2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 動画チャンネル
  3. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. T-TRIAL R2モンペリエ
  7. イベント(大会)
  8. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  9. 2017お勉強会
  10. リザルト関東
  11. イベント(その他)
  12. イベント(スクール)
  13. リザルト関東
  14. リザルト中部
  15. ぱわあくらふとのワイドステップ
  16. 三谷モータースポーツの新製品情報
  17. 2018年1月号電子版発売しました
  18. 年末年始休業のお知らせ
  19. 2018年1月号発売のお知らせ
  20. イベント(大会)
  21. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  22. 2018 SCORPA Racing
  23. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  24. 自然山通信2018年1月号
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)

    2017.12.16

    1/14ケニーズ杯
  27. JITSIE DIMINO
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. リザルト近畿
  32. 自然山通信2017年12月号
  33. イベント(大会)
  34. 自然山通信2017年12月号電子版
  35. リザルト中部
  36. リザルト関東
  37. 三谷モータースポーツWチャンピオンセール
  38. エトスデザイン
  39. 創刊250号の自然山通信
  40. MFJトライアル
  41. イベント(大会)
  42. イベント(その他)
  43. イベント(大会)

    2017.11.25

    12/24 KUMA-CUP 2017
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト関東
  47. リザルト東北
  48. 2017TDN
  49. イベント(大会)

    2017.11.15

    12/24第8回SPGG杯
  50. イベント(大会)
  51. Honda秋の祭典トライアルデモ
  52. リザルト中国
  53. リザルト関東

    2017.11.12

    羽生山カップ
  54. MFJグランドチャンピオン大会
  55. 自然山通信11月号電子版
  56. イベント(大会)
  57. 自然山通信11月号
  58. イベント(大会)
  59. イベント(その他)
  60. イベント(大会)
  61. リザルト中部
  62. リザルト関東
  63. リザルト関東
  64. MOTSセール

    2017.11.04

    MOTSのセール!
  65. イベント(スクール)
  66. 自然山通信11月号
  67. GASGAS CONTACT用セルモーターガード
  68. 2017年間ランキング
  69. イベント(大会)
  70. 全日本R7東北リザルト
  71. リザルト北海道
  72. チタンサイレンサーRACE
  73. リザルト関東
  74. リザルト中国
  75. Honda秋の祭典
  76. イベント(大会)
  77. HeboヘルメットMFJ公認キャンペーン
  78. MFJトライアル
  79. イベント(大会)
  80. イベント(その他)
  81. イベント(大会)
  82. イベント(大会)
  83. トムスの新製品
  84. イベント(大会)
  85. RTL250S用リヤフェンダー
  86. 2018ベータEvo2Tシリーズ

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ライア・サンツまずEUチャンプ

ジュニアカップを戦うライア・サンツ

 8月29日、チェコで女子ヨーロッパ選手権が開催された。ここで勝利したライア・サンツは、まず今シーズンのタイトルをひとつ確保。レプソル・モンテッサ・ホンダチームにすれば、トニー・ボウのインドア、アウトドアのタイトルに続き、今シーズン3つ目のタイトル獲得になる。
 ヨーロッパ選手権ランキング2位となったのは、イギリスの新鋭ジョアンヌ・コルレス。打倒ライア・サンツの最右翼だったレベッカ・クックは3位で、ランキングも3位となった。
Photo:Honda


 男子世界選手権は、プライベートのことはあんまり親切に考えていない。今まだ、選手の多くはヨーロッパに住む者たちだが、日本大会やアメリカ大会など、遠方大会への遠征を強いられることも少なくない。
 女子の場合、すんでいる国によって、遠征は遠征だが、スケジュールがコンパクトで、なるべく多くの参加者が集まるようになっている。
 この、女子ヨーロッパ選手権チェコ大会の後には、女子世界選手権チェコ大会がおこなわれる。これは男子世界選手権最終戦チェコ大会の土曜日になる。そしてその6日後、女子世界選手権最終戦はポーランド。トライアル・デ・ナシオン開催の金曜日が、女子世界選手権の試合となる。つまり女性陣は、3週間の東ヨーロッパ遠征旅行をすることで、ヨーロッパ選手権1戦と世界選手権2戦、加えてトライアル・デ・ナシオンに参加することができる(トライアル・デ・ナシオンは国ごとの代表選手が参加するが、代表の選に漏れたものがチームを作って、賞典外として参加するのが通例になっている。現状では、ルールよりも女子トライアルを普及発展させることに力が注がれているのだ)。
 日本勢のデ・ナシオン参加では、その週末に向けて遠征するだけで、事前から出向くことがほとんどない。特に女子ではTDN参加だけで精いっぱいだった。1週間前から参加ができれば、時差ボケの点でも、マシンの不慣れの点でも、ずいぶんハンディが減るし、なによりその1週間、ヨーロッパのトライアル仲間と練習ができる。そういう大きなチャンスがあるのに、日本の代表選手は輪に加われないでいる。残念きわまりない(今年は、女子のTDN参加はできなかったし、最終戦チェコの日は、日本でも全日本中国大会が開催されていた。現実的にむずかしいのは承知で、これを書いている)。今、この瞬間にも、チェコでは世界の女子トライアルライダーが集まって、最終戦に向けて、そしてTDNに向けてトレーニングをしていることだろう。こうやって、世界はどんどん進歩していく。
 諸外国では、日本人は金持ちという印象があるようだけど、遠征費はないし、しかも休みもとれない。世界でも珍しい、とても貧しい国だということが、外国へ行くと、よくわかる。少なくても、気持ちまで貧しくなってしまっては、トライアルがうまくなることも、人生が楽しくなることもないから、気をつけよう。
 さてライア・サンツ。彼女は次の女子世界選手権出タイトルを決めると、自身10回目の世界選手権タイトル獲得となる。2007年には、ほんのひとつのミスでタイトルを失うというにがい経験をしているライア・サンツ。次週、チェコでの女子世界選手権最終戦では、ゆだんないように取り組んでタイトルをとると宣言している。

関連記事

夏木陽介さん

夏木陽介さんが、1月14日に亡くなったという。享年81歳。まだまだお若いのに、闘病中だったということだ。 (さらに…)…

イベント(スクール)

2/4 SHIRAIトライアルスクール

オフロードパークSHIRAIでのトライアルスクールの開催情報です。 イベント名 SHIRAIトライアルスクール 内容 オフロ…

イベント(大会)

4/29メッツカップ第1戦

「2018 メッツカップ第1戦」 初心者の方が安心して楽しめる親睦草大会です。 お財布にも優しい大会です。お気軽にお越しください。 …

T-TRIAL R2モンペリエ

ブスト失速でボウ2連勝

2018年Xトライアル第2戦は、開幕戦同様にフランスでの開催となった。今回は南フランスのモンペリエ。勝利は開幕戦に続き絶対王者のトニー・ボウ…

2018年のMFJ規則書

MFJ規則書の2018年版が発表になった。同時にMFJサイトでは、PDF版も公開されている。トライアル競技を楽しむみんなは、一読することをお…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。