2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. TRIAL動画チャンネル
  3. TY-Eデビューラン
  4. 自然山通信電子版4月号
  5. 自然山通信2018年4月号
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. リザルト関東
  10. リザルト近畿
  11. リザルト四国
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. 2018年3月号電子版
  16. 2018年3月号
  17. 1802木彫山本さん
  18. HOSTAL DEL GUIU
  19. イベント(スクール)
  20. 2018 TRRS RAGA RACING
  21. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  22. イベント(スクール)
  23. イベント(スクール)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. リザルト四国
  29. フロントフォークプロテクター
  30. Vertigo VERTICAL
  31. 三谷アルミニップル
  32. リザルト中国
  33. TLM50用スプロケット
  34. JITISIEカーボンプロテクター
  35. イベント(大会)
  36. リザルト中国
  37. イベント(スクール)
  38. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  39. 自然山通信2018年2月号発売
  40. イベント(スクール)
  41. イベント(大会)
  42. リザルト関東
  43. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  44. リザルト九州
  45. リザルト中国
  46. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  47. イベント(大会)
  48. T-TRIAL R2モンペリエ
  49. リザルト中国
  50. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  51. 2017お勉強会
  52. リザルト関東
  53. イベント(その他)
  54. リザルト関東
  55. リザルト中部
  56. ぱわあくらふとのワイドステップ
  57. リザルト中国
  58. 三谷モータースポーツの新製品情報
  59. 2018年1月号電子版発売しました
  60. 年末年始休業のお知らせ
  61. 2018年1月号発売のお知らせ
  62. イベント(大会)
  63. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  64. 2018 SCORPA Racing
  65. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  66. 自然山通信2018年1月号
  67. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

SSDT 3日目

SSDT

 SSDT水曜日。3日目。ドギー・ランプキンの反撃が光り始めました。この日、オールクリーンしたのはドギー一人ですよ。1点はちょこちょこいる。ウイグ、ベン・ヘミングウェイも1点。でもオールクリーンはドギーさんだけ。ドギーは、でもトータル33点だから、まだようやく22位まで浮上したところです。
 トップはあいかわらずブラウン。この日のブラウンは2点で、ウイグに1点差を詰められたけど、それでも2点差でトップを守ってます。


