2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. TRIAL動画チャンネル
  3. TY-Eデビューラン
  4. 自然山通信電子版4月号
  5. 自然山通信2018年4月号
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. リザルト関東
  10. リザルト近畿
  11. リザルト四国
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. 2018年3月号電子版
  16. 2018年3月号
  17. 1802木彫山本さん
  18. HOSTAL DEL GUIU
  19. イベント(スクール)
  20. 2018 TRRS RAGA RACING
  21. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  22. イベント(スクール)
  23. イベント(スクール)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. リザルト四国
  29. フロントフォークプロテクター
  30. Vertigo VERTICAL
  31. 三谷アルミニップル
  32. リザルト中国
  33. TLM50用スプロケット
  34. JITISIEカーボンプロテクター
  35. イベント(大会)
  36. リザルト中国
  37. イベント(スクール)
  38. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  39. 自然山通信2018年2月号発売
  40. イベント(スクール)
  41. イベント(大会)
  42. リザルト関東
  43. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  44. リザルト九州
  45. リザルト中国
  46. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  47. イベント(大会)
  48. T-TRIAL R2モンペリエ
  49. リザルト中国
  50. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  51. 2017お勉強会
  52. リザルト関東
  53. イベント(その他)
  54. リザルト関東
  55. リザルト中部
  56. ぱわあくらふとのワイドステップ
  57. リザルト中国
  58. 三谷モータースポーツの新製品情報
  59. 2018年1月号電子版発売しました
  60. 年末年始休業のお知らせ
  61. 2018年1月号発売のお知らせ
  62. イベント(大会)
  63. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  64. 2018 SCORPA Racing
  65. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  66. 自然山通信2018年1月号
  67. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

SSDT 2日目

SSDT

 SSDT火曜日。SSDTは、月曜日から土曜日までの6日間と決まっているので、日程がどうであれ、火曜日が2日目となる。
 初日の月曜日はふたりの3点が最高得点(最高減点? 最低減点? なんと表現したらいいのか、いつも悩む)だったが、この日は4人のオールクリーンが出た。世界選手権級のライダーにとって、SSDTの30セクションは、オールクリーンができてしまうレベルなのか。


 世界選手権級のライダーにとってのSSDTセクション。それはいつもの世界選手権のセクションとちがって、過酷すぎるものではないけれど、しかし容易ならざるものではある。世界選手権なら、いくつかの減点は挽回が充分に可能だし、いくつかの5点だって挽回可能な範囲であることが多い。でもSSDTでは5点をひとつ取ったら、その日のトップに出ることはまずむずかしい。
 トップライダーがよくいうのは、簡単なセクションはミスが許されないからむずかしいと。しかしSSDTは、ミスを許されない戦いを6日間にわたって続けなければいけない。しかもだからといって、けっしてセクションは簡単ではない。30セクションもあるし、持ち時間がぎりぎりだから、下見の時間はあんまり多くない。そのうえ、ごろごろと動きやすい石があったりして、5点になることだって考えられるし、ぽろっと1点をついてしまうことなど、当然のように起こりうる。1日数点で回ってくるイギリスのライダーの、なんと恐れ入ることか。SSDTに出場したことがある日本人ライダーは、自分のレベルが高ければ高いほど、彼らの(SSDTに対するやや特殊な)技量に感服するのだった。
 さて2日目。オールクリーンを達成したのは、マイケル・ブラウン、アレックス・ウイグ、ギャリー・マクドナルド、そしてドギー・ランプキンだ。地元スコットランドのトップライダー(マクドナルド)と他はイギリスのいずれも世界級チャンピオンたち(ブラウンとウイグは、いずれもジュニアクラスでタイトルを獲得している)。
 1日目に3点でブラウンと並んでトップだったアルベルト・カベスタニーは、この日は2点が二つ、1点がひとつ、減点5でちょっと後退。2日目を終えて5位につけている。
 トップはきのう3点、今日オールクリーンのブラウンで、2位はきのう6点、今日オールクリーンのウイグ。3位がきのう7点、今日オールクリーンのマクドナルドと、やっぱりオールクリーンをやらかすと上位は揺るぎない。
 ランプキンは、きのうトラブルで65位と低迷していたが、この日のオールクリーンのおかげで一気に30位まで進出してきた。どこまで上位に返り咲くか、ご注目だ。いやいや、ライバルの失敗如何では、優勝しちゃう可能性だって、まだ否定はできない。
 そういえば、きのう11セクションだけ走ってあとはエスケープしちゃったマーク・テシエさんは、2日目はスタートしなかった。テシエさんといえば、スコルパを創設して、その後シェルコを興した人。今もシェルコの社長さん。そしてこのシーズンオフには、スコルパを買い取って話題を集めた。今回乗ってきたのはシェルコだけど、スコルパの今後も、よろしくお願いしますね。
 話が前後しました。4位はきのう6点、今日1点のベン・ヘミングウェイ。きのう書き忘れたけど、ドギーのマインダーをやったこともあるヘミングウェイだけど、トライアル・デ・ナシオンのイギリス代表選手になったこともある。スティーブ・コリーの急病でのピンチヒッターだったけど、プレッシャーに折れそうになりながら、立派に代役を務めた姿は印象深かった。SSDTとは関係ない話でごめんなさいです。
 6位はジェイムス・ダビル。この日は2点。トータル10点。7位がジェイムス・ランプキン。この日5点でトータル12点。
 今回、SSDTではオフィシャルがGPSを携行していて、コース図を正確に知ることができるようになってます。本家サイトからたどるとありますんで、興味のある方はご覧ください。コース図をトレースしても、地形の難易度がわかるわけではないからイマイチという気もするけど、日本のトライアルコースなど、GPSを携行しても森の中で衛星を捕捉できないことも多い。GPSがちゃんと機能するというのは、それだけSSDTのコースは空が開けているということです。スコットランドなんて森林限界を超えちゃっているような北国なんで、木が生えてないわけなのでした。

関連記事

小川友幸、奇跡的大逆転の2018近畿大会

2018年第2戦近畿大会は、4月15日、和歌山県の湯浅トライアルパークで開催された。天気予報は土曜日から日曜日にかけて春の嵐ということで、悪…

2018全日本第2戦現在ランキング

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。 ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってる…

2018全日本第2戦近畿大会

2018トライアル全日本選手権シリーズ 第2戦近畿大会 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 観客数:1,150人 雨の…

三七三の再開にうれし涙なう

三七三が帰ってきた。震災前からやっている食べ物屋さんは、ここ数年どこも閉まっちゃっていて、とってもさびしかったのだけど、そのひとつが戻ってき…

黒山健一は世界チャンピオンになれるか

黒山健一が、世界チャンピオンを目指して、7月の世界選手権トライアルGPの2戦に参戦する。野崎史高(2002年ジュニアチャンピオン)、藤波貴久…

ページ上部へ戻る