Jesus Martin Ga SPA 4 11 0 15 22
8 Kristoffer Leirvaag Sh NOR 6 10 0 16 25
9 Cedric Tempier Sh FRA 6 15 0 21 22
10 Aaro Castells Ga SPA 17 8 0 25 21
11 Diogo Vieira Ga POR 32 13 0 45 15
12 Miguel Jose Nogueira Ga POR 70 64 0 132 0

関連記事

Vertigo TITANIUM

2017 Vertigo COMBAT TITANIUMについて聞きました

新しいスペインのメーカーVertigoによる「2017 Vertigo COMBAT TITANIUM」が日本に入荷した。Vertigo C…

S3 TENT

S3レーシングテント3mx3m(4面幕付き)¥33,000送料サービス!

三谷モータースポーツより「S3レーシングテント」が発売されました。3mx3mサイズに4面幕付で¥33,000(本体価格)送料サービス。これは…

5/3-4第4回成田匠トライアル合宿

「第4回成田匠トライアル合宿」のお知らせ 日程:5月3日・4日 場所:岡山県笠岡市 白石アイランド 参加費:合宿一人10,000円…

S3 CURVE

S3 CURVE オフセット アルミワイドステップ KIT

「S3 CURVE オフセット アルミワイドステップ KIT」が三谷モータースポーツより発売されました。ゆったりしたポジションにしたい。大柄…

近畿大会レポート

黒山健一、辛勝で開幕2連勝の全日本近畿大会

黒山健一、辛勝で開幕2連勝 終わってみれば、トップ3は大接戦だった。しかして結果は昨年終盤以降、ニューマシンに乗っている黒山健一が開幕…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。