2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. TRIAL動画チャンネル
  3. 2017お勉強会
  4. TY-Eデビューラン
  5. 自然山通信電子版4月号
  6. 自然山通信2018年4月号
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト関東
  11. リザルト近畿
  12. リザルト四国
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. 2018年3月号電子版
  17. 2018年3月号
  18. 1802木彫山本さん
  19. HOSTAL DEL GUIU
  20. イベント(スクール)
  21. 2018 TRRS RAGA RACING
  22. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  23. イベント(スクール)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(スクール)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. リザルト四国
  30. フロントフォークプロテクター
  31. Vertigo VERTICAL
  32. 三谷アルミニップル
  33. リザルト中国
  34. TLM50用スプロケット
  35. JITISIEカーボンプロテクター
  36. イベント(大会)
  37. リザルト中国
  38. イベント(スクール)
  39. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  40. 自然山通信2018年2月号発売
  41. イベント(スクール)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト関東
  44. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  45. リザルト九州
  46. リザルト中国
  47. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  48. イベント(大会)
  49. T-TRIAL R2モンペリエ
  50. リザルト中国
  51. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  52. リザルト関東
  53. イベント(その他)
  54. リザルト関東
  55. リザルト中部
  56. ぱわあくらふとのワイドステップ
  57. リザルト中国
  58. 三谷モータースポーツの新製品情報
  59. 2018年1月号電子版発売しました
  60. 年末年始休業のお知らせ
  61. 2018年1月号発売のお知らせ
  62. イベント(大会)
  63. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  64. 2018 SCORPA Racing
  65. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ボウチャンピオン決定!

1007イタリアのボウ

タイトルを決めたボウ

 7月25日、北イタリアのアルプス山中で開催された世界選手権イタリア大会。トニー・ボウはフランス大会以降3連勝で後半戦をつき進み、選手権を1戦残したところで2010年のアウトドア世界チャンピオンを決定した。
 ボウがここまでに築いたポイントリードは33点。最終戦は出場しなくてもチャンピオンになれるし、今回も、6位に入ればタイトルが決定するという状況だった。もちろん6位でいいからといって手を抜くライダーではない。見事ライバルラガを突き放して圧勝でタイトルを決めた。
 藤波は表彰台の最後の一角を獲得するが、ランキング2位の座をラガに奪われてしまっている。しかしそのポイント差はわずか2点。事実上、最終戦でライバルに勝った者がランキング2位の座を得るという、熾烈な戦いが待っている。
*FIM提供の動画を加えました



FIM提供のイタリア大会
1007イタリアのボウ

タイトルへ向けて走るボウ

 会場となったフォッポロは、アルプスの山の中。ミラノとベネチアの中間あたりの中都市ベルガモから、さらに1時間ほど山中へはいっていく。冬はスキー客でにぎわうリゾート地だから、とても標高が高い。町の標高が1600メートル以上。セクションはより高い所に位置している。
 世界選手権も終盤戦になったが、ここへきてようやく、オーガナイザーは今年のトライ・タイムが1分となったのを理解したようだ。今回は今までとはちがって、1分以内で走りきれる設定となっていた。
 今回も、トニー・ボウは調子がいい。前回優勝のボウは一番スタートだが、そのハンディにももう慣れたのか、序盤からクリーンの山を築いている。好調のボウにくいついていけるのは、アダム・ラガだけだった。ラガも、6セクションまでをクリーンで走り続ける。最初にがまんを失ったのはラガだった。7セクションで1点、そして8セクションで5点。ボウは8セクションまでをオールクリーン。ふたりの点差は6点となった。
 しかし次の第9で、今度はボウが5点。ラガはクリーンで、両者の点差は再び1点と接近した。今日の優勝争いは、この二人に絞られたようだ。
 二人に続くは、第9セクションまでで10点のジェロニ・ファハルドだった。これに続くのが藤波。しかし藤波は、第1で1点をつくと、第3で5点、第7で5点、続く第8でも5点と、前半で大きなハンディを負ってしまった。
 ファハルドがその調子を崩したのは、その直後、10セクションからだった。10、11、そして13、14と、ファハルドの後半での5点は4つ。ここだけで一気に20点を加えてしまった。
 反対に、この後半戦で調子を取り戻したのが、藤波だった。藤波はなんと、10セクション以降をオールクリーン。これはボウにもラガにもできなかったことだ。
 1ラップを終えて、トップはボウの11点、2位がラガで12点。3位には後半の盛り返しで浮上した藤波で18点。ファハルドは30点で、ダビル、カベスタニーとともに1ラップ目5位に甘んじている。1ラップ目4位は、ドギー・ランプキンの25点だった。

