2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 動画チャンネル
  3. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. T-TRIAL R2モンペリエ
  7. イベント(大会)
  8. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  9. 2017お勉強会
  10. リザルト関東
  11. イベント(その他)
  12. イベント(スクール)
  13. リザルト関東
  14. リザルト中部
  15. ぱわあくらふとのワイドステップ
  16. 三谷モータースポーツの新製品情報
  17. 2018年1月号電子版発売しました
  18. 年末年始休業のお知らせ
  19. 2018年1月号発売のお知らせ
  20. イベント(大会)
  21. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  22. 2018 SCORPA Racing
  23. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  24. 自然山通信2018年1月号
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)

    2017.12.16

    1/14ケニーズ杯
  27. JITSIE DIMINO
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. リザルト近畿
  32. 自然山通信2017年12月号
  33. イベント(大会)
  34. 自然山通信2017年12月号電子版
  35. リザルト中部
  36. リザルト関東
  37. 三谷モータースポーツWチャンピオンセール
  38. エトスデザイン
  39. 創刊250号の自然山通信
  40. MFJトライアル
  41. イベント(大会)
  42. イベント(その他)
  43. イベント(大会)

    2017.11.25

    12/24 KUMA-CUP 2017
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト関東
  47. リザルト東北
  48. 2017TDN
  49. イベント(大会)

    2017.11.15

    12/24第8回SPGG杯
  50. イベント(大会)
  51. Honda秋の祭典トライアルデモ
  52. リザルト中国
  53. リザルト関東

    2017.11.12

    羽生山カップ
  54. MFJグランドチャンピオン大会
  55. 自然山通信11月号電子版
  56. イベント(大会)
  57. 自然山通信11月号
  58. イベント(大会)
  59. イベント(その他)
  60. イベント(大会)
  61. リザルト中部
  62. リザルト関東
  63. リザルト関東
  64. MOTSセール

    2017.11.04

    MOTSのセール!
  65. イベント(スクール)
  66. 自然山通信11月号
  67. GASGAS CONTACT用セルモーターガード
  68. 2017年間ランキング
  69. イベント(大会)
  70. 全日本R7東北リザルト
  71. リザルト北海道
  72. チタンサイレンサーRACE
  73. リザルト関東
  74. リザルト中国
  75. Honda秋の祭典
  76. イベント(大会)
  77. HeboヘルメットMFJ公認キャンペーン
  78. MFJトライアル
  79. イベント(大会)
  80. イベント(その他)
  81. イベント(大会)
  82. イベント(大会)
  83. トムスの新製品
  84. イベント(大会)
  85. RTL250S用リヤフェンダー
  86. 2018ベータEvo2Tシリーズ

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2010年ルールに疑問符あり

1005mario-candellone.jpg

マリオ・カンデローネ phoro:todotrial.com

 自然山通信にも記事を送ってきてくれているイタリアのジャーナリスト、マリオ・カンデローネが、2010年のルール変更その他について、深刻な心配をしている。
 彼の提言は世界中のジャーナリストにとりあげられている。自然山通信としては思うこともいろいろあるも、まずは第1戦第2戦を取材してきたマリオの意見をご覧ください。

古くからのトライアル仲間に告ぐ
開幕2戦を取材して、このスポーツの将来にとても不安を持っている。ライダーにとって、主催者にとって、ジャーナリストにとって。それがなぜかを、この3者ごとにご説明する。
ライダーにとって
彼らは2010年の新ルールに納得していない。ポルトガルでは、ライダーがFIMへの提言書に署名をし、改善を求めている。
1.セクション走破タイムが90秒から60秒とされたこと
 セクション持ち時間が短くなったことで、セクションを正しい設定に維持することがとても困難になった。開幕戦のスペインでは、セクションはとてもむずかしく、ポルトガルではとても簡単だった。
 トライアルは、どんどんエンデューロみたいになっている。ライダーはスタート後、あっという間にセクションにトライし、スキルの低いライダーは、みな減点3点でセクションを駆け抜けていく。
2.スタートオーダーが逆順となったこと
 最終ライダーとなる特権は、ナンバー1のライダーである必要がある。これはハンディキャップスポーツではなく、世界選手権なのだ。
 逆順のスタートとなっても、スキルの低いライダーが特典を得ることはない。観客にとっては、これまでなら、最初は多くのクラッシュを目の当たりにし、セクションの困難さを実感し、そしてやってくるトップライダーたちの華麗な妙技に酔いしれるというトライアルの醍醐味を失うことになった。
3.競技当日に、下見ができなくなったこと
 競技当日には、ライダーがセクションに入っての下見ができなくなった。たとえ前日に下見をしていたとしても、夜のうちに天候の急変があったら、岩の表面のグリップを、ライダーはどうやって知ればいいのか。他のライダーが走ることによって、岩が動いてしまったりしたら、セクションがより困難であるばかりか、たいへんな危険な状況になることも考えられる。
主催者にとって
 テレビの放映権料はどんどん高くなっている。主催者であるトライアルクラブは、スポンサー収入が重要だ。テレビ放映によるスポンサーへのアピールは、トライアルクラブにとって大きな収入減となっている。
 今、テレビ放映はすべてFIMが管理している。彼らが放映権を握っていて、FIMを通さないテレビ放映は認められない。ユーロスポーツ以外の放送を見ている者にとっては、テレビ放映でトライアル映像を見るのは簡単ではない。
ジャーナリストにとって
 そして誰もいなくなった。出版社は経費を削減しようとし、それに答える形で、FIMがクォリティの高い写真を出版社に提供する。
 しかし真実は現場にある。競技の詳細を見ずに、正しい報道ができるわけがない。
 トライアルの報道をしている面々は、なによりトライアルが好きで、ライダーやチームと同じフィードで仕事をするのを楽しんでいる人種ばかりである。
 今、我々は動画取材を行うことができず、我々の撮影した動画をYouTubeでご紹介することもできません。
FIMへの要望は、現在は無視されている状況です。
世界経済危機は、トライアル界をも襲っています。よい解決策があれば、お知らせいただきたい。