 全日本で2点差で勝ちを逃したりすると「もう少しだった、惜しかった」というコメントが聞かれると思うけど、セクション数はほぼ同じで、コースが100倍長い(冗談でなく、100倍くらい長いかもしれない)環境で、2点差はいよいよあってないようなもの。ブラウンも、優勝するには、トップを守るなんて姿勢ではやられちゃうでしょうね。
 ブラウンに続くは、ウイグが7点、ヘミングウェイが8点。そしてスコットランドの英雄、ギャリー・マクドナルドが10点。接戦ですねぇ。
 優勝経験のあるのは、トップグループでは5位のジェイムス・ダビル。この日2点で、トータル12点。ブラウンとの7点差は、5点ひとつで一気にわからなくなりますから、ダビルとしては、とにかく減点を押さえて、集中力よく戦い続けていくに限ります。いや、それがそんなに簡単じゃないんですけどね、もちろん。
 ダビルに1点差、13点で6位につけるのはカベスタニー。カベスタニー、今日は5点がひとつあります。ダン・ヘミングウェイが3点になったりしているから、それなりにむずかしいセクションだったのかもしれないけど、それでもたぶんカベスタニーが5点になるはずのセクションではない。チョイとした油断か、あるいは止まっちゃったか。SSDTは停止5点のノーストップルールです。ただ、セクションのすべてが沢登りで、しかもつるつるのところばっかりだから、ルールで規制されていなくても、かなりの上級レベルでも、止まったらもいちど動き出すのは困難というロケーションのセクションがほとんど。カベスターくらいになればそれでも止まって再スタートはできると思うけど、そこはルールですから、ちゃんと守っていただかないと困るわけです。
 ジェイムス・ランプキンは8位。このまま逃げ切って、ドギーより上位でゴールしたら、ランプキン家の中では一生自慢できるでしょうね。そりゃ、ドギーさんはランプキン家の中では飛び抜けて英雄です。その他のランプキン家のみなさんには、なかなかドギーさんの上に立つ立場がない。そんなとき「リメンバー2010 SSDT」といえたら、きっと気持ちがいいにちがいない。いえね、ランプキン家のみなさんはみんな紳士だから、こんなふうによからぬ想像をしているのは、日本人のぼくくらいかもしれませんけど。
 19位、ドギーさんより1点差で上位に、サム・コナーがいました。この人、2005年のSSDTで優勝してます。で、確かその年に世界選手権から引退しちゃったんだよな。1日10点ペースでSSDTを走るというのは、とてもコンペティティブで、しかも勝利に向けた無用な?プレッシャーもなく、楽しいのではないかと想像できます。うそです。こんな高レベルのトライアルは、とても想像なんかできるはずもありません。
 藤波貴久に、SSDTについて聞いてみたことがあります。本人は、出たいといってました。ただ、1週間走るので、体力的に、次の世界選手権ラウンドに影響があっちゃいけないし(今回は次の日本大会まで1ヶ月弱あるから、出やすい日程)出れば楽しそうだけど、出るとなると勝利を期待されるから、それが困る、みたいな見解でした。確かに今回のカベスタニーは、出場者の中では(世界選手権の結果を見ると)圧倒的な実力を持ってるけど、苦戦してます。これまでの日本人の実績を見ると、トップ20に入るのがむずかしい。完走目的で楽しんで走ってもらいたいと思うけど、なかなかそういうわけにはいかないんでしょうね。
 ちなみにモンテッサ(ホンダ)のワークスマシンは、SSDTを走ったことがない。ドギーさん、1994年に初優勝して3年連続優勝しているけど、世界チャンピオンをとり続けている間はSSDTはお休みしていた。ドギーがSSDTにカムバックしたのは、モンテッサを降りてからです。イギリス人がベータびいきなのは、そういうところもあるのかもしれない。
 モンテッサのライダーとしては、2002年にアモス・ビルバオが勝利。うろ覚えですが、この年はモンテッサにショウワ製のサスがつくというときで、おそらくアモスは、そのテストを兼ねての出場だったんだと思う。2007年にダビルが勝ったときのマシンもモンテッサですが、これはイタリアのフューチャー・モンテッサです。
 女性クラスに異変あり。きのう報告し忘れていたけど、どうやら昨日の時点でエマがベッキーを抜いていたみたい。1日30点台は立派です。ふたりの点差は11点だから、まだまだオンナの戦いもわからない。参加している女子6人は、みんな元気に走ってます。エマの総合順位は92位だから、これはすばらしい。
 自然山私事ですが、杉谷はなんとか100位以内を目指して参加し続けていたけど、常に夢破れていた。当時の杉谷はIBのわりとトップクラスだったから、今の女子ライダーは、ふつうにそれくらいの実力はあるということです。女の子たちも、イギリス人はSSDTではまた特別のパワーを発揮するのですが。

関連記事

小川友幸、奇跡的大逆転の2018近畿大会

2018年第2戦近畿大会は、4月15日、和歌山県の湯浅トライアルパークで開催された。天気予報は土曜日から日曜日にかけて春の嵐ということで、悪…

2018全日本第2戦現在ランキング

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。 ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってる…

2018全日本第2戦近畿大会

2018トライアル全日本選手権シリーズ 第2戦近畿大会 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 観客数:1,150人 雨の…

三七三の再開にうれし涙なう

三七三が帰ってきた。震災前からやっている食べ物屋さんは、ここ数年どこも閉まっちゃっていて、とってもさびしかったのだけど、そのひとつが戻ってき…

黒山健一は世界チャンピオンになれるか

黒山健一が、世界チャンピオンを目指して、7月の世界選手権トライアルGPの2戦に参戦する。野崎史高(2002年ジュニアチャンピオン)、藤波貴久…

ページ上部へ戻る