503イタリアのラガ

ラガは再びランキング2位を得た

 ボウとラガの1点差は、あってないに等しい。ランキングのトップ争いをする二人だが、ボウは優勝しなくてもタイトルが決まるから、その点ではこの優勝争いはあまり意味があるものとはいえない。ただ、ボウにとれば勝ってタイトルに華を添えたいし、ラガにすれば、同じタイトルを取られるにしても、最後に一矢報いて敗北としたい。ここの勝利はどちらも譲れないところだ。
 特にボウは、自身の生まれて初めてのアウトドアチャンピオンが、最終戦の中止によって、試合の現場とまったく離れたところで決まっている。今年もこのイタリア大会の後、1ヶ月の夏休みになるが、最終戦中止が決まったのはまさにその夏休み中。ボウは、海辺でバカンスを楽しんでいるさなかに、チャンピオン決定の報を聞いている。最初のタイトル獲得がこんなだったから、勝手タイトルを獲得できるシーンでは、きっちり勝って勝負を決めたい。勝負は2ラップ目の15セクションでつけられる。
 ここで本領を発揮したのが、ボウだった。ボウの2ラップ目の減点は、たったの1点。これでは、ラガも脱帽せざるを得ない。ラガの減点は5点なしの6点。悪くないスコアだったが、ボウのタイトル獲得劇に水を差すことはできなかった。

1007イタリアの藤波

3位を死守した藤波

 ラガとのランキング2位争い中の藤波は、理想的にはここでラガに勝利して夏休みを迎えたい所。しかし前半の乱調ぶりでは、それはちょっと無理な話だった。結果を見れば、藤波がラガを破って2位を獲得するには、2ラップ目をオールクリーンしなければいけなかった計算になる。
 それでも藤波は、今回の結果はひどいものではなかったと感じている。4位以下には17点の点差をつけることができたし、ラガに破れたとはいえ、そのポイント差はたったの2点だ。藤波がランキング2位を得るためには、最終戦でラガを破るのは必須条件。ラガが5位、藤波が4位でも、藤波のランキング2位は決まる。事実上、藤波はラガよりも上位でゴールすれば、ランキング2位を得られることになる(藤波が5位の場合は、ラガが7位以降である必要があるが、このふたりがこの順位というのは、現実的ではない)。ラガがランキング2位を得るには、やはりラガは藤波より上位に入る必要があるわけで、つまり相手に勝たなければいけないという点では、今この時点でのランキングの2点差はあってないようなものだ。すべては、最終戦での一騎打ちにかかっている。
 この試合、ジュニアクラスではイギリスのジャック・チャロナーが、5位に沈んだアルフレッド・ゴメスを逆転して、ランキングトップに躍り出ている。ジュニアクラスは接戦だ。
 ユースは、ポル・タレスがチャンピオンを決定した。今回の勝利は、30セクションすべてをクリーンしての文句なし。タレスは7回の世界チャンピオン、ジョルディ・タレスの甥っ子。何戦かを落としながら、シーズンを通しては結局圧倒的な強さを発揮した。