 マリオの提言はやや攻撃的だが、現場でFIMと衝突したであろう経緯を考えると、これも当然かもしれない。一方、現場に居合わせなかった世界のジャーナリスト仲間は、マリオの意見に耳を傾け、その意見に賛同しながら、FIMとの有効な解決を図ろうとしている。
 多くのジャーナリストの意見は
・トライアルはマイノリティ・スポーツであることをまず認識すべき。
 莫大な放映権料を得られる一部のスポーツと同じように考えてはいけない。
 映像は、いろんな人に発信してもらって、多くのひとに楽しめるようになることが、トライアルの発展につながるはずだ。
ということに集約される。
 やや乱暴な意見では、それならプレスではなく、観客としてビデオカメラを持ち込んで撮影して、YouTubeに流せばいいじゃないかという意見もあった。それは正論だが(かつて全日本で、マインダーによる経過時間の伝達が禁止されたとき、観客としてまぎれこんだ関係者が経過時間をライダーに教える作戦が横行した。当然考える作戦で、そもそもそんな禁止要項を考えるほうが頭が悪かったのだ)、現状ではFIMが権利を持っている以上、あえて違法な映像公開をすることになり、正当とはいえないという大人の意見が出た。つまり現状では、FIM以外のちゃんとしたプロフェッショナルから、世界選手権の映像を見せてもらえることはない、ということになる。
 ルールについて、マリオの主張はその通りという気もするが、一方で変化が必要な時代という思いは強い。セクション走破タイムは、本質的な問題ではなく、作られたセクションとの相対的な問題ではないかという気もする。スタート順も、それならそれというライダーからの意見は聞かれる。ただ、安全面も含め、セクションへの立ち入りがまったく制限されている現状は、ライダーからも疑問視する声が多いということだ。
 正義感に燃える委員会側は、ライダーがラインを造成したり石を運んできたりするのを防止したいのだと思うが、観客としては、ライダーがどのラインを選ぼうとしているのかが見えないし、またすべてのライダーとマインダー、そして取材陣がエンクロージャーエリア(セクションとお客さんの間になる)に集結するので、せめてライダーはセクションの中に入ってくれていたほうが、観戦は見通しがよいのではないかという意見もある。
 いずれにしろ、新ルールの善し悪しは、日本のトライアルファンも、6月になれば自分の目で確認することができる。
 さて、その日本GPや、いかに……。

関連記事

夏木陽介さん

夏木陽介さんが、1月14日に亡くなったという。享年81歳。まだまだお若いのに、闘病中だったということだ。 (さらに…)…

イベント(スクール)

2/4 SHIRAIトライアルスクール

オフロードパークSHIRAIでのトライアルスクールの開催情報です。 イベント名 SHIRAIトライアルスクール 内容 オフロ…

イベント(大会)

4/29メッツカップ第1戦

「2018 メッツカップ第1戦」 初心者の方が安心して楽しめる親睦草大会です。 お財布にも優しい大会です。お気軽にお越しください。 …

T-TRIAL R2モンペリエ

ブスト失速でボウ2連勝

2018年Xトライアル第2戦は、開幕戦同様にフランスでの開催となった。今回は南フランスのモンペリエ。勝利は開幕戦に続き絶対王者のトニー・ボウ…

2018年のMFJ規則書

MFJ規則書の2018年版が発表になった。同時にMFJサイトでは、PDF版も公開されている。トライアル競技を楽しむみんなは、一読することをお…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。