2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. 1日目優勝のファハルド
  10. イベント(大会)
  11. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  12. リザルト東北
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト四国
  17. リザルト中国
  18. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  19. 全日本R3九州までのランキング
  20. 全日本R3九州リザルト
  21. 2018EMと成田匠.fr
  22. MFJトライアル
  23. 1805電子版
  24. 2018年5月号
  25. リザルト近畿
  26. ムーブレバー
  27. トムス新製品
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト四国
  33. リザルト関東
  34. 2017お勉強会
  35. TY-Eデビューラン
  36. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  37. 自然山通信電子版4月号
  38. 自然山通信2018年4月号
  39. リザルト中国
  40. リザルト中国
  41. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  42. リザルト関東
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト関東
  48. リザルト四国
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. 2018年3月号電子版

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ライア・サンツまずEUチャンプ

ジュニアカップを戦うライア・サンツ

 8月29日、チェコで女子ヨーロッパ選手権が開催された。ここで勝利したライア・サンツは、まず今シーズンのタイトルをひとつ確保。レプソル・モンテッサ・ホンダチームにすれば、トニー・ボウのインドア、アウトドアのタイトルに続き、今シーズン3つ目のタイトル獲得になる。
 ヨーロッパ選手権ランキング2位となったのは、イギリスの新鋭ジョアンヌ・コルレス。打倒ライア・サンツの最右翼だったレベッカ・クックは3位で、ランキングも3位となった。
Photo:Honda


 男子世界選手権は、プライベートのことはあんまり親切に考えていない。今まだ、選手の多くはヨーロッパに住む者たちだが、日本大会やアメリカ大会など、遠方大会への遠征を強いられることも少なくない。
 女子の場合、すんでいる国によって、遠征は遠征だが、スケジュールがコンパクトで、なるべく多くの参加者が集まるようになっている。
 この、女子ヨーロッパ選手権チェコ大会の後には、女子世界選手権チェコ大会がおこなわれる。これは男子世界選手権最終戦チェコ大会の土曜日になる。そしてその6日後、女子世界選手権最終戦はポーランド。トライアル・デ・ナシオン開催の金曜日が、女子世界選手権の試合となる。つまり女性陣は、3週間の東ヨーロッパ遠征旅行をすることで、ヨーロッパ選手権1戦と世界選手権2戦、加えてトライアル・デ・ナシオンに参加することができる(トライアル・デ・ナシオンは国ごとの代表選手が参加するが、代表の選に漏れたものがチームを作って、賞典外として参加するのが通例になっている。現状では、ルールよりも女子トライアルを普及発展させることに力が注がれているのだ)。
 日本勢のデ・ナシオン参加では、その週末に向けて遠征するだけで、事前から出向くことがほとんどない。特に女子ではTDN参加だけで精いっぱいだった。1週間前から参加ができれば、時差ボケの点でも、マシンの不慣れの点でも、ずいぶんハンディが減るし、なによりその1週間、ヨーロッパのトライアル仲間と練習ができる。そういう大きなチャンスがあるのに、日本の代表選手は輪に加われないでいる。残念きわまりない(今年は、女子のTDN参加はできなかったし、最終戦チェコの日は、日本でも全日本中国大会が開催されていた。現実的にむずかしいのは承知で、これを書いている)。今、この瞬間にも、チェコでは世界の女子トライアルライダーが集まって、最終戦に向けて、そしてTDNに向けてトレーニングをしていることだろう。こうやって、世界はどんどん進歩していく。
 諸外国では、日本人は金持ちという印象があるようだけど、遠征費はないし、しかも休みもとれない。世界でも珍しい、とても貧しい国だということが、外国へ行くと、よくわかる。少なくても、気持ちまで貧しくなってしまっては、トライアルがうまくなることも、人生が楽しくなることもないから、気をつけよう。
 さてライア・サンツ。彼女は次の女子世界選手権出タイトルを決めると、自身10回目の世界選手権タイトル獲得となる。2007年には、ほんのひとつのミスでタイトルを失うというにがい経験をしているライア・サンツ。次週、チェコでの女子世界選手権最終戦では、ゆだんないように取り組んでタイトルをとると宣言している。

関連記事

9/2中国大会は予定通り開催

9月2日、全日本選手権中国大会の日程が迫ってきた。 中国、四国地方では大雨の被害でたいへんなことになっているが、全日本選手権トライアルは予…

勝つべき北海道で小川友幸、ぎりぎり勝利

2018年7月15日。例年どおり、全日本選手権第4戦は、北の大地北海道へやってきた。さわやかなイメージの北海道だが、こと全日本に関しては強い…

2018全日本ランキング(〜第4戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

黒山とTY-E、フランスGPで勝利

2018年7月15日、南フランスのアルプス地方オーロンで開催されたトライアルGPで、黒山健一がみごと勝利を果たした。 2017年から始…

2018全日本北海道全結果

全日本選手権第4戦北海道大会 2018年7月14・15日 北海道上川郡和寒町わっさむサーキット 観客数:700人 (さらに&h…

ページ上部へ戻る