順位

ライダー
マシン・国
セクション 合計 C
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 計+TP
1 Toni Bou
Montesa SPA
0 0 0 0 0 0 0 0 5 0 1 0 0 5 0 11+0 12 26
0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1+0
2 Adam Raga
GasGas SPA
0 0 0 0 0 0 1 5 0 0 1 0 0 5 0 12+0 18 22
0 0 0 0 0 0 1 3 1 0 0 0 1 0 0 6+0
3 藤波 貴久
Montesa JPN
1 0 5 0 1 0 5 5 1 0 0 0 0 0 0 18+0 26 21
0 0 1 0 0 0 5 2 0 0 0 0 0 0 0 8+0
順位 ライダー マシン L1+L2+T/O C
セニア・4位以下
4 Jeroni Fajardo Be SPA 30+13+0 43 14
5 James Dabill Ga GBR 30+13+0 43 13
6 Dougie Lampkin Be GBR 25+19+0 44 16
7 Albert Cabestany Sh SPA 30+19+0 49 15
8 Matteo Grattarola Sh ITA 21+32+0 53 14
9 Loris Gubian Ga FRA 33+26+0 59 11
10 Daniele Maurino Ga ITA 38+42+0 80 8
11 Alex Wigg Be GBR 44+41+0 85 10
12 Michele Orizio Ga ITA 51+36+0 87 8
13 Michel Brown Sh GBR 53+43+0 96 6
14 Mardon Moi Be NOR 63+67+0 130 0
ジュニア
1 Jack Challoner Be GBR 0+8+0 8 27
2 Alexandre Ferrer Sh FRA 6+6+0 12 26
3 Francesc Moret Mo SPA 2+11+0 12 26
4 Jonathan Richardson Sh GBR 11+3+0 14 22
5 Alfredo Gomez Mo SPA 7+8+0 15 24
6 Benoit Dagnicourt Be FRA 8+12+0 20 19
7 Tanguy Mottin Ga FRA 10+14+0 24 21
8 Matteo Cominoli Be ITA 15+10+0 25 22
9 Luca Cotone Be ITA 15+12+0 27 20
10 Hakon Pedersen Sh NOR 11+18+0 29 18
11 Jan Junklewith Sh GER 13+19+0 32 16
12 Emil Gyllenhammar Ga SWE 17+19+0 36 14
13 Pere Borrellas Ga SPA 14+25+0 39 13
14 Jan Peters Be GER 26+14+0 40 14
15 Matteo Poli Be ITA 29+12+0 41 17
16 Laia Sanz Mo SPA 21+21+0 42 17
17 IB Andersen Ga NOR 29+13+0 42 13
18 Guillaume Laniel Ga FRA 25+26+0 51 12
19 Ivan Peydoro Be SPA 33+26+0 59 12
20 Jean-Phillippe Lerda Ga FRA 28+36+0 64 10
21 Dennis Stetter Ga GER 32+30+0 65 8
22 Jesper Johansson Be SWE 47+29+0 76 9
23 Jiri Fike.JZ Be CZE 32+48+0 80 7
24 Gabriel Marcinow Ga POL 40+51+0 91 3
25 Harry Harvey Ga GBR 59+56+0 115 0
R George Morton Be GBR
Pascal Geiser Mo SUS
G Martin Kroustek Be CZE 12+12+0 24 22

ユース(125cc)
1 Pol Taress Ga SPA 0+0+0 0 30
2 Jack Sheppard Be GBR 4+1+0 5 27
3 Carles Traviesa Ga GBR 2+6+0 8 26
4 Giacomo Saleri Be ITA 3+6+0 9 26
5 Ismael Catalin Ga ITA 5+9+0 14 20
6 Aaro Castells Ga SPA 7+8+0 15 19
7 Antonie Chantegret Be FRA 11+5+0 16 22
8 Romain RIgaud Ga FRA 11+6+0 17 24
9 Samuele Zuccali Be ITA 10+8+0 18 23
10 Jonas Widschwendter Sh GER 10+8+0 18 21
11 Gianmaria Julita Be ITA 6+14+0 20 18
12 Cedric Tempier Sh FRA 9+12+0 21 22
13 Kristoffer Leirvaag Sh NOR 13+8+0 21 20
14 Simone Ferrari Be ITA 14+9+0 23 18
15 Filippo Locca Be ITA 16+8+0 24 17
16 Stefano Garnero Be ITA 19+7+0 26 20
17 Paul Hemminger Be GER 17+11+0 28 17
18 Federico Corti Be ITA 18+17+0 35 12
19 Jesus Martin Ga SPA 16+22+0 38 14
20 Rafael Latorre Be SPA 20+18+0 38 14
21 Patrick Anker Ga GER 23+31+0 54 9

関連記事

うさぎの飼い方・飼われ方

うさぎを飼うのはむずかしいのかと聞かれたので、知ったかぶりしてうちのウサギがどんなふうに飼われているのかをご紹介します。 あまり参考に…

2017お勉強会

5/19川内村お勉強会

 2010年、2012年〜2017年と開催して好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。  福島県双葉…

小川友幸、奇跡的大逆転の2018近畿大会

2018年第2戦近畿大会は、4月15日、和歌山県の湯浅トライアルパークで開催された。天気予報は土曜日から日曜日にかけて春の嵐ということで、悪…

2018全日本第2戦現在ランキング

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。 ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってる…

2018全日本近畿、加賀、西村、和田、ベテラン強し

4月15日、全日本第2戦近畿大会。 IAは加賀国光がさすがの勝利。ベテラン勢が上位を占めたが、武田呼人が1ラップ目にトップで5位に入っ…

ページ上部へ戻る